2019年08月

2019.8.18-2今夏のお盆休みは台風直撃
たくさんの恒例のイベントが中止や延期になった
我が集落の夏祭りも中止
木いちごのスムージーのおもてなしもできなかった
我が大紀町の花火大会「錦花火大会」も延期
でも延期のおかげで見に行くことができました
錦は熊野灘に面した漁業が盛んな地区
錦と我が地区は大紀町の両端に位置し
その距離は40km近くもある
夕方、車で現地に向かった
宮川沿いの国道42号線を尾鷲方面に
途中から宮川支流「大内山川」沿いを走る
大内山川は鮎の友釣りで有名な我が町自慢の川2019.8.18-1
毎年、友釣りの全国レベルの大会が開催されている
30kほど走ったところで国道から県道へ左折
トンネル、橋が連続している山中を走る
こんな先に集落があるのかと思うほどの山深さ
最後のトンネルを越えると前が急に開けた
下界に海 ここもリアス式海岸
深く山側に入り込んだ湾
湾周辺に町が見える
錦地区は大紀町では最も大きな地区の一つ
きれいな海水浴場もあり、特に夏期はにぎあう
6時半頃現地に到着
花火開始までには1時間余りある
主会場である魚市場の広場では
和太鼓などの演奏で盛り上がっている
港周辺をしばらく散策してから見学場所に
魚市場の岸壁でたこ焼きを食べながら花火開始を待った
午後8時、暗闇に広がる閃光と共に
「祈大漁」の巨大な火の文字が正面に
花火大会開始の合図である
私にとっては数十年ぶりの花火大会見学
色鮮やかな無数の光が眼前に広がる
爆音が湾を囲む山々にこだまする
迫力満点の夜の祭典である
夏の夜を大いに満喫した!!

2019.8.17-1
台風一過の一昨日
美し三重の国 伊勢志摩 
リアスの海にドライブ
自宅を7時半発
日本一の清流の常連
宮川沿いの伊勢ななほ道路を伊勢方面に
伊勢神宮内宮を過ぎ
五十鈴川沿いの道路
夏でも涼しげな伊勢神宮の森
気分は避暑地の森をドライブ!2019.8.17-2
小一時間後 横山展望台に
伊勢志摩サミットでのリアスの海を望む(上写真)
複雑に入り込んだ英虞湾の海
伊勢志摩の絶景を望めるベストポイントである
展望台には天空カフェテラスもあります
横山を後に賢島近くを経由
英虞湾を囲む外海側の突端 御座岬を目指す
途中車を止め パールブリッジを歩いた(中写真)
入り組んだ英虞湾にかかるまさに真珠の橋
真珠筏が浮かぶ海を見下ろす2019.8.17-3
海風が気持ちいい!!
最終目的地は御座岬の御座白浜
白砂の海岸線が青い海を抱くように扇形に広がる
「快水浴場百選」でもある海水浴場
家族連れが多く
しかも国際色豊か
1/3程が海外の家族連れ
まるで南国の海である(下写真)
いつか孫ができたらまた来よう

2019.8.17-5

お盆 台風で夏祭りも中止2019.8.10-3
高校野球もない
先回に続き地元自然とのふれあいを報告します
宮川で次男、甥とダイブした翌日は
近くの宮川支流に鮎しゃくりに行った
水は冷たく澄んでいるが
梅雨明け以降雨がなく水量が少ない
鮎は流れ込みの気泡が渦巻く中にいて2019.8.10-2
水中眼鏡で鮎の動きを見定めるのが非常に難しい
しゃくり漁には厳しい状況である
初心者の次男への伝授は次回に持ち越し
次男は自慢のカメラでの撮影
冷たい清流流れる自然を満喫していた
写真は次男の自撮り
私はとりあえずしゃくり漁に
でも、しゃくり竿先端を狙いのポイント入れたとたん2019.8.10-1
渦巻く水流でびりびりと振り子のように振動
鮎はたちまち警戒して身を隠してしまう始末(右写真)
かろうじて掛けた貴重な鮎は良型
その晩、塩焼きに
息子 ”これは美味しい!”と感激
貴重な自然の幸を肴に乾杯した




続きを読む

灼熱の盛夏 次男が遊びに来たイメージ 1
近所の実家に住む甥と3人久しぶりに宮川へ
息子達が小さい頃は、帰省して連日遊んだ川
私が幼少の頃(約50年前)は
集落の交通手段の一つ、
渡し船の船着き場でもある
半世紀たって草木が生え
登っていく道も獣道と化している
正月明け、お年玉を握り
川向こうの町にプラモデルを買いにいくのが
一番の楽しみだったイメージ 2
渡船料は子供5円なり
船頭は我が集落側の船頭小屋にいる
この渡船は発着時間がない??
お客が来たら乗せて渡すのである
基本待ち時間がなく便利!?
でも、実はリスクがおおいにあるのです
買い物をしての帰路が問題
船頭が小屋で居眠りでもしていると大変
対岸から「お~い!来てくれよ~~」イメージ 3
と何度絶叫しても反応がないのである
仕方ない、船頭が目覚めるのをひたすら待つしかない
のんびりした田舎暮らしはこんなもんである
ここに来るとこんな懐かしい田舎暮らしを思い出す。
現在はウナギのいい漁場にもなっているが
岩が切り立っており、水深も5m以上と変わらず
絶好のダイブポイントでもある
息子達「懐かしいわ!」(補足:10~15年前)
「小さい頃よく飛び込んでたよな!」
助走をつけダッシュ・・ダイブ!!
「あ~気持ちいい!!」
私もダイブ・・・ウン やっぱり気持ちいいわ
最後に定番の冷たいスイカと瓜を食べて帰った
 中写真:息子達のダイブ
 下写真:私の華麗な!?ダイブ




↑このページのトップヘ