April 14, 2008

金本&新井連日の主役!球児自己タイ9連続S!福原耐えて忍んで好投!代打の神様桧山!赤星口火の三塁打!

080414tig20080414041_MDE00013G080414T★金本&新井W主役で逆転勝利!虎タイ開幕5カード連続勝ち越し
★自己最多タイの9連続セーブだ!球児、鬼神ストッパーや!!
★福原“忍んだ1勝”で2勝目!判定にもめげず頼もし7回1失点
★切り札・桧山、代打3打席連続安打!成功率ただいま6割!
★逆転の口火切る三塁打!好調・赤星、リキまずに6試合連続安打
★金本が2000安打を放ったバット、甲子園球場史料館に展示


■今日のmode-id@管理者のつぶやき
今日の「つぶやき」は…「日本一になろう。いやなるんだ。いやいや日本一になれる!…と考えてみた場合の投打の信頼関係における相乗効果とチームの勢いに関する考察。」(笑)
って言うか、昨日の試合をまるで観ていないので、ほんの少しのラジオとテレビのスポーツニュースだけじゃまるで試合が無かったかのようです。(^^;
しかも観たテレビのニュースは福原の姿はまるで流れなかったし。(^^;

ご存知の通りここまで絶好調で勝ち倒して来た我が阪神タイガース。
安藤と福原は当然、去年のリベンジに燃え、気合いも入る。しかし結果が伴わない事だってあるのに、この好調さはなんだ???
キャンプでの福原はお世辞にも出来上がっているとは言えない状態だったし、球威も無かったのに…御陰で今季の福原は使い物にならない宣言までしてしまったっけ。(^^;
何が伝播したのかは分かりませんが、安藤も岩田も福原も、下さんもオスギもアッチでさえ「細心にして剛胆」なんですよね…今季は。全員。
先発陣全員が低めを突く事と制球力に細心の注意を払いつつ繊細な投球を行ってる…それなのにこじんまりとせず、ランナーを出しても慌てないしいらつかないし冷静。
繊細なのに気持ちは大胆とでも言える、相反するものを先発陣全員が醸し出してる。
そうなると失点は最小。イニングも自ずと増える上に、テンポが良くなる。
例えランナーが出て守備時間が長くなっても、投手の頭の中には「最少失点で抑える、いや失点しないぞ!」という強い気持ちと「うちの打線は必ず勝たせてくれる」という自信にも似た感情が読み取れる…。
これほど先発陣全員が揃ってこの意識を統一して持ち、なおかつ全員が揃って結果を出しているシーズンを観た事がない…
そしてローテを見てみると、下さんが裏ローテの2番手という位置に居る事もとんでもない事かも…。去年の開幕投手が裏の2番手。
そりゃ結果が出なければ降格も有る訳ですが、無理をさせない&少しでも楽にという考え方があるにせよ、勝ち頭の下さんが裏の2番に居るなんぞ、「今季の阪神タイガースの先発ローテに『裏』は無い」とも言えるんですよね…。
勿論、まだ杉山が結果らしい結果を出してはいませんが、他の先発投手陣に準じてますしね。
アッチとてボギーを2軍に追いやった結果を出しているし…今の所、裏ローテなんぞ存在していない状態。
その投手陣全員の細心にして剛胆という球児のグラブ刺繍そのままのムードが今度は打線を活気付ける。
そりゃ下位チームとばかり当り、絶好調だったヤクルトと1試合もしていないというのは阪神にとってラッキーだったのかもしれませんが、産みの苦しみは有ったにせよ春先は音無の金本がロケットスタートだし、新井も調子が出て来たし、なにより1&2番コンビが機能している…赤星の打率が上がれば盗塁率も上がる。
