September 30, 2007

甲子園最終戦敗戦。鳥谷連続フルイニング途切れる。桜井締めの一発!今岡意地のタイムリー!福原2回もたず。

fd3354ca.jpg★虎、暗イマックスシリーズや…満身創痍の選手達に不安1敗
★CS任さんかい!桜井、甲子園ラストでお詫びの1本締め
★今岡75打席ぶりのタイムリー!名誉挽回へ意地のひと振り
★福原は2回もたず4失点KO…最後のチャンス活かせず


■今日のmode-id@管理者のつぶやき
やはり鳥谷はデッドボールの影響が相当悪かったようですね…。(TДT)
ここ数試合は試合前の練習すら回避していたし…連続フルイニング出場記録が途切れる事は非常に残念ですが、将来のある身ですから、これで良かったと思いたいです。
記録よりも鳥谷自身の身体の方が大事ですからね…。
金本も非常に状態が悪いですが、オフの半年間でどこまで治るんだろうか?ちゃんと回復するんだろうか?ととても心配です。
皆さんご存知の通り、鳥谷も赤星もデッドボールでボロボロ。シーツは腰、金本は言うのおよばず、今岡はバネ指と膝、林君は肩、矢野は膝に腰に指に、関本は指…藤本と桜井だけが無傷?って状態…(TДT)
どこのチームも同じだとはいえ、安藤&福原も含めて相当ボロボロになってしまった…この状況で明日&明後日の横浜に勝てるんだろうか?今季最終戦のヤクルト戦も勝てるんだろうか?ヤクルトは個人記録がかかった選手が多いし…
このままじゃ、幾ら合間があくとはいえ、無能采配と合わせ技でCSも本当にズルズルと成す術無しで簡単に終わってしまいそうです…。(TДT)
この状況で実戦感覚を無くさないようにフェニックスリーグへ主力を出場させる事が果たして可能なのでしょうか?
今の時点では、その答えは神のみぞ知るですが…
本来ならばとっくに優勝決めて、鳥谷を交代させるならば大和を入れて、上園に新人賞を狙わせつつ、清水とバッテリーを組むなんていう試合が見たかったですね…(TДT)
最後の最後まで消化試合が無い…それはそれで野球ファンは楽しいんだろうけど…岡田采配のやり方では選手がどんどん潰れて行く…
来季はもしかしたら大幅なスタメン変更が有るかもしれないですね…。今年以上の若手の躍進が必要とも言えますが…
CSが死のロードを上回る「決死のロード」になりそうで選手の状態が非常に心配です。(TДT)


★虎、暗イマックスシリーズや…満身創痍の選手達に不安1敗

 (セ・リーグ、阪神3−5広島、最終戦、広島14勝9敗1分、29日、甲子園)虎党の涙雨が、甲子園の土を寂しく濡らしていた。最大12差をひっくり返し、目の前に迫った優勝を逸した現実。今季最後となる甲子園でも、歓喜の六甲おろしを流すことができない。そこに相次ぐ故障禍…。岡田監督もファンの前で深々と頭を下げた。
 「打撃ができへん状態。フル(イニング出場)があったから(使っていた)。打順を下げるとわかってまうし」
 残り4試合。ゴール間近で、英断を下した。398試合連続フルイニング出場を続ける鳥谷に、七回の守備から交代を告げた。25日の横浜戦(横浜)で死球を受け、右脇腹を打撲。この日も試合前練習に参加していないほど症状は深刻だった。
 「絶対に出ます」。まな弟子から直訴された。積み上げる記録は励みにもなる。「出られへんようになったら、どうしようもない」と苦渋の選択だったが、「全試合は何とか」。455試合続く連続試合出場には、親心をみせた。
 「赤星もこっちが隠すのが大変。走れんよ。1、2番がさらし巻いてやっとんのやから。内野は全滅や」
 鳥谷だけじゃない。赤星も首痛に加え、腰椎左横突起を骨折。1、2番が手負いの状態であることを、相手に見せるわけにはいかない。関本も左手を負傷し、シーツも腰に爆弾を抱える。一軍に復帰した今岡も27日に右膝を痛めた。不安材料ばかりが頭をよぎる。
 「万全で次のアレ(クライマックスシリーズ)に行きたいし。ゲームに出るのも大事やけど、なんとかあと3つ。他のもんでカバーするしかない。これ以上悪くなったら、ベストメンバーが組まれへん」
 現状では2位も厳しいものの、30日に横浜が連敗した場合にクライマックスシリーズの進出が決まる。ただ、喜んでもいられない。13日から始まる大舞台へ。今度は歓喜の涙に変えるために、休息もしながら爪を研いでいく。

