2023年竹幸商店の全業務が終了しました。ワタシは年明け用のチャーシューを炊いていますが(笑)

今年もスタッフ一同大きな怪我や事故に見舞われることもなくお陰様で無事に完走できました。
今年は特にイベントへの出店が多く、何年かぶりの感覚に多くの刺激を頂きました。中華そばやまさだの味を各地にお届することができとても達成感もありました。

6月にはやまさだ初の、のれん分け店「中華そばやましげ」を立ち上げました。何年か業界から離れていた佐藤の業界カムバックということもあり、修行期間中からとても意気込みの詰まった勢いある開業となりました。

夏過ぎからは兼ねてから計画のあった、セントラルキッチンの稼働に向けた本格的な工事が着工いたしました。長年の夢であった仕込み&研究所を「竹幸Foodlabo」と称し、12月1日より稼働いたしました。

そして、今年一年イベント出店から始まりlaboの立ち上げ、より多くの時間を「森翔太」
と過ごしてきました。今まではイベント出店となれば翔太はお店を守る側で、共に出店をすることは今までほとんどありませんでした。しかし今年は彼と多くの時間を共有してきました。

というのも実は、森翔太店長は来年1月をもって竹幸商店を卒業します。
昨年の暮れに家庭の事や様々な事情により退職の旨を聞きました。突然のことで当時、頭の中は真っ白になりましたが、一年かけて引継ぎをするという彼の気持ちに救われました。
そしてこの一年はこれまで彼と過ごしてきた約9年間を振り返りながらそれぞれのミライを創造する大切な時間となりました。彼の背中を押してあげるということは正直時間がかかりましたが、今は彼への気持ちは感謝しかありません。これからの彼の新たな人生の始まりを心から応援しています。
本当に竹幸商店に、そして竹内浩太に沢山の時間を費やしてくれてありがとう。心から。

来年一月は森翔太卒業月間として、夢我夢中にて森翔太にまつわる限定麺で賑やかに盛り上げていきたいと思います。
一番問題児で一番大嫌いだったあいつが自分にとって最も欠かせない人物となりました。彼がいなければ成せなかった事ばかり。ラーメンではじまりラーメンで終わろうぜ!

翔太の結婚式で、一応新郎の上司ということで主賓で参列させてもらったんだけど、夢我夢中の店長森翔太のプロフィールには「好きな食べ物:ハンバーグ」、、、、皆の前で大恥をかかせてもらったぜ・・・・やっぱりお前は日本一嫌いで大好きなやつだ!残り1か月思う存分ラーメンで爆ぜるぞ!

本年も竹幸商店をご利用いただき誠にありがとうございました。来年は夢我夢中は2日より、やまさだは3日より営業いたします。皆様とお会いできる日を心より楽しみにしております。良いお年をお迎えください。

2023年12月31日
株式会社竹幸商店 竹内浩太

若いね~~!
IMG_1307IMG_8051IMG_8080IMG_8816IMG_8813IMG_9413IMG_9979IMG_9973
IMG_5843IMG_3791

9年前不慮の事故で、翼をひろげ空へと飛び立った3つ下の弟。

突然に訪れた別れは家族を絶望へと導いた。。仕事にも手が付かずに何事も空回りしているばかり、、
冷静にふるまっていても我慢しきれなかった涙がいつも溢れてしまう。

しかし沢山の温かい言葉や励ましの言葉。沢山の方達に支えられ家族は少しずつ日常を取り戻していきました。そんな中、ピアノを弾いたことのない母が行き場のない寂しさを埋めるために〝一曲完奏〟を目指して練習を始めた。

それを見ていた自分も弟に何かを届けたいと思い立ち、決して上手とは言えたものではないが、それでも中学の頃から辞めることもなく常に身近にはあったアコースティックギターを手に取り弟への曲を書いてみることにしました。

地元の仲間と組んだバンドでは詩も曲も書いてオリジナル曲も何曲かは作ってきたが、なぜか全く歌詞が出てこない・・メロディーは浮かんでくるものの弟の顔を思い浮かべるほど言葉が出てこない、、

そこで、もともと日記やコラムを趣味にしていることもあり、文才に長けた母に「あの日の事、今の事、日記のようなもので構わないから書いてほしい」と頼んでみることに。

頼んでから数日、母から届いた「詩」は彼の目線、家族の目線。様々な情景が見えてくるそれぞれの「今」でした。その詩をメロディーを付け一曲の歌「翼をひろげて」を完成させた。

はじめて「翼をひろげて」をお披露目したのが弟がなくなって一年たった一周忌。家族や親戚の前で歌わせてもらった。

それからは月命日や命日、お正月など家族が集まる時にはこの歌を歌って弟に届けた。
だから特に外で歌うとか、誰かに聞いてもらうとかそういう歌ではなくで家族の中だけの歌として歌っていたのですが。

今年夏、東京で活躍する双子アーティストの「ALLaNHiLLZ」
地元佐久市出身ということもあり学生の頃からとてもお世話になったお二人でなのですが、そのGt.匡先輩が帰省中に我が家に寄ってくださる機会がありました。地元の仲間も集まりお酒も進めばやはり話題は音楽の話。懐かしの曲やALLaNHiLLZの楽曲を贅沢にも我が家で。なんて事をしていたら、プロを前に恐れ多くもお酒の勢いで聞いてほしい曲がありますって弾いてしまったのがこの「翼をひろげて」

