HITOMIの英国調ビーズ装飾

英国調ビーズ装飾作家たむらひとみの作品案内

2008年01月

2008年01月30日

GINZA

ぼう

たまにはGINZAの話題でも♪

obasann

このインパクトのあるオバサンは
和光のディスプレイ
入り口横に立って
皆様をお出迎えしています♪

思わず足を止めてニタッとしてしまいます♪



和光では
2月のビーズ刺繍1DAYレッスン用の
ポケットチーフを購入

wakou

一見すると普通のハンカチに見えますが
実は
本体の布部分が薄い!

なので
ポケットチーフとして胸ポケットに入れたときに
フワッと軽く広がります

普通のハンカチだと
ゴワゴワしてしまいます

ちょっとした素材の違いですが
長く使うものは上質な素材で
という主義のHITOMI

結局は長持ちしてお得なのですよ♪

幸せな手作りに
ばなー
  クリックしてね♪



2008年01月29日

完売御礼♪

ぼう

27日に開催した
花コサージュの展示販売会

迂闊でした!!!

12:30にドアを開けると同時に
大勢の方にいらしていただき

120個あったコサージュが
あっというまにこの状態

zenngai

なので
急いで写真を撮りました 笑


例のSAKURAシャンデリアもディスプレイ♪

ksakura



サロンのセレブKさんからいただいた
マカロン♪

makaron

色がコサージュと同じでしたので
記念撮影♪

コサージュはおかげさまで
完売いたしました♪
バッグに付けたり、ベルトに付けたり
既成概念にこだわらずに
いろいろとお楽しみくださいネ

春爛漫の1日でした♪


幸せな手作りに
ばなー
  クリックしてね♪



2008年01月25日

シャンデリア♪

バッグ

<青山骨董通りの英国調装飾サロン>
セレブの皆様に合わせて
ワンランク上の作品を作ります

著書15冊
ビーズ刺繍を中心に 
ポスター、CF、タレントさんのアクセサリー・衣装
インテリア小物等製作しています

1月27日(日)
コサージュの展示販売会♪行います
hana

ぼう

新しい作品を発表♪

SAKURAのシャンデリア

sakura

SAKURA

写真は物撮りで超一流の
山本正樹さん
昔々、「nonno」の作品を制作していた
20年以上前から
いつも撮影をお願いしています

とってもダンディなカメラマンさんです♪


外はまだまだ寒いですが
お部屋の中に
このような
暖かみのある
SAKURAのシャンデリアがあったら
ほっとしますね


フラワーデザイナー泉文さん との
コラボ作品です


生活は地味ですが
作品は華やかなモノが好きな
HITOMIです♪

幸せな手作りに
ばなー
  クリックしてね♪



2008年01月23日

きっかけ

ぼう

前回の続き

そもそも
手作りが好きになったきっかけは?

インタビューの時には必ず聞かれます

HITOMIの場合
”母がいろいろな手作りをしていたのでその影響”
です

洋裁、手編み、フランス刺繍
そして
お菓子とお料理

HITOMIが小学生の頃
同級生のお母様方と
今で言うカルチャーセンターに通って
いろいろな習い事をしていました

HITOMIも学校帰りに
同級生とその教室に行って
一緒にレッスン風景を眺めていました♪

特にフランス刺繍は
現在でも現役の
著名なフランス刺繍作家の先生の元で
10数年、レッスンを受け

母の作品も
本に度々掲載されていました


23

時代を感じさせるテレビカバー・・・


冷蔵庫のカバー

23−1

何で冷蔵庫にカバーが必要なのだろう・・・

こちらは
電気炊飯器のカバー

23−2

確かに
これらの作品は自宅で見かけました

もっとたくさんの作品が家にはストックされていますが
とにかく
今のHITOMIと同様に
多くの作品を制作していました

このような影響で
子供の頃から手作りがとても身近な存在でした

また、作品を取りにいらっしゃる編集部の方とも
顔なじみになっていて
自分が手作りの仕事を始めたときにも
別に違和感なくスタートしました



そして
いよいよ”HITOMIカラー”の
作風が形作られていきます

続く

ちなみに上の写真は
自宅で撮影したような記憶があります

幸せな手作りに
ばなー
  クリックしてね♪



2008年01月21日

セレブレッスン

ぼう

2月のセレブレッスンの作品が完成しました
詳細は右のバナーをクリック♪→

サファイアを用いたブローチです♪

作品

サファイアの他にも
ペリドットと
大粒で上質な淡水パールを用います

でも
よ〜く見てください!

サファイア
2つしか付いていないのです・・・

あと1粒はどこに?




ヒントはこちら

bun

ああ^^^^^^^^^^^^^。

幸せな手作りに
ばなー
  クリックしてね♪




2008年01月18日

祝♪完成

ぼう

完成しました!

