茶園からの便り

2017年03月01日

【募集】5/7宇治田原で茶摘みをしませんか!

日本緑茶発祥の地宇治田原で
<茶摘み・手揉み・茶香服>


100509茶摘み (9) 宇治田原の「21お茶のふるさと塾」のご協力により 茶摘み体験に参加します。当日に摘んだ茶葉は後日荒茶にしてお手元に届けます。
日時2017年5月7日

集合場所】21お茶のふるさと塾茶園茶摘み;新芽京都府綴喜郡宇治田原町贄田小字船戸 (参加者には詳細な地図をお渡しします)

茶摘場所】京都府綴喜郡宇治田原町内307号線添いの茶園






当日のスケジュール
 9:30 受付後茶摘み・手もみ体験
12:00 昼食(弁当予約可)・移動
13:00 茶香服(宇治田原町総合文化センター)
16:00 解散

参加費大人2000円 小中学生1000円 小学生以下無料
 ※ お支払いは、主催者より振込用紙をお送りします

【茶摘娘衣装】クリーニング費用として1000円(希望者のみ)

募集人員】 20名 

【問い合わせ】日本茶カフェ一日 
078−453−3637 info@hitohi.jp

締め切り】4月10日(月)

【主 催】 21お茶のふるさと塾

【その他】 雨天決行昼食は予約もできます

ご予約】 ⇒ こちら
※後日 主催者より詳細のご案内をお送りします

【公共交通機関】 ⇒ 続きを読む
hitohi at 19:11|この記事のURLComments(0)

2017年02月04日

今日は立春。今日から数えて八十八日目が

節分の翌日は「立春」です。

旧暦では立春は一年の始まり。立春から立夏の前日までを春と言うそうです。
農作業の元日の意味もあるようです。

立春から数えて八十八日目が「夏も近づく八十八夜♪」今年は5月1日ですね。この日に摘んだお茶の葉は霜をかぶらないため、高級な茶葉であると言われています。

今年も、5月7日()に宇治田原へ茶摘みに行く予定です。3月上旬には「2017年茶摘みツアー」の募集を行います ぜひご参加くださいね。
hitohi at 12:57|この記事のURLComments(0)

2016年04月05日

【募集】5/8宇治田原で茶摘みをしませんか!

日本緑茶発祥の地宇治田原で
<茶摘み・手揉み・茶香服>


100509茶摘み (9) 宇治田原の「21お茶のふるさと塾」のご協力により 茶摘み体験に参加します。当日に摘んだ茶葉は後日荒茶にしてお手元に届けます。
日時2016年5月8日

集合場所】21お茶のふるさと塾茶園茶摘み;新芽京都府綴喜郡宇治田原町贄田小字船戸 (参加者には詳細な地図をお渡しします)

茶摘場所】京都府綴喜郡宇治田原町内307号線添いの茶園






当日のスケジュール
 9:30 受付後茶摘み・手もみ体験
12:00 昼食(弁当予約可)・移動
13:00 茶香服(宇治田原町総合文化センター)
16:00 解散

参加費大人2000円 小中学生1000円 小学生以下無料

【茶摘娘衣装】クリーニング費用として1000円(希望者のみ)

募集人員】 20名 

【問い合わせ】日本茶カフェ一日 
078−453−3637 info@hitohi.jp

締め切り】4月12日(火)

【主 催】 21お茶のふるさと塾

【その他】 雨天決行昼食は予約もできます

ご予約】 ⇒ こちら
※後日 主催者より詳細のご案内をお送りします

【公共交通機関】 ⇒ 続きを読む
hitohi at 00:49|この記事のURLComments(0)

2016年03月03日

【募集】宇治田原で茶摘みをしませんか!

