羊齧協会 中央警護団通信

羊肉好きによる、羊肉好きの為の店を発掘し、広く世間にその存在を知らしめ、羊肉の真の旨さと滋養についての認識を大衆に啓発する事を目的とする。

2015年06月

協会横浜部で度々訪れていると言う、東北人家に新館がオープンしました。
なんと、新館は
羊肉料理がさらに多いとの事。(オーナー情報)

これは、偵察に行かなければ!と。

その他、酸菜白肉鍋など、昔北京に住んでた私にとって
懐かしの東北料理が!!

ラム肉と大根のうま煮、ラム舌,ハツ,モツと
高菜の辛口銅鍋煮込みと、たまらないメニューが・・・・・

横浜方面の皆様、訪問し是非報告をお待ちして居ります。

記・主席菊池

http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14059008/
 

中国では良くある、羊出汁のラーメン。

日本でも徐々に広まりつつあります!!


ラムストーリに乗せた、メンショー トーキョーさんが協会内では有名ですが、
なんと、羊ベースのラーメンを出すお店が、この頃現れ始めています。

その名も「Miso Noodle Spot 角栄」さん
 

まだ食べていないので、レポートは協会員さんのFBレポートなどを見て頂ければと思いますが、
これは、協会人は是非食べなければいけないラーメンなのではないかなと。

味噌メインの羊ラーメンとの事で、期待が膨らみます。
食べた方が居ましたら是非感想を協会までお寄せ下さい!
 

▼お店のHPです。
http://twoseeds.jp/
 
 
11391188_788069757977722_8796091172863528070_n
11254348_788069784644386_5892877533177779820_n

協会幹部学校の後に、区民会館の裏にあったお店。

ジビエ専門店ですが、羊がしっかり入っていました。


昔から、羊は「ジビエ風に獣の香りがしつつ、供給がしっかりしてる畜肉」と、勝手に思っていましたので、
ジビエのお店にあってなんか納得。
メンチとソーセージが羊ではありました。


でも、やはり、鹿肉や猪も旨いなと(笑)
丁度、この前釜石で鹿の話をしたので・・・・・


ちなみに、羊メンチは2個注文したところ
「1個しかもうない」と言われました。

ジビエのお店でも大人気か!?


民家を改造したお店で雰囲気もなかなか。
学校が終わった10時に駆け込んだので、次回はじっくり来たいなと。
 

主席・菊池

11401114_707639052695858_3812731793030827502_n
 

協会の会員もおかげさまで900名を越え、今までの組織体制では運営が難しくなって参りました。
そこで、役割ごとに部門をわけ、それにより今後運営をして行きます。
各部門は、2名~3名。協会主席がこれを領導します。

また、問題発生時の相談外部顧問とし、弁護士、執行機関関係者を相談役格として追加。
また、運営顧問として、中小企業診断士、税理士、IT系の担当などを設定いたしました。

この、第二次中央委員会で今後の運営を行っていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。


【各役割詳細】


枢密顧問
・羊齧協会の相談役。

書記

・主席が意思決定が出来ない、万が一の事態が発生した時に、
 代わりに意思決定を行う。

幕僚本部

・主席をサポートし、外部の有識者とともに、
 羊齧協会の戦略策定を行う。

外交局

国内外交部

・国内イベントに主席と共に参加する。
・国内の企業・団体との交渉や連絡を行う。

国外外交部

・国外の企業・団体との交渉や連絡を、
 主席と協力して行う。

主席付イベント企画局

・協会イベントの企画、店舗との交渉。

事務総局
・管理、受付などの運営、会計、通常の諸業務。

PR局
・SNSでの情報発信
・他のメディアへの情報提供(プレスリリース、グルメサイトへの情報提供など)
・ホームページの作成

関西支局
・羊肉料理の普及度が低い、関西地区での活動ならびに店舗開拓

監察局
・各種プランのタスク管理

11149477_706915579434872_8286796588490591134_n
 

7月号の料理王国(プロ向けの料理雑誌)に、
この前参加したラムバサダーオーストラリア合宿の記事が6ページにわたり掲載されました。

プロ向け料理雑誌に怪しい団体として載っていいのかなとは思いますが、
経験した事が素敵な記事にまとめられていて、合宿を思い出しながら読んでいます。
 

改めて、ラムにとどまらずオーストラリアは感性が若く、そしてこだわりがない。

なので、料理もこだわりがなく、煮た大根に豚の角煮、
キムチ味の梨が味噌風味のソースに入っていたりする思いきった料理が出てくる。
でも、それを一緒に食べると妙に調和して美味しいのだ。


ラムの美味しさと、安全性。
(個人的に国産信仰は意味が無いと昔から思ってますが・・・)
そして、携わる人の情熱と共に、オーストラリアの合宿で学んだのは
「こだわりのない自由な発想の大切さ」でした。

まあ、拘りがありすぎ、前例主義だと、私が州政府のご招待でオーストラリアに行く事はなかったか・・・・と(笑)

専門誌ですが、ご興味のある方は是非手にとって見てください。


記・主席:菊池

11406905_706081849518245_5601838270282585229_n
11427792_706081846184912_29031633575343654_n
 

↑このページのトップヘ