July 04, 2007

藤本が大仕事!執念のサヨナラ打!林祭りだ勝利呼び込む猛打賞!ジャン&久保田を救う今岡&シ−ツ!

dda7562c.jpg★藤本が大仕事!延長十一回執念のサヨナラ打でトラ3連勝!
★球宴落選ありえな〜い!林、劇勝呼び込む怒りの猛打ショー
★球宴推薦ありが投!久保田、感激の0封「選ばれてよかった」
★サヨナラ呼んだナイス守備!今岡とシーツは“うま勝った”


■今日のmode-id@管理者のつぶやき
昨日の試合結果と別に簡単な観戦記を画像付きで「HMNK5濱中治@阪神Tigers」の方にアップしましたので、良かったらご覧下さい。m(_ _)m
さて、昨日の試合の事は試合結果記事と「HMNK5濱中治@阪神Tigers」の観戦レポにしっかり書きましたが…
打てない打線、ヤクウrト打線に助けられる部分も多々有りながら逃げ切ったジャンと久保田…決して快勝ではなかった苦しい展開の昨日。
そんな中でポイントなったのは今岡とシーツの守備でした。
イラつくジャンを守備で守り切った今岡とシーツの美技は、昨日の試合の流れの中で途方も無く大きなビッグプレーでした。(^^)
あの現場に居た事が嬉しく思えるくらいに。(^^)
確実に失点してた場面を救った二人。打つ方では大ブレーキとなったシーツに無安打だった今岡ですが、守りで凌いで凌いで苦しい試合を盛り立ててくれました。
サヨナラを打った藤本も必死で食らいついて、決死の覚悟で一塁にヘッドスライディングした姿は明日へ繋がる虎の意地を魅せてくれました。
泥臭くていい。スマートじゃなくていい。泥まみれになって初めて勝ち取れる勝利も有る。
泥臭く行こうぜ…今日の甲子園も明日も、その次も…。(^^)


画像★藤本が大仕事!延長十一回執念のサヨナラ打でトラ3連勝!

 (セ・リーグ、阪神2x−1ヤクルト=延長十一回、9回戦、阪神8勝1敗、3日、倉敷)阪神・藤本敦士内野手(29)がヤクルト戦(倉敷)の延長十一回、二死二、三塁で投手強襲サヨナラ安打。ネクストサークルにいた21歳のニューライバル・坂の目の前で意地の一撃。リーグ再開後、3連勝を呼んだ。○○王子や○○君もいいけど、苦労人の活躍も、うれしいなぁ。

 尻についた火が、白球に乗り移った。とことんまで泥臭い、これぞ藤本の生き様だ。延長十一回二死二、三塁。ネクストバッターズ・サークルには、売り出し中の坂がいた。一塁は空いている。しかし、相手バッテリーは勝負を選んだー。
 「捕られたと思った。(ヘッドスライディングをしたのは)足も進まんかったんで。ワーッと周りが言っているので(サヨナラと)気付いた」
 ヤクルト4番手・遠藤の初球だ。打球の行方は見ていない。投手強襲打がグラブを弾き、ボールが前に転がった。一塁ベースには頭から滑り込んだ。歓声を聞き、金本からはケリを食らった。そこで決着に気付いた。
 延長十回、桧山の代走でベンチから飛び出した男が、まさか試合を決めるとは…。相手先発は左腕の石井一。「8番・二塁」には右の関本が入った。仮に右腕が先発なら、坂が先発だったはず。1日の横浜戦(横浜)でプロ初安打を一発で飾った21歳。相手ベンチが藤本勝負を選んだのも、坂と比較した結果だ。

 「(ヒーローは)セカンドばっかりやなあ。ええところで回ってきた。(満塁策もあり得た場面だが)次、一番ノッてる坂やったやろ」。岡田監督もしてやったりの表情だった。
 18年ぶりのリーグ優勝を飾った03年、藤本が星野阪神の不動のショートを張ったのは過去の話だ。現政権下では、毎年のように横一線の競争を余儀なくされた。今季も関本との併用で始まり、打撃不振で共倒れ。6月20日、坂の初昇格で三つどもえとなった。関本とは右、左の棲み分けができていたが、坂は同じ右投げ左打ち。正真正銘の好敵手だった。
 「(坂の突き上げも)そんなことは気にせず、自分の仕事をすることだけを考えていました」
 もともとは腰のヘルニアを患い、亜大を中退して1度は野球を断念した男だ。タテジマのユニホームを恋人に例えて「気を抜いたらフラれそうな気がする」と話したこともある。危うい立場は理解している。が、勢いだけの若手にはまだ負けられない。意地がある。
 「押されっぱなしのゲームで、こんな形やから。大きいわ。あしたにつながる」。今季5度目のサヨナラ勝ちに指揮官は声を弾ませた。セ・リーグ再開後3連勝、ヤクルト戦7連勝で、借金5。勝率5割復帰へもう一息。苦労人が大仕事をやってのけた。