日本緑茶発祥の地宇治田原で
<茶摘み・手揉み・茶香服>


100509茶摘み (9) 宇治田原の「21お茶のふるさと塾」のご協力により 茶摘み体験に参加します。当日に摘んだ茶葉は後日荒茶にしてお手元に届けます。
日時2016年5月8日

集合場所】21お茶のふるさと塾茶園茶摘み;新芽京都府綴喜郡宇治田原町贄田小字船戸 (参加者には詳細な地図をお渡しします)

茶摘場所】京都府綴喜郡宇治田原町内307号線添いの茶園






当日のスケジュール
 9:30 受付後茶摘み・手もみ体験
12:00 昼食(弁当予約可)・移動
13:00 茶香服(宇治田原町総合文化センター)
16:00 解散

参加費大人2000円 小中学生1000円 小学生以下無料

【茶摘娘衣装】クリーニング費用として1000円(希望者のみ)

募集人員】 20名 

【問い合わせ】日本茶カフェ一日 
078−453−3637 info@hitohi.jp

締め切り】4月12日(火)

【主 催】 21お茶のふるさと塾

【その他】 雨天決行昼食は予約もできます

ご予約】 ⇒ こちら
※後日 主催者より詳細のご案内をお送りします

【公共交通機関】 ⇒ 続きを読む
hitohi at 06:00|この記事のURLComments(0)

【チラシ】宇治田原で茶摘みをしませんか!

日本緑茶発祥の地「宇治田原」で茶摘み、
手もみ、茶香服(闘茶)をしませんか!

茶摘体験のおさそい

IMG
hitohi at 05:55|この記事のURLComments(0)

2016年02月04日

今日は立春。今日から数えて八十八日目が

節分の翌日は「立春」です。
春の初日 農作業の元日の意味もあるようです。
旧暦では立春から立夏の前日までを春と言うそうです。

 立春から数えて八十八日目が「夏も近づく八十八夜♪」今年は5月1日ですね。この日に摘んだお茶の葉は霜をかぶらないため、高級な茶葉であると言われています。

 5月8日()に宇治田原へ茶摘みに行く予定です。
3月上旬には「2016年茶摘みツアー」の募集を行います ぜひご参加くださいね。
hitohi at 11:30|この記事のURLComments(0)

2015年10月04日

【ひとひのお茶】嬉の茶(うれしのちゃ)

081009嬉野茶

 今年の嬉の茶をお出しします。
 製茶する際に蒸してから釜で煎っているので 茶葉がくるりと丸まっています。<むしせいかまいりたまりょくちゃ>
   佐賀蒸し製釜煎り玉緑茶うれしの茶 570円

 【嬉の茶とは】
 嬉野町は、嬉野川の清流沿いにある、高温で湯量豊富な泉源を有した九州を代表
する温泉地のひとつです。1440(永享12)年、平戸に渡ってきた唐人が、不動山皿屋谷に移住し、陶器を焼くかたわら、自家用にお茶を栽培したのが始まりと言われています。
 その後、1504(永正元)年に明の紅令民という人が南京釜を持ち込み、釜炒り茶を伝授したのがきっかけとなり、嬉野茶550年の歴史となったのです。

釜炒り茶は、一枚一枚が、丸くて(グリ茶)緑のつやがあり、日本茶としては、大変めずらしく特徴のあるお茶です。味は、他産地のお茶と比較しても香りが強く、口に含んだ時の旨みは強く感じ、急須に入れた茶葉は、開くまで何回も美味しく頂けます。
hitohi at 15:17|この記事のURLComments(0)

2015年03月11日

【募集】宇治田原で茶摘をしませんか!

日本緑茶発祥の地宇治田原で
<茶摘み・手揉み・茶香服>


100509茶摘み (9) 宇治田原の「21お茶のふるさと塾」のご協力により 茶摘み体験に参加します。当日に摘んだ茶葉は後日荒茶にしてお手元に届けます。
日 時】 2015年5月10日

集合場所】21お茶のふるさと塾茶園;
茶摘み;新芽京都府綴喜郡宇治田原町贄田小字船戸 (参加者には詳細な地図をお渡しします)

茶摘場所】京都府綴喜郡宇治田原町内307号線添いの茶園






当日のスケジュール
 9:30 受付後茶摘み・手もみ体験
12:00 昼食(弁当予約可)・移動
13:00 茶香服(宇治田原町総合文化センター)
16:00 解散

