海からの便り

風の吹くまま、気の向くまま、思ったことを綴ってみようか

離婚

した。

 続きを読む

まさか

まさか俺が癌?

ガーン。

これは、
笑って誤魔化すしかない(笑)

疲れてしまった

全てに(笑)

ブログを放置していた間、我が家に起こった様々な問題。
解決したかと思えば、またぶり返し。
彼女(妻)との用件以外の会話は殆どなくなり、食卓はお通夜と化し、家の中に笑い声がなくなった。

ふと、
「あー、そういえば前の離婚のときもこんな風だったな」
なんてそんな不吉な思いが過ぎっては消え、消えては過ぎる(笑)

胃の痛みを堪えながらの毎日。



続きを読む

寝苦しい夜

暑い毎日が続きます。
30度を超える猛暑にいささか体調不良気味の俺。

さて、こう暑いとなかなか寝付けません。
熱帯夜、バルコニーでは風鈴が涼しげな音色を響かせてはいるものの、寝室はまるでサウナ。
蒸し風呂状態だね。

で、とうとう我が家も就寝時にエアコンくんに活躍してもらうこととなった。
夏の我が家の風物詩って訳じゃないけれど、家族全員が夫婦の寝室に勢ぞろいです。

子供部屋にエアコンがないわけじゃないけれど、それぞれの部屋でエアコンを稼動させるのはもったいない。
「さあ、今日からエアコンつけるから全員寝室に寝具を持って集合ね!」



続きを読む

落ち込むぞ〜

言葉って諸刃の剣。
その人に安心させたり嬉しくさせたり。

でも、不用意な一言で大きく傷つくこともあるね。
もちろん俺も知らず知らず誰かを傷つけているのかも知れない。

先週の休みの日だったかな。
最近やけにお色気に走りっぱなしのお姉に注意をした。
「目の周りの化粧を落とせ!」

まだまだ中学生。
外見を気にするよりも中身を磨いて欲しいって思う。
それがたまにオシャレしてって言うのならわかる、彼女も女の子なのだから。
でも毎日じゃ、俺にも我慢の限界がある。

目の周りを黒く縁取ったケバイ顔は許せるものではない。

続きを読む

ゆっくりしたいな〜

「今日はお母さんが運転なの?」
車に乗り込む子供らが聞いてきた。

そんな子供らの質問に彼女(妻)が答える。
「そうよ、お父さんの運転だと気持ちが悪くなるから」
(おいおい、お前が車酔いするだけだろ)

すると、お姉が妻に呼応して、
「そうだね、トロイし」
(バカもの!俺は安全運転なだけだ)

さらに、お兄がボソリ。
「事故するしね」
(相手が悪いんだよ〜)


続きを読む

釣り日和

よく晴れた日曜日、鯉を放流してみた。


放流

















すると、
チビが何やら餌を用意し始め。


餌の用意












続きを読む

悩めるオヤジ

別な意味で壊れたかも知れない。

それは、昨日のこと。
家に帰る足取りも重かった。

夕方、電話で彼女(妻)からお姉の相談を受けた。
「どうしたらいいの?」

肩に圧し掛かるストレスとプレッシャー。
頭の中で問題の解決の糸口を探りながらハンドルを握る。

どこの家庭にでもある問題なのか、それとも俺の家庭が若干そんな問題を多く抱える要素があるのか。

家に辿り着き、
着替えもせずにダイニングに座る俺に、突っかかるようにことの詳細を説明する彼女(妻)。
「俺に食ってかかっても仕方ないだろ」
彼女(妻)をなだめるように諭す。
「だって、どうしていいかわからないんだもの!」

