HITOMIの英国調ビーズ装飾

英国調ビーズ装飾作家たむらひとみの作品案内

2016年12月31日

ご案内 

(通常のブログは 次のコーナーからどうぞ♪)

12-10-20-2-ue
ブログを統合しました
12-10-20-2-sita
デコレーション・ソープとソープカービングのブログ
今、ご覧になっているこのビーズ装飾のブログに統合しました

 
14-4-5-1-150
HITOMIと文左衛門の日常ブログは
こちら


12-10-20-2-ue
HITOMIの専属講師レッスン
12-10-20-2-sita
ビーズ装飾歴39年のHITOMIが認定した専属講師の教室

事務的な空間のカルチャーセンターではなく
ほとんどの講師が
自宅サロン形式で
ティータイムを取り入れながら
ゆったりとした教室を開講しています

日本全国はもちろんのこと
海外でも開講しております

お問い合わせはこちらで一括して賜ります
お気軽に お問い合わせ くださいませね


 12-10-20-2-ue
ビーズアクセサリーとビーズ刺繍
ビーズ飾りのソープカービング、デコレーションソープ
講師養成プロコース

12-10-20-2-sita

詳細は 各ページでご確認ください


よろしければクリック  御願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ


at 06:42 この記事をクリップ!

2016年07月22日

幸せの余韻

昨日は
6月に続き、とても素敵な O様ご夫妻と
ランチを楽しんできました


数年ぶりの
TOUR  D’ARGENT

16-7-22-name

自作のビーズ刺繍バッグと
アイスブルー色のチュールレース・スカートで



重厚な入り口

16-7-22

馬ですね
HITOMIも2週間ほど乗っていないので
しばらくぶりに乗りに行かなくては


ゴージャスな花
夏をイメージしてあるので
ボリュームがあっても涼やか

16-7-22-1



乾杯♪

HITOMIは
さっぱりとしたモヒート♪

16-7-22-2
*メガネは画像処理です

月に20日 グルメを楽しんでいらっしゃるそうで
いろいろなおいしいお店の情報を
教えていただきました



最近はどこのお店に行っても
この
”泡” が出てきます 笑
きっと、流行っているのでしょうね

16-7-22-3



貝 のいろいろが入っています
冬には
葉山のチャヤで牡蠣を食べに行きましょうと
意見一致♪

16-7-22-4



昨年、馬仲間親友漫画家 Mさんが
京都に引っ越してしまったので

日中にランチをする仲間が減ってしまいました

もう一人の馬仲間親友 Nさんはトリマーなので日中は大忙し
ランチに誘っても
日中は忙しいわよ〜〜
の返事

最近はいつもキハチで一人ランチの日々です




スズキさんのグリル

16-7-22-5


HITOMIは
241833羽目のカモさんでした

16-7-22-6



O様ご夫妻は
毎日ウオーキング5000歩位なさって
運動を欠かさないそうです

HITOMIも少し歩かなければ

プールのウオーキングコースを8月から
申し込みしてあります
でも・・・
続くかどうか 笑

馬は30年弱続いていますが
動物が相手なので
お互いに気が合う!? というか何というか

動物とはすぐに仲良くなれるので
長年続いていますが
プールは・・・




リコッタチーズのようなチーズ
名前は 忘れました 笑

16-7-22-7




アイスクリームやフルーツが乗っている
ドーナツ状の部分はクッキー
盛り付けがとてもかわいいです

16-7-22-8

ドーナツ型のクッキーというと
泉谷のクッキーを思い出すのは
私だけでしょうか?



ご主人様は
法律関連の著書を何冊も出していらっしゃいます

HITOMIが好きな刑訴ではなく
今まで全く知らなかった分野の内容
とても興味があります♪

次回、お目もじの際には
是非
お話を伺わせていただこうと思っています♪

16-7-22-9


ガラスのカモさん

16-7-22-10

奥様は
モラ(手芸の技法です)やニットも習われていたそうです

とても手の込んだネックレスを身につけていらして
もしかしたら
手作りだったのかしら?

お尋ねするのを忘れていました



楽しいひとときを
ありがとうございました

また、ご一緒させてくださいませ♪


よろしければクリック  御願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

12-10-20-2-ue
HPは こちらから

HITOMIと文左衛門の日常は こちらから 
14-4-5-1-150

12-10-20-2-sita




at 16:47 この記事をクリップ!

