2021  9月14日(TUE) 草津町   
IMG_5623
白根の殺生河原の手前にある武具脱(もののぐ)の池を訪れた  
IMG_5624
入口は ロープウェイ駅入口の向かい。少し下って看板の所を左に下る 
IMG_5629
いたるところに リンドウが咲き始めていた  
IMG_5631
入口の看板は文字が薄れて 良く観えない 
IMG_5635
道路脇の入口から少し下った 湿原を見渡せる場所の紅葉が始まっていた 
IMG_5636
展望所から数分下ると 湿原に入る木道になる
IMG_5639
湿原全体にリンドウが 咲き始めている 
IMG_5640
木道の先の方は紅葉が進んでいた。 木道は数分で一周できる   
IMG_5655
木道の右手には キレイな池がある
IMG_5657
奥の方は紅葉がイイ感じ!
IMG_5666
木道の奥の方からロープウェイ駅方面を見ると 霧で遠くが見えない
IMG_5714
帰りは 東吾妻町にある蒟蒻畑の前で 岩櫃山をバックにパチリ!

2021  9月7日(TUE) 沼田市 
IMG_5423
   迦葉山 弥勒寺の境内に 迦葉山(1,322m)登山口がある
IMG_5425
   境内の登山道マップと弥勒寺 案内図を確認して登山口へ進む
IMG_5426
階段を上がり正面に中峯堂の拝殿がある。この右側にある龍願閣の右隣りの中雀門から登山口へ
IMG_5429
廊下の下を潜って、その先にある橋を渡って進む。橋の正面階段を上ると迦葉堂
IMG_5434
橋を渡り迦葉堂への急階段を上がらず右の坂道を進む
IMG_5437
坂道を上がって左側にある迦葉堂への分岐を右の登山道に進む
IMG_5446
分岐から急登を30分くらいで和尚台に突き当たる
IMG_5462
急斜面にそびえる和尚台と お堂を見上げる
IMG_5465
和尚台の左側の急登を進み、この岩場の間を通って進む
IMG_5474
和尚台から更に急登を30分位進むと平らな場所に出る
IMG_5476
御嶽山大神碑。ここから山頂まで緩やかな登りになる
IMG_5481
石碑から約10分で迦葉山 山頂着。登山口から山頂まで 他のハイカーを見る事は無かった
IMG_5496
山頂は南方面のみ景色が見える。上発知地区と右に三角形の戸神山が見える
IMG_5491
狭い山頂で景色を観ながらランチをして往路を戻った
IMG_5527
下山も中雀門の廊下の下を潜って下山完了
IMG_5535
迦葉山と中央に写っている和尚台
IMG_5534
稲穂が色づき始めた上発知地区から見た迦葉山









2021  7月6日(TUE) 中之条町      
IMG_4590
野反湖の富士見峠から八間山に登った。写真は峠の展望所からみた南方の景色   
IMG_4591
富士見峠休憩舎の北側に見える野反湖 
IMG_4592
案内図でコースの確認をして八間山の山頂めざして出発
IMG_4596
道路を横断すると八間山の登山口
IMG_4599
山頂へ向かう道は見えるが山頂は見えない
IMG_4602
キスゲは咲き始めで ハクサンフウロも咲いていた 
IMG_4604
ドウダンツツジは見ごろで登山口付近から山頂付近まで観れた


IMG_4608
コマクサの咲いているエリアも有ったが立ち入り禁止
IMG_4609
新潟県に多く見れるウツギも咲いていた
IMG_4620
山頂まで続く笹原はずっと見晴らしが良いので気分よく進める
IMG_4624
数十年に一度しか咲かないと云われる笹の花だが 沢山みれた
IMG_4626
曇り空で雨も降りそう?。前回の野反湖ハイクは途中で雨に降られた
IMG_4630
ナナカマドの花。秋には真っ赤に!? だがその先の空が暗い
IMG_4637
山頂まで もう少しという所で雨が降ってきたが 山頂着から数分で止んだ
IMG_4641
野反湖からの標高差は約400m。スタートから約一時間半
IMG_4646
下山は池の峠方面に下った。こちらは少し下り始めると ずっと樹林帯のなか
IMG_4659
池の峠から道路を横断して湖畔に降りた
IMG_4682
湖畔サイドのコースは広く チップが敷き詰められていて膝にやさしい
IMG_4710
湖畔を約40分進むと富士見峠の休憩舎が見えてきた
IMG_4731
富士見峠の休憩舎でゴール。歩行時間は約4時間。
(自分が初めて野反湖を訪れたのは昭和44年に90㏄のバイクで来た。
この休憩舎はなく、ここまでの道路も20㎞以上未舗装だった。)
IMG_4736
下山後は応徳温泉で汗をながした

↑このページのトップヘ