学生時代、とても親しい沖縄の友人がいた。
もう、半世紀も前のことで
沖縄が本土復帰する以前の頃である。
彼らは同志社大学の学生で
同じアパートで2年ほど一緒だった。
沖縄から船で鹿児島に渡り
列車で京都までやってきていた。
彼らが日本に(本土に)くるにはパスポートが必要であった。
彼らは沖縄でそこそこに裕福な家の出であったはずだが
京都での生活はかなり慎ましかった。
そんな彼らはいつもチョコレートをお土産に
帰省から戻ってきていた。
米軍払い下げのジーパンを買ってもらったこともある。
日本ではジーパン(ジーンズではない)は作業ズボンであり、
なかなか買えなかった。
彼らの思いは「本土復帰」であった。
自由に本土を往き来したい、そのことを繰り返し語り
「沖縄返還」の集会やデモに参加していたようだ。
takarazima















直木賞受賞作品である。
沖縄の戦後、復帰前夜、復帰後、
三つの章に分けて、沖縄の人の
暮らし、思いがフィクションとはいえ、
史実に赤裸々になぞられている。
「戦果アギャー」と呼ばれる米軍から奪った
戦利品を生活困窮者へ配るグループのリーダー「オンちゃん」、
弟の「レイ」、親友の「グスク」、恋人の「ヤマコ」が
主な登場人物。なかでも「オンちゃん」は
人々からも神のように崇められていた。
その「オンちゃん」が米軍基地へ侵入した後、消える。
そこから3人の苦しい、逞しい生活が始まる。
「オンちゃん」への憧れと想いと
沖縄の戦後、復帰という時代が交錯する。
たとえば、「核なし、本土並み」復帰を叫ぶ
沖縄の人々を本土の政治家はまったく無視して
「復帰」が進んでいく。
この状況はまさにいまも同じである。
「辺野古反対」と叫んでも、
投票でそれが絶対多数になっても
本土はそれを無視している・・・。
沖縄はいまも戦後が続いているのだ。
この作家がそれを抉り出そうとしている。
スピード感溢れる、
エンターテイメントに優れた作品である。
しかも、沖縄の本質に迫っている物語である。
沖縄のいまと重ね合わせて読んでいきたい。

いま、学生時代を共に生きた
沖縄の友人がどうなっているか知らない。
彼らが語らなかったことが
この小説には溢れている。
それをあの友人だった2人と語ってみたい。