2017年04月02日

べるせるくしょく

本日はベルセルクのイベントでした!
お越し下さった皆さん
ありがとうこざいました!!
夜の部は三浦先生と監督も
見に来てくれていたのです。
お忙しい中ありがとうこざいました!
そして夜の部で
皆さんのお近くに行く事で
背中をお見せし続けてしまった側の方々
ごめんなさいでした>_<

ベルセルクのイベントとしては
一期の先行上映以来でしたね。
今回は皆さんをベルセルクの世界の
贄にするイベントでした笑
贄ーーー!!!
生で奏でられる楽曲、
生で演じられる芝居、
そのコラボレーションが
ベルセルクの世界を彩る
ベルセルクらしいイベントになりました。
ガッツ役のアッキーさん、
キャスカ役のとあっち、
セルピコ役の興津さん、
イシドロ役の下野さん、
このキャストに恵まれたからこその
朗読劇でした。
セルピコの静、ファルネーゼの動。
そんな2人の感情と性格の対比が
打ち合わせをしなくても
あの場でできる喜びを噛み締めました。
セルピコが興津さんで良かったなぁ。

音楽では
ベルセルクといえば、の平沢進さん。
生で見たくて
出番の直前までこっそり柱の角で見てました。
本当にかっこよくて!感動の嵐!
あの空気感は平沢さんでしか出せなくて
音楽の刃が心に突き刺さる様でした。
二期のOPも披露して下さった
ベルセルクの激動と衝動を歌う
9mm Parabellum Bulletの皆さん。
そして天使の歌声、ベルセルクの光の
部分を表現して下さったやなぎなぎさん。
重厚で、ベルセルクへの愛を
楽曲に込めて下さっていたのが伝わる
ライブパートでした。

なんというか、
関わってる人達が
皆ベルセルクを好きになるんです。
好き、というのも違うな、
なんというか、魅せられて
取り込まれてしまっている感じで。
皆が皆、ベルセルクへの思いや世界を
表現したくて、愛を叫びたくて
仕方ない!みたいな...
実は、もっともっともっともっと
時間がたんまりあったら
語り尽くしたい事がたくさんあります。
いつかこじんまりと、
語る会みたいなイベントやってほしい>_<

第二期は
ファルネーゼ的には成長がテーマ。
変化は怖いけど、進む事は勇気だ。
ファルネーゼはもう勇気は持ってるはず。
絵のクオリティも天井知らずで上がり
続けていきます。
是非放送をお楽しみに!







iPhoneから送信



hiyonikki at 23:51│