今、具体的な日本の復興について語る若しくは考える状況には、残念ながら至っていないのでは?
自分の会社の経営に対しても、不確実性が多過ぎて読み難い。
唯一言えるのは、ネガテイブな事象。

例えば、大々的にマスコミが取り上げていた自動車産業の全面再稼働。全面と言ったって、稼働率は震災前の半分程度。
ファーストテイア、セカンドテイア、サードテイア、外注、下請け、孫請けとサプライチェーンが複雑で長い自動車産業なので、半分程度に仕事量が減れば、当然、倒産する会社も増える。
昨日の帝国ニュースでは、そんな関連で金属プレス会社が倒産。
こりゃあ〜又、サバイバルゲームモードに経済界は突入かも?

経済と言うモノ、多少チャラチャラした雰囲気がないと、中々回り難い。無駄な買い物や贅沢な飲食がないと、飲み屋のお姉ちゃんも困っちゃう。下手なカラオケで大声も出したいし。
流行りのブランド物を身に付けたいとかの心理が芽生えないと、お金が回って行かない。

TVで不便な避難所に気のみ着のまま避難された方達を見ちゃうと、被災者でもない自分が、なんか申し訳なく思えて、仕事が終わって暗くなっても、つい家に籠っちゃう。
こんなムードが続けば、過度な自粛は控えてと言われても、じゃあ適度な自粛は必要だよなと無言の自分で作り上げた<適度な>自粛モードにスイッチON。

来週は、妻と福島県いわき市の親戚宅数軒をお見舞いに行く予定。
専業農家の親戚も居て、彼らは現在無職状態。
田植えの準備も出来ないし、葉モノ野菜も出荷出来ない状況。
街にモノは有るので、支援物資なんて今は要らない状況だとか。
ちょっと重たい話だったかな?