鳥谷は言うにおよばず「OP戰までで好調は終わる」神話を払拭したし、なにより今季のスイングは過去最高の状態。ベストなバッティングフォームになった。
暴走機関車ルーは打率こそもう少しですが、あの激走&思い切りの良い守備を魅せられたら桜井の出る幕がない…。
矢野にも好調の兆しアリでマルチが続いたし、意外と驚くのは今岡の一昨日までの得点圏打率は3割を越えていたらしいのも事実。
投手陣の統一された意識と結果が生み出す試合感覚のテンポ感と打線への信頼。
それが打線へも良い刺激を与え、島野さんの追悼試合、新井の加入による「新井、赤星、福原、金村暁達ネクスト世代の選手」への主力シフト、金本の2000本安打、立ち止まる事と失速しないベテラン勢、と事有る毎に起きるイベントが気持ちを引き締め、気合いが入れ直され、全て功をそうしている。
打線が着実ならば投手陣も思う存分投げられる。上手く回っている相乗効果。
そしてここに葛城、桜井という信頼出来る中〜長距離砲が居て、開幕まで好評価だった坂が居てダークホースの浅井が居る。岩田番とも言える野口もリードで引っ張り育成しているし…関本&藤本はどう見ても虎視眈々。伊達に毎年ポジション争いしてないし。
「もっと若手が出て来て欲しい」という部分はあるし、ファームはやっと勝ち始めた所…下には庄田くらいしかめぼしい人材が居ないが…
まだ林威助が居る。あと1月半で林君が帰って来たらどうなる??そりゃこれまでの活躍が出来るかどうかは未知数ですが、あの柔らかいバッティングが帰って来れば更に阪神打線が強化されるのは必至。
ポジションのダブつきが有るし、もしも今岡がこのまま落ちて行くとなれば誰がサードに入るのか?新井がサードに入ればファースト好補はほぼ「左打者」しか居ないという「左打線」になってしまう懸念はあれど、嬉しい悩み状態でもある訳で…
しかも誠っちゃんをまだたった14試合で判断するには時期早々。全体が好調なうちに、苦しんでもらっても余裕じゃんと広い心が持てるように全員の気持ちでカバーすれば良いだけの話。まだ傷口は浅い訳ですから。
この状況…このままの状態で進む訳がないけれど、この状況は「日本一」になれる要素が十二分に有る。
日本一を目指して…いや、なれるよ。このチーム状況。
もしかしたら誰かが欠けるかもしれなし、金本の膝が壊れたり、赤星の首が再発するかもしれない…それでも「折れない気持ち」が今の阪神には出来上がっているように思える…
投打のバランスと信頼関係における相乗効果が思った以上にチームをまとめている…OP戰であれほど個々バラバラで自分の事しか出来ていなかった選手達がちゃんと「最強チーム」になってる。
これで日本一を目指さなきゃ嘘だ。(笑)
今年は、もう行ける所まで行け。高みへ登り詰めるまで。
ただ、3つだけ条件が有る…「怪我人を出さない事」、「杉山が波を作らない事=ボギーでも誰でも代わりになる投手は居るが…」、「岩田が右打者のアウトコース低め=左打者インコース膝元へ投げられる球種=決め球を見つける事」です。そしてファームはもっともっと上を脅かさないと層が薄い。
もし、これが叶えば秋には輝く位置に登り詰めているでしょう…。
ぶっちゃけたった14試合で語るには時期早々だし、ただの絵空毎。しかし、そう思わせる要因と結果がそこにある。
よね?(笑)