そしたらさぁ、、「お前さぁ、こんないい曲形にしなかったらもったいないよ!形にして弟に届けようよ」って・・・言ってくれて。もう本当に感謝しかなくて。

そしたら早速動いてくれて、東京で活躍する錚々たるアーティストを集結してレコーディングをするという話になりました。デモの段階で、こちらからするともう完成では、というレベルでしたがこれからが本番という事でした。

方向性も決まり、アーティストさんたちのスケジュールも決まりレコーディングが決まり、なんとその場にご招待をして頂きました。

一つの曲がものすごい重層に仕上がっていく。僕たち家族と共に弟に向けて奏でてくれるアーティストの皆様の気持ちがその場でものすごく伝わって…あの場で聴いた「翼をひろげて」は言葉になりませんでした。と同時に涙が止まりませんでした。
ここ最近は抑えることが出来ていた感情も我慢の分だけ・・溢れてしまいました。レコーディングなんかじゃない。これはLiveだ。貴重な時間を過ごす事ができました。

あの日弟に向けて作った楽曲「翼をひろげて」

自分の荒削りな素人の楽曲。家族から大切な家族へ捧げられていた楽曲がプロの演奏と歌声により、新たな命が吹き込まれ…どんなに遠く離れた弟にも届けることができる楽曲に生まれ変わりました。

くしゃくしゃな笑顔で空から拍手を送るあいつが目に浮かびます。

お披露目の際には是非これを読んでくださった皆様にも是非聴いてもらいたいと思います。最後までありがとうございました。

ALLaNHiLLZのお二人、ご参加頂きましたアーティストの皆様。心から感謝申し上げます。

竹内浩太



参加アーティスト
ボーカル&アコースティックギター井出匡(ALLaNHiLLZ)
ドラム 森盛滋
ベース 甲斐公広
エレキギター 芳賀義彦
キーボード 荒井旭
ディレクション&コーラス 井出匠
(ALLaNHiLLZ)

IMG_1006IMG_1003



IMG_0981IMG_1002IMG_796711IMG_1009

いつもご利用ありがとうございます。ご無沙汰になってしまいましたこちらのブログを更新。

先日Twitterにて告知しました〝定平終売〟について。
終売といっても、これで終わりではなく今までの定期販売を終了させて頂きますというお願いです。

毎回販売のたびにご来店いただく定平目当ての常連様の顔が浮かびます。申し訳ございません。

今から約二年前、リニューアル後のやまさだはそれはそれは暇でした。巷では〝ひまさだ〟なんてあだ名がつくほどに(笑)

まぁ、これは身内内の冗談ですが・・・それでも本当に「今日もひまさだだぁ~」なんて日々を過ごしたものです。仕込みもさほど無いものですから汗・・空いているコンロスペースを活用して日替わりじゃないですけど、中華そばではないもので、仕掛けてみようと限定麺を考案して登場させた数々のうちの一つがこの定平でした。


以前から豚基本、豚JUNKとは異なる「豚事変」を考案中であったことから、構想にはあったこの二郎のような姿をした全く二郎とは異なる、やまさだ流二郎系ラーメンをやろう!と発表しました。

おそらく食べ手を選ぶだろうと思いましたが、これがこれが予想以上にヒット!となり単発の限定のつもりでしたが継続することになりました。ありがたい事です。
中華そばよりも多くの食数が出る日はかなり複雑な思いもありました(笑)

あくまでも本職は中華そば。一心不乱に向き合ってきました。
オープンから約二年。ありがたい事に多くのお客様にご来店いただけるようになりました。これに慢心することなく、まだまだこの中華そばを磨いていくつもりですが!本当に当時を思い出すと、日々忙しく中華そばを作れていることに感謝しかありません。

少し話がずれましたが、夏ごろからでしょうか、、ここ最近も定平の日でも9割のお客様が中華そば系、1割ほどしか定平が出なくなってしまいました。。。(杯数にすると変わっていないのですが、中華そばのお客様が増えたという割合です)
定平に費やす仕込量は他の限定麺に比べ、割と大変なことが多く、仕込み、営業と共に中華そばと定平、二足のわらじがきつくなっていたのも正直なところです。定平目当てのお客様には大変申し訳ない気持ちではありますがどうかご理解いただけると嬉しいです。


ところで、定平って??
定平とは自分のお爺さんのお爺さん。高祖父というらしいが・・・竹内金物店の初代当主です。
自分が知る限りの一番古いご先祖様です。

ラーメン二郎の名前の由来を以前に調べたら「ラーメン太郎」というインスタント麺から捩ったとあり、それならラーメン二郎を捩って、こっちは定平だ!!とお空にいる定平爺さんも突然の抜擢にさぞかしびっくりしたことでしょう(笑)

高祖父の力をかりて、多くのお客様に支持していただきながら、歴史に残る限定麺を作ることが出来ました。この場をかりてお礼申し上げます。感謝
そして・・
明日は定平定期販売最終日!!いつもと変わらずばっちりに仕上げます!!よろしくお願いいたします。暫くはお休みする〝定平〟を是非!!

今後はどのような販売にするか、少しゆっくりと考えさせてください。
何度も何度も・・・・ありがとうございました!!

FkaD34gVsAEhEBpFhuvYGJUUAAvZ7s



↑このページのトップヘ