画像★鳥谷、398試合で…

 連続フルイニング出場を続けていた鳥谷が、七回の守備から交代し、記録は398試合でストップした。「どうしようもないです」。25日の横浜戦(横浜)で死球を受けて右側胸部を痛めたが、強行出場を続けていた。この日の試合前練習も回避し、スタメン出場したが…。常川チーフトレーナー補佐は「右背部から脇腹にかけて痛みがある。きょうは大事をとった。試合で悪くなった? 若干あるかもしれません」と説明。病院に行く予定はなく、今後の出場は、当日の様子をみて決めることになる。


画像★しばしのお別れ

 阪神は29日の広島戦で、今季の甲子園最終戦となった。10月から改修工事に入るため現在の甲子園での“ラストゲーム”。試合後は雨の中、岡田監督をはじめ、コーチ陣と選手がマウンド上に整列して、ファンにあいさつ。その後、全選手がサインボールをスタンドへ投げ入れた。フィナーレは『六甲おろし』の大合唱でセレモニーを締めくくった。


★早ければ30日にCS進出決定

 阪神のクライマックスシリーズ進出が30日にも決まる。30日に試合はないが、横浜がヤクルトとのダブルヘッダーに2敗か1敗1分けで進出決定。

★南球団社長「負けたら何もない」

 甲子園での最終戦を見届けた南球団社長は「(終盤の見せ場も)負けたら何もないですよ」と、残念そうな表情だ。
 「とにかく、クライマックスシリーズに出られるように頑張らないと。まだ決まっていないんだから。月曜(10月1日)から(横浜と)直接対決。何とか決めないと」
 クライマックスシリーズを勝ち抜いた場合の祝勝会などのプランも、まだ白紙。とにかく、今は勝つしかない。

★虎、最終スカウト会議

 10月3日の高校生ドラフトへ向け、阪神は10月2日に都内で最終のスカウト会議を行う。横浜で試合のある岡田監督は不在だが、南球団社長、沼沢球団本部長、黒田編成部長以下、スカウト陣が集合。1位指名が確実な大阪桐蔭・中田を軸に、シミュレーションを確認していく予定だ。


画像★CS任さんかい!桜井、甲子園ラストでお詫びの1本締め

 (セ・リーグ、阪神3−5広島、最終戦、広島14勝9敗1分、29日、甲子園)豪快な打球が雨を切り裂き、美しい放物線がバックスクリーン右まで描かれた。このままでは終われない−。甲子園との別れを華麗に締める一発。桜井が意地を見せた。
 「甲子園は最後だったんで、打ててよかったです。完ぺきだった? いや、つまってましたよ」
 九回二死。3点ビハインドで打席に立った。マウンドには広島の守護神・永川。簡単に負けたくない。執念をバットに宿していた。カウント1−1からの3球目。147キロの直球を一閃。快音とともに打球はスタンドに吸い込まれていく。4試合ぶりの9号ソロ。大歓声を一身に受け、ダイヤモンドを悠然と回った。
 現在の甲子園では“最後”の本塁打になった。1924年に誕生した甲子園球場は、大きく形を変えずに83年間も伝統を培ってきた。その聖地が09年に生まれ変わる。10月から本格的な改修工事が開始。今の姿で行う試合は、この日が最後だった。今季の甲子園ラストゲームは歴史の重みがつまった一戦。若トラの意地が鮮やかな“一本締め”につながった。
 教えを忠実に守った一振りでもあった。悪夢の8連敗の間、試合前のミーティングでは岡田監督が「とにかく真っすぐや。振らんことには始まらん!!」と何度もゲキを飛ばしていた。師の言葉がすべて。今岡や林の復帰でスタメンを失った男は、初心に帰ることだけを決めていた。「真っすぐは狙っていました」。思惑通りの一打。敗れはしたが、存在感はきっちりと見せつけた。
 「赤星の状態がこんなんやし、桜井が残り(試合で出ること)になる」
 指揮官はスタメン復帰を明言してくれた。残り3試合。迷う必要はない。あとは暴れまくるだけだ。