【参加費】大人2000円 小中学生1000円 小学生以下無料

【茶摘娘衣装】クリーニング費用として1000円(希望者のみ)

【募集人員】 20名 

【問い合わせ】日本茶カフェ一日 078−453−3637 info@hitohi.jp

【締め切り】4月18日(土)

【主 催】 21お茶のふるさと塾

【その他】 雨天決行昼食は予約もできます

【ご予約フォーム】 ⇒ こちら
※後日 主催者より詳細のご案内をお送りします

【公共交通機関】 ⇒ 続きを読む
hitohi at 01:09|この記事のURLComments(0)

2015年02月04日

今日は立春。今日から数えて八十八日目が

節分の翌日は「立春」です。
春の初日 農作業の元日の意味もあるようです。
旧暦では立春から立夏の前日までを春と言うそうです。

 立春から数えて八十八日目が「夏も近づく八十八夜♪」今年は5月2日ですね。この日に摘んだお茶の葉は霜をかぶらないため、高級な茶葉であると言われています。

 5月10日()に宇治田原へ茶摘みに行く予定です。
3月上旬には「2015年茶摘みツアー」の募集を行います ぜひご参加くださいね。
hitohi at 00:07|この記事のURLComments(0)

2014年12月01日

【ひとひのお茶】嬉の茶 (うれしのちゃ)

081009嬉野茶

 今年の嬉の茶が届きました。
 この嬉の茶を作られている方の方針で、春に茶摘した茶葉を ひと夏熟成させて秋に出荷されます。

 製茶する際に蒸してから釜で煎っているので 茶葉がくるりと丸まっています。<むしせいかまいりたまりょくちゃ>
   佐賀蒸し製釜煎り玉緑茶うれしの茶 570円

 【嬉の茶とは】
 嬉野町は、嬉野川の清流沿いにある、高温で湯量豊富な泉源を有した九州を代表
する温泉地のひとつです。1440(永享12)年、平戸に渡ってきた唐人が、不動山皿屋谷に移住し、陶器を焼くかたわら、自家用にお茶を栽培したのが始まりと言われています。
 その後、1504(永正元)年に明の紅令民という人が南京釜を持ち込み、釜炒り茶を伝授したのがきっかけとなり、嬉野茶550年の歴史となったのです。

釜炒り茶は、一枚一枚が、丸くて(グリ茶)緑のつやがあり、日本茶としては、大変めずらしく特徴のあるお茶です。味は、他産地のお茶と比較しても香りが強く、口に含んだ時の旨みは強く感じ、急須に入れた茶葉は、開くまで何回も美味しく頂けます。
hitohi at 12:53|この記事のURLComments(0)

2014年04月02日

【募集】宇治田原で茶摘をしませんか!

日本緑茶発祥の地宇治田原で
<茶摘み・手揉み・茶香服>


100509茶摘み (9) 宇治田原の「21お茶のふるさと塾」のご協力により 茶摘み体験に参加します。当日に摘んだ茶葉は後日荒茶にしてお手元に届けます。
日 時】 2014年5月11日(日)

集合場所】21お茶のふるさと塾茶園;
茶摘み;新芽京都府綴喜郡宇治田原町贄田小字船戸 (参加者には詳細な地図をお渡しします)

茶摘場所】京都府綴喜郡宇治田原町内307号線添いの茶園






当日のスケジュール
 9:30 受付後茶摘み・手もみ体験
12:00 昼食(弁当予約可)・移動
13:00 茶香服(宇治田原町総合文化センター)
15:30 解散

【参加費】大人2000円 小中学生1000円 小学生以下無料

【茶摘娘衣装】クリーニング費用として1000円(希望者のみ)

【募集人員】 20名 

【問い合わせ】日本茶カフェ一日 078−453−3637 info@hitohi.jp

【締め切り】4月19日

【主 催】 21お茶のふるさと塾

【その他】 雨天決行昼食は予約もできます

【ご予約フォーム】 ⇒ こちら

【公共交通機関】 ⇒ 続きを読む
hitohi at 00:10|この記事のURLComments(0)

