Hitomi Nishiyama blog

pianist 西山瞳 Official site http://hitominishiyama.net

カテゴリ: Metal

53308942_2446756225551997_8368436501410742272_n
2019年4月24日発売
『New Heritage Of Real Heavy Metal extra edition』
ニュー・ヘリテージ・オブ・リアル・ヘヴィ・メタル・エクストラ・エディション / NHORHM(西山瞳、織原良次、橋本学) 

価格:2,160円
品番:APLS1905
レーベル:Apollo Sounds
発売日:2019 年4月24 日(水)

[メンバー]
西山 瞳 ピアノ、アレンジ、作曲 Hitomi Nishiyama : Piano, Arrange, Compose  Website
織原 良次 フレットレスベース Ryoji Orihara : Fretless bass  Website
橋本 学 ドラムス Manabu Hashimoto : Drums  Website


[収録曲]
1. Galaxies ギャラクシーズ / Stratovarius ストラトヴァリウス
2. South of Heaven サウス・オブ・ヘブン / Slayer スレイヤー
3. Highway Star ハイウェイ・スター / Deep Purple ディープ・パープル
4. Enter Sandman エンター・サンドマン / Metallica メタリカ
5. Don't Let It End ドント・レット・イット・エンド / Yngwie Malmsteen イングヴェイ・マルムスティーン
6. P.C.P. ピー・シー・ピー / 西山瞳
7. The Seventh Sign セブンス・サイン / Yngwie Malmsteen イングヴェイ・マルムスティーン
全7曲収録 39分

3,6,7(2015年1作目)、2,5(2016年2作目)、1,4(2018年3作目)CD未発表テイク


■解説
ジャズピアニストとして活動するが、自身が影響を受けたヘヴィメタルの楽曲をピアノトリオでカバーするというコンセプトでスタートした "NHORHM"(エヌ・エイチ・オー・アール・エイチ・エム)は、2015 年10 月にアルバム『New Heritage Of Real Heavy Metal』をリリース。 そして翌年の12月には第二弾アルバム『New Heritage Of Real Heavy MetalII』をリリース。2018年10月、三部作の最終章となる3rdアルバム、
『New Heritage Of Real Heavy MetalIII』では人気ガールズメタルバンドMary’s BloodよりギタリストのSAKI、映画やCMソングなどの幅広い活動を行うシンガーのマヤ・ハッチが参加し、アルバムの最後は敬愛する日本のメタルバンド聖飢魔IIの名曲「EL.DORADO」をカバーし、ついにはデーモン閣下との対談企画(Mikiki)も実現、その後もライムスター宇多丸の「アフター6ジャンクション」にゲスト出演するなど、完結発表後、更に支持層を獲得した。 今作『New Heritage Of Real Heavy Metal extra edition』はこれまでのアルバムに惜しまれつつも収録できなかった音源達に西山瞳のオリジナル曲を 加えた、まさに"裏作品集"的な位置付けのアルバムになった。ジャズとメタルを越境して展開されるプロジェクト”NHORHM”の今後にご期待ください!


■オンラインショップ
Tower Records
HMV
diskunion
Amazon
Catfish Records



■NHORHMライブ

2019年4月23日(火)新宿ピットイン Special Guest SAKI (from Mery's Blood)
開場:19:30 開演:20:00
予約:3,000円+税 当日:3,500円+税
場所:新宿ピットイン
出演:NHORHMメンバー 西山 瞳(Piano)織原良次(Fretless bass) 橋本 学(Drums)
   スペシャルゲスト SAKI(from Mary’s Blood)
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目12−4 アコードビルB1
MAIL予約:shinjuku@pit-inn.com
電話予約:03-3354-2024
予約開始:2019年3月3日AM11:00より
http://www.pit-inn.com/
※Extra Edition、NHORHM3アナログ盤も販売予定です。アナログ盤の取置きはいたしません。開場時間より会場内で販売いたします。

2019年5月1日(水)名古屋 Jazz inn LOVELY
開場18:00 開演19:30-2sets /Charge 3,800円
名古屋市東区東桜1-10-15 TEL:052-951-6085
http://www.jazzinnlovely.com/

