田所仁美のハッピーレシピワールド

田所仁美のレシピコンセプトは 心と体に優しいレシピクリエイト 「食」と「香り」のレシピクリエイト ウィークリーメッセージへようこそ…。

田所仁美のレシピコンセプトは
心と体に優しいレシピクリエイト
「食」と「香り」のレシピクリエイト
ウィークリーメッセージへようこそ…。

癒しのお部屋


  癒しのお部屋

 いつもいろーんな自然素材を届けて
くれる友人が、初めて遊びに来てくれた。

 先日は、たくさんのローズマリーや
山椒の木、やまぶき、たらの木をいただ
いたので、こんな感じ〜と見てもらいま
した。

 ローズマリーは花瓶に活けて、
山椒はドライハーブに、山吹はピクルスに
したよーと、いただいたものの説明会。
その後、香りのお話で盛り上がり、香料や
アロマオイルを試香しながら、民間療法や
調香の醍醐味を語り合って、お部屋は香り
でいっぱ〜い。なんだかせつない・・・

 大好物の仙太郎さんのどら焼きをいた
だきながら、最近の出来事とか、将来の
事とか、のんびり、しんみりした時間を
過ごした。


 このお部屋は、すごーく癒される・・・と、
彼女は気に入ってくれた。先日遊びに来てく
れた友人も、ここはホッとする空間だね。と
言ってたな・・・

 素朴な住まいだけど、そんな風に思って
いただけて、嬉しいな〜きっと、自分が
そんな空間を求めているから、そうなるの
かしら??それとも住み着いてる麹菌の仕業??
かもね。
 

 

 

 


表現力

  表現力

 子供の頃からダンスが大好きで、いつも
踊っていたし、今もダンスレッスンは欠か
せない。何歳まで踊ってるんだろう・・・
と、時々呆れる。

 ダンスは技術も必要だけど、表現力という
芸術性が、かなり求められる。最近、フィギュア
スケートを観ていて、宇野昌磨くんの表現力に
魅せられた。いつのまにか、青春時代の頃の心の
世界に引き込まれていく・・・純粋さや、繊細な
心の傷、エネルギッシュな情熱など、視聴者に
まで伝わってくるってスゴイなー。

 生きるという事は、なんらかなの手段で、自分
の想いを表現していかなくては、人に何も伝わら
ない。言葉・文字・表情・ジェスチャー・心配り・
態度・時に、音楽やダンスみたいな芸術性かも
しれない。

 ダンス好きなのは、日頃、うまく伝えられない
自分の想いを、ダンスという身体の動きで発散さ
せているのかな。

 先日、ダンスの先生に上達した!と褒められた。
確かに、ダンス人生のなかで、今までで一番、表現が
できるようになったような・・・身体は老化しても、
表現力は、年の功(笑)

 私らしく個性的に・・・って思い、自由にやって
ると、なんか性格も表現力がパワフルになり、そん
な自分が時々怖い・・・みんなに迷惑かけてないかしら。
ごめんなさい。

桜にお別れ・・・


 桜にお別れ・・・

 今年は桜の開花が遅れ、咲き始めの頃は、
とっても寒い気候で、やっと咲き始めたら、
雨続き・・・満開の花を見上げると、曇り空
ばかりでした。それはまるでモノクロ写真
を見ているかのような、レトロな桜でした。

 毎年、必ずお花見一緒にする友人と、いつも
の場所へ。お天気が回復した日に桜吹雪を楽し
んだ。お花や川をみつめながら、最近の出来事
を語り合い、昨年を思い出し、こうして集える
幸せを感謝しあった。桜がまた会えたね!と、
私たちを迎えてくれてるかんじ。

 今年も桜とお別れ・・・お別れといえば、
どんな場面でも、せつなく悲しい・・・でも、
せつないと思えることは、すごく楽しいとか
美しい時間が過ごせていた証だなって思う。
お別れはその時間が過ごせなくなるから、
せつないのかな・・・

 この桜は、毎年再生し、美しい花を咲かせる。
生命のサイクルはすごいパワー・・・きっと、
私たち人間にもそんなパワーが備わっているはず。

 思わぬことが次から次へとやってくるけど、
きっと乗り越えられることがやってきて、
それを良いエネルギーに変換していくチャンス
なんだと思っている。自分のこと、人のこと、
いつも祈りを大切に生きると、その想いが、
必ず届くべきところへ運ばれる。

 今年のお花見は今までになく、想いが重い・・・
年齢を重ねたな〜って実感。どんな時も、後悔
のないような時間を過ごしてね。桜がそう言ってた。

勇気ありません・・・


 勇気ありません・・・

 ある日の出来事。母と夕飯をいただいて
いるところに、電話がかかってきて、
「ひとみさんいらっしゃいますか?」と・・・
母びっくり!家を出てから、そんな電話は一度
もなかったから。三年生の時の友人ということ
だけど、知ってる?苗字を聞いてみたものの、
知らない・・・お母さん、それはきっとイタズラ電話!
お断りして!!と、お願いしたけど、相手の方は、
一生系麺説明してるから出てみたら?と、受話器
を差し出してくる・・・、だって知らないんだ
もん〜と逃げたら、母は、助けてくれた。
お宅、間違っておかけになってるんじゃないかしら?
知らないと言ってます・・・と、強い口調で言って
くれた。 