2016年07月18日

HITOMIのお守り

先代の我が家の小鳥さん達をモチーフにして

以前に
ミキモトにオーダーして
作っていただいたチャーム

大切に使って
お守りの代わりにしています



文鳥の ”ブン先生” は
 真珠を使って

16-7-18-2-name

16-7-18-3-name




初代ヒヨドリの ”チビ” は
ダイヤを用いて

16-7-18-name
16-7-18-1-name


大切な時
うれしい時
いつも身につけています♪


よろしければクリック  御願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

12-10-20-2-ue
HPは こちらから

HITOMIと文左衛門の日常は こちらから 
14-4-5-1-150

12-10-20-2-sita



at 16:27 この記事をクリップ!

2016年07月17日

バッグ大好き

子供の頃から
バッグ大好きなHITOMI

昔も今も
第二の我が家ともいえる
伊勢丹本店で

6階が子供用品売り場

その6階で洋服を買うと
すぐに
同じフロアでバッグと靴をお揃いで買っていました

バッグの色と靴の色は勿論同じ色で揃えて

素材は季節に合わせて
通常はバッグも靴も革素材

夏は
バッグを籠にして
靴も革素材のサンダル
そして
夏のストロー素材の帽子も色を揃えて買っていました


子供にしては
とてもお洒落でした ♪



それから数十年経ち

ビーズ刺繍バッグがHITOMIの仕事になっていますが
今でも
子供の頃の気持ちのまま
バッグを見るとウキウキと楽しくなります



そして先日
軽井沢の 濱野バッグさんの工場に行ってきました

いつもは職人さんに
ビーズ刺繍をした布をお渡しして
あとは仕立てていただくのみなので

本格的にバッグを仕立てる工程を拝見するのは
これが初めて

16-7-17-1


濱野バッグは
雅子様や佳子様がお持ちになり、そしてダイアナ妃にも献上されている
日本の老舗メーカー

この写真に写っているのが
雅子様が愛用されているロイヤルモデル


一目でどこのブランドのバッグ、とわかるのは
HITOMIはあまり好きではありません

そのブランドの営業マンじゃないし (笑)


濱野のバッグは
さりげなく上品で上質で
メンテナンスも行き届いているので
お気に入り ♪

16-7-17




見学の後に
ワークショップも体験しました 笑

16-7-17-2

16-7-17-3


かわいいクマさん ♪

16-7-17-4



帰り際には
上質な革のポーチまでお土産にいただいて

もう、本当に感激です ♪

16-7-17-5

この時期
ちょうどセールの時期ですが

安くてその場限りの商品をたくさん持つよりも

少し高価でも
上質で上品なデザインの物を購入する方が
結局は
長く使えます

これがHITOMIの主義 ♪

よろしければクリック  御願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

12-10-20-2-ue
HPは こちらから

HITOMIと文左衛門の日常は こちらから 
14-4-5-1-150

12-10-20-2-sita 



at 11:58 この記事をクリップ!

2016年07月16日

白い蝶

以前に
ある宝飾ブランドのポスター用に制作した
白い蝶



先日
軽井沢に行ってきたときに
高原の木々を見ていて
この作品を思い出しました

16-7-16-name


図鑑を見ながら
モンシロチョウをイメージして作り上げた

蝶の作品

16-7-16-1-name

羽根を閉じることも
広げることもできます

今日は久しぶりに
ガラスケースの中で
思い切り
羽根を広げています

よろしければクリック  御願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

12-10-20-2-ue
HPは こちらから

HITOMIと文左衛門の日常は こちらから 
14-4-5-1-150

12-10-20-2-sita




at 20:28 この記事をクリップ!