2019年5月2日(木)大阪 Mr.Kelly’s
開場18:00 開演19:30-, 21:00-(入替無し)/予約3,800円 当日4,000円
大阪市北区曽根崎新地2-4-1ホテルマイステイズプレミア堂島1F TEL:06-6342-5821
http://www.misterkellys.co.jp/
前日までのインターネットで予約で、チャージ・飲食料金合計の10%を割引有り


<過去作>
『New Heritage Of Real Heavy Metal lll』
『New Heritage Of Real Heavy Metal ll』
『New Heritage Of Real Heavy Metal』

NHORHM関連のお知らせです。

1. CD『New Heritage Of Real Heavy Metal extra edition』4/24発売!
『New Heritage Of Real Heavy Metal』シリーズ3部作をリリースしましたが、その3作で予備で録音していて収録されなかったアウトテイク集『New Heritage Of Real Heavy Metal extra edition』をリリースします。
CD詳細はこちらをご覧下さい。

2.『New Heritage Of Real Heavy Metal 3(アナログ盤)』4/27発売!
昨年の3作目が、ご好評につき、ディスクユニオンよりアナログ盤でリリースが決定しました。
レコード詳細はこちらをご覧下さい。

3. NHORHM 復活!(茶番)ライブ決定
4/23(火)新宿ピットインのライブにて、NHORHM再開、第二期が始まります。
そして、なんと4/23は『New Heritage Of Real Heavy Metal 3』でゲスト参加して頂いた、ガールズ・メタルバンドMary's Bloodのギタリスト、SAKIがゲスト参加。予約は3/3開始、ピットインにて。
その他、5/1(水)名古屋ラブリー、5/2(木)大阪ミスターケリーズで、NHORHMトリオでライブ決定。

4月23日(火)新宿ピットイン Special Guest SAKI (from Mery's Blood)
http://www.pit-inn.com/ ※3月3日AM11:00より予約開始
5月1日(水)名古屋 Jazz inn LOVELY
http://www.jazzinnlovely.com/
5月2日(木)大阪 Mr.Kelly’s
http://www.misterkellys.co.jp/

4. Mikikiの連載も、今月分が掲載されました。
【西山瞳の鋼鉄のジャズ女】第11回 ミュージシャンとして年齢を重ねること――ウリ・ジョン・ロート来日公演を観て | SERIES - Mikiki
http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/20739img_c89cc54feaf3037beb7aa78bc284a9e115466

APLS1812_Jacket_200


『New Heritage Of Real Heavy Metal 掘戰▲淵蹈鞍廛螢蝓璽后!
ジャズとメタルを越境して注目されるプロジェクト” NHORHM”の三部作の完結編、待望のアナログ化!
最高峰の高音質! 32bit/96kHzのミックスハイレゾ音源を 使用してMixers Labにてカッティング

2019年4月27日リリース
『ニュー・ヘリテイジ・オブ・リアル・ヘビー・メタル 3』(アナログ盤)

レーベル:アポロサウンズ / ディスクユニオン
規格番号:NHORHMLP1002
価格:3,500円+税 (3,780円)
発売日:2019年04月27日

[収録曲]
A1. Madhouse (Anthrax)
A2. What Do You Do For Money Honey (AC/DC)
A3. Sarah (Thin Lizzy)
A4. The Sails Of Charon (Scorpions)
B1. Welcome home(sanitarium)
B2. Holy Diver (Dio)
B3. Top of the Babylon (西山瞳)
B4. EL.DORADO (聖飢魔II)

[予約]
diskunion
Tower Records
HMV
Catfish Records

※ライブ会場でのアナログ盤の販売につきましては、多数の持参が演奏前の身体に負担になるため、少量しか持って行くことができません。ご購入希望の方は、可能であればレコード店でご予約頂けると助かります。
※4/23ピットイン会場では、開場時間より10枚程度の販売となります。ご購入希望の方は、お早めにお越しのうえ、ご購入下さい。



CDヴァージョンの詳細はこちら

IMG_20181220_001937_889

「アフター6ジャンクション」(略してアトロク)のライブを聴いて下さった皆様、ありがとうございました。

無事、解散!(茶番)

演奏曲は、Madhouse(Anthrax)、The ONE(BABYMETAL)、Speed(LOUDNESS)、El.DORADO(聖飢魔II)でした。

今日のライブは、radikoタイムフリーで聞けますのでぜひご利用下さい。
アフター6ジャンクション(2)【スタジオライブ】
TBSラジオ | 2018/12/19/水 19:00-20:00
http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20181219190000


