2015年06月

2015年06月30日

SST-SG08B-LITE 購入

わかっている。もうケースは手元にあるというのになぜこんなのを買ったのか?という問いが私には聞こえる。

こういったとき(悩んだとき)に選択をできないのが私の悪い癖だ。


次は気をつけよう
image
会社を定時で退社して秋葉原に向かい、着いたのが19時ちょっと前。
閉まるショップもある中を1時間歩き回って、中央通り沿いのツクモで買ってきた。1諭吉2漱石。
2014年2月登場のこのケース、acubic B20よりも少し高さが低いが、奥行きが長い。本体は鉄製で、フロントパネルだけアルミを使っている。
内部が骨太だからなのか、見た目の割に重い。

本機種を選んだ理由として、以前使っていたPC(旧クレバリー製ショップPC)のケース(SST-SG07)に似ていたことが挙げられる。
グラボ搭載も念頭に置かれており、acubic B20の対抗馬として考えていたSG13よりもスペースに余裕があって拡張性に優れている。

その他、acubic B20と比して下記のような特徴がある。
・CPUクリアランス高は147mm(B20は55mm)
・拡張スロットが2つ(B20は1つ。2スロあることでグラボの選択肢が格段に広がる)
・冷却に強い(天面に巨大な風穴があり、18cmファンを装着できる)
・電源LEDが青(ただしHDD用LEDはない)
・リセットボタンが背中にある(B20にはない)
・普通のプラスネジ使用(B20は外板を六角ボルトで留めている)
・本体の奥行きが長いので、より大きいグラボが入る
・正圧設計であること(吸気を多くして、かつ吸気側にフィルタがあるので埃が溜まりにくい構造になっている)

・・・しかし、見た目やコンセプトの良さと、それに起因するいろいろな弱点があるのを承知の上でacubic B20を買ったことに後悔はしていない。どちらもいいものなのだから仕方がない。

SG08LITEはしばらくは箱にしまったままクローゼットに隠しておくが、もしacubic B20に満足できなかったら、そのときはこいつが私のPCデスクの上でメインマシンになっているかもしれない。

2015年06月14日

【チラ裏】 現在のメインマシンの構成

image
前エントリで紹介したようなメインマシンの更改を行うにあたり、今使っているメインマシンの状況を一度確認しておこうと思った。

■ケース:ソルダム(Windy) MT-PRO1700
ヤフオクで新古品を2006年に購入。私のPC遍歴の中で比較的長寿(現在9年目)なアルミケース。
電源スイッチの移設を企てたりした後、ノートなどをメインマシンにした時期が続いて、社会人になった後は父親の書斎で執筆用PCとして余生を過ごしていたが、再びメインマシンに返り咲いて今に至る。
先日購入したacubic B20は、強度もしくはコストの都合からか本体内側は鉄で出来ていたので、フルアルミのこのケースは素敵性能では優れている。
 一般的ATXタワーケースなので、電源を変え、マザーボードを変え、HDDを変えて生き続けて来れたのだと思う。miniITX規格だっていつまで続くかはわからないので、1つくらいはこういった「自作PCやってます!」アピールができるケースは持っておきたい。

■電源:EVER GREEN SILENT KING-4 LW-6550H-4
新品を2006年に購入。ファンが壊れかけていて、手で押して回すことが度々。

■マザーボード:BIOSTAR TA75M+
ヤフオクで中古を2014年に購入。下記CPUと一緒についてきた。起動時に出てくる変な漢字のロゴがチャームポイント。

■CPU:AMD A6-3670K
ヤフオクで2014年に購入。RADEON内蔵なので簡単なゲームなら結構動く。

■メモリ:ノーブランド4枚組 12GB
購入時期も容量もバラバラなものを組み合わせている。おそらく上記CPUとマザボで組んだ2014年台から調達しているはずだが・・・

■SSD:SanDisk SSD UltraPlus 128GB
新品で2014年に購入
性能はわからないが、まったく音が出ないのでその点は満足。

■スーパーマルチドライブ:LG GH24NS70
前職の同僚からもらった。必要十分な性能。

※その他パーツやOS、ソフトウェア類は新品購入

総括:
・・・ううむ。一度こうやって書いてみると、制限が多いminiITXを使って組む必要性が感じられない。
「ちっちゃくてかっこいいし前回もこれでやったんだからさ」という動機ではちょっと軽率だったか。
 ただ、MT-PRO1700は「私の考える理想のATXアルミケース」ではないので、また5年後くらいに10万くらいかけていいATXケースを調達して、組んでいる可能性は十分考えられる。まだ悩めるくらい選択肢に溢れているから。

2015年06月13日

ルノー ルーテシア試乗

image
キャロルに行った際に、「プジョーの前にこの車は見ておいたほうがいい」とのメッセージを受けて訪問。行ってよかった。小排気量ターボ、やるじゃない。

続きを読む

2015年06月09日

ACE-B20納品

image
image
image


これまた高いminiITXケースに手を出してしまった。しかも5年前の製品(2012年発売)。

本当はシルバーストーンのSG13にする予定だったが、現メインマシンのケース(ソルダム製)つながりでアビー社の存在を知り、いろいろ見ていたら気に入ったものがあってポチッてしまった。

コンパクトな分制約は多いが、選択肢が少ない分選ぶ悩みも減る。限られた予算のなかで最良かつ最高の性能なマシンを組みたいと思う。