英国調のペットコラージュ
クラシカルな肖像画のイメージです

BOY
モデルは
馬仲間親友Nさんのスフレ君


redhi
モデルは
青山サロン受講のセレブKさんのワンちゃん
本名はクッキーちゃん
なのですが時間の都合で
お名前のご連絡をいただく前に額装してしまったので
同じクラスのセレブHさんのワンちゃんの
お名前をお借りしました♪

この作品
1作品ずつHITOMIがすべて手作りします♪

早くも
知人のネコちゃんのオーダーもいただいています

洋服部分も
顔写真の大きさに合わせて
サイズを調整して制作します
手間はかかりますが
その分、完成度は高くなります♪

オーダーのご注文を
お待ちしておりますネ♪

詳細は右の”お店のご案内”からどうぞ

幸せな手作りに
ばなー
  クリックしてね♪



2008年01月16日

80%

バッグ

<青山骨董通りの英国調装飾サロン>
セレブの皆様に合わせて
ワンランク上の作品を作ります

著書15冊
ビーズ刺繍を中心に 
ポスター、CF、タレントさんのアクセサリー・衣装
インテリア小物等製作しています

1月27日(日)
コサージュの展示販売会♪行います
hana

ぼう

新しい作品
ほぼ80%完成して
後は額装に出すだけ

16

馬仲間親友Nさんの愛犬
スフレ君

次回のブログでは
完成品のお披露目♪ (予定)

まさにこれぞ
英国調のペットコラージュ♪

それにしても
ロンドンに行きたい

320
ヴィクトリア&アルバート博物館
手工芸作品の宝庫

フィンランドにも行きたい
ドバイにも行きたい

とりあえず
馬に行きたい!

馬
2ヶ月も乗っていないHITOMIです・・・

幸せな手作りに
ばなー
  クリックしてね♪
 



2008年01月14日

アクセサリー創世期

ぼう

前回の続き

32年前には
ビーズアクセサリーを作るのに
参考になる本や資料は見あたらず・・・

子供のお遊び程度の指輪の作り方位しか
参考になるモノが無かったので

全くの一から
独学で作り方を研究しました


手持ちの既製のアクセサリーをバラして
糸の通し方を調べたり
ミキモトや和光に行って
ショーケースからン百万円の商品を出していただき
白い手袋を貸していただいて
糸の通し方を研究したり 笑

何事も一から開拓するのは大変でした

2

でも
その苦労の甲斐あって
HITOMIは
たいていの作品は見ただけで
糸の通し方や作り方がわかります♪


当時は
こんな楽しい作品も作っていました
3

いずれも「装苑」の作品です

このころは
まだ
自分の作風が定まっていなかった頃

いろいろな作品をとにかく
楽しい♪
と思いながら作っていた頃です

そしてこの後
徐々に自分の作風が形作られていくことになります

続く

幸せな手作りに
ばなー
  クリックしてね♪
 



2008年01月13日

初めの一歩

ぼう

このブログを初めてから

手作りの仕事についての
お問い合わせメールが多く届くようになりました

なので
32年前に初めたこの仕事のことを
少しずつ書いていくことにします♪

最初の作品は
「ミセスの子供服」76年12月号(文化出版局)

白黒のページというのが何とも懐かしい・・・
1

空き瓶に紙ねんどの顔の人形

雑誌は大体、3ヶ月前に撮影をするので
この作品は9月頃に製作したものです

当時は大学生だったので
夏休みに製作しました

懐かしい・・・


そして
すぐに同出版社の「アミカ」にも
作品が掲載されました

2

76年
大学に入ってすぐにモデルクラブにスカウトされて
ほんの趣味程度に始めたモデルの仕事

数ヶ月目で今度は
趣味の手作り作品が本に掲載されることになって

どちらも
プロになりたくて仕方がないという方が多い中
とっても幸運なスタートでした

それでも、本人にすれば
学生とモデルと手作りの仕事で
結構忙しくて大変だった記憶があります

でも
自分の作品ページのモデルをしたり
モデルの仕事の時に
自分の作品を身につけたり
両方でプラスになりました♪

スタート時の作品は上記画像のように
紙ねんど等工作ものが多かったですが
モデルの仕事の時につけていた
自作のアクセサリーが評判になって
徐々にアクセサリーの比重が
増えていくようになりました

続く

幸せな手作りに
ばなー
  クリックしてね♪
 



2008年01月09日

セミナー開催

ぼう

昨年に引き続き
母校のカルチャーで
セミナーを担当します


panhu

2月16日(土)
”女性起業家養成講座”の
1コマを担当

タイトルだけを見ると
難しそうなイメージを受けますが
HITOMIの担当は
教室を成功させる方法です

1

このブログをご覧の方には
多少なりとも
興味のある話しをします

2

ブログではなかなか書けない内容や 笑
秘訣などを
お話しします♪

3

昨年の第1回目は
すぐに満員になってしまって
受講できなかった方も
今回は少し広い会場ですので
早めにお申し込みいただければ
大丈夫でしょう


それにしても
母校
懐かしいです!

たまには遊びに行ってみようかな♪

早大は図書館が充実しています!

特に
法学研究科
院生専用のフロアは
他の大学院とは比較にならないくらい
資料が充実しています



早大図書館
手芸に関する資料は
ほとんど無いですが・・・

幸せな手作りに
ばなー
  クリックしてね♪




プロフィール
HITOMI
たむらひとみ

日本ビーズ装飾協会(JBA)代表 英国調装飾作家

・プロフィール詳細はこちらから

・著書一覧はこちらから
Archives
HITOMIの著書一覧
・著書16冊一覧はこちらから
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