20分の演奏時間に4曲詰め込んだので(通常ライブだと2曲も演奏できませんね)、全曲短い時間で聴いて頂く用に、短縮アレンジで演奏しています。CDでもぜひ聴いて下さいませ。

私はこの番組の前身番組「ウィークエンドシャッフル」からのリスナーで、2015年からは、欠かさず聞いています。
それ以前も時々聞いてはいたのですが、2015年に映画『マッドマックス 怒りのデスロード』を観て、あまりにも感激したのに周りに誰も喋る人がおらず、感動の受け皿がなかったところ、このラジオ番組が滅茶苦茶盛り上がっていたので、それがきっかけで「溜まり場」という感じで欠かさず毎週聞くようになりました。
(土曜は昼にライブをすることが多くなったのも、昼ライブをする店が増えたというのもありますが、タマフルを聞きたかったのもあったからです。)
タマフル時代の「入眠特集」、アトロクになってから「鼻血特集」に実名で投稿したこともあり(職業柄の話だったので)、覚えているリスナーさんには「鼻血の人」と認識されていると思います…
今年度から番組も時間帯も変わって、仕事の時間帯に被るので、最近は主にラジオクラウドで、電車移動の時間に聞いています。
周りのミュージシャンやジャズ関係者のリスナーも多い番組で、出演発表してから、意外な人も含め沢山連絡貰いました。

普段はリスナーとして馴染みすぎている番組なので、すごく不思議な感じもしましたし、珍しく緊張しました。(時間が決まっていることと、演奏環境も違うのもあり。)
タマフル時代に「ヘヴィメタル特集」があって、記憶に残る狂人回でめちゃめちゃ笑ったのですが、その文脈的には「アフター6ジャンクションのタはヘヴィメタルのタ」とか「アフター6ジャンクションの6は悪魔の数字、潜在的ヘヴィメタル番組」と叫ばないといけなかったのですが、お喋りの方は、とにかくBABYMETALを推すことと、「早く行け、見失わないうちに!」と言ってエルドラドを始めることのみクリア。アドリブで生きている身には、様式美をこなすのは大変ですわ。もうちょっと色々プレゼンしたかった。

しかし、沢山の方から反響頂いて、嬉しいです。聴いて下さった皆様、ありがとうございます。
一週間はradikoタイムフリーで聴けますし、エリア外の方はradikoプレミアム(有料)でどうぞ。

NHORHMプロジェクトはメタル好きから始まり、ラジオリスナーは映画好きから始まり、まあ趣味ですよ。NHORHMは本業のピアノを弾く活動ではありますが、部活動的なプロジェクトで、わちゃわちゃやってます。
「好き」が多い方が人生豊かになるだろうとは思っていましたが、「好き」を発信し続けていたら、人生思いもかけない方向に進んでいくものだなと、NHORHMを始めてから、とても思っています。
(今年の個人的大事件は、伊藤政則本にコメントを寄せ、あのMASA ITOにラジオで名前を言ってもらえたこと)
タマフルもアトロクも、熱量を持った「好き」を発信する番組なので、関心がなかったトピックでも、聞いていて本当に楽しいです。

NHORHM、惜しまれつつ解散しましたが、4月以降の予定も決まってますので(笑)、今後ともよろしくお願いいたします☆

アフター6ジャンクションのサイトアフター6ジャンクション 公式Instagramに写真あり

47115813_1053102061559074_9030258212598710272_n

ピットインから5ヶ所でのライブが終わりました。お越し下さった皆様、どうもありがとうございました。
「三部作出して解散!」ということで、新譜リリースツアーでありながら解散ツアー(茶番)なのですが、沢山の方に聴いて頂き、感謝です。
本当の解散の演奏は、12/19なのですが、こちらはまだ情報公開前なので、発表でき次第、お知らせしますね。

各所でのセットリストは下記のとおりです。


◎11/27 Pitinn
Duality /Slipknot
Enter Sandman /Metallica
Madhouse /Anthrax
Holy Diver /Dio
Death Land /聖飢魔
Pictured Life /Scorpions
--
Galaxies /Stratovarius
South of Heaven /Slayer
Sarah /Thin Lizzy
Welcome Home (Sanitarium) /Metalicca
El.Dorado /聖飢魔
What do you do for money honey / AC/DC
--
The One /BABYMETAL


