7月25日、野馬追祭りを見に南相馬へ。
南相馬に入るのは4月以来2回目。
相馬の野馬追祭りも今回は大幅な縮小版になりました。
IMG_4145

市民が野武士の格好をして太田神社に集合。

IMG_4171

市長も参加してます。

IMG_4164

この日は3日間行われる野馬追の二日目。
馬には会えませんでした...。神社の中にぎっしり入って何かやってるんですが、報道陣が多く中が見えず、何やってるかよくわからないまま...。

IMG_4259
IMG_4262
IMG_4266

こちらは本来野馬追で何百という馬が集まって走りまわる場所。
来年はここで従来の野馬追ができるのでしょうか?それとも野馬追すらできないことになっているのか...?

IMG_4278

午後には4月に知り合った地元の方々やボランティアの人達とBBQ!
今も継続的に県外からボランティアに来ている人が沢山います!
久々にあった仲間と話が止まらなかった。

IMG_4348

最後に踏切内から撮った一枚。
電車が止まったまま。線路はサビてきて、雑草もどんどん増えてます...。
でも車は踏切で一時停止しないと切符切られるので注意と地元の方に言われました..。

復興は少しづつ進んでいると思います。しかし放射能の線量は下がらない(福島市や郡山市の方がさらに高いですが)。それでも市民の多くはとどまろうとしている..。放射能の影響も学者の中でも意見が別れているためにどれを信じていいのかわからない、もしくは希望のある意見を信じようとしているのか...。しかし子供の将来を考えて、大きな決断をしなくてはいけないのではないかと思います。何かが起きてしまってからでは遅いので。県外出の暮らし、それをしっかりサポートし続けていく仕組みができないものか。