★金本&新井W主役で逆転勝利!虎タイ開幕5カード連続勝ち越し

 (セ・リーグ、横浜1−3阪神、6回戦、阪神5勝1敗、13日、横浜)AKで逆転や!! 阪神・金本知憲外野手(40)が終盤の八回、勝ち越しの決勝タイムリー。弟分の新井貴浩内野手(31)の同点打に続いた。アベック打点は5戦全勝で、02年の球団記録に並ぶ開幕から5カード連続勝ち越し。メモリアルW達成から一夜明けても、この勢いは止まらん。

 寒風ふきすさぶ横浜を、呪縛から解き放たれたバットが熱帯に変えた。どんより曇った空を引き裂くライナーが、連日に渡って虎党を熱くたぎらせる。一塁上で軽くほほをふくらませ、金本が息をつく。いつもの頼もしい主砲の姿が、そこにあった。
 「きょうは反省すべき打席が多いな。見事な決勝打? そうでもないけどな。高めの球なら、何でも行く気だった。福原に勝ちがついてよかったよ」
 18打席無安打。沸きに沸いた狂想曲から一夜明け。前日のお立ち台で「見にきてください」と呼びかけた。有言実行の2001安打目だった。
 同点で迎えた八回無死一、三塁。3番手・マットホワイトのスライダーが甘く入ってくるのを見逃さなかった。中前へ弾き返した打球は、勝ち越しの適時打。先発・ウッドの前に3打席無安打に抑えられていたが、勝負どころで決めてみせた。
 連続フルイニング出場が1200試合に到達したが、「がんばってますね」と笑ってみせる。まるで他人事。2000安打と同じく、1つの通過点に過ぎない。
 「福原が粘りの投球をしていましたから。勝ちがついてよかったです。打った瞬間、『抜けた』と思いましたよ。ナイスゲームでしたね」
 アニキと同じフレーズを口にするのは、弟分ならでは…か。直前でおぜん立てをしたのは、前日に1000安打に到達した新井だ。八回無死二、三塁で2番手・木塚から中前へ同点打。納得の1打で、逆転のバトンをつないだ。
 大きな節目を通過した12日の夜。そろって祝杯はあげなかった。いつもなら一緒に食事に出掛けるはずが、それすらもない。「おいしい酒が飲めた? 普通よ」。鉄人が淡々といえば、新井も「昨夜は別々でした。1000安打のボールはもらったけど、飾りはしません。そういう執着はないんです」。個人の記録であって、チームの勝利とは関係がない。余韻に浸っている余裕もない。この日のデーゲームに備えていた。
 「同点なってその後やから、場面的には一番いい場面やからな」。難産する姿に気をもんでいた岡田監督も、通常モードに戻った主砲に、再び信頼の2文字を寄せた。
 3、4番がともに打点を挙げれば5戦全勝。無敵のコンビネーションが、できあがった。開幕5カード連続勝ち越しは02年に並ぶ球団記録。ガッチリかみあうAK砲がいる限り、快進撃はどこまでも続く。


080414tig20080414061_MDE00014G080414T ★自己最多タイの9連続セーブだ!球児、鬼神ストッパーや!!

 (セ・リーグ、横浜1−3阪神、6回戦、阪神5勝1敗、13日、横浜)ワンバウンド送球をすくい上げた新井に向かって、自ら歩み出しハイタッチを求めた。初登板から失敗なしの9セーブ。マウンドにできた勝利を祝う輪の中で、藤川が今季9度目の笑顔を浮かべた。
 「セーブとかはいらん。チームが勝てば、ゼロでもいいと思ってやってますよ」
 殊勝なセリフが心憎い。2点リードの九回、左翼席に陣取る虎党の大歓声に迎えられた。先頭の内川をフォークで三ゴロ。ビグビーは内角高めの149キロで空振り三振に仕留めた。だが、続く相川の4球目にアクシデント発生。マウンド上でつまずき、真っすぐの球速は108キロ。一瞬、ヒヤッとさせたが「こけそうになった。あれはスローボールですよ」とはにかんだ。右前打を許すも、代打・鈴木尚を二ゴロに打ち取った。
 危なげない投球で挙げた9連続セーブは自己最多タイ。シーズン初登板からでは、83年の角三男(巨人)と並ぶ歴代3位。93年の大野豊(広島)の12連勝以来、15年ぶりの快挙だ。「開幕から」を除けば、93年に田村勤がマークした10連続セーブの球団記録更新も見えてきた。
 飽くなき向上心が安定感を支えている。8日の中日戦(甲子園)で今季初失点を許した翌日、登板前のブルペンでフォーム修正を行った。本人にしか分からない微調整。だが、その感覚にこだわった。そして、あがったマウンドで圧巻の三者連続三振。わずか一日で見事に立ち直った。
 「球児は毎日、進化している。体調によって、いつも同じ状態でというわけにいかない。これでいいんじゃないか、という状態では絶対にいかない。だからこそ、勝って当たり前と思われる重責に耐えて、結果を出せる」と木戸作戦兼バッテリーコーチは、守護神のすごみを明かす。
 開幕前に救援ノーミスを目標に掲げた08年。「結果がすべてやから」が口癖になった無敵のストッパーは、かぶとの緒を締め直した。


080414tig20080414062_MDE00015G080414T ■データBOX

 藤川が9試合連続セーブ。シーズン初登板からの最多連続セーブは93年の大野豊(広島)の12試合。次いで90年の鹿取義隆(西武)の10試合、藤川の9試合は83年の角三男(巨人)と並ぶ歴代3位。「開幕から」を除いた阪神の最多連続セーブは93年の田村勤の10試合。藤川は昨年マークした自己記録に並んだ。


