2016年11月15日

ジェイエスエス2Q、シノケングループ3Q

○ジェイエスエス2Q
 会社進捗通り。

○シノケングループ3Q
 アパート受注残が前期比2倍と更に物凄いことにw
 今後、どこまで行ってしまうのか見当もつきません。

hk_131 at 10:12|PermalinkComments(0)6074 ジェイエスエス | 8909 シノケングループ

テノックス3Q、ウイルプラスホールディングス1Q

○テノックス3Q
 やはり前期は採算の良い工事が多かったのですね。
 来季以降は受注済の大型工事がずれ込むとのことなので、売り上げ増による増収増益が期待できそうです。

○ウイルプラスホールディングス1Q
 1Qがここまで好調だと2Q以降も期待したいところ。笑

hk_131 at 10:01|PermalinkComments(0)1905 テノックス | 3538 ウイルプラスホールディングス

2016年11月11日

ウィル3Q

会社発表では進捗通りとありますが、リフォーム事業の現在の数字が昨年比でちょっと悪いので、通期では会社予想を若干下回るかも。

後、教育事業が3年目でまともな数字になってきているのは自分の中ではサプライズでした。
このままどんどん軌道に乗ってくれれば数年後には会社業績に大きなプラスになってくれそうで楽しみが一つ増えました。笑

hk_131 at 11:14|PermalinkComments(0)3241 ウィル 

2016年10月31日

シノケングループ上方修正

上方修正はあると想定していましたが、修正幅が想定外。
ちょっと良すぎですね。汗

hk_131 at 16:29|PermalinkComments(0)8909 シノケングループ 

2016年10月14日

日本コンセプト全株売却

会社の業績は順調なのですが、当初の想定よりも為替・景気の影響があるので、このまま保有するのはリスクに合わないと判断しました。

配当込で+20%くらいの利益です。

hk_131 at 09:57|PermalinkComments(0)9386 日本コンセプト 

2016年10月03日

ネクステージ上方修正

2Qまでの内容を反映した上方修正。

次の3Qの発表が今から楽しみです。

hk_131 at 17:29|PermalinkComments(0)3186 ネクステージ 

2016年09月07日

常磐開発 全株売却

前回の1Qで福島の復興需要はピークアウトしたと判断し、全株売却しました。
購入当初は買値から少なくとも2倍と考えていましたが、2倍の時期に売却できなかったのが少し残念。
一応+50%と配当分の利益です。

hk_131 at 12:53|PermalinkComments(0)1782 常磐開発 

2016年09月06日

フジ・コーポレーション3Q

減損2億の影響で純利益が前年比でマイナス。
本業は順調です。

hk_131 at 08:51|PermalinkComments(0)7605 フジ・コーポレーション 

2016年08月26日

Okada Manila開業について

保有していない銘柄について書くことはあまりないのですが、この日記は基本的に私の備忘録なので忘れない内に今の考えを書いておこうと思いました。

今年12月?、ついにOkada Manilaが開業します。
岡田会長は初年度から500億円の利益目標と大風呂敷を広げていますが、近場で2014年度開業のCODマニラは初年度−220億円(多額の投資負担が発生)だったことを考えるとかなり株主をミスリードさせる発言だと言わざる負えません。

CODマニラもその後は黒字化しているので、Okada Manilaも順調にいけば平成31年3月期には黒字化してくるのでしょうが、ユニバーサルを保有している個人投資家の内の何割くらいの人が利益貢献はそれくらい後だということを認識しているのか疑問です。
また、Okada Manilaが開業すると近隣に合計4つのカジノがひしめき合う(今後、さらにリゾートワールドベイショアが近所に開業予定)と短期的にはオーバーストア状態です。
なので平成31年3月期の利益貢献についても、かなり保守的な数字を想定する必要があると思います。

平成30年3月期で失望売りが出て保守的な数字で考えても割安な株価になるようなことがあれば買いたいですね。とりあえず、12月の開業時にはOkada Manilaに行ってみようと思います。

hk_131 at 11:17|PermalinkComments(2)6425 ユニバーサルエンターテインメント | 雑談

2016年08月14日

3538 ウイルプラスホールディングス新規購入&4Q

輸入車の販売代理店が主力の会社です。
成熟産業において業績が苦戦している同業他社を安くM&Aし再生させるというすばらしい成長ストーリーがあり、株価も割安であったので購入しました。


創業者である成瀬氏への某サイトでの直近のインタビューによると、

『輸入車販売という古い業界を一新すべく、2007年10月の創業以来、積極的なM&Aによる成長戦略を貫いています。厳しい経営を強いられてきた輸入車販売ディーラーを中心に買収を繰り返し、それぞれの事業再生を行いながらウイルプラスグループ全体での成長を図っていくという戦略です。ここ2年間はジャスダック市場への上場準備のために内部統制強化を優先し、M&A戦略を手控えてきました。しかし、今後は再び積極的に取り組んでいくことで、いっそうの成長を遂げたいと考えております。まずは規模の拡大を推進し、そのうえで着実に収益化を果たしていくことが次のステップです。』とのこと。

このインタビュー通り、先日発表された4Qでの来季予想は微増の予想です。
しかし、これは今後のM&Aが含まれていない数字なので、慌てず騒がずの精神で見守っていきたいと思います。

hk_131 at 10:49|PermalinkComments(0)3538 ウイルプラスホールディングス