★桧山、36イニングぶりの適時打!

 八回一死一、三塁のチャンスで代打で登場した桧山が、チーム36イニングぶりのタイムリー。「ストライクがきたら何でもいってやろうという気持ちだった」。甲子園改修工事前、最後の試合に阪神一筋16年目のベテランは「いい形で終わりたかったけど、こればっかりはしようがない」と悔しさを滲ませた。

★林、悔しい4の0

 前日28日の殊勲者、林は4打数無安打。「きょうはタイミングが合いませんでした。うまくとらえられなかった」と悔しがった。先発・宮崎に対しては右邪飛、一飛、捕邪飛。八回、2点を返しなおも二死一、二塁のチャンスでは3番手・横山の前に、空振り三振に倒れ、追い上げの一打を放つことはできなかった。

★今岡75打席ぶりのタイムリー!名誉挽回へ意地のひと振り

 (セ・リーグ、阪神3−5広島、最終戦、広島14勝9敗1分、29日、甲子園)雨の降りしきる甲子園、あきらめない満員のファンの大歓声を背に、5番・今岡が意地のひと振りを見せた。1点を返しなお二死一、二塁の八回。カウント2−2から、横山の133キロフォークに食らいついた。左前適時打。6月19日の楽天戦(甲子園)以来、実に75打席ぶりのタイムリー&打点となった。
 「今日で甲子園も最後だったし、最後にああやって打ててね。これが、次につながればいい」
 甲子園の今季最終戦。さらにリニューアル前、最後の聖地だ。復帰3戦目で、本来の姿を取り戻しつつある主砲に、「2カ月実戦から離れて、最後に適時打が出て、気持ち的にも違うやろ」と岡田監督。残り3戦、そしてクライマックスシリーズへ−。苦しみ抜いた男に、名誉挽回の大舞台は確かに残されている。


画像★福原は2回もたず4失点KO…最後のチャンス活かせず

 (セ・リーグ、阪神3−5広島、最終戦、広島14勝9敗1分、29日、甲子園)先発の福原は6安打4失点。わずか1回2/3で降板した。二回に連打と暴投などで一挙4点を失った。敗戦後は「何もないです」と言葉を振り絞るのが精いっぱいだった。中継ぎに降格し、9月16日の中日戦(甲子園)以来の先発マウンドだったが結果を残すことはできなかった。久保チーフバッテリーコーチは「自信をもって送り出したが、仕方ないでしょう」と話した。