2014年02月04日

今日は立春です。今日から数えて88日目が八十八夜です。

節分の翌日は「立春」です。
春の初日 農作業の元日の意味もあるようです。
旧暦では立春から立夏の前日までを春と言うそうです。

 立春から数えて八十八日目が「夏も近づく八十八夜♪」今年は5月2日ですね。この日に摘んだお茶の葉は霜をかぶらないため、高級な茶葉であると言われています。

5月11日()に宇治田原へ茶摘みに行く予定です。
3月上旬には「2014年茶摘みツアー」の募集を行います ぜひご参加くださいね。
hitohi at 00:22|この記事のURLComments(0)

2013年04月27日

静岡新茶情報>2013.04.27

静岡のお茶屋さんからの新茶情報
2013年4月27日 第11号
午前4時30分
天候 快晴  気温10℃ 

本日の新茶情報
 一昨日の雨後 早場所の荷は様変わり、いよいよ終盤に入りました。
早いところでは、ここ1日〜2日の摘採で終了というところも出始め、どうやら早場所の減産は間違いと思われます。
地域によっては「20%少ない」というところもあります。その割に相場は順調にこなれ一気に価格を更新、例
年なら連休明けにやっている価格帯の仕上げに追われる毎日となっています。 ⇒ 続きを読む
hitohi at 15:43|この記事のURLComments(2)

2013年04月22日

静岡新茶情報>2013.04.22

静岡のお茶屋さんからの新茶情報
2013年4月22日 第10号
午前5時30分 
天候 晴れ  気温10℃ 

本日の新茶情報
昨日は4月3日以来、久々のまとまった雨でした。
気温が上がり乾燥し始めていた茶園にとってはまさに恵の雨です。その雨の影響で今朝の出回りはありませんでした。
さて、雨後県下早場所は一斉に盛期入り、ハサミの最盛期となり年間物の仕入れに目が移っていきます。
昨日までの仕入れで、本日も価格、品質ともに更新いたしました。

その他の情報
丸子の佐渡工場は本年一番茶の生産を早々と終了しました。4月1日の摘採開始から約3週間ご苦労様でした。
毎年静岡県下茶産地露地物新茶生産のトップを切っての生産開始で、静岡県下では新聞やテレビでおなじみの工場です。
収量は昨年比78%と原因は明確ではありませんが、少なかったようです。
⇒ 続きを読む
hitohi at 13:30|この記事のURLComments(0)

2013年04月20日

宇治田原茶摘体験交流会2013>募集締め切りました

 5月12日(日)に 「21お茶ふるさと塾」が主催される 「宇治田原 茶摘体験 交流会2013」の募集を締め切りました。
たくさんの お申し込みありがとうございました。
hitohi at 23:36|この記事のURLComments(0)

2013年04月18日

静岡新茶情報>2013.04.18

静岡のお茶屋さんからの新茶情報
2013年4月18日 第9号
午前4時30分 
天候 晴れ  気温13℃ 

本日の新茶情報
今朝は荷口数量が増えました。藁科、しずはた、美和、足久保、日本平、
丸子、長田、清水、牧之原、磐田、袋井、浜松、金谷、初倉、榛南、岡部、
富士、沼津と山間奥地を除き、ほぼフルメンバーが揃いました。
このまま好天が続けば、県下早場所は今週末にはハサミの盛期入りとなり
ます。
続きを読む
hitohi at 08:17|この記事のURLComments(0)

2013年04月17日

静岡新茶情報>2013.04.17

静岡のお茶屋さんからの新茶情報
2013年4月17日 第8号
午前4時30分 
天候 薄曇り  気温15℃ 

本日の新茶情報>
 今朝の取引では良品の片付きの速さが目立ちました。逆にハサミの並物は時期の早さもあり各社様子見の構え、当用買いに徹しているため、商いに手間取っていました。
そんな中 価格を更新、値頃にはまってきました。

その他の情報
 先週の遅霜の影響について、各地から状況報告が入って来ています。
今年の霜害の特徴として、新芽がある程度大きくなってから霜が当たった為、一茶半となる脇芽の伸びが期待できない茶園が多い。結果減産になるだろうとのことです。 ⇒ 


続きを読む
hitohi at 12:36|この記事のURLComments(0)

2013年04月15日

静岡新聞>新茶シーズン到来 静岡茶市場で初取引

新茶シーズン到来 静岡茶市場で初取引
(静岡新聞 2013/4/15 11:04)

 全国に新茶シーズン到来を告げる静岡茶市場(静岡市葵区、増井良夫社長)の「新茶初取引」が15日朝、同所で行われた。
ことしは茶の芽伸びが早く、前年より8日、1956年の茶市場開設以来、最も早い。各地から生産者や茶問屋などが詰め掛け、今季の新茶取引が本格化した。

 直前の冷え込みによる影響が懸念されたが、県内産一番茶は前年を上回る約3500キロが入荷し、「良質な茶が出そろった」(増井社長)という。

キロ当たりの平均単価は6661円(午前10時現在)だった。
最高値は34年連続で清水区両河内産の「やぶきた」で、1キロ当たり8万8800円。製茶問屋の和田長治商店(静岡市)が仕入れた。 ⇒ 続きを読む
hitohi at 15:20|この記事のURLComments(0)

静岡新茶情報>2013.04.15

静岡のお茶屋さんからの新茶情報

2013年4月15日 第7号
午前4時30分 
天候 晴れ  気温16℃ 

本日の新茶情報
 今朝は静岡茶市場平成25年新茶初取引でした。
大方の予想通り県内各産地からたくさんの荷物が出荷され、大変にぎやかな初取引となりました。
また先日までの出回り数量も多かった為、価格も例年になくこなれた価格でのスタートとなりました。
ここから八十八夜まで、例年にない長期間の走り新茶商戦が始まります。 ⇒ 続きを読む
hitohi at 12:18|この記事のURLComments(0)

2013年04月09日

静岡新茶情報>2013.04.09

静岡のお茶屋さんからの新茶情報
2013年4月9日 第4号
午前6時00分
天候 花曇り  気温10℃ 

<新茶情報>
今朝は静岡市内に丸子の他、御前崎、磐田、富士、市内小坂、本山美和から新茶が入荷しました。
全体で400圓曚鼻⊇蘰荷にしてはまとまった数量になりました。

正直、端から摘採遅れのような製品もあり、価格も品質も様々でした。
摘採遅れでこの時期としては、芽が進んでしまった物の中には、それが幸いして「飲んで美味しい」ものもあり、好みに応じてお使いいただけそうです。
週明けには本年新茶商戦も、早々と本番を迎えます。 

<その他の情報>
本日の初荷を見る限り、今年の芽伸びは生産者の予想をはるかに上回る速さで進んでいるようです。
摘採遅れの初荷が多く、工場の掃除が間に合わないとの声も聞こえてきます。
⇒ 続きを読む
hitohi at 12:42|この記事のURLComments(0)

2013年04月08日

静岡新茶情報>2013.04.08

静岡のお茶屋さんからの新茶情報
2013年4月8日 第3号
午前6時30分
天候快晴  気温9℃ 

新茶情報−ここのところの暖かさに慣れた身体には、寒く感じる朝です。
予報よりも冷え込みが厳しく、ヒヤッとさせられる朝となりました。
静岡茶市場の新茶初取引も来週月曜日15日に決まり、本年新茶商戦も早々と本番を迎えます

さて、今朝も静岡市内「丸子」から手摘みの新茶が入荷しました。
自然仕立ての手摘みなので、数量はわずかです。 ⇒ 続きを読む
hitohi at 10:26|この記事のURLComments(0)

2013年04月04日

静岡新茶情報>2013.04.04

静岡のお茶屋さんからの新茶情報
2013年4月4日 第2号
午前7時00分 
天候晴れ  気温13℃ 

 新茶情報−静岡県下各地から、本年も新茶の便りがやってきました。
露地物では最も早い産地「丸子」では、自然仕立て茶園のヤエホが1日から摘採を開始。 ⇒ 続きを読む
hitohi at 09:32|この記事のURLComments(0)

2013年04月02日

【募集】宇治田原で茶摘をしませんか!

