「しずめる」と聞くと一番に思い浮かぶ漢字はどんな漢字でしょうか。しずめる、と読む漢字には「沈める」「静める」「鎮める」などが挙げられます。

「沈める」は何となくでもわかりそうな漢字ですが、「静める」と「鎮める」は、使い分けがちょっとわかりにくいですね。今回は以上の三つの「しずめる」ついて紹介していきましょう。まずは「沈める」から紹介します。

沈めるは、海や湖、プールなど水中にものを水没させる、水没する、という意味で使われる漢字です。またこのことから、布団やソファなど、柔らかいものに身体をうずめる場合にも使うことがあります。

ちなみに「沈」には「水中へ水没する」という意味の他に「心が重い、おちぶれる、溺れる、深入りする」などの意味もあり、これを使う熟語には次のようなものが挙げられます。

「地盤沈下」「沈殿」「沈丁花」「沈殿」「撃沈」「轟沈」「沈鬱」「消沈」「沈淪」「沈着」「沈思黙考」「沈静」「沈痛」など。この沈めるは以下のように使います。

海に沈んだ海賊船には宝がたくさん積まれているなんて夢物語だ。このダムの底には私の育った村が沈んでいる。彼はプールに沈んだまま3分も浮いてこなかったので僕たちは焦った。私は疲れ切って、ソファに身を沈めたまましばらく動こうともしなかった。

次に「静める」について紹介します。静めるは、ザワザワと騒がしい状態を静かにさせる、穏やかな状態にする、という意味で使われる漢字です。

「静」には「しずめる」の他に「ひっそりしている、動かない」などの意味があり「静」を使う熟語には「静寂」「静止」「安静」「静養」「閑静」「静粛」「静穏」「静観」「平静」「冷静」「鎮静」などが挙げられます。この静めるは以下のように使います。

静かに!という一声で騒がしかった教室が静まった。深呼吸をして、焦っていた気持ちをいったん静めた。その瞬間、辺りは静まり返って波の音しか聞こえなくなった。

次に「鎮める」につい紹介します。鎮めるは、混乱などの騒動を落ち着かせ安定させたり、神霊的なものの怒りなどを落ち着かせるという場合に使われる漢字です。

「鎮」には、「しずめる」という意味の他に「おさえつける、おもし」などの意味があり、「鎮」を使う熟語には「鎮圧」「重鎮」「鎮魂」「鎮撫」「文鎮」「鎮護」「風鎮」などが挙げられます。この鎮めるは以下のように使います。

昔は、荒れ狂う海の怒りを鎮めるために、人柱が捧げられたと伝えられている岬がここだ。痛みを鎮めるにはこの薬がよく効く。何年も乱れていた国の状態は彼が治めてからようやく鎮まった。

最後にそれぞれをまとめておきましょう。沈める…ものが海や湖、プールなど水中に水没する、という場合に使われる漢字。ベッドやソファなど柔らかいものに身体をしずみ込ませる場合でも使うことがある。

静める…ザワザワと騒がしいものが静かな状態になる、穏やかな状態になる、という意味で使われる漢字。鎮める…混乱などの騒動を落ち着かせ安定させる、神霊的なものの怒りなどを落ち着かせる、という意味で使われる漢字。