080414tig20080414031_MDE00020G080414T ★福原“忍んだ1勝”で2勝目!判定にもめげず頼もし7回1失点

 (セ・リーグ、横浜1−3阪神、6回戦、阪神5勝1敗、13日、横浜)勝ちにこだわる気迫があった。厳しい判定に首をひねりながらも、最後まで集中力を切らさなかった。我慢強い投球で、福原が逆転を呼んだ。
 「気持ちだけは負けないように。勝つことだけを考えて投げました」
 五回までゼロ行進の投手戦。勝負どころは六回だった。二死一、三塁から金城の右前適時打で1点を失い、なおも二死満塁。対峙するのは佐伯。フルカウントから、スライダーで空振り三振に斬った。「追加点を取られたら流れが向こうに行く。2点目だけは与えないようにと思った」。最少失点に抑え、打線の奮起を促した。
 冷静な裏で判定には苦しんだ。六回終了後には不満そうに佐々木球審の方へ歩み寄ろうとした。七回の打席では「(あの判定は)どうでした?」と問いつめた。それほど1球にこだわり、勝利に飢えていた。
 シーズン直前、同級生の赤星、新井、金村暁と食事をともにした。「たいした話じゃないよ」と振り返るが、野球について真剣に語り合ったという。その赤星と新井の2人が八回に逆転を演出。白星を運んでくれた。「打線が頑張ってくれた」。手にした2勝目に、思わず笑みがこぼれた。「(同級生は)刺激にはなるよね」。盟友の活躍が背中を押していた。
 「よく1点で踏ん張った。ズルズル行って大量点になったら、勝ちはつかないわけやから」
 岡田監督も目を細め、矢野も「良い球がきてた。これで負けたら悔いが残るよ」と称賛した。7回を5安打1失点。05年から続ける横浜戦の不敗神話も「6」まで伸ばした。
 「これからも負けないように、チームが勝てるように頑張りたいです」
 昨季の勝ち星(2勝)に早くも並んだ。不振を極めた過去と完全に決別。頼もしき右腕が甦った。


★低め意識、丁寧さが光った福原

 福原は丁寧さが光った。高さだけは間違わないように低めを意識していたので、内野ゴロの山を築いていった。リズムよく自分のテンポで五回までは投げていた。
 六回は球審に微妙な外角球をストライクとコールしてもらえないシーンが何度かあった。目を引いたのは金城に先制打を許した直後。二死一、二塁で、村田を迎えると長打に細心の注意を払って投げていた。コーナー一杯をついた結果、四球となったが、これは攻めた四球。ジャッジへのいらだちもあっただろうが、辛抱強く投げ、1点で切り抜けたため、白星も転がりこんできた。投手と打線の信頼感も強まる1勝だ。
 開幕から3試合に投げたが、先頭打者を切れば、ゲームを作ることができている。先発ローテの役割を1年通じて計算できる内容だった。


080414tig20080414071_MDE00019G080414T ★切り札・桧山、代打3打席連続安打!成功率ただいま6割!

 (セ・リーグ、横浜1−3阪神、6回戦、阪神5勝1敗、13日、横浜)打点はなくとも“決勝打”と言っていい。切り札・桧山が、またも勝利を呼び込むひと仕事。代打3打席連続安打で、熟練の存在感を見せた。
 「ラッキーな打球だけどね。福原がいい投球をしていたから、勝ちがついて本当によかったよ」
 0−1で迎えた八回。先頭の赤星が三塁打を放つと、すかさずお呼びがかかった。「三塁まで行ってしまったから、慌てて桧山を行かせたよ。準備はしとったけど」と岡田監督。赤星が出れば、平野の犠打でクリーンアップへ。そう描いていた指揮官にとっては少し早めにカードを切った格好だが、“緊急出動”にも本人は冷静だった。
 初対戦のウッドに対しフルカウントに持ち込むと、6球目。外角速球にバットを出した。左翼を襲ったライナーは捕球かバウンドか微妙な当たりだったが…。判定はフェア。赤星が三塁で自重する間に一気に二塁へ。無死二、三塁で主軸に回し、もう逆転劇のお膳立てをしてみせた。
 これで今季、代打のみで5打数3安打、成功率率6割。8日の中日戦(甲子園)の同点打から、怒とうの3打席連続安打だが「勝負強い? いい時も悪い時もあるから」とクールに受け流した。
 昨年は代打で結果が出ず、苦しんだ。その反省を糧に、今季は「いかにリキまないか。リラックスできるか」を意識。投手より心理的有利に立ちながら、心も体も平静を保つ。豊富な経験にひと振り稼業の神髄も加わり、今や“代打の神様”の輝きだ。
 「今はチーム状態がいい。先発が勝って抑えが締める。大量得点より、こういう競った展開がいいね」。今年で39歳だが、1歳上の金本と同じく、鍛え上げた体は若い。酸いも甘いも知る阪神一筋17年目のベテランが、これからも勝利の分岐点で、打席に立つ。


