2005年11月07日

「電車男」とか「痴漢男」を告発しに警視庁に行ってきました。

10月27日に告発状を持って警視庁に行ってきました。

有志の方々にはメールでお知らせしたと思いますが、元々告発状は検察庁に出した物です。
それが以下の文章付で返ってきため、改めて告発状を警視庁に持っていくことにしました。

検察庁からの返答

貴殿から送付された「告発状」と題する書面(平成17年9月27日付け作成のもの2
通)及び資料について拝見、検討しましたが、告発の対象となる具体的な犯罪事実が特定
されているとは認められません。
 また、一般の刑事事件の捜査処理においては、まず第一次的に警察が捜査を行い、その
後検察庁に事件を送付・送致し、検察庁で更に捜査を行った上で、最終的な事件処理を行
うのが通常の手続きとなっております。
 本件のように、多数の関係者が存在する事犯については、第一次的捜査権を有し、機動
的で人的組織の充実した警察において捜査行を行うのが適当と思われますので、裁判管轄
のある警察署若しくは警察本部にご相談されるのが相当と思科します。
 よって十分にご検討願いたく、上記書面2通は資料と共に送戻します。


この文章をみて警察が一次捜査をしてくれれば、犯罪事実が特定され検察庁も動いてくれるのではと思ったのですが、警察の方でも告発として受け取って貰えませんでした。
どうやら、著作権関係は親告罪とするのが一般的のようです。
なので、著作権料を騙し取る詐欺紛いの行為匿名の著作物に勝手に著名つける著作者名の詐称紛いの行為も告発はできない模様。
著作権法の本質は著作権者が何も言わなければ、何をやってもいいと言う事だと改めてわかった。著作権法は個人の著作権の保護を目的とはしていない。
一般の個人には裁判なんて敷居が高すぎる。
・・・って俺が愚痴ってもどうしようもないか。

とりあえず告発はならなかったが、捜査情報の提供ぐらいにはなった。
これまでに、2ちゃんねる関連の書籍に無断で投稿を載せられた人は警視庁の生活経済課に相談してみるといいです。直接行く場合は自分も同行しますよ。

警視庁総合相談センター

ヒトヨニの連絡先
hitoyoni142@aquarius.livedoor.com


検察庁、警察庁に提出した告発状2通(テキストのみ)

告発状 詐欺行為
告発状 詐称行為

告発状が受理されかったのは、俺の書き方が間違っていたからかも?
赤ペン先生、文章をなおしてください。






この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hitoyoni142/50228561
この記事へのトラックバック
巨大であるがためか 公共物と認識する向きもおられるようだが。 法人としてではなく管理者「西村博之」個人の 物となっている。そのため私物であり そこで起きた出来事に対して 責任と義務と権利が発生するなら 「西村博之」個人にある。 犯罪予告などの書込に関し....
2ちゃんねるは【(‡ー・_=)y−ムフッな日々】at 2005年11月07日 17:14
この記事へのコメント
トラックバックやはりmsnからは飛ばなかった。
んでライブドアの方からTBした。
記事中でも触れたけど
「著作権等管理事業法第二十九条の一」
を適用してはどうでしょう。
Posted by (‡ー・_=)y− at 2005年11月07日 17:19
ひろゆきがやったことが、

第二条  この法律において「管理委託契約」とは、次に掲げる契約であって、受託者による著作物、実演、レコード、放送又は有線放送(以下「著作物等」という。)の利用の許諾に際して委託者(委託者が当該著作物等に係る次に掲げる契約の受託者であるときは、当該契約の委託者。次項において同じ。)が使用料の額を決定することとされているもの以外のものをいう。
一  委託者が受託者に著作権又は著作隣接権(以下「著作権等」という。)を移転し、著作物等の利用の許諾その他の当該著作権等の管理を行わせることを目的とする信託契約
二  委託者が受託者に著作物等の利用の許諾の取次ぎ又は代理をさせ、併せて当該取次ぎ又は代理に伴う著作権等の管理を行わせることを目的とする委任契約


これに該当するかどうか、検証する必要がありそう。
そういえば、電車男の著作権管理は新潮社がやっていたそうな。
Posted by ヒトヨニ at 2005年11月07日 18:38
http://blog.livedoor.jp/mufu18kzmq/archives/50143584.html
でも書いたけど
「著作隣接権を使用」ってことで
文化庁の著作隣接権登録原簿に2ちゃんねるが
登録されているかどうかを確かめたが確実と思われ。
文化庁から告訴の方向はどうだろ。
Posted by (‡ー・_=)y− at 2005年11月07日 19:46
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E8%BB%8A%E7%94%B7#.E8.91.97.E4.BD.9C.E6.A8.A9.E4.BE.B5.E5.AE.B3.E3.81.AE.E7.96.91.E3.81.84
の「著作権侵害の疑い」に
ここへのリンクを貼ってきたよ。
合わせて記事追加しました。
Posted by (‡ー・_=)y− at 2005年11月08日 10:27
連絡
ttp://www.bunka.go.jp/ejigyou/script/ipkenselect.asp
で「著作権等管理事業者」が検索できます。
Posted by (‡ー・_=)y− at 2005年11月08日 12:22
著作権等管理事業者には新潮社も2ちゃんねるも、登録されてない。
Posted by ヒトヨニ at 2005年11月08日 22:17
お久しぶりです
ふと思いついたんだけどさ
ドラマ電車男のDVDとか出てるジャン
あれの著作権料とかどうなったのかな?
ほら、2次的に関することは寄付するって言ってたけど
その後ニュースになってないだけでやってるのかな?
てか、のまネコで領収書うpされたけど一時的にでもひろゆき達の手にわたっていたらどうにか責められるんじゃない?

