2007年05月16日

海を監視する砦

806c9338.jpgマスカットには丘の上に至る所に海を監視するための砦が作られています。その多くがポルトガルの支配を受けていた時代に建設されました。現在でも軍隊が使用しているものもあるそうです。オマーンは1500年頃から始まる大航海時代にポルトガルにより占領され、今度は150年後にポルトガルを追放し、オマーンが東アフリカに進出し、ポルトガルの手法を真似て東アフリカに進出しました。スペイン、ポルトガル、イギリス、フランス、オマーンのような海洋アラブ国が世界の海に乗り出し略奪貿易を始めたわけです。現在の途上国が抱える問題の原因をこの時代に作り出したような感じがします。海のモンゴルと言ったところでしょうか!!!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hkurakata/50778617