080414tig20080414081_MDE00017G080414T ★逆転の口火切る三塁打!好調・赤星、リキまずに6試合連続安打

 (セ・リーグ、横浜1−3阪神、6回戦、阪神5勝1敗、13日、横浜)勝利への起爆は、やはりこの男。赤星が流れを変える千金打だ。0−1で迎えた八回、先頭で打席に立つと、ウッドの134キロを深々と右中間に弾き返した。
 「転ばないように気をつけました」
 自慢の快足を飛ばして、楽々と三塁へ。球場の重苦しいムードが一気に吹き飛んだ。
 「前の打席のショックが大きかった。福原が犠打で送ってくれたチャンスを、タイミングが合っていたのに、リキんでしまって…。とにかくリキまず行こうと思いました」。
 五回一死二、三塁、遊ゴロに倒れた分を取り返す三塁打。振り返れば2日前の11日、やはり1点ビハインドの八回に先頭打者で凡退し、「何とかしたかった…」と猛省していた。再び巡った同じ局面。きっちりとリベンジするところが、ハートの強さだ。
 「とにかく福原が頑張っていたんで、逆転できて(勝ちがついて)よかった」。新井、福原と同期で大活躍。これで6試合連続安打で打率.340。好調な選手会長に導かれ、虎が首位を独走する。


★金本が2000安打を放ったバット、甲子園球場史料館に展示

 金本が2000安打を放ったバットが、甲子園の阪神タイガース史料館に展示されることが決まった。「飾ります。折れているところが、味があっていい」と沼沢球団本部長。連盟表彰は25日からの巨人3連戦か、29日からのヤクルト3連戦(いずれも甲子園)で行われる見通し。当日は、来場者に記念グッズの無料プレゼントも企画している。

hmnk_31 at 06:20│Comments(4)TrackBack(8) 阪神タイガース 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 8回に逆転か?  [ CherryBomb's T-blog ]   April 14, 2008 06:24
帰宅したときには試合終わってました。 今日の福原は良かったんですかね。 チャンスは1、2、5、6、8回、ピンチらしいピンチは6回だけ。 つまりもう3、4点取らないといけない試合ですかね。 見てないんで分かりません。 いずれにしろ、今日も勝って再び連勝、5...
2. また連勝、マジで今年は強い  [ CherryBomb In Ninja ]   April 14, 2008 06:24
テーブルスコアを見ると、虎ファンの皆様、ちょっとイライラした展開だと思いますが、8回に大逆転。 終わってみればこれでもかって面白い試合じゃなかったでしょうか? 私はと言うとちょっと仕事で出てまして、全く見てません。 まあ、帰ってきて負けてると寂しいですが...
3. 首位安泰  [ CherryBomb 我らがタイガース ]   April 14, 2008 06:24
今日は仕事に出てまして、全く見てないんで他の球場も含めて、テーブルスコアを見て感じたことを書きます。 先ずは我等が虎、はっきり言って強いです。 もうちょっと序盤から点を取らないといけないと思いますが、終盤にきっちり逆転、ジェフがいなくても、久保田と球児はき...
4. 福原墳投&メモリアル兄弟で横浜撃破!!  [ まっくのまっくりスポーツ日記 ]   April 14, 2008 09:44
福原は人が変わったように、気持ちを全面に押し出しての好投だったようですね。 前回の登板は不甲斐なかったですし、2軍で出番を待ってる投手たちもおるしね。 そして、前日に1000本安打を達成した新井が同点打、2000本安打を達成した金本アニキが勝ち越し打と、メモリア...
5. 4/13_○阪神3−1横濱(横濱スタジアム)  [ 仙丈亭日乘 ]   April 14, 2008 17:57
福原が好投。赤星、檜山、新井&金本の集中打。
6. 逆転!  [ 虎のおしゃべり堂 ]   April 14, 2008 18:19
 4月13日、阪神vs.横浜戦。  阪神打線は横浜先発のウッドを打てそうで、なかなか打ち崩せない。 初回の一死一、二塁は金本が、二回の一死満塁は福原が併殺に倒れ、 イライラがつのっていく。連打で得点しようとするチームならば、一つ 間違うとこういう展開になるのは...
7. 2008年 開幕5カード連続勝ち越し!新井・金本で逆転勝利!  [ 明日に向かって走ろう! ]   April 14, 2008 18:24
昨日の劇的なアニキ金本の2000本安打を 勝利で飾った阪神 今日は開幕からの5カード連続勝ち越しが かかった横浜との試合。 阪神福原VS横浜ウッドの投手戦(貧打戦になりました) 試合経過を見るといかに阪神が試合を押していたのが 分かります。 1...
8. アニキ&新井で決めた!  [ Maido-Okini ]   April 14, 2008 20:16
今日も出かけていて見てませんでした【2008年4月13日 対横浜 (横浜) 6 回戦】阪神3−1横浜1点リードされた8回赤星の3ベースヒットを皮切りに代打桧山→新井→アニキの連打で試合を決めました福ちゃんも踏ん張って投げたしナイスゲームでしたホンマいい感じちゃうのん...