2016年07月12日

和のパーツで

先日の
和 のパーツを用いた
バッグチャーム

16-7-12-name

ラピスラズリの藍色とも
よく合います




こちらも
少しだけ 和 のイメージ

HITOMIのお気に入り
バッグチャーム

16-7-12-1-name



どちらも
通常のバッグに似合うのは勿論ですが

この時期は
ゆかたの時のバッグに付けても良さそうですね






今日は
材料を買いに行ったついでに
いつもの伊勢丹本店

屋上の景色を眺めながらのランチタイムです


いつも
盛り付けが楽しみな チャヤ のランチ

16-7-12


HITOMIは基本的に
外が見えるお店にしか入りません

外が見えないと
なんとなく息が詰まりそうで

16-7-12-1



うっかりハンガーグを注文してしまいました・・・
昨夜もハンバーグだったのに  笑

16-7-12-2



夏もミントティーは
すっきりしますね♪

地下の食品売り場で
早速ミントを買ってきました

16-7-12-3

さあ、明日も作品制作
頑張ります♪

よろしければクリック  御願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

12-10-20-2-ue
HPは こちらから

HITOMIと文左衛門の日常は こちらから 
14-4-5-1-150

12-10-20-2-sita




at 18:57 この記事をクリップ!

2016年07月10日

ビーズ刺繍バッグのオーダー

この秋から
ビーズ刺繍とリボン刺繍のバッグ
お仕立てのオーダーを承ります

しばらく
このお仕立てオーダーをお休みしていましたが
復活です♪



一流の職人さんが
丁寧に仕立ててくださいます



形は
トート型とミニバッグ の2種

11-2-5-2-name





リボン刺繍通信講座の作品のトート型

a-3-name
honka-1-name


受講生は
HPにてご確認ください

よろしければクリック  御願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

12-10-20-2-ue
HPは こちらから

HITOMIと文左衛門の日常は こちらから 
14-4-5-1-150

12-10-20-2-sita




at 16:31 この記事をクリップ!

2016年07月07日

和の魅力


庭の花を摘んで
部屋の中に飾りました

和 のイメージ

16-7-7



花に合わせて
ビーズも
和 を感じさせる模様です

16-7-7


仕事柄
扱う素材に横文字が多く

でも
本当は
日本語の美しい響きが大好きで
できるだけ
日本語で代用できるものは日本語で表記しています





横文字で ●△■◆ (日本語で◎◎◎という意味です)

というような書き方をよく見かけますが
それならば
最初から日本語で書けばいいのに・・・
と、思ってしまいます

または
それほど語学が堪能ならば
本文もすべて外国語で書けば?

とも・・・。


イメージとして横文字のほうが格好いいから
という考え方もあるでしょうが
日本語はイメージとして格好良くないということなのかしら?



まあ、考え方は人それぞれですね



16-7-7-1


外は猛暑

画像だけでも少し涼やかに


よろしければクリック  御願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

12-10-20-2-ue
HPは こちらから

HITOMIと文左衛門の日常は こちらから 
14-4-5-1-150

12-10-20-2-sita



at 11:41 この記事をクリップ!

2016年07月06日

スワロのポロシャツ飾り キットご案内

大人のポロシャツは
スポーティ、カジュアルなだけではなく

お洒落の要素も取り入れたいですね



この作品では
きらりと煌めくスワロのボタンや
襟先で可憐に揺れるスワロのフリンジが
ポイントになっています

10-6-13-j

キットの詳細とお申し込みは HPから どうぞ♪


よろしければクリック  御願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

12-10-20-2-ue
HITOMIと文左衛門の日常は こちらから 
14-4-5-1-150

12-10-20-2-sita



at 16:38 この記事をクリップ!

2016年07月05日

スワロのポロシャツ飾り

洋服を買ってきて

味気ないボタンの場合には

必ず
ボタンを付け替えます

ボタンを替えるだけで
洋服の印象は
全く違って見えます

そのボタンでHITOMIの定番は

こちら

スワロフスキーのボタン


16-7-5-1-name


クリスタル・オーロラの色

見る角度や
光の当たり具合で
色合いが幾とおりにも変わって見える色です

16-7-5-2-name



このボタンを用いたポロシャルの飾りを
次回のブログでご案内いたします







今日の午前中は
とあるグループの皆様の
ソープカービング体験レッスンでした

16-7-5

全員
完璧に仕上がって
お見事! でした

よろしければクリック  御願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

12-10-20-2-ue
HITOMIと文左衛門の日常は こちらから 
14-4-5-1-150

12-10-20-2-sita



at 16:59 この記事をクリップ!
プロフィール
HITOMI
たむらひとみ

日本ビーズ装飾協会(JBA)代表 英国調装飾作家

・プロフィール詳細はこちらから

・著書一覧はこちらから
Archives
HITOMIの著書一覧
・著書16冊一覧はこちらから
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