September 14, 2017

ホット一息・・・皆様に感謝‼    神様のカルテ・・・辻井伸行

気が付けばもう9月も中旬。

院内
点滴治療も2クール目3週間を終え、先週一時退院。
点滴治療の効果は?
昨日CT検査があり、気になっていた結果が出ました。

3週間前のCT結果と並べて比較して今回は・・・



明らかに改善効果が出ています。

腎臓から肺へ転移していた幾つもの腫瘍が、かなり減っています。
結果が出る前は、良くても横ばいか少し増えてるか・・・
と思っていたのでホントにホットして思わず微笑みがこぼれました。

とは言え一つしかない腎機能が落ちたり、副作用が出てるのも事実。
効果と副作用の微妙な駆け引き、バランスがかなり難しく、先生の腕の見せ所です。
血液検査の数値と患者の表情、様子も併せて観察しながらの点滴調合です。

まだまだ完全に腫瘍が消えるまでは時間がかかりそうですが、点滴効果がある!と分かっただけでも大正解です!
それくらい悪性腫瘍の治療は難しく百人百様、治療方法も無限にあります。
その意味で、効果が出てくれるのも宝くじに当たるようなものです。

来週から3クール目。入院治療の再開です。
ホット一息つくのと同時に、周りの人たちに感謝の気持ちで一杯です。

主治医の先生、患者の話をよく聞いてくれて、決して押し付けるのではなく、納得のいく形での治療方針を決めて進めて頂いてます。看護師さん、いつも笑顔で優しい言葉をかけてくれます。患者の我儘にも、たとえ夜中でも優しく温かく対応してくれます。食事を運んでくれたり、お茶を入れてくれたり、部屋の掃除、シーツの取り換えなど快適に過ごせるよう面倒をみてくれる叔母さん、そして毎日傍にいてくれる家族。
そして、離れていてもSNS、FBやメールでパワーを送ってくれる皆さん!
ホントに皆さんから元気を貰いながら、院内ホテル生活を送ることが出来ています。
有難うございます!

まだまだ、完治まで時間がかかりますが、皆さんからのパワーをしっかり受け止めて頑張って行きたいと思っています。

取り敢えずホット一息、そして有難うございました!

こんな時聴きたくなるのはやっぱりこの曲・・・
神様のカルテ・・・

Youtubeにこの楽曲をアップして頂いた方有難うございました!
Many thanks for sharing this song with you!

hkamiya1104 at 14:44|PermalinkComments(2) Easy listening | 近況

August 21, 2017

院内ホテルから1泊自宅旅行へ・・・3週間の時間旅行は? Imagine・・・John Lennon

ワンクール3週間治療終了。

IMG_2028

一時帰宅外出許可が出て3週間振りの我が家へ(一泊自宅旅行)🎶

アルコール禁止なので、フランス産ノンアルコールスパークリングワイン白で乾杯!
 

3週間振りの外界空気感は?

やっぱり周りの人達の表情、動きを見られるのが楽しい♪
TVや写真情報では得られない五感で感じる空気感が良いですね。


3週間の院内ホテル生活は?
夜間飛行で羽田空港からアンカレッジへ旅立ったけれど…
途中、ニューヨークへ寄り道したり、日本へ戻ったり…

IMG_2002

やっと1974年のパリへ到着した感じ…


写真は、初めてのパリ、初めて足を踏み入れたソルボンヌ大学学生寮。




(写真はGoogleからお借りしました。)                             

’74年当時のパリ…
IMG_2041


(こちらは’74の自分撮影)




IMG_2045


その時感じたパリの魅力!

猥雑な雑踏の中に感じる高揚感と言ったら良いのでしょうか…



地下鉄や街中の空気感、肌に纏わりつく「ゴロワーズ」タバコの匂い…

その中での女性の美しさ!
当時の日本ではなかなか見られない女性の立ち居振る舞い…
シックやエレガントでは無く、もっと雑然とした中にある魅力…
自立した中にある自信が、そんな魅力を醸し出しているのでしょうか…


IMG_2040



この本「パリの女」アンドレ・モーロワの中に答えがありました。
IMG_1098








IMG_1096





「パリという都は女を理解しようとする男たちのいる都であり、理解される価値のある女たちがいる都なのだ」朝吹登水子訳







歴史的な街の風景に似合ったパリの人達が創り出している魅力にハマってしまいました…

この魅力はどこから来たのか!
その原点は?やっぱり19世紀のパリへ時間旅行をしなければ!という気にさせてくれます。
音楽、美術、文学…現代に遺る芸術文化が一気に花開いた19世紀とは?

