2006年12月27日

ホルムズ島

d973ab82.jpgホルムズ島に昔の繁栄の名残を見つけることは出来ません。大航海時代のポルトガルの要塞が残っているだけでした。ポルトガルより約100年前に明の鄭和がこの地を訪れ、非常に平和的な朝貢貿易を繰り広げ、ホルムズ島に壮大な拠点を築きましたが、その残骸は全く残っていません。それ以降に進出してきたポルトガルをはじめとするヨーロッパの国々に島の繁栄は破壊されてしまいました。ホルムズ島は周囲十数キロの小さな島ですが、対岸のバンダラアッバースまで帆船で2−3時間、非常に防御しやすいことを考えると、なるほどこうした小さな島を拠点にようとする考え方が理解できるような気がします。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hkurakata/50689012