■藤本苦闘の4年

 ★04年 前年に遊撃の定位置を確保したが、新人・鳥谷に開幕スタメンを譲った。6試合目でポジションを奪い返したが、日本代表でアテネ五輪に出場した影響もあり打率.257に終わった
 ★05年 春季キャンプで鳥谷の遊撃固定が決定し、二塁へコンバート。開幕スタメンを勝ち取ったが、4月下旬に左太もも肉離れで戦線離脱。相手の先発投手によって、右打者の関本との併用策が続いた
 ★06年 OP戦で関本との定位置争いを制し、開幕戦は2番・二塁でスタメン。2戦目で自打球が左目を直撃。再び関本との併用に落ち着いたが、今岡の離脱で三塁・関本、二塁・藤本に
 ★07年 開幕スタメンの関本の不調により、併用策に逆戻り。そこに4年目の坂が加わった

★オーナー貯金2

 “勝利の女神”は宮崎オーナー? 試合前、予告なしに現れ、岡田監督と会談。「勉強です」と倉敷マスカットスタジアムの施設を見学し、試合も最後まで見届けた。観戦は今季10度目。成績は6勝4敗で「よかったですわ」。指揮官からは「若手も出てきて、狙い通りというか、バランスがよくなってきた」との報告があったといい、巻き返しに手応えを感じている様子だ。


画像★球宴落選ありえな〜い!林、劇勝呼び込む怒りの猛打ショー

 (セ・リーグ、阪神2x−1ヤクルト=延長十一回、9回戦、阪神8勝1敗、3日、倉敷)これがオレの実力や!! 倉敷マスカットスタジアムから約400キロ離れた福井の“セ将”へ届けとばかり、あらん限りの力で白球をたたき潰した。失意の林が、同点弾&サヨナラのおぜん立てで、意地を見せた。
 「空振りしていたけど、球は見えていた。しんに当てることだけ考えて、絶対打ってやろうと思っていた」
 延長十一回一死一塁。ヤクルト4番手・遠藤のスライダーをフルスイング。低空ライナーの右前打で今季4度目の猛打賞を決め、一、三塁とチャンスを広げた。二死後、藤本が勝負を決すると、一目散に歓喜の輪に加わる。心のもやが晴れた。

画像 難敵を撃破したのも、頼れる6番のバットだった。1点を追う四回二死。先発・石井一の外角に逃げるカットボールをとらえた。2試合ぶりの12号が右翼席中段に着弾。
 「ボールを最後まで見て思いきりいったのが、いい結果につながったね」。左腕から今季5本目のアーチ。通算27勝11敗の虎キラー相手でも、苦手意識はなかった。
 試合前、『2007 ガリバーオールスターゲーム』の監督推薦メンバーが発表された。「機会があれば出てみたいですね」と待望していた夢舞台。ファン投票での選出はならず、最後のチャンスにかけていた。だが、セを率いる中日・落合監督の追加リストに『林威助』の名はなかった。

画像 「そうですか…」
 落選を伝え聞くと、二の句が続かなかった。気にしていない素振りの裏で、親しい友人に悔しさを訴えた。その裏で、喜びもあった。投票用紙にノミネート外の自分に手間を惜しまず、10万超のファンが後押ししてくれた。うれしかった。夢かなわずとも、期待は裏切れない。ありがとう−。感謝を言葉でなく、どでかい一発で示した。それが大砲のプライドだった。
 「左投手も打って結果を出さないとね」
 支えてくれる人のため、何よりさらなる高みを目指すため、背番号31は立ち止まらない。


★金本、最後に笑ったが…

 最後の最後でアニキが笑った。金本は延長十一回に先頭で四球を選び、一死後に林の右前打で左ひざの痛みも忘れて三塁へ激走。藤本の一打でサヨナラのホームを踏んだ。だが、その他の打席は2三振を含む4タコ。試合後は厳しい表情で足早にバスへ乗り込んだ。


