地域で暮らす共生ホーム!

著者:事務局

10月30日(日)、【地域で見守り共に支え合う温かな社会】を
テーマにNPO法人このゆびとーまれ代表の惣万佳代子氏を
講師にお迎えし講演会が開催されました。
この講演会は公明党新潟市議団様より全面的なご支援を頂き
実現することが出来ました。心より感謝申し上げます。
講演会には介護・看護関係者、NPO法人やボランティア団体
関係者、特別支援学校教職員、行政関係者の他、学生や
主婦など100名近い方々よりご参加いただけました。
【富山型共生ホーム】、新潟県では耳慣れないことばですが、
「赤ちゃんからお年寄りまで、障害があるないに関係なく誰も
が一緒に支え合い共に生きていくことが自然である」を理念に
平成5年、富山市で「このゆびとーまれ」が設立されました。
この理念は「富山型」として全国に広がり展開されています。
笑いあり、涙あり、これからの福祉はどうあるべきなのか、
私たちは何をすべきなのかを考え、気付かせてくれた素晴ら
しい講演会だったと思います。

講演会に先立ち、10月3日(月)には新潟市議議員の
青木ちよこ先生、小山進先生、当会理事とその関係者で
「このゆびとーまれ」の視察に行ってまいりました。
「このゆびとーまれ」の理念を理解するのに時間はまったく
と言って良いほど必要ありませんでした。
そこに居たおじいちゃん、おばあちゃんと子どもたち、
そして職員の方々の表情、笑顔が【理念】そのものでした。

【地域で見守り共に支え合う温かな社会】を新潟県でどう
具現化していくか!そのスタートラインに立ったばかりですが、
「理念」を形にするために頑張りたいと思っています。

第二回理事会の開催

9月25日(日)に第二回理事会が開催されます。
今年度の活動や来年度の方向性など協議する予定となっております。
また、関連して講演会や福祉関連事業の報告等も行われます。
理事会で決定した内容につきましては出来る限り情報発信して
まいります。

新潟県授産製品見本市

【新潟県障害福祉課 地域生活支援係】
「多くの県民の方々に障害者授産製品の良さを知って頂くため
9月11日(日)を皮切りに県内6会場の商業施設等にて授産
製品見本市を開催します」

開催日時・会場など詳しい内容はこちら↓
http://www.pref.niigata.lg.jp/shougaifukushi/1314738115477.html

会場はショッピングセンター等で気軽に立ち寄れるところばかりです。
足を運んでみてはいかがでしょう?



増加する特別支援学級

著者 事務局

【新潟県内小中学校の特別支援学級で学ぶ児童生徒数は、
本年度が1044学級に4187人。2002年度の594学級1573人
から大幅に増えている。増えている背景に県教委は特別支援
教育に対する保護者の理解が深まったことを挙げる。
県特別支援教育研究会会長は「特別支援教育が浸透しただけ
では説明ができないほど増えてきているが、国も明確な理由を
明らかにできていない。特別支援教育は学校教育全体に関わる
問題になっている」と指摘する。】
*9月2日新潟日報朝刊記事より一部抜粋

学級数の増加に伴い、特別支援教育を初めて受け持つ教員が
増えている為、県教委などは研修や支援に力を入れているという
ことです。

教育行政、そしてなによりも現場の先生方が頑張っておられる
ことだと思います。特別支援教育が益々、良い方向に向かって
行く事を心から願っております。

これから特別支援学校も変わっていくのでしょうね。



【おひさま】

連続テレビ小説「おひさま」の舞台、安曇野!
すごく気になっていたので行ってきました。
CIMG0394CIMG0397
台風の影響で曇り空、北アルプスの山々を眺めることはできません
でしたがおいしいお蕎麦と清流を楽しんできました。
実は蕎麦が大好き!それも信州限定!私の地元も蕎麦は有名
なんですよ(ツアーの大型観光バスが来るくらい)
でも・・・私・・・だめなんですよねェ~・・・あのコシの強さが!
ちなみにメニューはますそば、ごへい餅、そして馬モツでした。
「にしんそば」ならぬ【ます】そばと馬のモツは初体験でしたが
とてもおいしく頂きました。(^_^)ニコニコ


CIMG0393ドラマでおなじみの「赤い屋根のお家」
「大王わさび農園」ここがロケ地だったんですね。

帰りは軽井沢経由で帰ろうと車を進めたのですが・・・
ものすごい雨で断念しそのまま群馬県をぬけて帰路へ!
その判断がまずかった。藤岡から関越道は通行止めに!
CD聴きながらナビ頼みだったので気象情報などまったく気に
していませんでした。(TДT)
予定より帰宅は随分遅れましたがそれはそれで楽しい時間?
だったかな?

by事務局でした。









がんばろう日本
被災地の一日でも早い復旧、復興を心よりお祈りしております。
記事検索
  • ライブドアブログ