◎11/29 Star Eyes
Duality /Slipknot
Enter Sandman /Metallica
Madhouse /Anthrax
Holy Diver /Dio
Death Land /聖飢魔
Pictured Life /Scorpions
--
Man on the Silver Mountain /Rainbow
South Of Heaven /Slayer
Rock you to the ground /MSG
Welcome Home (Sanitarium) /Metallica
El.Dorado /聖飢魔
Walk /Pantera
--
Amore /BABYMETAL

◎11/30 Mr.Kelly's
Duality /Slipknot
Enter Sandman /Metallica
Madhouse /Anthrax
Sarah /Thin Lizzy
Death Land /聖飢魔
Pictured Life /Scorpions
--
Galaxies /Stratovarius
South of Heaven /Slayer
Rock you to the ground /MSG
Welcome Home (Sanitarium) /Metallica
El.Dorado /聖飢魔
Walk /Pantera
--
The One /BABYMETAL






◎12/1 HIRAKATA LOVE JAZZ
P.C.P. /西山瞳
Madhouse /Anthrax
Over the hills and far away /Gary Moore
Speed /Loudness
El.Dorado /聖飢魔
What do you do for money honey / AC/DC





<枚方トリオ>
Hirakata Park West /西山瞳
Take the "K" Train /西山瞳
47325114_1938860599539242_5126846330307608576_o
左から、枚方在住の鈴木孝紀clarinet、枚方出身の私、枚方在住の光岡尚紀bass
「ひっらぱー」をモチーフに書いた曲を2曲演奏しました。


◎12/2 サウダーヂな夜
Duality /Slipknot
Enter Sandman /Metallica
Madhouse /Anthrax
Over the hills and far away /Gary Moore
Sarah /Thin Lizzy
Walk /Pantera
--
Speed /Loudness
Fear of the Dark /Iron Maiden
Welcome Home (Sanitarium) /Metallica
El.Dorado /聖飢魔
What do you do for money honey / AC?DC
--
The One /BABYMETAL




2018tour


NHORHM 3rd Album
『New Heritage Of Real Heavy Metal 3』Release Tour 2018


西山瞳piano 織原良次fretless bass 橋本学drums

11月27日(火)新宿 Pit inn
開場19:30 開演20:00- 2sets 前売り(予約可)¥3,000+税 当日¥3,500+税
新宿区新宿2-12-4アコード新宿B1 TEL 03-3354-2024
http://www.pit-inn.com

11月29日(木)名古屋 Star Eyes
開場18:00 開演19:30- 2sets 前売3,500円 当日4,000円
名古屋市千種区菊坂町3-4-1 TEL 052-763-2636
https://www.stareyes.jp/

11月30日(金)大阪 Mr.Kelly’s
開場18:00 開演19:30-, 21:00-(入替無し) 予約3,800円 当日4,000円
大阪市北区曽根崎新地2-4-1 TEL 06-6342-5821
http://www.misterkellys.co.jp/
※ミスターケリーズのサイトからのご予約で、割引があります

12月1日(土)枚方 メセナ枚方会館多目的ホール”HIRAKATA LOVE JAZZ 2018”
開場14:30 開演15:00/前売¥3,000 全席自由
[出演] 田中ヒロシdsトリオ+2、鈴木孝紀clトリオ、NHORHM(各40分のステージ)
https://www.hirakata-shimin.jp/event/6130/

12月2日(日)岡山 サウダーヂな夜
開場14:00 開演14:30- 2sets/前売¥3,500 / 当日¥4,000 (1ドリンク別途600円)
岡山市北区天神町10-16城下ビル2F TEL 086-237-3651
http://www.saudade-ent.com/saudade/
メール予約フォーム http://shiroshita.cafe/reservations/add/401
チケット取扱い:サウダーヂな夜/城下公会堂/チケットぴあ/ローソンチケット
発売・予約受付:9月15日(土) 10:00〜