この記事へのコメント

1. Posted by 少年   April 14, 2008 22:13
本当に調子がいい。
調子が良すぎて怖いです。もちろんこのペースで最後まで勝てるとは思ってませんが…。

とりあえず、最後までローテを守れる投手が何人いるかが優勝への鍵だと僕は思います。
安藤&下柳は心配ないにしても福原は毎回安定して投げられるか微妙だし、岩田は球団に対して2回目になれば捕まるかもしれない。管理人さんが言うように決め球がありませんから…。個人的には今季覚えたフォークをもうちょっと多投して欲しいです。スライダーに頼りすぎだとボロがでる。アッチはまだわかりませんが、杉山は今から大不安…。
林が帰ってくるの、楽しみですね!サード新井、ファースト林にされないように今岡には頑張って欲しい。サード今岡、ファースト新井、ライト林で使えるようにね…。少なくとも今の成績では無理でしょう。頑張れ今岡!
2. Posted by RED☆   April 15, 2008 00:19
こんばんわ!
明日から広島、ヤクルトですねぇ。
好調タイガースのとりあえずの不安は、5番の出来ですかねー。
そろそろリミットかも・・・。
3. Posted by mode-id@管理者   April 15, 2008 06:13
■ 少年さん

そうですね。怪我人を出さず、先発ローテを1年守る…これ重要ですから。(^^)
岩田には決め球が無いので、次回登板くらいから狙われる可能性が有りますねぇ…。
右打者のアウトコース低め=左打者の膝元に投げる球が無いですから…。
フォークやチェンジアップ等の打ち取れる球を磨いて欲しいですね。(^^;
杉山&福原には波が有るでしょうが、気持ちがちゃんと出来ているので二桁は行って欲しいです。
林君には早く帰って来て活躍して欲しいのですが…
1番赤星、2番平野、3番林、4番金本、5番新井、6番鳥谷、7番ルー…となると新井とルー以外全員左なんですよね…(^^;
そこだけがイマイチかも。だから本当は今岡が絶対に必要なんですよね。(^^;
4. Posted by mode-id@管理者   April 15, 2008 06:21
■ RED☆さん

今日の初戦を獲りたいですね…広島には今季こそ勝ち越したいですから。(^^)
本文にも書きましたが、まだ14試合やっただけですから、もう今岡を見切るには時期早々だと思いますし、それくらいの余裕が無いチームではダメだと思ってます。(^^;
今岡独りくらい不調でも浮き足立たない&戦って行ける余裕があるチームじゃないとトップ通過は怪しいでしょうからね。(笑)
まだまだリミットには早いですよ。(^^)
それに今岡の代わりの右打者となると関本しか居ないし…葛城にしても坂にしてもスタメンとなると左が並んでしまいますし、桜井は内野出来ないし。(^^;
だから今岡はまだまだ必要なんですよねぇ…頑張って欲しいです。(^^)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