tomaru

「とまる」という単語にも、いくつかの使い分けをする漢字があります。あなたは「とまる」と聞くとどんな漢字を思い浮かべるでしょうか。

「とまる」と読む漢字には、「泊まる」「止まる」「留まる」などが挙げられます。今回は、以上の三種類の「とまる」について紹介していきましょう。まずは「泊まる」から紹介します。

泊まるは、「自宅以外の場所に一定時間とどまる、また、そこで就寝する」という意味で使われる漢字です。またこの漢字は、人が就寝する意味の他に、船が港でいかりをおろして停止している場合にも使われます。

ちなみに「泊」という漢字には、漢字自体に「ふねをとめる、岸につないでおく」という意味もあり、「泊」を使う熟語には「宿泊」「連泊」「外泊」「車中泊」「一泊」「停泊」「仮泊」「旅泊」「漂泊」「泊地」「淡泊」などが挙げられます。この泊まるは以下のように使います。

今日は友達の家に泊まる、と親にウソをついた。旅館に泊まる予定だったがビジネスホテルに変更になった。このサービスエリアには泊まれる施設が備わっているので助かる。飛行機が運航を見合わせたため、今夜は空港に泊まることになった。今日は泊まりがけで作業するぞ。

次に「止まる」について紹介しましょう。止まるは、「動いていたものが動かなくなる、じっとする」という使い方をする漢字です。

また「止」には「禁じる、やめる、やすむ、おしとめる」などの意味があり、「止」を使う熟語には「停止」「禁止」「中止」「休止」「止血」「静止」「阻止」「制止」「抑止」「廃止」「終止」「挙止」などが挙げられます。この止まるは以下のように使います。

曲がり角ではいったん止まって安全確認をしなさい。観覧車が止まるという事故が起きた。びっくりして心臓が止まるかと思った。猫が道路の真ん中でジッと止まっていて危ない。電線にカラスが止まっている。

次に「留まる」について紹介します。留まるは、「ものをある位置に固定する、その場にとどまる」という意味で使われる漢字です。

また「留」には「心をとめ気にかける、置き忘れる」などの意味があり、「留」を使う熟語には「留意」「保留」「残留」「留置」「抑留」「留心」「慰留」「留保」「留学」「留守」「在留」「駐留」「停留」「留任」などが挙げられます。この留まるは以下のように使います。

胸元のボタンをちゃんと留めなさい。画鋲で壁にメモを留めた。道路の隅の誰も気に留めることもない場所に、ひっそりとお地蔵様がある。海外からの荷物は空港で留まっているようだ。昆虫標本にした蝶を小さな針で箱に留めた。

最後にそれぞれをまとめておきましょう。泊まる…自宅以外の場所で一定の時間とどまる、またその場所で就寝する、という意味で使われる漢字。船がみなとに停止している場合にも使われる。

止まる…動いていたものが動かなくなりじっとする、活動がやむ、やすむ、という意味で使われる漢字。留まる…ものをその場所に固定する、その場にとどまる、という意味で使われる漢字。