画像★球宴推薦ありが投!久保田、感激の0封「選ばれてよかった」

 (セ・リーグ、阪神2x−1ヤクルト=延長十一回、9回戦、阪神8勝1敗、3日、倉敷)うなる剛球には、普段より力がこもっていた。人生初となる球宴出場を決めた久保田が、ツバメ打線の勢いをバッサリと分断。劇的な幕切れは、虎の鉄腕が導いた。
 「(球宴に選ばれても)いつも通り。変わることはないです。いつも最初から思い切りいってますから」
 窮地を迎えた途端、ギアはトップに入った。八回、2番手で登板。四球と安打で一死一、三塁の危機を背負った。ここからが真骨頂。代打・真中をカウント2−2から直球で見逃し三振に切ってとり、飯原はスライダーで二ゴロ。本塁だけは踏ませないという威圧感に満ちていた。
 試合前にうれしい知らせが入った。監督推薦によるオールスター(20日・東京D、21日・フルスタ宮城)出場が決定。プロ5年目にして初めて、夢舞台に立つことを許された。「阪神の選手が少ない中で選ばれてよかった。代表として目立つことができれば」。阪神から選出されたのはほかに、ファン投票の藤川球児だけ。出場2人は、オリックスと並び12球団最少タイ。野手不選出も01年(井川、成本両投手のみ)以来6年ぶり。虎の看板を背負う自覚が、マウンドでの気迫につながった。
 これで自己最長となる8試合連続登板で、今季は42試合登板。シーズンに換算すると、日本新記録となる87試合登板のハイペース。まさにフル回転で、虎投の要としての働きを見せている。
 「全然大丈夫ですよ。頑張るだけですから」
 シーズンの正念場を迎えるほど、存在感は高まっていく。延長十回は球児が難なくゼロ封した。球宴の前に、セ界との連戦でも、2人の剛腕が相手をねじ伏せていく。


画像★とってもい〜ジャン

 チームの勝利に貢献する力投だ。先発したジャンは7回を投げて6安打1失点。序盤は制球を乱したが、今岡とシーツの好守で窮地を脱し、リズムを取り戻した。「今岡さんとシーツのプレーで立ち直ることができた。ホームランは打たれたけど、その後に点を取られなければ、チームが勝ちにつなげてくれると思っていた」。悔やまれるのは三回、ラミレスに浴びた一発だけ。白星こそ逃したが、納得した表情でバスに乗り込んだ。


★橋本健リベンジしたぞ

 橋本健がリベンジを果たし3勝目。十一回から5番手で登板し、三者凡退。サヨナラ劇への流れを作った。「前にやられていたので、長打を打たれないようにとにかく低めに投げました。これからもこんな場面で投げさせてもらえると思うので、精神的に強くなりたい」。6月23日の日本ハム戦(甲子園)で延長十一回に勝ち越し弾を浴びた苦い経験を糧にした。

★ウィリアムス笑顔でさよなら

 久保田の後を受け九回から3番手で登板したウィリアムスが、3者凡退でピシャリ。「七回まですばらしい投球をしたジャンが大きかった。自分たちがいい仕事をできてよかった」。勝利のバトンを藤川、橋本健に託し、笑顔でロッカーへ引き揚げた。

◆JFKと橋本健について阪神・久保チーフバッテリーコーチ
「連戦を考えたら1回ずつ。目いっぱい、いかせるわけにはいかない。橋本健が自信をつければよい方向へ行く。相乗効果になれば」


画像★サヨナラ呼んだナイス守備!今岡とシーツは“うま勝った”

 (セ・リーグ、阪神2x−1ヤクルト=延長十一回、9回戦、阪神8勝1敗、3日、倉敷)サヨナラの影には、先発・ジャンを守備でもり立てた2人がいた。今岡とシーツだ。
 「練習していることができてよかったね」
 今岡が満足な表情で振り返ったのは、0−0の同点で迎えた二回の守備。この回先頭・宮本の中前打に福川の四球などで、先発・ジャンが一死一、三塁のピンチを背負った。そして打席は石井一。難しいバウンドは三塁へ。体勢を崩しながらも背伸びしてキャッチすると素早く本塁へ送球。三走・宮本を挟殺に仕留めた。打撃は5打数0安打で、連続試合安打は3でストップしたが、好守備で貢献した。

画像 昨年、鳴尾浜での右手バネ指のリハビリをスタートさせ、秋季キャンプで訪れたここ倉敷マスカットスタジアム。将の前で守備の不安を一掃した。思い入れのある球場で躍動した。
 シーツも同じく二回の守備が光った。二死満塁で田中浩の放った打球は一塁線への痛烈な当たり。横っ飛びでボールに食らいつきピンチをしのいだ。攻撃では、5打数0安打で4度の得点機にことごとく凡退して正田打撃コーチも「悪すぎるな。技術の問題じゃない。(今後のことを)考えないと」と苦言を呈したが…。バットが湿った2人だが、守りでチームを救った。この試合だけは大目に見て!?