そのパリを触媒として相互作用をしたドイツ、オーストリア=ハンガリー、イギリス…
そしてイタリア、スペイン、ポーランド…フランス革命以降、戦争が絶えなかったヨーロッパ…
反戦に立ち向かっていた芸術家たち…

現代でもバルセロナやフィンランドで相次ぐテロ…
平和な世の中をどうやって維持していけばいいのか…
難しい時代になってきました。

この曲が浮かんできます。

 Youtubeにこの楽曲をアップして頂いた方有難うございました!
Many thanks for sharing this song with you!




hkamiya1104 at 12:23|PermalinkComments(2) Pops | パリ

August 02, 2017

再入院・・・ホテル生活を目差して   Jet Stream・・・午後の旅立ち〜蒼いノクターン

2週間の自宅養生を終え、検査入院を含め3度目の入院。
今回は最低でも3週間、でも今回は手術もなく点滴治療のみで気は楽。

IMG_1934
3度目、顔見知りの看護師さんも増え、勝手知ったる快適な院内生活。
部屋も窓側が空いてたので、今回は見晴らしも良く快適です。
正面に六甲山系の山並みが…

大好きなホテル生活に出来るだけ近付けようといろいろ考えて・・・



テーマは前回の流れから、
「世界を旅する時間旅行!」

持ち込んだものも前回より増えて、
IMG_1929メディア
・TV録画ダビングしたDVD
   名曲アルバム、音楽のある風景、アナザースカイ…
・本
・今までの旅行写真…

機材
PC、iPad、iPhone、PocketWiFi、PortableBDプレーヤー
(部屋での使用は許可を得て使用可能です。)

部屋にはTVがあるので、PC含めて情報収集には問題ありません。


さあ、何処へ行こうか…
旅の行き先は?
まずはフランス、ドイツ、スペインかな?

旅立ちと言えば「JET STREAM」…


Youtubeにこの楽曲をアップして頂いた方有難うございました!
Many thanks for sharing this song with you!



hkamiya1104 at 20:38|PermalinkComments(2) World Music | 近況

July 09, 2017

二ヶ月ぶりブログ更新です。 神様のカルテ・・・辻井伸行

あれから生活は一変!
ホントに今年は「大凶」です。
年一回石が動き出す腹痛が、今年は二カ月に1回のペース…
フィンランドにも行きたいので、念のため検査をしたら…

IMG_1879精密検査→検査入院→ 精密検査→入院→手術……
結石かとずっと思っていたらそうではなくて…

長年私を支えてくれた双子の一人、腎クン私より先に旅立ってしまいました…

おとなしい腎クンだったせいでしょうか、長年文句一つ言わずにじっと私の我儘に耐え忍んでいたのかも知れません。
ホントに長い間支えてくれた感謝の気持ちと、気付かずにいた後悔のゴメン!という気持ちです。


遺されたもう一人の腎クンには、今まで以上に頑張ってもらわないと行けないので、大切に付き合って行かねばですね〜

 まだまだ他にもありそうで、今後の方向が気になりますが、取り敢えずホット一息です。
回復するまでは暫く時間がかかりそうです。養生第一で行きます。

でも病院に来て、医療現場の凄さを知る事が出来ました。
現場を支えている若い人たち医師看護師さん、テキパキとした優しさに溢れた行動力に感動です!
緊急要件、患者の我儘に昼夜を問わず対応し処理していく能力。それも失敗は許されない!

本当に尊敬します!
感謝の気持ちで一杯です(^_^)
有難うございます!皆さん、笑顔が素敵です‼︎

やっぱり今日はこの曲を聴きながら…
神様のカルテ…



Youtubeにこの楽曲をアップして頂いた方有難うございました!
Many thanks for sharing this song with you!

 

hkamiya1104 at 19:07|PermalinkComments(2) Easy listening | 近況

May 03, 2017

シャセリオー展・・・瞳の美しさ   神様のカルテ・・・辻井伸行

ホントに久しぶりの更新です!
前回更新は3月24日…
あれから世界の動きがどんどん逆方向へ動いていったり…
私的には大殺界から抜け出せず体調はイマイチ、3月歩き過ぎて4月からは膝へ…
気分的にブログ更新しようという気になれず、月日ばかりが過ぎていく感じでしょうか…

IMG_1526


そんな中、膝に負担はかけられないけれど、5月連休は絶対外せない毎年恒例の東京へ。






IMG_1536
LFJ音楽週間が始まる前に…
関学授業でも取り上げられたロマン派の画家「シャセリオー」展に行ってきました。


IMG_1537


画材はギリシャ神話から肖像画、演劇まで幅広く見応えがあります。



IMG_1539












IMG_1540
今回感じたのは、その「表情」!
画材は違っても、全体に流れる共通して感じること…

特に「瞳」の美しさに魅了されてしまいました…!

同じ画材をドラクロワやギュスタフ・モローが描いています。
が、そんな美しい表情や瞳を描いていません… 

その「瞳」「眼力」の持つ透明感、立体感、一瞬写真かと間違うほど…

そして、その上品さはどこから来るのでしょう…



何十年か前は、こんな透明感、上品さを持った人を映画や街角、どこかで見かけた様な…
でも、最近はすっかり忘れてしまうほど、見かけなくなりました…
時代の流れなのでしょうか…

でも、やっぱり、こういう瞳を持った人にもっと表舞台に出て来てほしいですね。

今日の国立西洋美術館、心が浄化されました!
今日の波長とピッタリ合って気持ち良い一日になりました!


「心の浄化」と言うとやっぱりこの曲です…
辻井伸行さん作曲「神様のカルテ」♪



Youtubeにこの楽曲をアップして頂いた方有難うございました!
Many thanks for sharing this song with you! 

hkamiya1104 at 00:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Classical | 美術