・CD販売、サイン会有り

CD『New Heritage Of Real Heavy Metal 3』リリース情報はこちら

ジャズライブに馴染みの無い方へのご案内を書いています。初めていらっしゃる方は、ぜひご覧下さい。

10. EL.DORADO エルドラド / 聖飢魔



三部作最後は、「EL.DORADO」です。
これは、早い段階から、1枚目が評判良くてディレクターが「三部作だ!三部作やって、解散だ!」と言い出した時から、エルドラドで終わると決めていました。

なぜ「EL.DORADO」なのか、また聖飢魔兇ら選曲した理由などは、Mikikiの連載の次回分に書きました。
【西山瞳の鋼鉄のジャズ女】第8回 私と聖飢魔IIメタラーのジャズ・ピアニストが伝えるへヴィメタルのアレコレ

こちらのブログでは、アレンジの話などを書きます。

EL.DORADOのメロディは、跳躍が大きいアクティブなメロディです。
Aメロの最初の一節から、ブレスまでのレンジが1オクターブもありますし、Bメロの「あかねさす」の音形も印象的で、勿論サビの「はやくーいけー」も耳に残りますし、どの部分も華やかで強く印象に残るメロディなんですね。
ジャズだと、通常はストレート・メロディをそのまま弾くことはなく、フェイク(ジャズ的に歌い回しを変えること)をして弾きますが、元のメロディにインパクトがあることと、自分自身がこの元のメロディが好きなので、あまりフェイクしたくないと思いました。4拍子で演奏すると、フェイクをしないと居心地が悪かったので、5拍子に変えてアレンジしました。5拍子といっても、あからさまに5とわかるようなカッチリしたビートではなく、メロディにフォーカスするために、リズム・パターンのない5拍子にしました。

また、私自身がこの曲を聴くとどうしても歌詞が頭に浮かんでしまうので、歌詞のある部分は全部真面目に通りたいと思い、なるべく原曲の構成のまま、アレンジしたかったんです。(最初の「はやくーいけー」まで)
なので、2回目のAメロも同じことをしても何だし、半音持ち上げたら、よりメロディがドラマチックに聴こえて、やっぱり元のメロディがドラマチックなんだなと再確認しましたね。
リハーモナイズも最小限にしていますし、ソロ・パートもAメロのフォームだけを使っているので、短いです。
とにかく、ジャズとして演奏しつつ「歌」がちゃんと聴こえる、ということをテーマにアレンジしています。

あまり知らない方にとっては、聖飢魔兇箸い┐个笋呂蝓嶇洪遊舛隆曄廚澆燭い如演奏すると必ず「こんな良い曲、綺麗な曲あったの」みたいなことを言われるんですけども、ずっと聖飢魔兇鯆阿い討い觴圓砲箸辰討亘榲に大事な曲だし、ずっと何度も繰り返し演奏されている、定番中の定番の曲です。
そういう前提を除いたとしても、「EL.DORADO」は群を抜いて曲の強度が強いというか、普遍的に人の情熱に訴えかけるメロディで、ジャンルも飛び越える本当に素晴らしい曲だと思います。

余談ですが、この記事の一番上に貼った2009年の英語版のMVで、最終的にジェイル大橋代官の顔になる女子高生役の彼女は、NHORHM1枚目のジャケットで一肌脱いでくれた、藤崎ルキノさん(現:ルキノさん)。彼女とは、とあるご縁で知り合いになり、このモデルの話が決まった後で、実は過去に聖飢魔兇MVに出演していたことを知り、驚きました。

こちらのジャケット。
NEW HERITAGE OF REAL HEAVY METAL
NHORHM
APOLLO SOUNDS
2015-10-21



また、今回の三作目のジャケットは、前二作とあまりにも方向性の違うジャケットなのですが、実はこれもエルドラド繋がりで、練馬区にある「としまえん遊園地」の回転木馬「エルドラド」なんです。
ジャケット場所の全景は、こんな感じ。
IMG_20180907_193308_549

100年以上の歴史のある移動式の回転木馬で、ドイツからアメリカに渡り、としまえんにやってきたそうです。
私は練馬区民で、としまえんには時々散歩に行っていて、こちらのエルドラドのことは知っていたので、「としまえんにエルドラドがあるよー」などと話していたら、デザイナーさんが面白そうだから見に行ってくるとのことで、としまえん遊園地のご協力も頂き、こちらがジャケットになりました。