★板についた1番鳥谷

 1番鳥谷が板についてきた。3試合連続で斬り込み隊長を務めた鳥谷は、先頭で迎えた七回、交代したばかりの高井から左前打を放って7試合連続安打をマーク。四球と敬遠も合わせて計3出塁。得点にはつながらなかったが、好機を演出するリードオフマンとしての役割をきっちりこなした。

hmnk_31 at 06:07│Comments(0)TrackBack(10) 阪神タイガース 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 3番「神様」シーツ  [ CherryBomb's blog ]   July 04, 2007 06:34
帰って来たときは丁度八回裏、鳥谷ヒット、赤星バントの場面でした。 打順を見て、神様シーツ。 神は退散してました。 十回裏、2アウト2・3塁で神様シーツ。 また神は退散してました。 それにしても、、、3番シーツ、、、 せっかく代三振檜山が起死回生のデッ...
2. モンキー、サヨナラ  [ CherryBomb 我らがタイガース ]   July 04, 2007 06:35
モンキーやってくれました。 サヨナラ、ピッチャー強襲内野安打。 みんなに蹴られて、モンキー嬉しそう。 今日は林ちゃんの活躍がNo.1でしょうか? 美味しいところをモンキーがもって行きました。
3. 阪神2X−1ヤクルト (倉敷)  [ 仙丈亭日乘 ]   July 04, 2007 06:41
延長11囘、藤本サヨナラ打!
4. d('-^o)☆やったね!3連勝!ありがとフジモン♪  [ SORAKO トコトコ日記 ]   July 04, 2007 07:05
フジモン!ピッチャー強襲でサヨナラや??{%hurrah_a%}{%hurrah_a%}{%hurrah_a%} 守って守って最後に決めたのは途中代走から出場のフジモンです。なんか、試合後半のフジモンは「いける」感じが漂ってますね。セッキーとの併用に坂くんの台頭と厳しい状況は続きますが、負け...
5. 藤本、サヨナラ打ぁ〜!!  [ たこや記 ]   July 04, 2007 14:06
[parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjUwNGJgszSyPTNEsLb2O3ZDf/Ap/c8EAmGDA2xS4P1czEhKQSAL7aDvg=]              ↑     昨日のサヨナラの場面をもう一度見たくて探していたら     こんなステキな動画を見つけました! まるで優勝したかのようなこのシー...
6. 延長11回 サヨナラ勝ちーーーっ!!  [ m's space ]   July 04, 2007 14:49
交流戦終わってから負けなしできてるのに、ひとっつも中継がないっ!! 見所満載なのに。。。その上、見てないからブログも満足に書けないし。。。(-_-;)仕方ないから、携帯で確認しながら、今日は引き分けかなぁ??と諦めかけてたら。。。お見事! フジモンがサヨナ...
7. 毛穴の処理  [ 毛穴の処理 ]   July 04, 2007 16:45
59%の発毛率で話題独占中の発毛促進剤リカピン。抜け毛や薄毛でお悩みの方に大変喜んで頂いております。
8. 泥臭く、必死のパッチで食らいつけ!  [ 虎のおしゃべり堂 ]   July 04, 2007 20:18
 7月3日、阪神vs.ヤクルト戦。  阪神先発のジャンは決して調子がいいとは言えない状態。初回は 二死一、二塁、二回には二死満塁と続けざまにピンチを背負うが、 バックの好守にも助けられ、なんとか0点で凌ぐ。しかし三回、とうとう 燕の主砲・ラミレスに一発くらい、1...
9. 阪神2x??1ヤクルト  [ 地球の日記☆マーク♪のblog☆ ]   July 04, 2007 21:19
藤本、延長11回サヨナラ打!阪神3連勝  ◆阪神2x??1ヤクルト=延長11回=(3日・倉敷) 痛烈なライナーが、マウンド上の遠藤を襲った。同点の延長11回2死二、三塁。藤本の打球だ。「最初はボールを捕られたと思った。足も前に進まへんし、必死でした」遠藤...
10. 投手陣の踏ん張りか?スワローズの拙攻か?  [ しっとう?岩田亜矢那 ]   July 05, 2007 12:57
ほんと5、6点入れられていてもおかしくない試合だった。 よくまあ1点に抑えたもんだ、しかもホームランの1点だけに。 正直、ジャンやKJFHが踏ん張ったというよりも スワローズの攻めの策のなさといおうか? これで相手がドラゴンズなら、、、ぞっとする。 石井一久も...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