田所仁美のハッピーレシピワールド

田所仁美のレシピコンセプトは 心と体に優しいレシピクリエイト 「食」と「香り」のレシピクリエイト ウィークリーメッセージへようこそ…。

田所仁美のレシピコンセプトは
心と体に優しいレシピクリエイト
「食」と「香り」のレシピクリエイト
ウィークリーメッセージへようこそ…。

年齢わかんなくなっちゃった?!

 年齢わかんなくなっちゃった?!

 友人のお誕生日お祝いに、プレゼントと
ケーキを持って、でかけた。彼女は、熱田さん
へお参りに行きたいから、付き合って!と、
私の到着を待っていた。

 お誕生日にお参り、良いですね!!
私も、年内に一度お参りにでかけたかった
から、お供させていただいた。

 一年無事過ごさせていただいたことへの
感謝で手を合わせる。お願い事してよい
神様の前では、みんなの幸せをお願いして
きましたよ!

 ところで、何歳になったの??と、尋ねると
彼女は、ここまでくると、もう年齢がわかんなく
なっちゃって・・・計算機で、計算した!と、
苦笑い。そんな人、初めて聞いたわ!と、
笑ってしまいました。自分もそうだけど、みんな
それなりに年齢を重ねたなーと、思う瞬間が
最近よくある。ちょっと気を抜くと、ヤバイよね?!
でも、上手に受け入れて、それなりに自分らしさ
を醸すことが大切だよねー。個性は大切です。

 還暦を迎えるころは、どんな環境になって
るのかな〜決して遠い未来ではないだけに、
今が大切な一瞬一瞬。あまり考えたくないけどね。

 お家に帰り、ベリーダンスのCD聴いて、最近
レッスン中の初体験!ヴェールを纏って踊るステ
ップを復習・・・私はイエローヴェールをチョイスしま
した。
25



ダンスしてると、年齢を忘れる。ずっと踊って
いたい・・・年齢なんて忘れたほうがいいよね!

青春のファッション

  青春のファッション

 最近VAN復活??地下街にSHOP発見。
いわゆる団塊の世代のおじさま方が、結構
楽しそうにお買い物してた。

 「みゆき族」と呼ばれるアイビーファッション。
私は子供でしたが、姉の影響か・・・好きでしたよ。

 自分の青春ファッション・・・いろいろあります。
最初は高校時代の丘サーファー〜次に、デザイ
ナーブランドブーム、大学時代は神戸風お嬢様
ファッション、OL時代はボディコンブーム、その後
、ダンサーファッション・・・・・・で、最終的に自分
に似合うものが定まり、自分流。いろいろトライ
したからこそ、何が自分らしいのかが、よくわかり
ます。

 最近は、いよいよ大人の世界へ(笑)歳相応、
お顔やスタイルとマッチングするよう、大人の女
スタイイルを模索中・・・だから、男性みたいに、
昔を懐かしんで、そのスタイルやブランドに気軽
に戻れない。戻っても、その頃の感じには着こなせ
ないので、ひとひねり入れないと危険です(笑)

 大人っぽいファッションだと思い、購入したお洋服
は、妙にマッチして、気に入らない。だってもう大人
だからね・・・ファッションは、少しばかりアシンメトリー
なセンスが良いかんじ。新しい自分発見の楽しみでも
あります。

 時に、もうオシャレは面倒くさい・・・と思うことも
ありますが、VANで楽しそうにオシャレを楽しむおじ
さま方を見て、なんだか明るい気持ちになりました。

 おっさん頑張れ〜!と、心で呟き、ふと、私も
もうすぐおばさんじゃん?!と、気付いて微妙なかんじ。
目指すは進化系おばさん。

大切なこと


  大切なこと

 大人になると、大切なことを忘れていく。
たくさんの人生経験を積み上げて、賢く
なるというのは、結果、人として大切なこと
をどこかで置き去りにしているのかな。

 大人社会で評価される生き方。権力や
虚栄心、財力・・・生きる上で必要なことで
ありながら、あまりにも偏ると、人としての
生き方を見失うことがある。人が人生の
なかで溺れがちなことである。人間だもの。
誰しも陥りやすい・・・

 だから、完璧に生きることなんて本当に
難しいと理解できるこの頃、それも大人に
なったからかもしれない。

 先日、星の王子さまのことを思い出した。
大切なことは、自分が思いを込めて、時間を
かけて特別なものへと育てていくこと。愛とか
幸せは、そんな過程に含まれている。だから
本当の幸せは目に見えない、感じるものだと
いうこと。

 もし、この世に想いを届けたいという命や
魂が存在するならば、それはとっても幸せな
人生を歩んでいるということなんだろうと思う。
たとえ離れていても、身近にいても、想いは、
距離に関係なく通じるパワーが存在する。

