Hitomi Nishiyama blog

pianist 西山瞳 Official site http://hitominishiyama.net

10. EL.DORADO エルドラド / 聖飢魔



三部作最後は、「EL.DORADO」です。
これは、早い段階から、1枚目が評判良くてディレクターが「三部作だ!三部作やって、解散だ!」と言い出した時から、エルドラドで終わると決めていました。

なぜ「EL.DORADO」なのか、また聖飢魔兇ら選曲した理由などは、Mikikiの連載の次回分に書きました。そちらは近日中にアップされますので、アップ後ご案内いたします。

こちらのブログでは、アレンジの話などを書きます。

EL.DORADOのメロディは、跳躍が大きいアクティブなメロディです。
Aメロの最初の一節から、ブレスまでのレンジが1オクターブもありますし、Bメロの「あかねさす」の音形も印象的で、勿論サビの「はやくーいけー」も耳に残りますし、どの部分も華やかで強く印象に残るメロディなんですね。
ジャズだと、通常はストレート・メロディをそのまま弾くことはなく、フェイク(ジャズ的に歌い回しを変えること)をして弾きますが、元のメロディにインパクトがあることと、自分自身がこの元のメロディが好きなので、あまりフェイクしたくないと思いました。4拍子で演奏すると、フェイクをしないと居心地が悪かったので、5拍子に変えてアレンジしました。5拍子といっても、あからさまに5とわかるようなカッチリしたビートではなく、メロディにフォーカスするために、リズム・パターンのない5拍子にしました。

また、私自身がこの曲を聴くとどうしても歌詞が頭に浮かんでしまうので、歌詞のある部分は全部真面目に通りたいと思い、なるべく原曲の構成のまま、アレンジしたかったんです。(最初の「はやくーいけー」まで)
なので、2回目のAメロも同じことをしても何だし、半音持ち上げたら、よりメロディがドラマチックに聴こえて、やっぱり元のメロディがドラマチックなんだなと再確認しましたね。
リハーモナイズも最小限にしていますし、ソロ・パートもAメロのフォームだけを使っているので、短いです。
とにかく、ジャズとして演奏しつつ「歌」がちゃんと聴こえる、ということをテーマにアレンジしています。

あまり知らない方にとっては、聖飢魔兇箸い┐个笋呂蝓嶇洪遊舛隆曄廚澆燭い如演奏すると必ず「こんな良い曲、綺麗な曲あったの」みたいなことを言われるんですけども、ずっと聖飢魔兇鯆阿い討い觴圓砲箸辰討亘榲に大事な曲だし、ずっと何度も繰り返し演奏されている、定番中の定番の曲です。
そういう前提を除いたとしても、「EL.DORADO」は群を抜いて曲の強度が強いというか、普遍的に人の情熱に訴えかけるメロディで、ジャンルも飛び越える本当に素晴らしい曲だと思います。

余談ですが、この記事の一番上に貼った2009年の英語版のMVで、最終的にジェイル大橋代官の顔になる女子高生役の彼女は、NHORHM1枚目のジャケットで一肌脱いでくれた、藤崎ルキノさん(現:ルキノさん)。彼女とは、とあるご縁で知り合いになり、このモデルの話が決まった後で、実は過去に聖飢魔兇MVに出演していたことを知り、驚きました。

こちらのジャケット。
NEW HERITAGE OF REAL HEAVY METAL
NHORHM
APOLLO SOUNDS
2015-10-21



また、今回の三作目のジャケットは、前二作とあまりにも方向性の違うジャケットなのですが、実はこれもエルドラド繋がりで、練馬区にある「としまえん遊園地」の回転木馬「エルドラド」なんです。
ジャケット場所の全景は、こんな感じ。
IMG_20180907_193308_549

100年以上の歴史のある移動式の回転木馬で、ドイツからアメリカに渡り、としまえんにやってきたそうです。
私は練馬区民で、としまえんには時々散歩に行っていて、こちらのエルドラドのことは知っていたので、「としまえんにエルドラドがあるよー」などと話していたら、デザイナーさんが面白そうだから見に行ってくるとのことで、としまえん遊園地のご協力も頂き、こちらがジャケットになりました。