 その後、出てみたら?と、また受話器を渡して
きたので、はっきり断ってやるーと、意気込んで
「もしもし!」と出てみたら、その人のこと、
思いだしてきた!!!中学三年生のとき、同じ
クラスだった男子じゃない!「忘れてごめん
なさい・・・本当にごめんね・・・思い出したよ〜
」と、謝るしかなかった(笑)

 37年ぶり??昔過ぎて、記憶が薄れていて、
本当に驚くばかりでした。中学の同級生・・・
私にもそんな時代があったんだーってかんじ。

 ・・・で、今年の夏、同窓会するから、お誘い
でしたが、結構他の人たちは、途中で会ったり
してるみたいで、みんな繋がってるみたいだけど、
私、私学女子高に行ったこともあり、繋がりが
全く途絶えて、卒業後、誰とも会っていない・・・

 ということは、15歳が最後で、再会が50代。
それはないでしょ!!一番変化していく20〜40代。
成長、進化、熟成が美しい時代を飛び越えて、
いきなり、少女からおばさん〜なんて、わたし、
出席する勇気ありません!(笑)

 その後、メールのやりとりで、みんなの
様子とか、中学生時代の思い出話に盛り上がった。
電話をくれた、彼とは卒業の時、もう会えなく
なるんだね〜と、お散歩した人でした。今も、
よーく憶えている青春の一頁。なのに、忘れるなんて
、私、最低〜〜大人になり、過去を語り合うのは、
本当に懐かしく良いものですね。

 やはり、少女時代のままの思い出でとっておきたい
ような・・・みんなだって、あの頃の私のままで
いて欲しいと願っているはず(笑)こんなに強く
なかったもん〜・・・

 同窓会、こっそり見てみたい・・・動画お願い
しておこうかしら???

 


 

 

感謝でアク抜き

   感謝でアク抜き

 友人のお宅にお邪魔した時、
わらびをいただいた。山菜と
いえば、初春のイメージ。
今年は、ご縁がなかったなー
・・・と思っていたので、
とても嬉しいお土産!デパート
でも売ってたけど、なかなか
買う気にならないものです。

 家でアク抜き。重層がないので、
小麦粉と塩で・・・と思ったけど、
お菓子作りに使う、ベーキング
パウダーが残っていたので、それを
利用しました。

 最近の栄養学では、野菜のアクは、
フィトケミカルの宝庫だから、水に
さらさずいただく方が身体によい!
と言われてますが、山菜のアクは、
昔から言われるように、ちゃんと
アク抜きしましょう。

 人のアクも、何か抜く方法が
あったら面白いのに・・・と、思い
ながら、わらびをみつめました。

 今日は満月。感謝と浄化の日です。
きっと、これがひとりひとりのアク抜き
かも!?

 いろいろ思い通りにいかない日々の
積み重ねは、目標達成には、行き着
かないけれど、なぜか素直な気持ちに
させてくれるものです。ありがとうの
気持ちの達成感!アク抜けてます・・・
抜き過ぎないよう気をつけます。

 笑うことも大切だけど、泣きたいなら
涙をながした方が楽・・・心地よい
自分を感じながら、ありがとう〜って
呟くのです。
プロフィール
田所仁美(たどころ ひとみ)


・食と香りのレシピクリエイター

エコロジー及びウェルネス分野での料理研究、講座活動を名古屋を基盤に約20年。その後、香りの世界と食との融合を目指し、世界的企業の香水作りを手掛ける著名調香師を師とする唯一の日本人調香師の一人に弟子入り。200年の歴史を持つフランス伝統香水調香の技を伝授され、30〜50種の香りを複雑に調合する「ナチュラルフレグランスレシピ」の技術を学ぶ。

もともと三代続く名古屋の食品会社を営む家に生まれ、幼少期から、【食】と【人】との関わりの世界を深く見つめる環境で育つ。20代に数年間の大病を患い、健康回復には【食・心・運動】の関わりが不可欠と、その重要性を強く感じ、心身改善に取り組む。

自然体でその人らしく、【健康で美しく、豊かで楽しい人生】を理念にした「一物全体食」思想の料理活動を機会に始まった【田所式クッキング】活動とともに、「香りと食」のレシピ講座、執筆、企業向け新商品レシピ開発&企画等で活動。いつまでも<庶民感覚>を忘れない生粋の名古屋っ子

・ 「食と香り」のクリエーター
・国際食学協会会員 美容食学 準食学士
・財団法人 地球環境財団  管理食養士
・整膚学(中医学)博士課程修了


●<著書>:「自然彩食」他
メッセージ
Archives
  • ライブドアブログ