私は写真撮影の日にくっついて行って、貸し切りエルドラドで遊んでいました。
DSC_6447-2
装飾が本当に綺麗で、かなり細かく凝っています。ちょっと傷んでいるのがまた味わい深くて、回ってる時の音も結構大きな音がして、歴史に乗っている感じ。
としまえんのサイトに、「機械遺産カルーセルエルドラド」のページがありますので、ぜひご覧下さい。

こちらも見てね。img_6b8449b9a6f933247dca527a8aa7c84418128






ということで、今回も曲紹介にお付き合い下さいまして、ありがとうございました。

今月末から、NHORHMツアーです。
主に新作から演奏しますが、未収録曲も、過去二枚の収録曲も演奏すると思います。
ライブはライブの演奏なので、ぜひライブで聴いて頂きたいと思います。お待ちしております。

【New Heritage Of Real Heavy Metal 3】リリースツアー
西山瞳ピアノ 織原良次フレットレス・ベース 橋本学ドラム
11/27(火)新宿ピットイン
11/29(木)名古屋スターアイズ
11/30(金)大阪ミスターケリーズ
12/1(土)枚方メセナ枚方会館”HIRAKATA LOVE JAZZ 2018”
12/2(日)岡山サウダーヂな夜
ツアー詳細はこちら

CD『New Heritage Of Real Heavy Metal 3』リリース情報はこちら

APLS1812_Jacket


2018年10月17日発売
NHORHM 3rdアルバム
『New Heritage Of Real Heavy Metal掘
ニュー・ヘリテージ・オブ・リアル・ヘヴィ・メタル 3 / NHORHM(西山瞳、織原良次、橋本学) 

価格:2,500円(本体価格)+税
品番:APLS1812
レーベル:Apollo Sounds
発売日:2018 年10月17 日(水)

[メンバー]
西山 瞳 ピアノ、アレンジ、作曲 Hitomi Nishiyama : Piano, Arrange, Compose  Website
織原 良次 フレットレスベース Ryoji Orihara : Fretless bass  Website
橋本 学 ドラムス Manabu Hashimoto : Drums  Website

Guest Musician
マヤ・ハッチ ヴォーカル(track4) Official Site
maya300

SAKI from Mary's Blood(track9)ギター Mary's Blood Official Site
saki300


[収録曲]
1. Madhouse マッドハウス / Anthrax アンスラックス
2. What do you do for money honey 危険なハニー / AC/DC エーシー・ディーシー
3. Duality デュアリティ / Slipknot スリップノット
4. Holy Diver ホーリー・ダイバー / Dio ディオ
5. Welcome Home (Sanitarium) ウェルカム・ホーム(サニタリウム) / Metallica メタリカ
6. Sarah サラ / Thin Lizzy シン・リジイ
7. The Sails of Charon カロンの渡し守 / Scorpions スコーピオンズ
8. Rock You To The Ground ロック・ユー・トゥ・ザ・グラウンド / Michael Schenker Group マイケル・シェンカー・グループ
9. Top of the Babylon トップ・オブ・ザ・バビロン / 西山瞳
10. EL.DORADO エルドラド / 聖飢魔

2018年7月1日、2日 TAGO STUDIO TAKASAKI録音
ディレクター : 阿部 淳(Apollo Sounds)
ライナーノート : 西山 瞳
ジャケット撮影協力 : としまえん



■推薦コメント

<デーモン閣下からコメントが到着!>
ブヒャヒャヒャヒャ〜、デーモンである。
聖飢魔兇梁緝什遏EL.DORADO」が瞳嬢の瞳や耳、四肢を通してJAZZ化されたぞ!
何だかエッライ嬉しいんだな。同業異種の人から己の作品が評価されている感じが。
そしてエッライ洒落ているんだな、その音が。早くももうヘヴィーローテーションだ。
酒と氷を手許で揺るがしながら、夜通し聴いていたい感じだ。
1曲だけではなくあと数曲カヴァーしてくれないかな〜〜、我らが作品。
何、3部作の完結編じゃと!? じゃあ「あと数曲」は無いじゃん!!
だったら…ら〜、正式な録音発表作品ではなく〜、あと数曲プライヴェ―トで〜、我らの曲をカヴァーしてほしいな〜〜。何かおごるから。
曲の数に比例して何回かおごるから。
ぜひ前向きにご検討をされたし〜〜。
グッハハ、ハハハハ〜!
-デーモン閣下-