私は写真撮影の日にくっついて行って、貸し切りエルドラドで遊んでいました。
DSC_6447-2
装飾が本当に綺麗で、かなり細かく凝っています。ちょっと傷んでいるのがまた味わい深くて、回ってる時の音も結構大きな音がして、歴史に乗っている感じ。
としまえんのサイトに、「機械遺産カルーセルエルドラド」のページがありますので、ぜひご覧下さい。

こちらも見てね。img_6b8449b9a6f933247dca527a8aa7c84418128






ということで、今回も曲紹介にお付き合い下さいまして、ありがとうございました。

今月末から、NHORHMツアーです。
主に新作から演奏しますが、未収録曲も、過去二枚の収録曲も演奏すると思います。
ライブはライブの演奏なので、ぜひライブで聴いて頂きたいと思います。お待ちしております。

【New Heritage Of Real Heavy Metal 3】リリースツアー
西山瞳ピアノ 織原良次フレットレス・ベース 橋本学ドラム
11/27(火)新宿ピットイン
11/29(木)名古屋スターアイズ
11/30(金)大阪ミスターケリーズ
12/1(土)枚方メセナ枚方会館”HIRAKATA LOVE JAZZ 2018”
12/2(日)岡山サウダーヂな夜
ツアー詳細はこちら

CD『New Heritage Of Real Heavy Metal 3』リリース情報はこちら

2018tour


NHORHM 3rd Album
『New Heritage Of Real Heavy Metal 3』Release Tour 2018


西山瞳piano 織原良次fretless bass 橋本学drums

11月27日(火)新宿 Pit inn
開場19:30 開演20:00- 2sets 前売り(予約可)¥3,000+税 当日¥3,500+税
新宿区新宿2-12-4アコード新宿B1 TEL 03-3354-2024
http://www.pit-inn.com

11月29日(木)名古屋 Star Eyes
開場18:00 開演19:30- 2sets 前売3,500円 当日4,000円
名古屋市千種区菊坂町3-4-1 TEL 052-763-2636
https://www.stareyes.jp/

11月30日(金)大阪 Mr.Kelly’s
開場18:00 開演19:30-, 21:00-(入替無し) 予約3,800円 当日4,000円
大阪市北区曽根崎新地2-4-1 TEL 06-6342-5821
http://www.misterkellys.co.jp/

12月1日(土)枚方 メセナ枚方会館多目的ホール”HIRAKATA LOVE JAZZ 2018”
開場14:30 開演15:00/前売¥3,000 全席自由
[出演] 田中ヒロシdsトリオ+2、鈴木孝紀clトリオ、NHORHM(各40分のステージ)
https://www.hirakata-shimin.jp/event/6130/

12月2日(日)岡山 サウダーヂな夜
開場14:00 開演14:30- 2sets/前売¥3,500 / 当日¥4,000 (1ドリンク別途600円)
岡山市北区天神町10-16城下ビル2F TEL 086-237-3651
http://www.saudade-ent.com/saudade/
メール予約フォーム http://shiroshita.cafe/reservations/add/401
チケット取扱い:サウダーヂな夜/城下公会堂/チケットぴあ/ローソンチケット
発売・予約受付:9月15日(土) 10:00〜



・CD販売、サイン会有り
・会場販売CDは、先着で、CDショップ店舗共通の予約特典(未収録2曲入りCD)有り。特典の予約・取置きはいたしません。
CD『New Heritage Of Real Heavy Metal 3』リリース情報はこちら
ジャズライブに馴染みの無い方へのご案内を書いています。初めていらっしゃる方は、ぜひご覧下さい。

APLS1812_Jacket


2018年10月17日発売
NHORHM 3rdアルバム
『New Heritage Of Real Heavy Metal掘
ニュー・ヘリテージ・オブ・リアル・ヘヴィ・メタル 3 / NHORHM(西山瞳、織原良次、橋本学) 

価格:2,500円(本体価格)+税
品番:APLS1812
レーベル:Apollo Sounds
発売日:2018 年10月17 日(水)

[メンバー]
西山 瞳 ピアノ、アレンジ、作曲 Hitomi Nishiyama : Piano, Arrange, Compose  Website
織原 良次 フレットレスベース Ryoji Orihara : Fretless bass  Website
橋本 学 ドラムス Manabu Hashimoto : Drums  Website

