IMG_4518

























こんにちは!昨日に引き続きひでりんです。

本日は衣装のお手入れ方法についてお話させて頂きますね。


お洗濯の仕方ですが、まず全体をよく見てファンデーションや口紅、食べこぼしなどがついていないかを確認してください。

お祭り中にシミに気付いた場合はシミ取りレスキューという持ち運びできるシミ落としがおすすめです。
去年の本祭では10本近く使用しました…!
スタッフの誰かが持っているはずなのでもし汚してしまったら声を掛けてくださいね♪



シミが確認できたら襟袖用の洗剤をとんとんと付けて汚れを落とします。

メーカーはどのものでも大丈夫ですが、ヘッド部分にスポンジが付いているものが扱いやすく、汚れも落としやすいのでおすすめです。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0012P1WQS/ref=cm_sw_r_cp_api_XG3zzbP6W6MQW
(こんな感じのものです)

家紋のプリントが汗で落ちて緑色っぽくなってしまうことがあるのですが、そちらの汚れもこれで対応できます。

時間が経つと取れなくなることもあるので注意してくださいね!

部分的なシミを落としたら手洗い、もしくは洗濯機の手洗いコースに設定します。洗剤はおしゃれ着用のものを使ってください。

色物と白物はかならず分けて洗ってください。
色移りして大変なことになります…

脱水が完了したらハンガーに1着ずつ掛けて干してください。

帯は絶対に洗わないでくださいね。ファブリーズなどをかけるくらいにしておいてください。

県外の方やスパよさや東海道などの遠征に行かれる方は折りたたみできる和装ハンガーが1本あれば便利だと思います。
個人的に伸縮式で二段になっているものがスカートもかけれてキャリーにも入るのでおすすめです。


IMG_8202




IMG_8201





































こんな感じになります!


基本的には干す時に整えておけばアイロンはほぼ不要なのですが、もしアイロンをかける場合はかならず中温以下にしてあて布をしてください。

衣装に使用されているアムンゼンという生地は高温スチームで溶けます。私は同じ素材を実際に溶かしたことがあります。笑

また、あて布をしないとポリエステルはテカリが出てしまうのでめんどくさくてもあて布を使用してくださいね。

以上になります。
分からないことがあれば近くのスタッフに聞いてください(*^^*)