行き場のない彼女(妻)のストレスはいつも俺へ向けられる。



続きを読む

オヤジの子守唄

長女がとうとう高校受験の年になった。
これを境に我が家も受験戦争期に突入していくのかな。

よちよち歩いて俺のあとを追いかけていた子供らも、自分の意思と考えを持ち、対等の意見も発言するようになった。

長いようで短かった子育て期間だったな。
な〜んて言いながらも、
我が家にはまだまだ子育て真っ盛りのチビもいたりする。

でもこの年になると、
この桜の花の咲く時期には色々と考えさせられることが一杯だ。

この子らがどれほど成長するまで俺は生きていられるのかな。
なんて、重い思考や。
この子らの孫を抱く日が待ち遠しいな。
なんて、ジジ臭い思考。

そして、
いつになったら我が家の波風はおさまるのだろうか。
とか、ね。


続きを読む

全てを捨てる

今日、
通勤途中でラジオから流れる歌に耳を傾けていた俺。
その歌は、加藤登紀子が歌う「百万本のバラ」

みなさんもよく知ってる歌でしょ。
いい歌だよね。
寂しげで切なくて、でも何となく温かさがあるんだよな〜。
そんな感じを俺はこの歌から受けるわけです。

貧しい絵描きが家とキャンバスを売って、彼女にバラのプレゼント。

俺もホワイトデーには彼女(妻)にバラでも贈るかな。
なんて、安上がりなお返しを模索したりする俺なのでした。


続きを読む

ラーメン食べたい

急にラーメンが食べたくなった。
実は俺は無類のラーメン好きなのだ。

「この辺にさ、美味しいラーメン屋はないの」
彼女(妻)に尋ねる俺。
「さあ?この辺はどうかな」
「そもそも、わたしはラーメン好きじゃないから」
と冷ややかな目つきで俺を見詰める彼女(妻)。

食べたいと思うと頭の中はラーメンでいっぱいになる。

早速、俺は付近のラーメン店の探索に乗り出す。
助手はお兄である、彼もまた俺に負けないほどの「ラーメン好き」なのだ。

iタウンページ」で探索を開始。

iタウンページスクロール地図で探す(β版)ってなかなか凄いぞ。
まず、家の周辺地図を出し、フリーワードに「ラーメン」を入力。
「あらら、家の近所にはたったの3件か」
でもでも、スクロールして地図を拡大すると、出てきた出てきた。
ほほ〜、ちょっと足を伸ばせばこんなにラーメン屋があったのかと、お兄と一緒ににんまりする俺。

カーナビのような使い易さは、なかなかのスグレモノかな。

じゃあ、次は会社の近くで調べてみると、
「おお〜、けっこうあるじゃん」
「よかったじゃん、明日から昼食は毎日ラーメン屋めぐりだね」
地図を眺めながら、お兄が呟く。

「ああ、小遣いが続けばね」
苦笑いで俺はお兄に答え、
「さ、お兄よ、さっそくラーメン屋めぐりにでも行くか」
と腰を上げた。
「うん、3軒は回ろうね」
食いしん坊のお兄はニッコリと笑った。

いつかチビも連れて野郎3人でラーメン屋めぐりをする日も近いな。


いまならトラックバックキャンペーン開催中。
iタウンページスクロール地図で探す(β版)を使った感想をブログに書こう、抽選でギフト券があたるらしいぞ。
ギフト券当たったら、彼女(妻)にプレゼントでもしてあげようっかな。




年が明けても

相変わらず代わり映えしない我が家庭。
毎日、波風の立つ大海原を航行しながらも平穏無事に年を越すことが出来た。

これも偏に彼女(妻)のおかげかと感謝する年末年始でした。

自我に芽生えたチビはワガママぶりを発揮し、今年も台風の目玉になりそうだ。
お姉はマセた中学生、毎日鏡の前にへばりつく。
お兄は相変わらずマイペースだな、我関せずの境地。
そして、(本ブログ初主演の)大お姉は来年は受験を迎える。

今年も我が家は忙しくなること間違いない!



続きを読む

実は

このブログも閉鎖を考えています。

このまま、
このブログは俺の父親としての気持ち、夫としての気持ち、
家庭状況を静かに書き綴っていこうかなって思っていました。

でも、こんな記事をこのまま書き綴っていくと、
不快に思われる方がいらっしゃるかと思っているんですね。

消えたもう一つのブログのこと。
(実は消えていませんが)

