皆様、こんにちは。

という挨拶で始まることが正しいのか私には分かりませんが、他に思いつかないので、最初の挨拶にさせて頂きます。

急に冷え込んだ10月、皆様いかがお過ごしでしょうか。

中々やまない雨の為に冬用の布団が干せず、私は夏用の布団で耐えております。

風邪をひかないように気をつけなければ。

皆様も同様に季節の変わり目には気をつけて身体を大切にして下さいね。

最初の挨拶はこれ程にして、まずは私の自己紹介をさせて頂きます。
きゃりー3


自己紹介

私は笹木亜弓と申します。

生まれは奈良県です。

大学は4年間香川で過ごしました。

そうです、あのうどん県です。

大阪から「うどん県行き」というバスに乗って、海無し県から海がすぐそばにある香川に行きました。

高松駅から大学までの道のりには、八軒を超えるうどん屋があります。

そして、お昼にはうどん屋がとんでもない行列が出来るのです。

私の最初のカルチャーショックでした。

毎日毎日うどん食ってるんですよ、サラリーマンも、大学生も。

よく飽きないよなあ、と思いました。


ジャズに没頭した大学生活

そんな香川での生活の半分以上、私はジャズに費やしたと思います。

大学で初めてサックスを始め、様々な場所で演奏させていただきました。

人間は主観と客観視する自分がいると思いますが、ジャズはその人間の面白い部分が凝縮されていると感じています。

自分のソロでは自分の主観を自分の全面に押し出し、他のメンバーに目配せをしてコミュニケーションを取ること。

ジャズというコミュニケーションツールを私は知ることが出来てとても良かったです。

ジャズはとても自由な音楽です。

だからこそ、自分でどこまでやるかも自由です。

凄く面白くて楽しい、一方でとても難しいし苦しい

練習や自分の実力不足で今はジャズという音楽から離れてしまっていますが、またもう一度向き合えたらいいなあ、と思っているところです。

そんなふうにずっとジャズに触れきたからか、よくサックスが趣味でしょう?といわれます。

それは勿論そうなのですが、どちらかというと練習をしている間は修行のような感じがして趣味という感じはしないです。

私の趣味は刺繍をすることです。ワッペンとか服への刺繍をすることが好きです。

刺繍してよ、と頼まれることも好きです。

刺繍をしている間は何も考えなくて良いので、とても気に入っている時間です。
きゃりー1



ヒッツカンパニーに決めた理由

元々は公務員志望

次に何故ヒッツカンパニーに決めたのか、を書きたいと思います。

私はもともと公務員志望でして、周囲の人が就職活動を初めて動き出している間も図書館に閉じこもり勉強をしていました。

しかし、結果は縁がなかったのです。

その結果を受け取った時、私はとても落ち込みました。

だけれども、一方で安心しているような自分もいたように感じます。

今振り返ってみると、公務員の最終面接を受けるとき、私はここで決まってそこに行く覚悟が出来ていたか、というと出来ていなかったように思うのです。

公務員になれば、きっとそれからの道は決まります。

安定した真っ直ぐな道です。

母も安心するでしょう。

私はそこの上を歩いていけるのか。

その時、私はきっと、今迄出来なかったことを沢山したいのだと気づきました。

例えば、今サックスを演奏すればそのギャラを頂けます。

でも公務員になったら出来ない。

他にもきっと制限されるだろう、そう思いました。

たくさんの選択肢に気付けた合同説明会

そんな中で、私は大阪で行われた合同説明会に行くことにしました。

今でも覚えているのですが、私は大きな衝撃を受けました。

社会はこんなに広いのか、と。

社会には膨大な数の仕事があって、私にはたくさんの選択肢があることを知りました。

勿論このことを知っていたようにも思いますが改めて、実感をした、というか、私の視野の狭さを恥じました。心の中で私にはこれからたくさんのことをできるかも知れない、そう思いました。

ヒッツとの出会い

そして、ヒッツカンパニーと出会いました。

ヒッツカンパニーの企業説明会や、現場の皆様とお話しさせて頂くなかで、言葉が軽いかも知れませんが、楽しそうに仕事をしている姿に驚かされ、惹かれました

そして、面接を通して私のバックグラウンドまでも認めて下さる方々がいらっしゃり、此処で働いてみたい、と思いました。

私をきちんと認めて下さるだろう、また私をきちんと叱って下さるだろう、ヒッツカンパニーには選考を通じ、何か絶大な信頼ができていました。

そして私には私を陰ながら見ていてくれた人々がいたこと、そして今迄私が知ることも出来なかったようなことを気づかせて貰いました。

そうした中で、このヒッツカンパニーに出会えた縁を離すことは勿体無い、そう思いました。



私には他にも内定を下さった企業があったのですが、全て辞退し、ヒッツカンパニーの最終選考に進ませていただきました。

これから仕事をしていく上で私の目的は、まず稼ぐこと、です。

そして今度はもっと大きな目的をもって、それが今はまだ分からないですが、仕事に臨んでいきたいと思います。
きゃりー2


長々と私の文章を読んで下さり、ありがとうございました。

これからどうぞよろしくお願いいたします。