2007年01月16日

自分の競馬予想法を見つめなおしてみる

現在のダメ予想法を見つめなおしてみることが
初心者脱出の第一歩...かもしれないので
いつもの予想法を記してみます。

月曜日

コンビニで「Gallop」を購入。定価600円。
「競馬ブック」のほうが厩舎の談話などは詳しいので
捨てがたいのだが、Gallopは家に落ちていても
ぱっと見競馬雑誌に見えないのが良いところ。


火曜日〜木曜日

Gallopを眺めたりしてなんとなく勝負するレースを決める、
お気に入りの競馬予想ブログを巡回してみる、
グリーンチャンネルの「今週の調教」を検討する、など。
スカパーの番組はなぜか録画失敗することが多いので
調教VTRの検討ができるかどうかは五分五分。
あと職場でとってるスポーツ新聞は毎日の
競馬欄をかかさずチェック。同僚に見つからないようにですが。
見つかりそうになったときはプロレス欄を見ているふりを
するのがポイント。


金曜日

競馬新聞「競馬ブック」購入。定価410円ナリ。
近走の着順、タイム差、陣営のコメントなどを
参考に買い目にいれる馬をピックアップ。
近走レースはできるだけYahooの「競馬ロイヤルボックス」
(月額1800円くらい)でレース映像を再生して
見てみます。けど途中で飽きてきて最近のレース全部を
見ることは少ないです。めんどくさいときは直線だけ再生とか。
レースを見て「おっ、こいつは強いな」と感じた馬を
候補に上げていきます。見た感じのなんとなくで選んでますね。


土曜日、日曜日

勝負レースだけに絞って購入するつもりが
起きた時点からのレースをちょこちょこ購入。
土日は嬉しくて早起きしてしまうので
1Rに間に合うところがタチが悪い。
メインまでに数万の負債を抱えることも多いです。
人気競馬予想ブロガーさんの予想も拝見しつつ
パドック、返し馬を見て最終的な買い目を決めます。
直前になって心が揺れて、買い目が大幅に増えたり
切るつもりだった一番人気を買い目にいれたり
優柔不断っぷりがいつも炸裂しています。
だいたい1レース1000円〜20000円
メインは5000円〜30000円くらいかけることが多いです。

* 月曜日に戻る



こうして文字にしてみると
なんか結構ちゃんと予想してるような気にもなってきましたが..
結局過去のレース検討にしろ、パドックにしろ
「なんとなくよさそうだ」ってのを買ってるだけなんですよね。
よそ様のブログでは本命にした馬を買う理由が
明確に説明されたりしていますが、それができないところが
テキトーたるゆえんと言えるのではないでしょうか?







hitorikeiba at 22:24│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