おはようございます。ぼーのです。

昔から好きだったカードのカテゴリが強化されると聞いて、これは記事にしなければ決闘者が廃る、と書き始めた記事になります。


みなさんは、《王家の眠る谷ーネクロバレー》というフィールド魔法カードをご存じでしょうか?


《王家の眠る谷-ネクロバレー》とは


IMG_20180708_0004

強力なルール介入型効果を持っている、古いフィールド魔法カードの1枚です。

大ざっぱに説明すると『自分も相手も、墓地のカードを他のところに動かすのはダメ!』という、墓地のカードを使いづらくするカードです。
私の認識としては、
【王家の眠る谷-ネクロバレーがフィールドにあるとできない事
① 墓地からカードの除外ができない
《カオスソルジャー-開闢の使者》のような、カードを除外する効果・コストの必要なカードは発動できない。
② カードの効果で墓地からカードをフィールド・デッキ・手札に動かす事はできない
《死者蘇生》のような墓地からの特殊召喚は、発動できるが無効になる。
《黄泉ガエル》のような墓地から自身の効果で特殊召喚する(自己再生)モンスターも無効に。
③ 墓地のモンスターの属性や種族の変更もできない
《アンデッド・ワールド》のような、墓地の種族変更の部分は無効に。


【王家の眠る谷-ネクロバレーがフィールドにあってもできる事
(1) 墓地に送られた場合に発動して、墓地のカードを動かさない効果
リクルーター(墓地に送られた場合にデッキからモンスターを特殊召喚する)など
(2) 墓地のカードを参照して発動する効果
《ダーク・アームド・ドラゴン》等の、墓地にあるカードを確認するだけで墓地から動かさないカード
(3) 墓地以外にも「フィールド・デッキ・除外しているカード」などの指定があり、墓地のカードを動かさずに使用できる効果
《氷結界の龍トリシューラ》など、手札・フィールドのカードに対してのみ選べば効果が使える。

という所が、基本的な知識です。
ただ、このカードをより難解にしているのが、遊戯王カードで『効果外テキスト』と言われる部分です。

(4) コストで墓地のカードをデッキに戻す
《究極封印神エグゾディオス》のように墓地カードをデッキに戻して特殊召喚は可能。
(5) 墓地のカードを除外しないでコストを用意できる、自己再生モンスターは特殊召喚可能
【インフェルノイド】は、墓地のカードを除外しなければ、効果で墓地から特殊召喚できる。


公式ホームページのQ&Aを見て頂ければ分かるのですが、このカードは昔から様々な質問が出るような難解なカードの1つです。ただ、ある程度ルールを理解できれば、メタカードとしては非常に面白いカードだと思っています。
他のカードに影響がある効果ではなく、ルールに介入する(プレイヤーに直接影響する)効果という点が大きなポイントです。

ルールブックまでとは言いませんが、デュエル中のトラブル軽減のためにも、スマホなど、すぐにルールを確認できるような状況でデュエルをされると良いかもしれませんね。




私自身はこのカードが好きで、よく使っています。

このブログでもたひたび登場しており、
『フィールドリロパ』や、『憑依装着』といった、フィールド魔法カードを主体として組むデッキには、必ず1枚入れています。

(だいぶ前の構築ですが、フィールドリロパのデッキレシピです)
image




ちなみに、ネクロバレーはノーマルもあり入手しやすいです。
私のお気に入りは、1枚しかないのですが、パラレルウルトラレアです。

IMG_4686


このカード単独でも、充分強い効果ですが、このカード自体は〈墓守〉というカテゴリの中に入る1枚です。新規カードで強化されるようなので、嬉しいですね。

実は、こっそり買い集めており、いつかデッキを組もうと思っていたのですが、新規が来るとは全く思っていませんでした。まだ未整理ゾーンがあるので、もしかしたら数枚は出てきそうですが、ブログに載せようと探してすぐに出てきたのはこれくらいです。


IMG_4685








ー墓守カードを少しご紹介ー


それでは、デッキでも使えそうな、私のお気に入りカードをご紹介します。


《墓守の司令官》

IMG_20180708_0005


実は、2007年初登場のカードであり、私が遊戯王から離れていた時期に当たるのですが、イラストから気に入っていた1枚です。

昔、ジャッカルの聖戦士というカードがあり、イラストが好きだったのですが、ステータスが扱いにくいカードでした。(☆7で攻撃力2700はツライ) 似たようなイラストのカードを探した時に見つけたのが、このカード。カッコ良いです。
まあ、ジャッカルの聖戦士の方は本物のジャッカル顔、こちらは仮面ですけどね(苦笑

このカードはイラストも良いのですが、ネクロバレーをサーチできる上に、フィールド魔法のネクロバレーを場に出せば攻撃力2100とかなり優秀な1枚です。《テラ・フォーミング》が制限された現環境では、墓守の必須カードと考えて良いと思います。



《墓守の召喚師》

IMG_20180708_0003

フィールドから墓地に送られると、守備力1500以下の墓守モンスターをサーチできる1枚です。

その場の状況に合わせてサーチできるカードを選べますし、リンク召喚や融合召喚でフィールドから墓地に送ってもサーチできますから、なかなか便利な1枚です。




《王家の生け贄》

IMG_20180708_0006

《王家の眠る谷ーネクロバレー》がなければ発動できませんが、お互いの手札のモンスターカードを全て墓地に捨てられる効果です。モンスターをメインにしているデッキには非常に有効なカードです。ただ、【シャドール】のように墓地に送られるとメリットになるデッキもありますから注意が必要です。





[墓守デッキで注意する事]

IMG_20180708_0007

墓守の強力な効果をもつ魔法・罠カードには発動条件があり、中には《王家の眠る谷-ネクロバレー》と墓守モンスターが一緒にフィールドに存在しなければ発動できないカードがあります。効果自体は強力ですが、フィールドのカードをどう守って効果を使っていくかという事が必要になってくるデッキです。




以上となります。

新規カードの内容をまだ詳しく確認していないのですが、私も墓守デッキを考えていきたいと思います。






[私が見ると、少し憂うつになる1枚]

(アラフォーになりつつありますが、私のお腹は出ていないと思いたい・・・)


IMG_20180708_0002