TRM's note

鎌倉投信受益者総会その4鎌田社長あいさつ
↓↓↓こちらのブログが詳しいので、そちらに譲ります↓↓↓
http://loosersgame.wp.xdomain.jp/2017/09/juekisha-soukai-2017-1/

ちなみに、その1堀場製作所会長堀場氏の講演はこちら
http://blog.livedoor.jp/hknhgs/archives/1067689091.html

その2ハーツユナイテッド社長玉塚元一氏の講演と対談はこちら
http://blog.livedoor.jp/hknhgs/archives/1067689100.html

その3パネルディスカッションはこちら
http://blog.livedoor.jp/hknhgs/archives/1067689109.html

ひふみ投信の基準価額が高すぎて危険という発想が誤解であることを説明する秀逸な解説

http://oyajidancer.blog22.fc2.com/blog-entry-1441.html

しかし中身がまったく同じなのに値段が違うのはどう考えても納得できません。そこで店員さんに「同じ中身なのになぜ値段が違うのですか?」と尋ねてみたところ、返ってきたのは「それは1口の量が違うからです」という明快な答でした。そこで店員さんにお願いして実際の量を見せてもらうと、ひふみ投信の1口と比べてひふみ年金の1口は約1/3の量に過ぎません。これを分かりやすく言えば、ひふみ投信の1口が大さじ1杯(15cc)だとすれば、ひふみ年金の1口は小さじ1杯(5cc)ということになります。「でもこれでは購入する時に混乱しませんか?」と店員さんに素朴な疑問を投げかけてみたところ、返ってきたのは「安心してください。当店では金額販売にも対応しておりますので。」という回答でした。すなわちこれらの3商品の内からどれを選んだとしても、1万円分購入すればまったく同じものが同じ量だけ買えるのです(だたしおまけ部分は除く)。

9月13日、プレミアムアクティブ投信勉強会に参加

・アクティブファンドと言っても実は隠れパッシブのファンドも多い
・隠れパッシブでないかどうかを見るためにはアクティブシェアという考え方がある
・80%以上なら真のアクティブ。最低でも60%以上
・ハイリーアクティブなファンドのタイプは2種類。中小型株ファンドか集中厳選投資ファンド。
・前者は、インデックスへの組み入れ比率の少ない中小型株を組み入れ。
・後者は、インデックスへの組み入れ比率は高いものの銘柄群のうち、一部の銘柄に厳選して集中投資

・アクティブファンドがインフォメーションレシオを向上させるには、ベンチマークとの乖離を減らして分母のトラッキングエラーを小さくすることという方法があり、当初アクティブシェアが高かったファンドも隠れパッシブファンド化していってしまった。
・隠れパッシブを選ばないためには、購入を検討しているアクティブファンドについて、パッシブファンドの上位10銘柄と比較し、パッシブファンドと同じような銘柄が並んでいないかを確認することが有効


↓↓↓詳細はこちらを参照↓↓↓
海外事例から見るアクティブファンド選別法http://money-bu-jpx.com/news/article004729/

よいアクティブファンドの見分け方http://money-bu-jpx.com/news/article004071/

セルフ・リライアンスという生き方
いいアクティブファンド選びのために~アクティブシェアを知る「プレミアム・アクティブ投信勉強会」(コモンズ投信 × スパークスAM × レオス・キャピタルワークス) http://www.shimoshun.com/entry/premium-active-funds

rennyの備忘録 (投資信託をコツコツinvest #k2k2)
プレミアムアクティブ投信勉強会 ―真のアクティブ運用を見分ける方法―http://renny.jugem.jp/?eid=5205#sequel



http://www.tokyometro.jp/news/2017/189736.html

石原さとみさんオリジナル24時間券【第2弾】3種類発売!!

2017年9月1日

 

 東京メトロ(本社:東京都台東区、社長:山村 明義)は、石原さとみさんを起用した7月~9月の「Find my Tokyo.」キャンペーンポスターと同じデザインによるオリジナル24時間券3種類を、専用台紙付きのセットで9月16日(土)から9月30日(土)まで発売します。


 このオリジナル24時間券は、石原さとみさんが登場する「Find my Tokyo.」キャンペーンポスターと同じデザインで全12種類作成し、3か月ごとのエリアの紹介に合わせて年間4回に分けて発売するものです。第2回となる9月発売分は、茅場町、東銀座、小伝馬町エリアをテーマにした3種類を5,000セット限定で発売します。


 発売にあたっては、発売箇所を「Find my Tokyo.」キャンペーンで紹介する駅のうちの1つとすることで、オリジナル24時間券の購入と合わせて実際にそのエリアにお越しいただき、魅力を体験していただきたいと考えており、9月発売分については、日比谷線・東西線茅場町駅の特設ブースで発売します。


 3回目以降の発売については、随時お知らせいたします。

 詳細は別添ファイルをご確認ください。




IMG_20170916_130802

IMG_20170909_111124

2017年9月9日、鎌倉投信受益者総会その3(パネルディカッション、和井田製作所、和井田会長兼社長、リオン、清水社長、アドバネクス、加藤社長と鎌倉投信ファンドマネージャー新井氏)

 

◆アドバネクス、輸出に頼らず現地生産。受注生産。携帯のひんじ、最高100億⇒0

◆リオン、1人1人の耳にフィッティングさせることこそ“匠”

◆アドバネクス、不良率ではなく良品率。小さい世界一をたくさん作る。自分がどれだけ信頼するかが返ってくる。

◆おカネにならない仕事は和井田にやらせておけと言われている。

 

Q

ヒトを見るポイント

A

和井田…ハート

リオン…目を見る。目は心の窓。

アドバネクス…1人1人に興味をもって見る

 

 

 



このページのトップヘ