日本緑茶発祥の地宇治田原で
<茶摘み・手揉み・茶香服>


100509茶摘み (9) 宇治田原の「21お茶のふるさと塾」のご協力により 茶摘み体験に参加します。当日に摘んだ茶葉は後日荒茶にしてお手元に届けます。
日 時】 2013年5月12日(日)

集合場所】21お茶のふるさと塾茶園;
茶摘み;新芽京都府綴喜郡宇治田原町贄田小字船戸 (参加者には詳細な地図をお渡しします)
茶摘場所】京都府綴喜郡宇治田原町内307号線添いの茶園
当日のスケジュール
 9:30 受付後茶摘み・手もみ体験
12:00 昼食(弁当予約可)・移動
13:00 茶香服(宇治田原町総合文化センター)
15:30 解散

【参加費】大人2000円 小中学生1000円 小学生以下無料
【茶摘娘衣装】クリーニング費用として1000円(希望者のみ)
【募集人員】 20名 
【申し込み先】日本茶カフェ一日 078−453−3637 info@hitohi.jp
【締め切り】4月22日
【主 催】 21お茶のふるさと塾
【その他】 雨天決行昼食は予約もできます
【ご予約フォーム】 ⇒ こちら

【公共交通機関】 ⇒ 続きを読む
hitohi at 18:44|この記事のURLComments(0)

2013年04月01日

静岡新茶情報>2013.04.1

静岡のお茶屋さんからの新茶情報
2013年4月1日 第1号
午前7時30分 天候晴れ  

 午前7時30分 静岡市丸子で、露地物新茶の初摘みが始まりました。
昨年より4日早く、例年と比べると10日ほど早い摘採開始です。

新聞、テレビなどのマスコミ取材が入っており、一足も二足も早い旬の話題として報道されます。
  
 明日の朝、初荷が入荷します。
初荷は、まだ数量不明ですが、ご予約分で、売切れとなる予定です。これからほぼ毎日、摘採は続きます。
hitohi at 13:44|この記事のURLComments(0)

2013年02月04日

今日は立春です。今日から数えて八十八日目が八十八夜です。

節分の翌日は「立春」です。
春の初日 農作業の元日の意味もあるようです。
旧暦では立春から立夏の前日までを春と言うそうです。

 立春から数えて八十八日目が「夏も近づく八十八夜♪」今年は5月2日ですね。この日に摘んだお茶の葉は霜をかぶらないため、高級な茶葉であると言われています。

5月12日(日)に宇治田原へ茶摘みに行く予定です。
3月上旬には「2013年茶摘みツアー」の募集を行います ぜひご参加くださいね。
hitohi at 02:29|この記事のURLComments(0)

2012年12月23日

石田三成が秀吉に出したお茶>政所茶

中川誠盛堂茶舗で政所茶を仕入れました

121218政所茶b121218政所茶cmandokoro-016






近江国伊吹山の観音寺に、鷹狩りの帰りにのどの渇きを覚えた秀吉が立ち寄り、寺小姓に茶を所望した際、
 寺小姓は最初に大きめの茶碗にぬるめの茶を、
 次に一杯目よりやや小さい茶碗にやや熱めの茶を、
 最後に小振りの茶碗に熱い茶を出した。

まずぬるめの茶で喉の渇きを鎮めさせ、後の熱い茶を充分味わわせようとする寺小姓の細やかな知恵配り心遣いに感じ入った秀吉は彼を家来として採用した。

それが後の石田三成である、という逸話がある。これが俗に「三杯の茶(三献茶)」と呼ばれるエピソードである(武将感状記)。
<Wikipediaより>
hitohi at 16:24|この記事のURLComments(0)

2012年11月09日

【お知らせ】全国お茶まつり/静岡大会in掛川

1717 001











第66回全国お茶まつりのお知らせです
静岡/掛川で開催されますよ。
hitohi at 01:48|この記事のURLComments(0)