電車男物語は当時の参加者全員の共同著作物になるわけだから
規約も編集著作権も関係ないわけだし

上手くすればなんだっけ?著作権者じゃない人が著作権者名乗る罰
度忘れしたけどアレになるんじゃない?
まぁ、思いつきだからアレだけど

でも、2次的著作権料の金銭的流れはネットだけじゃ追えないから難しいかな?

ちょと思いついたので書いてみた

Posted by 電車権利の1です at 2005年12月07日 14:40
せっかくなので映画電車男の版権関係について東宝に聞いてみました
驚いたことに、正直に話してもらえました(通常契約内容のことは秘密ですって答えられる場合が多い)
契約関係の流れは
原著作権者と新潮社が契約(現著作権者が誰であるかは新潮社より先のことなので東宝には正確にはわからないとのこと
ひろゆき他ということは聞いているとのこと)
そこで、映像化権の設定を行い新潮社が東宝と映像化権契約を結んだとのこと
このあたりは商品化権(ライセンサーとライセンシーの関係)と同じだそうだ
これは通常出版社等が行う手順でもちろん、著作権管理等事業法の適用外の行動とのこと
んで、新潮社と交わした映像化権契約に基づき映画制作が行われたとのこと

Posted by 電車権利の1 at 2005年12月08日 19:12

なので、自称中野独人(ひろゆき他)と新潮社の契約内容がポイントとなる模様
このあたりのくだりはZENとわた氏の契約に似ている気がする
ZENがひろゆきでわた氏が中の人と電車男って感じでしょうか
んで、2次的著作物に関しては中の人の編集著作権は及ばない
なぜならば、レスの組み合わせ読みやすさなどが中の人の編集著作権であり
「電車男物語」ストーリに関してはスレ住民の共同著作物になる
ってことは、書籍ではなく2次的著作(ドラマや映画)には著作権者詐称罪の適用ができそうかな?
ひろゆきにあるのはレスの利用しかないわけだから、規約も2次的著作に関することには及ばないハズ
それとも、共同著作物は全ての人の許諾が必要なわけだから電車男の著作権侵害になるのか?
でも、ひろゆきと中の人が関わっている限り、著作権者詐称はありえるわけだ

せっかく情報手に入れたので伝えておきます
Posted by 電車権利の1 at 2005年12月08日 19:13
大事な事に気付いて下さい。自分がどれだけみじめかを!電車の話が嘘だ本当だとかどうでもいいですよ(笑)電車男はたくさんの人々に勇気夢、希望などを与えました!貴方は小さな世界でひがんでるだけですよ(^O^)自分が違うと思っていても現実みんなに聞いてみて下さい(笑)あっもちろんこのサイトに同意してるちっぽけな人間にじゃないですよ(笑)いち△修鵑併で警察に行くとか…ε=(^ε^)電車男は偉大な人ですよ!
Posted by タワレコ at 2006年02月07日 04:37
告発状を受け取らないは

刑事訴訟法
第二百四十一条  告訴又は告発は、書面又は口頭で検察官又は司法警察員にこれをしなければならない。
○2  検察官又は司法警察員は、口頭による告訴又は告発を受けたときは調書を作らなければならない。
第二百四十二条  司法警察員は、告訴又は告発を受けたときは、速やかにこれに関する書類及び証拠物を検察官に送付しなければならない。

に違反しているのではないでしょうか。
Posted by (‡ー・_=)y− at 2006年09月14日 13:29
罪無き者への告発であった場合

刑法(虚偽告訴等)
第百七十二条  人に刑事又は懲戒の処分を受けさせる目的で、虚偽の告訴、告発その他の申告をした者は、三月以上十年以下の懲役に処する。

にあたる訳で刑事罰になるかもしれないリスクを負っての告発。
しかも受ける側は、

刑事訴訟法
第二百三十九条 2  官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。

と義務を負う立場なんだし。司法警察官や検察官に
告発状受け取り拒否権は無いと思われ。
拒否は明らかにおかしい。
Posted by (‡ー・_=)y− at 2006年09月14日 14:00
あのう・・

ものすごく基本的なことですが、この告発者は著作権を侵害された被害者本人なんですか? 
なにせ親告罪ですしね。行政裁判じゃあるまいし、被害者ではない個人が「公の利益のために」告発することは出来ませんよね・・・
被害者さんたちは被害者の会を作ってなかったのかなぁ

ところで著作権侵害が非親告罪となる可能性が出てきましたね。
ひろゆき逮捕の日が楽しみです。
Posted by 通りすがり at 2007年07月17日 12:40
上原美優Yahoo!blogで病気を持った一人の女性が名前も語らない名無しのユーザーに言葉の暴力・中傷的書き込み・精神的苦痛を味わされました。大変許しがたい行為です。しかし犯人は名無し登録者。その名無し男を出来れば告訴したい。刑事訴訟を起こしたい!
Posted by 匿名 at 2009年11月04日 10:01