January 05, 2007

大阪桐蔭・中田にスカウト4人密着態勢!井川マネーで甲子園をボールパークに!新星坂に井川エール!キャンプツアー売り切れ間近!

13f74bfd.jpg★トラは本気です!大阪桐蔭・中田にスカウト4人密着態勢
★“井川マネー”で甲子園をボールパークに!ヤ軍からの入金確認
★新・茨城の星や!坂、下館勝虎会で井川からエール受ける
★キャンプツアー売り切れ間近!阪急との統合効果出た


画像★トラは本気です!大阪桐蔭・中田にスカウト4人密着態勢

 阪神・佐野仙好西日本統括スカウト(55)らが4日、今秋ドラフトで獲得を目指す大阪桐蔭・中田翔投手兼外野手(17)の初練習に密着。他球団を圧倒した異例の4人態勢で、今後も練習試合まで密着する。

 中田の動く所に猛虎ありだ。怪物の今季初練習を見守った佐野スカウトが改めて、“中田獲得プロジェクト”を力説した。
 「遠くに飛ばす能力、体つきは高校生離れしている。自分が見てきた高校生ではトップクラス。練習試合などがあれば、常に誰かが見ることができる態勢でやっていこうと思っています」
 練習開始時の気温は3.8度。吐く息は白いが、グラウンドの脇は熱気で包まれた。格違いのスケールを誇る恋人に、池之上、畑山、山本スカウトを加えた、宣言通りの4人マークを敢行。この日視察に訪れた10球団で、他に複数を投入したのは、ソフトバンク(2人)だけ。唯一、練習前の初詣でにも同行。「願いが通じてくれればいいですね」と一緒に祈祷までする念の入れよう。これには「ウチはそこまでできない」と他球団のスカウト。いち早くマークしてきた“アドバンテージ”を見せつけた。
 ファーストコンタクトを制しても、手綱は緩めない。「将来はチームの中心になる選手だと思う。他球団の評価も高いですしね」と同スカウト。ライバルたちの熱意を肌で感じた。今後は“猛虎カルテット”の一人が中田番となり、3月11日解禁の練習試合には必ず誰かを送り込む。地方遠征にも帯同し、怪物のさらなる進化の過程を見逃さない構えだ。
 今秋施行される新たなドラフト制度は、まだ固まっていない。いずれにせよ、一本釣りは厳しいが、中田への思いは揺るがない。「これからそれ以上の選手は出てこんやろ。ドラフト制度がどうなるにしても、いくよ」と暮れに2年契約を新たに結んだ岡田監督も正攻法を公言。競合必至の怪物獲りに手を尽くし、天命を待つ。


★オーナーもノリノリ

 虎の総帥・宮崎オーナーも、中田獲得に向けてノリノリだ。「あの子が来たら、今年の年末は(話題が増えて)面白くなるな。しっかり手を挙げることが、まずは第一条件。(獲りに)いかないと、あかんな」。総動員態勢を敷いて獲得に向かう意欲を示した。

★“井川マネー”で甲子園をボールパークに!ヤ軍からの入金確認

 “井川マネー”で虎ファンをさらに楽しませる−。約30億円の使途について、阪神・牧田俊洋球団社長(56)が有効に利用する考えを口にした。
 「甲子園が野球以外のいろんなジャンルの頂点のシンボルになっている。ボールパークにしていければ。30億円を役立てれば、加速していくかもしれない」
 ヤンキースは落札額2600万194ドル(約30億円9000万円)を昨月29日に送金したもようで、年明けのこの日になって入金が確認された。使い道については「戦力の補強や施設の拡充」を挙げた上で、甲子園の“ボールパーク化プラン”にも役立てることを明かした。
 何かと日本一を決定する大会に使われているのが『甲子園』の文字。具体的にはこれからとなるが、高校野球だけじゃなく、頂点イメージをより強くする施設をつくるというもの。「球場の外は決まっていない。死んだスペースもある」と、周辺地の有効利用も含めて検討していくという。
 宮崎恒彰オーナー(63)も「お客さんを喜ばすことを考えていかないと」とファンへの還元に賛同。夢を叶えた左腕の“遺産”で、聖地がさらなる夢を与える場所に生まれ変わりそうだ。

★新・茨城の星や!坂、下館勝虎会で井川からエール受ける

 茨城県出身(常総学院)で、昨年6月に交換トレードで楽天から阪神に移籍した坂克彦内野手(21)が、ヤンキース・井川慶投手(27)とともに下館勝虎会に出席。今回が初参加となったが、「来年以降も来ることになると思います。地元ですしね」と話した。
 「去年は、2試合だけ一軍を経験しましたが、今年は、それ以上に経験し、活躍出来るように頑張ります」
 昨秋の倉敷キャンプでは、シュアな打撃と守備が岡田監督の目に留まり、“掘り出しもの”として、早々と今春キャンプの一軍帯同が決定。セカンドとしてのレギュラー奪取に大きな期待のかかる21歳。壇上では、井川からも、「僕は阪神を退団しますが、坂くんが代わりに大活躍することを願っています」とエール。左腕の後を継ぐ茨城の星として、躍進を目指す。

★キャンプツアー売り切れ間近!阪急との統合効果出た

 タイガースキャンプツアーが早くも売り切れ間近だ。昨年10月に誕生した阪急阪神ホールディングスの統合効果が、徐々に表れていることが4日までに分かった。

 阪神航空が最近5年間、販売している「タイガースキャンプ見学ツアー」。今年からは、これとほぼ同内容のツアーが、阪急交通社でも販売されている。「タイガース」というコンテンツを、同じグループ内で競合させる試みとなったが、両社とも完売は間違いのない状況。予想を上回る相乗効果に、販売担当者もホクホク顔だ。
 「統合してできることになったツアー。大きな反響に驚きです」とは阪急交通社広報部の熊倉一仁さん(49)。同社では、参加人数320人のツアーに、受付開始から10日間で200人以上が飛びついた。
 阪神航空でも参加人数を140人に倍増したにもかかわらず、ほぼ満席。同社の大阪団体営業所の担当者は「商品の幅が広がり、お客さまのニーズに合ったものを提供できるようになった」と相乗効果を分析する。
 阪神が「小人数制で選手と同じホテルに宿泊できる」という点を売り物にしているのに対し、阪急は「大勢の人が参加できる割安プラン」で差別化。それぞれの狙いが的中した格好だが、今後も統合効果は加速度的に見られそう。タイガースにとっても追い風となりそうだ。

hmnk_31 at 05:14│Comments(0)TrackBack(1)阪神タイガース 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 球児に伸びるMLBの触手  [ バックスクリーンの下で 〜For All of Baseball Supporters〜 ]   January 05, 2007 21:33
 超高校級スラッガーを巡る日米野球界での争奪戦が始まった。  大阪桐蔭高校のグラウンドに昨日、日米合わせて10球団、14名のスカウトが殺到した。彼らのお目当ては、2年生の中田翔。中田は昨年1年間で51本塁打をマーク。夏の大阪大会では4試合連続本塁打で清原(オ....

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