2012年05月14日

【茶園】宇治田原>覆下茶園

120513宇治田原>覆下茶園 宇治でよく見かける黒い幕を被せた茶園です。玉露や碾茶(てんちゃ)を栽培する 覆下茶園です。
昔はわらを掛けて暗くしたそうですよ。



120513宇治田原>覆下茶園 (6)
内は少し薄暗くなります。葉の大きさがが大きく揃っているのが判りますか?
少ない光をたくさん取ろうとして横に広がるため 薄く広い茶葉ができます。
茶摘みの直前にはもっと暗くなります。
手間を掛けた分 高級な茶葉になりますよ。


120513宇治田原>覆下茶園 (16)このように 直に覆うこともあります。

光を遮る事により 苦み渋みが少ない旨みが多い茶葉=玉露/被せ茶/碾茶ができます。
碾茶は石臼で挽いて抹茶にします。
hitohi at 01:13|この記事のURLComments(0)

2012年05月13日

宇治田原・茶摘み体験交流会2012 へ行ってきました

120513宇治田原茶摘み体験交流会1 21お茶のふるさと塾主催の「宇治田原・茶摘み体験交流会2012」に参加しました。
塾の茶園で9時半より茶摘みが始まりました。
茶摘み体験専用の茶園です。

120513宇治田原茶摘み体験交流会2晴天でしたが空気は冷たく 汗もかかずに快適に茶摘みができました。

茶畑に入ると 子供はすっぽりと隠れてしまうぐらいの高さに生育しています。
下地は 昨秋に葉刈りした下枝が敷き詰められてふかふかです。


120513宇治田原茶摘み体験交流会3今年の生育は遅めでした。
「一芯二葉」ひとつの芯二枚の葉をつけて摘むの最もよいと説明を受けました。きれいな 一芯二葉ですね。

(画像をクリックすると拡大します)

120513宇治田原茶摘み体験交流会 (10)茶摘み娘の衣装も貸し出していただけます。
結構多くの方が茶摘み娘の姿で茶摘みをされていました。今年は阪神間からの参加が多かったそうです。


120513宇治田原茶摘み>若葉約三時間で二キロほどの新茶を適採でしました。
すぐに製茶工場へ持ち込んで製茶してもらいます。
後日 自宅へ新茶が届きますよ。



hitohi at 23:24|この記事のURLComments(0)

宇治田原・茶摘み体験交流会2012

120513宇治田原茶摘み体験交流会 (1)
今年は 快晴で空気は冷たく快適に茶摘みができました。
約三時間で2キロの茶を摘みました。
hitohi at 17:17|この記事のURLComments(0)
=== DATA ===
新しくて懐かしい
日本茶カフェ一日
日本茶カフェ一日ロゴ

神戸市東灘区本山北町3-6-10メープル岡本2階 〒658-0003
078−453−3637
HP : http://hitohi.jp
mail : info@hitohi.jp
twitter hitohi_cafe
face book hitohi

11:30−22:00
最終月曜休み

カウンター10席・テーブル10席・全席禁煙・予約可・カード不可・駐車場なし(コインP在)
 地図
== ひとひの予定 ==
10月21日(土) スィーツめぐり

10月22日(日) スィーツめぐり

10月22日(日) 岡本カレー選手権

10月27日(金) スィーツめぐり

10月28日(土) スィーツめぐり

10月29日(日) スィーツめぐり

10月30日(月) 営業休み

11月03日(祝) スィーツめぐり

11月04日(土) スィーツめぐり

11月05日(日) スィーツめぐり

11月05日(日) 岡本ハロウィン

11月11日(土) スィーツめぐり

11月12日(日) スィーツめぐり

11月18日(土) スィーツめぐり

11月19日(日) スィーツめぐり

11月23日(祝) スィーツめぐり

11月25日(土) ひとひ落語会60回

11月27日(月) 営業休み
====展示のご案内====
10月16日〜10月29日
ニット作家
ムラカミトモコ個展
「SNOW MAN」

11月01日〜11月12日
アクセサリー
うえのさき

11月13日〜11月23日
和紙コラージュ
飯干美佐子

11月24日〜12月10日
イラスト展
森田温子
==== 最新記事 ====
=ひとひブログ内検索=
===月別アーカイブ===