毎回イイ意味で原型を留めないほど振り切ったアレンジで驚かせてくれますが、今回は特にMETALLICAの「Welcome Home」のカバーがドラマティックで素晴ら死!今作で完結だそうですが、今後も是非続けて頂きたいです!鋼鉄のジャズ女、西山瞳はNEVER DIE!
-鈴木ヤスナリオ(高円寺メタルめし)-


■解説
ジャズピアニストとして活動する西山瞳が、自身が影響を受けたヘヴィメタルの楽曲をピアノトリオでカバーするというコンセプトでスタートした"NHORHM" (エヌ・エイチ・オー・アール・エイチ・エム)は、2015 年10 月にアルバム『New Heritage Of Real Heavy Metal』をリリース。そして翌年の12月には第二弾アルバム『New Heritage OfReal Heavy Metal供戮鬟螢蝓璽垢靴拭
作品発表後の反響はたいへん大きく、高崎晃(LOUDNESS)、マーティ・フリードマン、大村孝佳(C4 / dCprG ほか)、キコ・ルーレイロ(ANGRA / MEGADETH) といったギターヒーロー達から賛辞を受け、メタル復権を掲げる人気音楽誌『ヘドバン』vol.8 号では10 ページに渡るロングインタビューが掲載、音楽サイトに掲載されたニュースやインタビューは軒並み高アクセスを連発した。
またタワーレコード、HMV、Amazon 等、各ショップのオンライン売上もジャズカテゴリーで1位を獲得するなど、かつてない異例の注目を集める。最近では音楽サイトMikikiにてメタルについての連載を持ちBABYMETALのファンクラブに入るほどの大ファンであることが知られるなど、メタルファンの間でも広く認知される存在となった。
前作よりおよそ2年ぶりリリースされる待望の第三弾アルバムは、MetallicaやAnthrax、Slipknot、等これまで取り上げていなかったメタルバンドの楽曲をカバー。
ゲストミュージシャンには、EXILE ATSUSHIやスガ シカオのコーラス、映画やCMソングなどの幅広い活動を行うシンガーのマヤ・ハッチが参加、Dioの名曲「Holy Diver」を歌う。
そして、もう一人のゲストに人気ガールズメタルバンドMary’s BloodよりギタリストのSAKIが参加。西山瞳のオリジナル楽曲「Top of the Babylon」をラウドかつハイテクニックなギタープレイで弾き倒す。アルバムの最後は敬愛する日本のメタルバンド聖飢魔IIの名曲EL.DORADOをカバー、メタルカバーアルバム三部作の有終の美を飾る。
ジャズとメタルを越境して注目されるプロジェクト”NHORHM”三部作の完結編、是非お聴き下さい!



■オンラインショップ、特典
Tower Records メーカー特典2曲入りCD、オンライン限定サイン入りアナザージャケット ※特典終了
HMV メーカー特典2曲入りCD ※特典終了
diskunion メーカー特典2曲入りCD ※特典終了
Amazon
Catfish Records

ライブ会場販売分も、先着でメーカー特典2曲入りCDがあります。特典の予約・取置きはいたしません。 ※特典終了

※メーカー特典CD収録内容は、各店舗共通で、レコーディングのアウトテイク「Enter Sandman / Metallica」、「Galaxies / Stratovarius」(特典CD盤面の曲名表記が間違っております、申し訳ございません)の2曲です。


■レビュー

【Jazz Life 2018年11月号】
西山瞳が、ヘヴィ・メタルの楽曲をカヴァーするプロジェクトの第3弾。今回はDIO、METALLICA、AC/DC、ANTHRAX、聖飢魔兇覆匹粒擽覆髻▲團▲痢Ε肇螢によるジャズにアレンジし、まったく違った世界感の楽曲として演奏している。ヘヴィ・メタルは”リフ命”といった傾向があったりメロディが曖昧なものもあったりするが、それをしっかりとコンテンポラリー・ジャズに仕上げるアレンジ力はさすがだ。ゲストのマヤ・ハッチのヴォーカルもいいアクセントになっており、西山のジャズ・ピアニストとしての実力の高さ、ヘヴィ・メタルの楽曲の良さを再確認できる、チャレンジ精神に溢れた作品だ。

