[なぜ、あなたの仕事は終わらないのか]

米マイクロソフトでwindow95やインターネット
エクスプローラーの設計を行った、伝説の
プログラマーの中島聡さんが書かれた時間管理術の
本です。

これから社会人になる方や、社会人2、3年生の方に
是非読んでもらいたいです。
40代、50代、60代の仕事がどうもうまくいかないと
思っている方にもおすすめです。

構成は下記のようになっています。
第一章:なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

第二章:時間を制する者は世界を制す

第三章:「ロケットスタート時間術」は
      こうして生み出された

第四章:今すぐ実践 ロケットスタート時間術

第五章:ロケットスタート時間術を
      自分のものにする

第六章:時間を制する者は、人生を制す

内容を簡単に紹介します。
詳しくは本を参照ください。

・あなたの仕事が終わらないのは、かかる時間の
 見積もりが甘いから。

・最初ゆっくりやって、あとから徹夜で頑張るという
 スタイルが間違っている。最初に高速で行い、
 あとを流すというスタイルが正解。

・完璧を目指しすぎるのは駄目。80点でいいから、
 納期に間に合う事が大切。

・ビル・ゲイツの意思決定は光速。

・学校の勉強は予習が大切。授業でわからなかった
 ところを理解すれば、復習はしなくて済む。

・何かを企画したら、簡単な詩作品を作って
 人に見てもらい、アドバイスをもらって、改良する。
 試作品を作るのが、実現させるための近道。

・徹夜は仕事の効率を悪くする。

・10日間の仕事なら、最初の2日間で8割を
 終えるようなロケットスタートを目指す。

・集中力の秘密は界王拳。

・朝に早起きして、午前中の仕事に集中する。
 中島聡さんは、10時半に寝て、4時に起きるそうです。
 朝は誰からも邪魔されないので、集中できるそうです。

・「並行して進む仕事」は1日を横に切る。

・集中している時間帯はメールを見ない。

・大きな仕事は縦に細分化する。

中島さんがこの本で本当に言いたかったのは、
「集中しなきゃいけない仕事なんかするな」と言う事
のようです。
中島さんは言います。
「そもそも集中力のなさに悩むという行為自体が
間違っていると考えています。集中力を要するような
仕事をしている時点で違うのです。
どういうことでしょうか。
それは、「自分が本当にやりたいことを見つけろ」
という、とても単純な話です。
結局のところは「一度しかない人生、思いっきり
楽しもうぜ」という話です。
天職を探せという事です。
天職とは、「運命で定められた、天から授かった好きで
好きでしょうがない職業」のことです。
天職に就いたとき、あなたはもう集中力を必要としない
世界に突入していけるのです。
仕事は「頼まれなくても自分から喜んで残業するほど
楽しい仕事か」どうかで選ぶべきです。

中島さんは、今の仕事が楽しくない、向いてないと思う人は
この本に書いて有る仕事術で仕事の効率をあげ、
余った時間で、次への準備をすることをすすめています。
資格取得の勉強をしたり、転職の準備をしたり、
部署異動するための準備をするためにあてなさいと言ってます。

中島さんは、夜寝る前に次の日にするべきタスクリストを
作成することをすすめています。
これをしないと、効率良く仕事ができないそうです。
効率良く仕事をするためには絶対必要だと言っています。
そしてできるだけタスクが終わるように、午前中に
20倍界王拳を使うようにと言っています。
(20倍界王拳とは、ドラゴンボールの悟空が使う
超強力な拳です)

おすすめ本です。
時間の使い方、仕事のやり方、人生で目指すべきものについて、
大きなヒントをくれる本だと思います。