Guest Musician
マヤ・ハッチ ヴォーカル(track4) Official Site
maya300

SAKI from Mary's Blood(track9)ギター Mary's Blood Official Site
saki300


[収録曲]
1. Madhouse マッドハウス / Anthrax アンスラックス
2. What do you do for money honey 危険なハニー / AC/DC エーシー・ディーシー
3. Duality デュアリティ / Slipknot スリップノット
4. Holy Diver ホーリー・ダイバー / Dio ディオ
5. Welcome Home (Sanitarium) ウェルカム・ホーム(サニタリウム) / Metallica メタリカ
6. Sarah サラ / Thin Lizzy シン・リジイ
7. The Sails of Charon カロンの渡し守 / Scorpions スコーピオンズ
8. Rock You To The Ground ロック・ユー・トゥ・ザ・グラウンド / Michael Schenker Group マイケル・シェンカー・グループ
9. Top of the Babylon トップ・オブ・ザ・バビロン / 西山瞳
10. EL.DORADO エルドラド / 聖飢魔

2018年7月1日、2日 TAGO STUDIO TAKASAKI録音
ディレクター : 阿部 淳(Apollo Sounds)
ライナーノート : 西山 瞳
ジャケット撮影協力 : としまえん



■推薦コメント

<デーモン閣下からコメントが到着!>
ブヒャヒャヒャヒャ〜、デーモンである。
聖飢魔兇梁緝什遏EL.DORADO」が瞳嬢の瞳や耳、四肢を通してJAZZ化されたぞ!
何だかエッライ嬉しいんだな。同業異種の人から己の作品が評価されている感じが。
そしてエッライ洒落ているんだな、その音が。早くももうヘヴィーローテーションだ。
酒と氷を手許で揺るがしながら、夜通し聴いていたい感じだ。
1曲だけではなくあと数曲カヴァーしてくれないかな〜〜、我らが作品。
何、3部作の完結編じゃと!? じゃあ「あと数曲」は無いじゃん!!
だったら…ら〜、正式な録音発表作品ではなく〜、あと数曲プライヴェ―トで〜、我らの曲をカヴァーしてほしいな〜〜。何かおごるから。
曲の数に比例して何回かおごるから。
ぜひ前向きにご検討をされたし〜〜。
グッハハ、ハハハハ〜!
-デーモン閣下-


毎回イイ意味で原型を留めないほど振り切ったアレンジで驚かせてくれますが、今回は特にMETALLICAの「Welcome Home」のカバーがドラマティックで素晴ら死!今作で完結だそうですが、今後も是非続けて頂きたいです!鋼鉄のジャズ女、西山瞳はNEVER DIE!
-鈴木ヤスナリオ(高円寺メタルめし)-


■解説
ジャズピアニストとして活動する西山瞳が、自身が影響を受けたヘヴィメタルの楽曲をピアノトリオでカバーするというコンセプトでスタートした"NHORHM" (エヌ・エイチ・オー・アール・エイチ・エム)は、2015 年10 月にアルバム『New Heritage Of Real Heavy Metal』をリリース。そして翌年の12月には第二弾アルバム『New Heritage OfReal Heavy Metal供戮鬟螢蝓璽垢靴拭
作品発表後の反響はたいへん大きく、高崎晃(LOUDNESS)、マーティ・フリードマン、大村孝佳(C4 / dCprG ほか)、キコ・ルーレイロ(ANGRA / MEGADETH) といったギターヒーロー達から賛辞を受け、メタル復権を掲げる人気音楽誌『ヘドバン』vol.8 号では10 ページに渡るロングインタビューが掲載、音楽サイトに掲載されたニュースやインタビューは軒並み高アクセスを連発した。
またタワーレコード、HMV、Amazon 等、各ショップのオンライン売上もジャズカテゴリーで1位を獲得するなど、かつてない異例の注目を集める。最近では音楽サイトMikikiにてメタルについての連載を持ちBABYMETALのファンクラブに入るほどの大ファンであることが知られるなど、メタルファンの間でも広く認知される存在となった。
前作よりおよそ2年ぶりリリースされる待望の第三弾アルバムは、MetallicaやAnthrax、Slipknot、等これまで取り上げていなかったメタルバンドの楽曲をカバー。
ゲストミュージシャンには、EXILE ATSUSHIやスガ シカオのコーラス、映画やCMソングなどの幅広い活動を行うシンガーのマヤ・ハッチが参加、Dioの名曲「Holy Diver」を歌う。
そして、もう一人のゲストに人気ガールズメタルバンドMary’s BloodよりギタリストのSAKIが参加。西山瞳のオリジナル楽曲「Top of the Babylon」をラウドかつハイテクニックなギタープレイで弾き倒す。アルバムの最後は敬愛する日本のメタルバンド聖飢魔IIの名曲EL.DORADOをカバー、メタルカバーアルバム三部作の有終の美を飾る。
ジャズとメタルを越境して注目されるプロジェクト”NHORHM”三部作の完結編、是非お聴き下さい!



■オンラインショップ、特典
Tower Records メーカー特典2曲入りCD、オンライン限定サイン入りアナザージャケット ※特典終了
HMV メーカー特典2曲入りCD ※特典終了
diskunion メーカー特典2曲入りCD ※特典終了
Amazon
Catfish Records

ライブ会場販売分も、先着でメーカー特典2曲入りCDがあります。特典の予約・取置きはいたしません。

※メーカー特典CD収録内容は、各店舗共通で、レコーディングのアウトテイク「Enter Sandman / Metallica」、「Galaxies / Stratovarius」(特典CD盤面の曲名表記が間違っております、申し訳ございません)の2曲です。



■CD発売ライブ
10月16日(火)横浜 Dolphy
11月27日(火)新宿 Pit inn
11月29日(木)名古屋 Star Eyes
11月30日(金)大阪 Mr.Kelly’s
12月1日(土)枚方 メセナ枚方会館多目的ホール”HIRAKATA LOVE JAZZ 2018”
12月2日(日)岡山 サウダーヂな夜
ツアー詳細はこちら


■曲解説
#1 Madhouse / Anthrax
#2 What do you do for money honey / AC/DC
#3 Duality / Slipknot
#4 Holy Diver / Dio
#5 Welcome Home (Sanitarium) / Metallica
#6 Sarah / Thin Lizzy
#7 The Sails of Charon / Scorpions
#8 Rock You To The Ground / Michael Schenker Group
#9 Top of the Babylon / 西山瞳
#10 EL.DORADO / 聖飢魔
#番外編 スタジオとピアノについて


<過去作>
『New Heritage Of Real Heavy Metal ll』
『New Heritage Of Real Heavy Metal』

『New Heritage Of Real Heavy Metal 掘
#1 Madhouse / Anthrax
#2 What do you do for money honey / AC/DC
#3 Duality / Slipknot
#4 Holy Diver / Dio Guest マヤ・ハッチvocal
#5 Welcome Home (Sanitarium) / Metallica
#6 Sarah / Thin Lizzy
#7 The Sails of Charon / Scorpions
#8 Rock You To The Ground / Michael Schenker Group
#9 Top of the Babylon / 西山瞳 Guest SAKI guitar from Mary's Blood
#10 EL.DORADO / 聖飢魔

『New Heritage Of Real Heavy Metal 供
#1 Kings Of Metal / Manowar
#2 Speed / Loudness
#3 All Over The Nations / Helloween
#4 Decadence Dance / Extreme Guest 冠徹弥vocal、田中充trumpet、宮崎隆睦alto sax、橋爪亮督tenor sax、池田雅明trombone
#5 Beyond The Realms Of Death / Judas Priest
#6 Iron Man / Black Sabbath
#7 Mystery Of Babylon / 西山瞳
#8 Over The Hills And Far Away / Gary Moore
#9 The Gift Of Music / Dream Theater Guest 田中充trumpet、宮崎隆睦alto sax、橋爪亮督tenor sax、池田雅明trombone
#10 THE ONE -Live Version- / BABYMETAL

『New Heritage Of Real Heavy Metal』
#1 In the Dead of Night
#2 Walk
#3 Man On the Silver Mountain
#4 Skin O’ My Teeth Guest 小田朋美vocal
#5 Fear of the Dark Guest 馬場孝喜guitar
#6 Upper Levels
#7 悪夢の輪舞曲
#8 Demon's Eye Guest 市原ひかりtrumpet
#9 The Halfway to Babylon
#10 Green-Tinted Sixties Mind Guest 橋爪亮督tenor sax

このページのトップヘ