【intoxicate 2018 October】
ジャズ・ピアニストである西山瞳がヘヴィー・メタルの楽曲をピアノ・トリオでカヴァーするプロジェクトの第3弾。シンガーのマヤ・ハッチが参加したDioの名曲《Holy Diver》で表現されているのは、メタル特有のドラマティックな側面に加えて、西山瞳が奏でる叙情的なピアノによって際立つメロディ本来の美しさ。近年、ロックやソウルなど様々なジャンルとクロスオーヴァーするピアノ・トリオは決して珍しく無くなってきているが、本作によって意外にも両ジャンルの親和性の良さに気付かされた。いつの日か、このような楽曲もスタンダードとして演奏される日がやってくるのだろうか。

【CDジャーナル2018年11月号】
NHORHMは、ジャズ・ピアニストの西山瞳が影響を受けたヘヴィ・メタル・ナンバーをピアノ・トリオでカヴァーするプロジェクト。三部作完結編となる本作も、大事なポイントを押さえた秀逸なアレンジにより原曲の良さをさらに引き出している。AC/DCら大物バンドのカヴァーも魅力だが、特筆すべきはマヤ・ハッチのチャーミングな歌声と叙情的なメロディが絶妙にマッチしたディオの「ホーリー・ダイバー」。聖飢魔兇良甬擇量抄福屮┘襯疋薀鼻廚眸しいピアノの旋律が心地よく、思わず”早く行け”と歌詞を口ずさんでしまう。

【ヘドバン vol.20】
本誌でもお馴染み、ジャズ・ピアニスト=西山瞳によるメタル楽曲カヴァー・プロジェクト"NHORHM"の三部作完結編。ヘヴィ・メタルの名曲の数々に新たな命が吹き込まれる様は今回も痛快で、ピアノ・トリオならではの繊細さと大胆さが味わえる作品に仕上がっている。選曲の幅広さに毎回驚かされるのだが、本作もいきなりANTHRAX「Madhouse」が炸裂するなど「そうきたか!」と快哉を叫ぶようなセンスに満ちている。Mary's BloodのSAKI(G)が参加した西山瞳のオリジナル曲「Top Of The Babylon」もスリル抜群。ラストを飾る聖飢魔供El.Dorado」のアレンジの"ふさわしさ"に泣いた。

【月刊エレクトーン2018年12月号】
ジャズピアニストの西山瞳が、自身が影響を受けたヘヴィメタルの楽曲をピアノトリオでカバーするというプロジェクトの"NHORHM"。三部作の完結編となる本作も聴きどころ満載だが、西山のオリジナル曲でゲスト参加したMary's BloodのギタリストSAKIのテクニカルなプレイや、聖飢魔兇痢EL.DORADO」のジャズアレンジは特に圧巻だ。

【ミュージック・マガジン2018年11月号】
ピアニスト西山瞳率いるトリオがヘヴィメタ曲を取り上げる第3弾。唸るベース、走るドラムスとの絶妙な絡みの裏で、よく練られたアレンジが肝である。出だしからインパクトは申し分ないので、終生の試みとすべきだ。


■CD発売ライブ
10月16日(火)横浜 Dolphy
11月27日(火)新宿 Pit inn
11月29日(木)名古屋 Star Eyes
11月30日(金)大阪 Mr.Kelly’s
12月1日(土)枚方 メセナ枚方会館多目的ホール”HIRAKATA LOVE JAZZ 2018”
12月2日(日)岡山 サウダーヂな夜
12月19日(水)ラジオ生放送 TBSラジオ「アフター6ジャンクション」ライヴコーナー



■曲解説
#1 Madhouse / Anthrax
#2 What do you do for money honey / AC/DC
#3 Duality / Slipknot
#4 Holy Diver / Dio
#5 Welcome Home (Sanitarium) / Metallica
#6 Sarah / Thin Lizzy
#7 The Sails of Charon / Scorpions
#8 Rock You To The Ground / Michael Schenker Group
#9 Top of the Babylon / 西山瞳
#10 EL.DORADO / 聖飢魔
#番外編 スタジオとピアノについて


<過去作>
『New Heritage Of Real Heavy Metal ll』
『New Heritage Of Real Heavy Metal』

このページのトップヘ