そして、新しく書きはじめてたブログのこと。

続きを読む

傍から見れば

俺の家庭は良く見えるのかもしれない。

彼女(妻)はご近所の方によく、
「いいわね、お宅のご家族」
と言われるらしい。

そんなことはない、隣の芝生は青く見えるものだ。

幸せな家庭を築くにはそれ相当の努力を有する。
それはどの家庭も同じだろう。


でも、その努力に疲れてきたら…。
続きを読む

モテモテ

土曜、日曜と子供らの運動会でした。
PTAの種目にお声も掛かっていたので少々疲れてしまいましたね。

会場でお兄のお友達のお母さんに声を掛けられた俺と彼女(妻)。
「いつも、ありがとうございます」
お礼を言われちょっと戸惑った。
「はあ、何か…」
と中途半端な返事の俺に、そのお母さんが話すには…。

どうやらお兄は、ご近所で同じクラスの女の子を2人毎日下校のときに家の前まで送って帰っているらしいのだ。
その子のお母さんは、
「お兄が送って来てくれるので安心しています」
と言うのだが、何かあったときに果たしてお兄が役に立つのだろうか?

「いえいえ、やっぱり男の子がいると安心感が違いますよ」
その子のお母さんはお兄のボディガードぶりを高く評価していた。


続きを読む

今度は

いつ里帰りできるかわからないな…。

懐かしい風景は俺が地元を離れたときのまま残っていたんだ。
俺の記憶の中の風景と同じように変わらないままずっとそのままのであって欲しいって心底思っちゃいました。

住んでいるときは、いつでも見れるただの景色も、
久しぶりに見ると本当に心に感動を与えてくれるものでした。

51a13aa9.jpgちなみに写真のシルエットは彼女(妻)です。


続きを読む

久々の更新

ご無沙汰でした。
ちょっと体調を崩してしまい、入院などしていまして、ブログもほったらかしの状態でした(笑)。

退院後は病み上がりにもかかわらず、少し休みを頂いて数年ぶりに里帰り。
南の島を満喫してきました…。


続きを読む

安らぎ

仕事が忙しい俺。
寝る暇さえ惜しくなって来ている。

自分の許容範囲を超えた仕事量に、体も心も悲鳴をあげ出している。
なのに…。

彼女(妻)は、俺の疲れた顔を嫌がる。
弱音を吐こうとする俺を嫌がる。
彼女(妻)は、俺が何にも負けない存在であってくれることを望んでいるらしい。
「疲れた顔しないで」
「頑張って!」

頑張っている俺に、これ以上何を頑張れって君は言うんだい?


続きを読む

口癖

最近のチビのお気に入りの台詞がある。

意味をわかって発言しているのかどうかは不明だけどね。
俺が彼女(妻)話し込んでいると間に入り込み、
「うるちゃい!」
と連発するチビ。

誰が教えたのか?
彼女(妻)は、
「託児所で覚えたんじゃないの?」
などど言っているが、いいや違う。

彼女(妻)は気付いていないけれど、
「うるさい!」
って言葉は彼女(妻)口癖なんだな。

例えば、
テレビを見ているとき、お兄がその前を頻繁に横切ったりすると。
「うるさい!」
例えば、
俺が音楽を聴いて、テンポに合わせ体を揺すっていると。
「うるさい!」


続きを読む

子守唄

ここ数日、彼女(妻)の体調がすぐれない日が続いた。
偏頭痛が続いていると言う。

いつもは気丈な彼女(妻)だが、こんな時ばかりは少しだけ甘えん坊になる。
「ね、手をつないで寝てちょうだい…」
仕方ないなって感じで彼女(妻)の手を握り締め、彼女が夢の中へ入っていくのを見送る俺。





続きを読む
自己紹介
だー
再婚同士でつくり上げた家庭の仮主(真の主は彼女「妻」)
遠距離恋愛のすえ地理的逆境を乗り越え、エイプリルフールにツギハギ家庭を設立する。
順風満帆な船出をしたかに見えたが、波風の立たない日はない。


人気blogランキングへ
livedoor プロフィール
Recent Comments
Recent TrackBacks
グレイゾーン (Male Nude Blog)
不倫
最新エントリー (ブロガーサーチ管理ブログ)
象の鼻
ランキング参加中!
にほんブログ村 家族ブログ 再婚・ステップファミリーへ
ブログで報酬稼ぐなら!buzzmo(バズモ)




  • ライブドアブログ