「こうせい」と読む熟語にも、似ていて使い分けのわかりにくいものがあります。「こうせい」についての熟語を挙げてみると、「更生」と「更正」、また「厚生」が挙げられます。

「厚生」は、テレビなどでも目にする機会が多く、意味を知っている方も多いかと思いますが、「更生」と「更正」は似ていて使い分け方がわかりにくいですよね。今回は、以上の三つの「こうせい」について紹介していきましょう。まずは「更生」から紹介します。

更生は、甦生と書く場合もあり、不良になった人、また使えなくなった物などが、再び立ち直ってまじめになる、物なら修復されて使えるようになる、という意味で使われる熟語です。

ちなみに更生の「更」には、「かわる、あらためる、あたらしくする」などの意味があり、「更」を使う熟語には、「変更」「更新」「更改」「更迭」「更代」その他、「衣更え(ころもがえ)」などが挙げられます。

また「生」には「いきる」という意味の他に「うまれる、そだつ、いきていること、くらし、生活すること」などの意味もあり、「更生」とは「再生して生き返る、生まれ変わって生きる」というイメージの熟語となっています。この更生は以下のように使います。

不まじめだった彼はすっかり更生して立派な社会人になっていた。現在の社長は業績が悪化して倒産寸前だった会社を更生させた凄腕の社長だ。前科のある彼がここまで更生するとは驚いた。

次に、「更正」について紹介します。更正は、税金や登記などの書類の誤りを、正しいものに書き換える場合に使われる熟語です。

「正」は読んで字のごとく「ただしくする」という意味ですが「なおす」という意味もあり、更正と同じような意味合いで使われる熟語には、「是正」「改正」「矯正」「訂正」などが挙げられます。この更正は以下のように使います。

書類の更正しておいてほしい。引っ越しをするので登記を更正しなくてはいけない。登記の更正は司法書士に頼んだ方がスムーズだ。

次に「厚生」について紹介します。厚生は、私達が豊かで健やかな生活を送れるようにする、という意味で使われる熟語です。

「厚生」の「厚」には、「てあつい、ゆたか、ゆたかにする」などの意味もあり、厚を使う熟語には、「厚意」「濃厚」「仁厚」「温厚」「厚情」「重厚」などが挙げられます。この厚生は以下のように使います。

福利厚生のしっかりしている会社に勤める方が良い。厚生年金の手帳をどこかに無くしてしまった。厚生労働省ではどんな仕事をやっていますか?ここには大きな厚生施設があります。

最後にそれぞれをまとめておきましょう。更生…不良になった人や、使えなくなったものが、立ち直ってまじめになる、修復されて使えるようになる、という意味で使われる熟語。再生する、生まれ変わって生きる、というイメージの使い方。

更正…税額や登記など書類の間違いを正しくなおす、という意味で使われる熟語。厚生…私達が健やかで豊かな生活を送れるようにする、という意味で使われる熟語。