★上園、3日に先発へ

 残り3試合で登板機会の無くなったボーグルソンは、秀太と入れ替えで出場選手登録を抹消された。これで先発予定だった10月2日の横浜戦(横浜)は、安藤が中4日でマウンドに立つ見込みとなった。また、今季の最終戦となる10月3日のヤクルト戦(神宮)は、中4日の間隔で上園が先発することになりそうだ。

hmnk_31 at 06:20│Comments(0)TrackBack(10) 阪神タイガース 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 甲子園最終戦を飾れず  [ パイプの部屋 ]   September 30, 2007 07:31
今年の福原は最後までダメでした。井川の穴を埋める最有力候補だったのですが、期待を裏切られました。元々、毎年コンスタントに成績を残すタイプのピッチャーでないので、仕方ありませんが、期待されていただけに残念です。鳥谷のフルイニングも途絶えました。以前受けた...
2. 甲子園最終戦・・・有終の美を飾れず  [ Happy mind ]   September 30, 2007 09:18
いや??、10月から甲子園球場は、リニューアル工事が始められるためにこの球場の姿で試合が行われるのが今日で最後だったのですね。 83年の甲子園の長い歴史の一区切りとなる記念の試合でしたのに、今日も広島に完敗でしたね?? 先発福原・・・いとも簡単に広島の...
3. 甲子園が泣いている  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   September 30, 2007 11:08
今シーズン最後、そして、リニューアル前最後の甲子園の試合記念すべき試合だが、3−5の敗戦降りしきる雨が、甲子園の涙のようだった勝っても負けても、セレモニーの後に六甲おろしを流す予定だったからって先発を福原にするなんて勝つ気無いんか岡田監督は、2位をあき...
4. ラスト甲子園・・・ナミダ雨  [ ディープインパクト@まこっさん ]   September 30, 2007 14:03
リニューアル前、最後の甲子園。 雨の中最後まで応援された皆さまお疲れ様でした。 風邪など召されませぬように。 甲子園球場リニューアル工事の予定 甲子園球場リニューアルの主な内容 フィールド部分に観客席がせり出し ファールグラウンドが狭くなることが チ...
5. 阪神3−5廣島 (甲子園:ナマ觀戰)  [ 仙丈亭日乘 ]   September 30, 2007 15:59
今季の甲子園最終戰は有終の美を飾れず・・・
6. 連続フルイニング出場  [ スポーツこだわりの館 ]   September 30, 2007 21:40
甲子園最終戦はあっけなく負けた?昨日の連敗ストップが、転機になって欲しかったけど・・・広島のルーキー宮崎に8回途中まで無得点かぁ・・・昨日の勝利もトラらしいものではあったけど、今夜の敗戦もいろんな意味で今季を象徴してて、如何にもトラらしかった・・・(悲...
7. さよなら甲子園また会う日まで  [ クッチーより愛をこめて ]   September 30, 2007 23:13
わし、クッチー。昨日ようやく連敗を止めたタイガース。今夜は・・・・連勝なるか?・・・・・の、阪神×広島第24回戦。今日の投手さんは〔広島〕宮崎−青木高−横山−永川〔阪神〕実は貧乏神だった福の神−渡辺−江草−ダーウィン−橋本健今日の試合は・・・・・・...
8. 甲子園球場としばしお別れ・・・  [ SORAKO トコトコ日記 ]   October 01, 2007 00:13
昨夜、甲子園球場での阪神タイガースの今年の試合が終了しました。 それは、今の甲子園球場で実施される野球の試合の終了なんですよね・・・
9. 9/29 甲子園最終戦・・負けるわ雨やわ  [ トラ日記 ]   October 01, 2007 10:28
今期甲子園最後の3連戦。 たっぷりと応援して来ましたが・・・。 このままCSに出ても大丈夫かなぁ。 そして、今日は連続試合を続けていたトリちゃんが途中交代!!! 周りでは、秀太引退か?との声も出ていて、状況が読めない。 監督がなかなかベンチに戻ってこ...
10. 敗戦処理投手を先発させたら・・・  [ しっとう?岩田亜矢那 ]   October 01, 2007 22:52
最近すっかり敗戦処理に成り下がっている 福原を先発させたら、こうなるのは目に見えていた。 ベイの試合結果を見て敢えて捨て試合にしたのなら (時間的に間に合ってない気もするが) その是否はともかく、そういう方向性がある事は、まだ認めよう。 もし、「あわよくば」...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