2024年02月15日

オプティマスグループ3Q

◯オプティマスグループ3Q
 更に1件の買収に成功して今後の問題となってくるのが買収費用の最終的な資金調達がどうなるかです。
 全体金額がとても大きいので増資は避けられない状況だと思うのですが、できれば借入金だけで乗り切ってほしいと思うのは贅沢すぎますかねえ。笑

hk_131 at 05:53|PermalinkComments(0) 9268 オプティマスグループ 

ジェイエスエス3Q、共和コーポレーション3Q

◯ジェイエスエス3Q
 増収減益。人件費の上昇に会費の値上げが追いついていないようです。
 来期は会費の値上げをきっちり行っていただきたいですね。

◯共和コーポレーション3Q
 引き続き順調な進捗です。

hk_131 at 05:46|PermalinkComments(0) 6074 ジェイエスエス | 6570 共和コーポレーション

ウイルプラスホールディングス2Q、グラフィコ2Q

◯ウイルプラスホールディングス2Q
 国内輸入車市場の不調の影響で大幅減益。
 会社側は3Q以降での市場の回復を想定しているようですが、円安が今後も続く状況を考えると回復はなさそうだと自分は考えています。ただ、会社説明にもありますが、M&Aを考えた場合は有利な状況になって来ているので、長期的な成長を考えた場合はチャンスの年になるのではないかと思いました。

◯グラフィコ2Q
 順調な進捗。

hk_131 at 05:39|PermalinkComments(0) 3538 ウイルプラスホールディングス | 4930 グラフィコ

グランディーズ4Q、サンセイランディック4Q

◯グランディーズ4Q
 もりぞう買収時は事業の立て直しにかなり時間がかかりそうな感じがしましたがたったの1年で見事に赤字を減らしてきました。来期は戸建事業から投資用不動産販売事業に本格的に事業転換する1年になりそうです。
 私も当初は戸建事業の成長に期待して投資したのですが、ここに来ての業界全体に対する大逆風。
事業転換の決断は大英断だと思いました。

◯サンセイランディック4Q
 過去最高益の今期からの来期大幅減益予想。笑
ここの事業特性を考えると十分予想できた展開でしたが、長期で見れば順調に成長しているので一喜一憂せずに暖かく見守りたいと思います。

hk_131 at 05:29|PermalinkComments(0) 3261 グランディーズ | 3277 サンセイランディック

岐阜造園1Q、ZOA3Q

◯岐阜造園1Q
 2Qの上方修正が出ましたが、通期でもっと良い数字がでそうな説明でした。

◯ZOA3Q
 業務用パソコンの売上が想定以下で4Qは通期予想をまあまあ下回りそうな状況です。
 来期以降の巻き返しに期待します。

hk_131 at 05:17|PermalinkComments(0) 1438 岐阜造園 | 3375 ZOA

東武住販2Q、アメイズ4Q

◯東武住販2Q
 不動産業界全体で物価高騰による販売価格の上昇により、消費者の買い控えが起こっているようです。東武住販もその影響を免れることはできていない状況だと考えられます。
現状の進捗だと今期の業績はかなり悪いものになりそうです。

◯アメイズ4Q
 来期の利益予想は保守的に見積もっているのではないかと思います。

hk_131 at 05:08|PermalinkComments(0) 1438 岐阜造園 | 6076 アメイズ

2023年12月29日

2023年の総括

まず、年始に200万円を出金しました。このため、2023年のスタート時点での投資資産残高は60750万円となります。これを基準に年間のパフォーマンスを計算すると58.4%(配当込み・税引き後)。現在の資産総額は約96250万円です。

今年は日本の株式市場はびっくりするくらい特に何もなかったような気がします。まあ、たまにしか市況を見ない自分が言うのもあれですが。
指数も順調に上がったのでほとんどの人にとっては良い一年だったのではないでしょうか?

私個人の投資関連で一番大きかったニュースはオプティマスグループのオーストラリアでの大型M&A成立ですね。
買収価格が結構リーズナブルな値段なので話が良すぎるのですが、数年かけての成立だったようなので買収先の企業に隠された悪材料は無いと思いました。
オーストラリアへの本格的な参入はもう少し時間がかかると思っていましたので、今回のM&Aは買収費用の最終的な調達方法次第ではありますが、大ホームランだと思います。

hk_131 at 22:35|PermalinkComments(0) 雑談 

2023年11月21日

4930 グラフィコ 新規購入

同社は健康食品、化粧品、医薬部外品、日用雑貨の企画製造販売の会社なのですが、売上高の9割超を『オキシクリーン』というアメリカChurch & Dwight社の商品が占めています。
このオキシクリーンは近年「オキシ漬け」という言葉で人気を集めている酸素系漂白剤です。
グラフィコ自体は色々な商品を以前から開発販売しているのですが、オキシクリーンの業績成長が大きすぎて他の部門は実質無いに等しい状態です。

私が同社の株式を購入した理由は『オキシクリーン』売上の成長余地と比較して現在の同社の株価が非常に割安であると感じたからです。
また、コロナ禍前は同社の健康食品がインバウンド(特に中国人)で売れていたので、中国からの観光客が戻ってくれば、健康食品の売上も回復してさらに業績が良くなることを期待しています。

hk_131 at 23:10|PermalinkComments(0) 4930 グラフィコ 

共和コーポレーション2Q

景品ゲームブームの影響がアミューズメント機器販売にまで及んできました。

hk_131 at 22:47|PermalinkComments(0) 6570 共和コーポレーション 

ジェイエスエス2Q、オプティマスグループ2Q

○ジェイエスエス2Q
 順調。

○オプティマスグループ2Q
 ここまで追い風が吹くとは思っていなかったのでびっくりです。

hk_131 at 22:41|PermalinkComments(0) 6074 ジェイエスエス | 9268 オプティマスグループ