麺賊夢我夢中として

いつもご利用いただきありがとうございます。

先月夢我夢中の活動休止宣言をさせていただいてから、たくさんのお客様に夢我夢中をご利用していただき感謝申し上げます。それと同時に、夢我夢中をなんとか残してほしい・・復活を楽しみにしてる
繁心で出せないのか?など沢山の嬉しい言葉をかけていただきました。

僕がラーメン店を始めた原点の夢我夢中。建物のこと、人材のことや移転先など決断を焦っていて大切なことを見失っていたかもしれません。
繁心で夢我夢中の豚基本を出す!それがお客様の喜んでもらえる事であれば僕の使命であると決断しました。繁心のメニュー上に夢我夢中のメニューを統合するのであれば、自分の原点である「夢我夢中」の名前を残したいと考え、夢我夢中の続投を決断します。

繁心のメニューも残しつつ、「麺賊夢我夢中」として11月より営業してゆきます。

依然、本町での営業が終わってしまうのは寂しいままです。あの場所で8年間営業してこれた事は本当に感謝しております。あの場所に宿る魂が作る一杯はやはりそこでしか感じることはできません。
新天地ではまた新たな魂を宿らせるよう頑張ってゆきたいと思います。

10月最後の3日間は夢我夢中開店当初のスープを炊いて提供する予定です。
開店当初の材料と炊き込み方すべてを再現します!!
「こんなだったけ?」と感じるかもしれないし、好みはそちらかもしれない。お客様が開店当初の味を思い出してくれたらいいなと柳沢店長と話て決めました!!
10月29.30.31日は原点の日です!!よろしくお願いいたします。

開店の日

よくない事ですが、慌ただしい新店ラッシュもこの10年の中にはあり、その都度、ある程度の緊張感はありましたが、火付盗賊、夢我夢中の開店日を上回る緊張感はその後ありませんでした。

夢我夢中の開店日は鮮明に覚えています。当時火付盗賊ランチで提供していた頃は、まぁせいぜい1日20杯程度。42㎝の寸胴一杯に骨を入れて3分の一ぐらいまで煮詰めて炊いて濃厚なスープを取っていたのですが、開店に合わせて54㎝の寸胴に切り替え材料を増やして炊くのですが、正直うまくいかなかったんですね…笑

でも当時はスープにあまり重きを置いていなくて、開店に間に合うように炊いてたものですから…そのスープを使うしかなかったんです。
あれ?なんで違うんだろう?と思いながら刻一刻と迫る開店時間。溢れるお客様。

ドキドキ…ドキドキ…

それでも、最終的に作った一杯は及第点。いざ出陣をするわけですが、20杯程度の杯数を作っていたランチからいきなり200杯近く売るわけですから…もうヘトヘトで、何より足が痛くて痛くて、足指擦り切れて血出てるし…おいおいらーめん屋さんって大変だな!!って思ったら、ただ緊張しすぎて長靴を逆にはいていて靴擦れを起こしてたってだけの事(笑)

あの頃の緊張感を忘れずにこれからも向き合ってゆきたいです。

ちなみに開店日が5月1日ではなく、4月30日だったのは…家内の誕生日に合わせました。

はい、チャンチャン♪
IMG_6625

開店日に向け、幾度となく通った長野市のビル。こちらは後日詳しく!(笑)
ここから夢我夢中の看板に魂を宿してもらいました。とてもお気に入りのロゴでした!!

丼に入れたシルエット、なんのマーク?と良く聞かれましたが、これは小諸市の形。
沢山の思入れが詰まった一杯でした。

IMG_6624

IMG_6626



大切な仲間

開店の日には沢山のお花でお店を華やかにして頂きました。

らーめん道を突き進むきっかけを与えてくれた文蔵兄貴。悩んでる時いつも笑かしてくれる弟のようなちひろ。

今でもこの二人には、なにかときっかけをもらい、気づきを教えられ、らーめんと共に人生を一緒に歩んできた大切な二人。

これからも僕にとって大切なライバルであり師匠であり同志です。

IMG_6614

ギャラリー
  • 開店の日
  • 開店の日
  • 開店の日
  • 大切な仲間
  • 無期限活動休止のお知らせ
  • 無期限活動休止のお知らせ
  • 本町ビアガーデン中止のお知らせ
  • 視察〜飛べない豚はただの豚〜
  • 視察〜飛べない豚はただの豚〜