ライブドアのブログ更新がトラブルばかり。
やはり経営が悪いんじゃないかと、そんな些細な事からも邪推しちゃう。
商売ってそんなもんなのかも?
例えば、会社に掛かってきた電話の応対が凄く遅いとか、電話に出た社員の応対が悪いとか、そんな些細な事から信用や信頼は薄らいでいくモノ。
だいたい、倒産した会社に電話しても、現在この電話番号は使われておりませんって言われちゃうし。
本来、弁護士に破産手続きを依頼し、受任が成立したら、債権者は直接債務者と債権回収に関して交渉しちゃいけない法律だけど。

実は2009年のリーマンショック後、数百万円の不渡り手形を振り出した倒産会社に電話したら、電話口に仕事を手伝っていた社長の息子さんが出てくれた経験は有る。
彼は人柄も素直で、ここに至った経緯とお詫びを言われ、預けて有った製造装置の金型引き上げにも、責任を持って対応してくれた。
なんか、その時は、こちらが被害者なんだけど、不思議と怒りの感情は湧いてこなかった。
だって、お互いビジネス・ゲームと言う厳しい世界でプレイしている訳で、一つ間違えば立場が逆転してたかも知れないし。
経営者の社長は、個人的にも自己破産したけど、当社に対する配当は最終的には無し。
そんな経営者を責めるのは簡単だけど、一円にもなりはしない。
こちらとしては、サッサと税法上認められた50%損金処理から経理処理して行かないと。

でもキツカッタのは、その不渡り手形に私が裏書きして当社支払いに充てていた事。
直ぐにその場で、同額の現金を用意し、その不渡り手形を支払先から買い取った。
そうしないと、こちらが不渡りを出した事になっちゃうし。

実は今、ブログの引っ越しを検討中です。
もうちょっと幾つか確認したら、ここでご案内させて頂きます。