 夜空を眺めると、その力を感じることができる。
大切なことを、改めて大切だと認識できるのは、
大人だから。大人になってよかったな・・・と思える
、微笑ましい瞬間である。

 

  

 

神秘的満月

  神秘的満月

 友人のお付き合いで、炊飯器を買いに
車ででかけた。ベリーダンスのレッスンが
あったので、急いで着替えて待ち合わせ
場所へ。

 車を走らせ始めると、前方に大きな満月。
それは怖いほど、神秘的であった・・・まるで
ベリーダンスの神秘な時間がまだ続いてい
るような・・・その月を観ていると、いろんな
事が浄化されていき、友人と、きっといい事
いっぱいあるよ〜と、希望を見つめていた。

 この夏は、みんなの幸せを共に喜び、
悲しみを分かち合った。辛いと思うことも
あったけれど、それは必要不可欠なこと
なんだろう・・・と解っているので、やがて、
原動力となるはずである。神秘的な満月は、
単に美しいというものではなく、とても力強く、
孤独ながら温かいエネルギーのように感じた。
熟成の月・・・

 たった数カ月のいろんな周囲の出来事が、
年齢を重ねた自分たちの現実だと、知らされ
る。少しずつ、受け入れていかなくてはなら
ない。そうよね・・・エイジングは、外見も内面
も、急激に進み始め、それ相応に、自分を
確立していかなくてはならない。節目なんだろう。

 でも、みんな愛に満ち溢れてすごく幸せ!!

love is power〜どんな事が起こっても、愛を
信じて生きる姿は、その人を輝かせる。みんな、
変化と進化を繰り返し、楽しんでいる。大人に
なったな・・・なれるかな・・・

 今は、夜空へ幸せや感謝の気持ちを祈り続
ける。


 

栗友


  栗友

 今夜は十三夜。栗名月とも言われます。
お天気は曇り空・・・でも、何度も空を眺めて
いたら、お月さまは時々、見え隠れして、
これまた風情がありました。中秋の名月
の次に美しい十三夜。今年は両方見ること
ができました!よかった!

 お友達が夕方、梨を届けてくれて、
栗名月なので、栗のお菓子を一緒にいただき
ながら、いろーんな事を語り合いました。

 栗が大好きな彼女と私。今年の秋は、
いろんな栗菓子を、一緒に食べて、ふかーい
話を何度かしました。

 人生は本当に予想がつかない旅ですね。
例え、自分にとって心地良くないことが起きても、
実は、それにより救われることもある・・・

 人とのご縁は、人生という旅の醍醐味です。
栗友は、栗のような滋養パワーで、いつも
私に接してくれます。

 十三夜は少しだけ欠けている・・・満月に
比べれば未完成。人間も、常にパーフェクト
ということはあり得ないから、その未完成な
感じが個性なんでしょう。

 許すとか受け入れる・・・という言葉を昔、
スピ系の人たちがよく言っていた。

 今は、その言葉が重くて軽いものだと思う
・・・個性はその人の生き方。許すも受け
入れるも通り越して、自由なのだ。それが
優しさでもあるのかな・・・

 心も秋も、深まってきました・・・

 
プロフィール
田所仁美(たどころ ひとみ)


・食と香りのレシピクリエイター

エコロジー及びウェルネス分野での料理研究、講座活動を名古屋を基盤に約20年。その後、香りの世界と食との融合を目指し、世界的企業の香水作りを手掛ける著名調香師を師とする唯一の日本人調香師の一人に弟子入り。200年の歴史を持つフランス伝統香水調香の技を伝授され、30〜50種の香りを複雑に調合する「ナチュラルフレグランスレシピ」の技術を学ぶ。

もともと三代続く名古屋の食品会社を営む家に生まれ、幼少期から、【食】と【人】との関わりの世界を深く見つめる環境で育つ。20代に数年間の大病を患い、健康回復には【食・心・運動】の関わりが不可欠と、その重要性を強く感じ、心身改善に取り組む。

自然体でその人らしく、【健康で美しく、豊かで楽しい人生】を理念にした「一物全体食」思想の料理活動を機会に始まった【田所式クッキング】活動とともに、「香りと食」のレシピ講座、執筆、企業向け新商品レシピ開発&企画等で活動。いつまでも<庶民感覚>を忘れない生粋の名古屋っ子

・ 「食と香り」のクリエーター
・国際食学協会会員 美容食学 準食学士
・財団法人 地球環境財団  管理食養士
・整膚学(中医学)博士課程修了


●<著書>:「自然彩食」他
メッセージ
Archives
  • ライブドアブログ