2006年11月05日

三国湊の「寿歌」

三國湊座の「寿歌」会場三國湊座で「寿歌(ほぎうた)」が上演されており、本日午後8時からが最後の舞台となる
多くの演劇ファンが集まっている
舞台は三國湊座の奥にあって、三國湊座の奥の壁面を抜け外へ出て、ライトで照らされた細長い緑の広場を通るころから不思議な気持ちになってくる 案内された所は見たこともない四方を大漁旗で被った奥に長い空間が現れる 大漁旗の外はネットがあるだけで、外部とは薄い布だけで隔てられている
 
舞台は客席と同じ高さのフロアで、中央部が数十センチ高く広くなっている

芝居が始まった

 
三国湊でこのような演劇が上演されたことがうれしい


 


 

 

 



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました