May 01, 2008

オリ濱中9回代打同点弾!新井弾丸伝説サヨナラ弾!球児1勝目!平野大きな三塁打!葛城5番の仕事!金本名球会贈呈式!林柵越え!

0804301★オリックス・濱中が九回同点弾も延長戦で勝てず、指揮官も苦言
★シビれた〜!新井サヨナラ弾、ドラマチック今季トラ甲子園1号
★球児、岡田采配に応えた!九回同点場面で登板3人斬り1勝!
★大きい大きい三塁打!ムード変えた平野、大歓声に「泣きそう」
★5番の仕事打!葛城、鮮やかタイムリー「必死で食らいついた」
★切り込み隊長・赤星ええ仕事!今季9度目マルチ&劇走2得点
★金本、13打席無安打も新井劇弾に笑顔…名球会ブレザー贈呈
★林、サク越え12本!「徐々に状態は上がってきています」
★史上初の快挙!広島・赤松プロ1、2号が2戦連続初回先頭弾


■今日のmode-id@管理者のつぶやき
新井の今季甲子園第一号のサヨナラ弾も感動的だったけれど、濱ちゃんの「9回裏、代打同点ツーラン」も見事でした。(^^)
新井の一発は思いを乗せた豪弾。そして濱ちゃんの一発は、やっぱり何度観ても美しい超越美。
1-3から変化球をジャストで捕えて左中間へ…あの美しい打撃フォームから繰り出されるアーチ…芸術的やねぇ…ホレボレするわ。(^^)
本来ならば新井のサヨナラが圧倒的にトップ記事ですが、滅多に濱ちゃんの記事が無いので、今日は思い切ってトップ記事です。(^^;
いやぁ本当に美しい…濱ちゃんが繰り出す一発は、フォームが奇麗、弾道が奇麗、そしてグランドを回る姿も美しい。(^^)
そしてハイタッチの笑顔…最高ですわ。(^^)
まだまだ今季3号。打率も.227。日替わりスタメンで定着出来てない…でもやっと上り調子になって来ましたし、打率も上向き。(^^)
濱ちゃんが起死回生の代打同点ツーランならば、赤松がプロ入り初の1号&2号を2試合連続の先頭打者ホームラン…そして新井の2号目は甲子園第一号。
虎ファンからすれば飛び交う3本のアーチは「縦縞戦士」という思いで繋がってる…Bsのオリックスブルーユニで、赤ヘルで、そして縦縞で…
今からこんな事を言うのは気が早いかもしれませんが、この3人をオールスターで観たい。是非とも。(^^)
同じセ・チームで戦う赤ヘル赤松と元赤ヘル縦縞新井、そして出来れば球児との対決が観たいオリ濱ちゃん…。(^^)
想像するだけで阪神から8人選ばれた年くらい楽しみになって来ます…。(^^)
もし…もしもこのまま首位キープで阪神からオールスターへ8人以上選ばれ、オリからもしも濱ちゃんが選ばれたら…
レフト金本、センター赤星、ライト赤松でファ−スト新井、セカンド平野、サード関本、ショート鳥谷、そして矢野&球児のバッテリー…打席で対峙するわオリ濱中…というとんでもないグランド状態が見られるかも…。
それって凄く無い?凄いわ。(^^)
でも、落合が決めるんだっけ?…あの性格じゃ無理かなぁ?(^^;
今後、濱ちゃんにはガンガン調子を上げて最下位オリの救世主になって、オールスターに選ばれるように頑張って欲しいなぁ…。
ファンにそんな夢を描かせる「3本のアーチ」でした。(^^)
新井お見事!赤松天晴!濱ちゃん最高!!!(^^)

PS.広澤コーチのブログによると…
下さんが、桧山が、そして岡田監督がそれぞれ「サヨナラ」を予感していたそうです…。(^^)
やはりベンチでは負けないムードが有ったって事ですねぇ…(^^)
そう予感して球児を同点9回のマウンドへ送ったのなら、岡田監督も凄いなぁ…大博打かはたまた天才か?<言い過ぎ。(笑)



0804302 ★オリックス・浜中が九回同点弾も延長戦で勝てず、指揮官も苦言

 (パ・リーグ、オリックス4−5楽天、8回戦、楽天6勝2敗、4月30日、京セラD大阪)九回に浜中が同点2ランを放ったが、勝利には結び付かなかった。コリンズ監督は勝ち越し点を許した山口に「今までもそうだけれど、球が高くなった」と苦言を呈した。今季4度目の延長戦でも勝ち星なし。指揮官は「やるべきことをしっかり実行できないといけない」と、投打がかみ合わない状況を嘆いた。


★9回浜中同点弾も延長で負け

 【オリックス4―5楽天】オリックスは2点を追う9回土壇場で代打・浜中が3号同点2ラン。しかし、その後のサヨナラ機を生かせず、チームは延長の末に敗戦。ヒーローになり損ねた浜中は「完ペキでした。あれで勝てればよかったんですけどね…」と肩を落とした。これで今季4試合の延長戦すべてに敗れて、借金9。指揮官は「何度も言っているように、やるべきことをしっかり実行できないといけないんだ」と嘆いた。

★浜中代打2ラン及ばす
<オリックス4−5楽天>◇30日◇京セラドーム大阪

 オリックスが延長10回に力尽きた。4番手山口が2死二塁からフェルナンデスに勝ち越しタイムリーを献上。2点を追う9回には代打浜中が青山から左翼へ3号同点2ランを放ったが、無念の空砲となった。
 山口は「みんなが一生懸命、同点にしてくれたのに…」とがっくり。浜中も「勝てれば良かったけど、気持ちを切り替えて頑張ります」と言葉少なだった。オリックスは最下位、借金9で4月を終えた。


080501tig20080501001_MDE00355G080430T★シビれた〜!新井サヨナラ弾、ドラマチック今季トラ甲子園1号

 (セ・リーグ、阪神6x−5ヤクルト、5回戦、阪神3勝2敗、4月30日、甲子園)起死回生の甲子園初アーチ! 阪神・新井貴浩内野手(31)が九回にサヨナラ弾。移籍後の聖地初本塁打が劇的弾となり、4安打固め打ちを豪快に締めくくった。チームとしても4月終了時初の貯金12。5月もこのまま、ガッポガッポと貯蓄して行きましょうや!!

 高く、美しく−。スラッガーにしか描けない放物線だった。舞い上がった打球を、浜風と勝利を渇望する甲子園の声援が後押しした。新井のバットが決めた。
 「詰まり気味だったんで、走りながら頼むから入ってくれと思って走りました。最高のホームラン、本当にうれしい。チーム全員の力です」
 5−5の九回。先頭で打席に向かった。カウント2−2からの5球目。4番手・松岡は20日の3回戦(神宮)で死球を受けた因縁の相手。そんなモヤモヤを一発で吹き飛ばした。「やりかえしたなんて、いわないでくださいよ」とニヤリ。133キロ真ん中のフォークを振り抜いた。打球は左中間席に吸い込まれた。
 「行け!!」。叫びながら駆けだした。移籍後初の甲子園でのアーチがこんな場面で飛び出すとは…。二塁ベースの手前で飛び跳ねた。笑顔の仲間が待つホームでは、ヘルメットを投げ捨て歓喜の輪に飛び込んだ。「覚えてないです」という手荒い祝福に身を任せた。
 野球選手冥利に尽きる瞬間。それを感じたくてここに来た。だから広島に別れを告げた。
 「新井はカープのユニホームも似合っていたけど、阪神のタテジマのユニホームもすごく似合っている。阪神に行っても頑張ってください」。毎年、正月に広島市内で行われる恒例行事。地元の支援者の言葉が心に染みた。酒席では正座をして一人ひとりにあいさつした。
 関係者は「プロ野球選手なんだから、ひざをついてお酌なんかして、ひざ痛めたらいけない。そこまでしなくていい」と明かす。それでも「いいえ、どうぞ」と言って律義にまわった。新井は常に心の支えになっている人たちへの感謝の念を抱いて戦いに臨んでいる。

080501tig20080501002_MDE00356G080430T 新井のサヨナラアーチは02年5月29日の中日戦以来。「ホームランを打つなら新井やと思っていた」と岡田監督。1試合4安打は昨年10月6日の横浜戦以来だ。
 「(打撃の状態は)いいのか悪いのか…。そんなにいい方ではない。でも、気持ちでやっているんです」。甲子園2度目のお立ち台。帽子を掲げながら笑顔で虎党に手を振った。打点を挙げれば12連勝。そんな不敗神話もある。
 チームが4月終了時で連敗がないのは85年以来のこと。4月を終えて貯金12は球団史上初だ。開幕からカード負け越しもない。V奪回へ導く男は新井貴浩−。その背中に夢を託そう。


■データBox

 ★…阪神が新井のサヨナラ本塁打で勝利。新井のサヨナラ弾は、広島時代の02年5月29日(中日戦)に記録して以来、自身2本目。
 ★…チームは4月を終えて19勝7敗1分け。4月終了時に19勝は、56年の18勝を上回る球団新。また4月だけでは16勝。月間16勝以上は06年9月の17勝以来だが、4月に限れば02、03年の各15勝を上回り、こちらも球団新になった。


080501tig20080501011_MDE00357G080430T★球児、岡田采配に応えた!九回同点場面で登板3人斬り1勝!

 (セ・リーグ、阪神6x−5ヤクルト、5回戦、阪神3勝2敗、4月30日、甲子園)この男が登板した時点で勝敗は決していたのかもしれない。同点で迎えた九回。セーブがつかない場面でも、当然のようにマウンドに上がった。球児はいつも通り試合を締めるつもりだった。
 「ビシッと抑えた結果のサヨナラ勝ち? そんなの関係ないです。それは新井さんに聞いてください。そういう気持ちだったのか。(攻撃は)ウラやから(同点での登板でも)いつも通りですよ。勝ってよかった」
 勝利を自らの手柄にはしない。あくまでも謙虚だ。だが、背番号22の剛球ショーが流れを変えたのは言うまでもない。
 先頭のガイエルは、追い込んでからド真ん中の152キロで見逃し三振。続くリグスはカウント2−1からフォークで空振り三振。最後の宮本は真ん中低めの直球で投ゴロに仕留めた。全18球のうち、実に12球が150キロ超えの剛速球。力でねじ伏せる投球で、強引に勝利の女神を振り向かせた。直後の攻撃で新井がサヨナラ弾。今季初勝利が転がり込んできた。

080501tig20080501012_MDE00358G080430T 「とにかく野球を大事にする。それが自分の体の状態を上げてくれるなら、どんどんやっていきたい」。超一流と呼ばれるようになった今でも、子どものころと気持ちは変わらない。キャンプでは投球のみならず、室内で打撃練習にも時間を割いた。
 「野球をする上で、投手のことだけとかじゃダメ」。どんなときでも真摯に野球と向き合ってきた。だから、野球の神様にも愛される。投げれば勝つ−。そんなイメージが板に付くのも当然の流れだ。
 「次(九回裏)は3番(新井)からだったし、この回で終わるつもりで球児を行かせたんや」
 岡田監督の笑いは止まらない。まさに狙い通りの勝ち方。球児が投げれば絶対に負けない。最強の守護神が右腕を振るたびに、猛虎の勢いはさらに加速していく。


★下柳、5勝目お預け…

 先発の下柳は6回を投げて10安打4失点。今季ワースト失点&被安打ながらも、勝ち負けはつかず。打線の援護に何度も助けられた。「そら、チームが勝つのが一番やからな。みんなの粘りや。感謝。感謝。感謝」。これで自身3度目となる月間MVP獲得の夢は遠ざかったが、チームが勝利したことで満足そうな笑み。


080501tig20080501021_MDE00360G080430T ★大きい大きい三塁打!ムード変えた平野、大歓声に「泣きそう」

 (セ・リーグ、阪神6x−5ヤクルト、5回戦、阪神3勝2敗、4月30日、甲子園)満員の甲子園から、地鳴りのようなコールを浴びた。七回。二塁の守備位置に向かいながら、平野の胸が熱くなった。
 「泣きそうになりましたよ…。込み上げてくるものがありました」。タテジマ1年生。自分に向けられた聖地の声援に全身が震えた。決勝打にこそならなかったが、歓声に応えるだけの大仕事をやってみけた。
 1点を追う六回二死一、三塁だ。この回に代打を送られた下柳に勝ち星をつけるには、ここでひっくり返すしかない。カウント1−1。「タイミングだけです」。五十嵐の142キロを振り抜いた。弾丸ライナーが右翼頭上を越える。今季初の三塁打。ベース上で両腕を高く突き上げた。
 前日29日に2失点につながる失策を犯した。「大勢のファンの前でミスをした。(きょうは)お客さんのために、10点差でもあきらめないつもりでした」という。攻守で代名詞のダイビングを連発した。“魔物”の住む甲子園。常に満員という重圧の中、つぶれるか、跳ね返すか−。聖地は平野のガッツにほほえんだ。
 赤星との1、2番は今季の虎の目玉。「学生時代からあこがれていた赤星さんと組めて本当にうれしいんです」と笑う。本人を前にそう話し、3歳上の先輩をニガ笑いさせたことも…。
 疲れが考慮され、22日からのナゴヤドーム3連戦はスタメン落ちした。だが岡田監督は「少し休ませて、また振れるようになってきたな」とニンマリ。アイコンタクトだけで動ける俊足コンビががタッグを組めば、攻撃力は計り知れない。
 「(他の打席で)つなぐ役割ができなかった。1番も3番もみなさん頼もしいんで」。2安打1犠打でも納得できない。平野はその責任と興奮にまた震えた。


★5番の仕事打!葛城、鮮やかタイムリー「必死で食らいついた」

 (セ・リーグ、阪神6x−5ヤクルト、5回戦、阪神3勝2敗、4月30日、甲子園)もう5番が穴だとは言わせない。「キャンプ以来の絶好調男」葛城が、新井、金本の後ろの大役を立派に果たした。
 「攻めていこうと思ってました。打った瞬間は抜けるかどうかわからなかった。三振だけはいけない場面だったので必死で食らいつきました」
 逆転された直後の三回一死満塁だ。リオスが連投してきたチェンジアップを鮮やかに右前に運んだ。同点タイムリー。今岡が、フォードがため息を誘ってきた悪夢の打順で、走者をかえす仕事をきっちりこなした。
 五回にも右前打、七回には四球を選んで出塁。つなぎ役も十分にこなした。5番でのスタメンは6試合目(偵察メンバーからの代打を含む)。通算成績は16打数6安打、打率.375。数字は文句なしだ。
 現時点では相手先発が左腕の場合、スタメンの選択肢は首脳陣にはないが…。「出たときにどれだけ結果を出せるかですよね」。その言葉を今の葛城ははっきりバットで示している。


080501tig20080501041_MDE00361G080430T★切り込み隊長・赤星ええ仕事!今季9度目マルチ&劇走2得点

 (セ・リーグ、阪神6x−5ヤクルト、5回戦、阪神3勝2敗、4月30日、甲子園)赤星が今季9度目のマルチ(複数)安打。一回は左前打で先制点につなげ、六回は中前打で一時逆転を演出した。前日4月29日は5日以来、今季2度目の出塁ナシに終わっていた。「どうしても出塁したかった。練習は調子が悪かったけど『何とかできる』と思っていた」と笑顔。新井のサヨナラアーチには「(生還後に)全員で無視するつもりだったんだけど」とジョークもさえた。


080501tig20080501051_MDE00363G080430T★金本、13打席無安打も新井劇弾に笑顔…名球会ブレザー贈呈

 (セ・リーグ、阪神6x−5ヤクルト、5回戦、阪神3勝2敗、4月30日、甲子園)金本の通算2000安打の表彰式が試合前に行われ、名球会の金田正一会長からブレザーが贈呈された。「(新しい仲間が増え)明るいわ。あの子(金本)たちがこれからを背負っていくんだ」と同会長。球団からは背番号と鉄人にちなみ、鉄をイメージしたアルミ製の6キロのバットなども贈られた。
 試合は3打数無安打1四球に終わり、これで13打席無安打。ただ弟分・新井の劇弾に「あの当たりでな。入ったとは思わなかったけれどな。風かな」と表情を和ませた。普段は手厳しい“バット投げ”のパフォーマンスにも「きょうばかりはOK? ははは」と笑っていた。

080501tig20080501052_MDE00364G080430T


★林、サク越え12本!「徐々に状態は上がってきています」

 鳴尾浜でリハビリ中の林が4月30日、昨年12月の右肩手術後、19日以来2度目の屋外フリー打撃を行った。79スイングで12本のサク越えを放ち順調な回復を見せた。「7、8割の力です。徐々に状態は上がってきています。早くゲームに出たいけど、また痛めてはいけない」。5月末の一軍復帰へ、今後も患部の張り具合を見極めながら打ち込んでいく方針だ。


080501bt20080501031_MDE00382G080430T★上初の快挙!広島・赤松プロ1、2号が2戦連続初回先頭弾

 (セ・リーグ、巨人3−4広島、5回戦、広島3勝2敗、4月30日、東京ドーム)赤松が前日(同29日)から2試合連続で初回先頭打者本塁打。2試合連続は昨年7月の巨人・高橋由伸以来、プロ野球史上28人目(3試合連続1人を含む)で33度目(同1度を含む)だが、プロ1、2号だったのは史上初。ちなみに2試合連続ではないが、プロ1、2号が先頭弾だったのは53年の毎日(現ロッテ)・栗木孝幸がいる。


hmnk_31 at 07:15│Comments(2)TrackBack(8)阪神タイガース | 今日の濱中治

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 甲子園第一号はサヨナラHR!  [ パイプの部屋 ]   May 01, 2008 07:45
甲子園第一号、自分は葛城が打つんじゃないかと予想していましたが、新井のサヨナラHRという最高の結果になりました。最終回、クリーンアップの誰かが何とかしてくれると信じてました。9回、藤川を投入、対してヤクルトは延長を見込んで松岡の続投。これが明暗を分けま...
2. 新井獅子奮迅!サヨナラ弾で4月貯金12!!  [ まっくのまっくりスポーツ日記 ]   May 01, 2008 11:06
新井大暴れでしたねー。 先制打にチャンスメイク、サヨナラホームランと、3番打者の仕事を全部やってのけました。 やっぱ頼りになる男です。 平野の逆転3ベースも大きい一打でしたね。 久保田が同点に追い付かれてしまったものの、この勢いが新井のサヨナラホームラ....
3. 来たで来たでェ!新井祭りや!  [ 虎のおしゃべり堂 ]   May 01, 2008 18:50
 4月30日、阪神vs.ヤクルト戦。  初回、ヒットで出た赤星を平野が送って新井の先制タイムリー、流れるような 攻撃で1点を奪った。  しかし三回、下柳が川島、田中にタイムリーを打たれ2対1と逆転される。 解説の湯舟さんが、この回から風が強くなってきたから心配だと...
4. 下やんがんばれ!  [ Maido-Okini ]   May 01, 2008 19:12
下柳粘った粘った。今季最多4失点も負けなかった(デイリー)「ナインに感謝、感謝、感謝」 昨日は、ピリッとせんかったけど、粘り強く投げてましたね。球数も111球と今季最多去年やったら5回で間違いなく降板していたと思うけどよう頑張ったと思います勝ちをつけてあ...
5. 今朝のサンスポ/新井サヨナラ弾!!  [ 成り行きアラカルト日記 ]   May 01, 2008 20:13
ドラマチック!今季トラ甲子園1号がサヨナラとは!新井の本領がでてきた試合。同点で迎えた9回裏、先頭打者新井、投手松岡、カウント2ー2からの5球目を高く美しく決め、本人も「最高のホームラン、本当に嬉しい、チーム全員の力です」と。{/good/} {/plane_wel/}阪神優勝{/pl...
6. 兄貴のほめ言葉  [ Happy mind ]   May 01, 2008 20:45
昨日の劇的さよならホームラン。新井さん、すごいジャンプ力 新井さんのホームランを兄貴がほめたみたいですね・・・(いつもは打った瞬間にバットをほうるんでお叱りを受けているらしいですが・・・ 昨日は「風かな^^」って。それが、兄貴流のほめ言葉だったらし...
7. 負け越し  [ 兄弟ブログ ]   May 01, 2008 21:49
今日は0??2の完封負けで、今季初のカード負け越しです 先発はボーグルソン。 今日の出来は結構良かったと思うけど、ボール一つ分のコントロールに泣いたって感じですね 球自体は力があって良かったんやけどなぁ っていうか、今日の審判は厳しいコース取ったり、...
8. 阪神、ヤクルトにサヨナラ勝ち??!!  [ ぽんたのエスティマ日記 ]   May 02, 2008 06:42
4月30日(水)甲子園球場[E:baseball] 阪神6-5ヤクルト 私、途中

この記事へのコメント

1. Posted by S.O   May 01, 2008 12:09
新井のホームラン、まさにホームランバッターのきれいな放物線を描いてましたね!試合もシーソーゲームで、甲子園で見ていた人は満足されのではないかと思います。
あと、オールスターの監督は原監督ではないでしょうか。一応、昨年のリーグ優勝は虚塵ですので…。間違えてたらすいません。
2. Posted by mode-id@管理者   May 01, 2008 14:56
■ S.Oさん

あっ!そうか!おっしゃる通り、去年のセ・リ−グ優勝は一応、嘘人でしたね!…(爆)
それじゃぁやはり腹監督がオ−ルスターの監督という事になるんでしょうねぇ…
なんだか恥の上塗りって感じが…(笑)

それにしても昨日の新井のサヨナラは奇麗で気持ちよかったですね。(^^)
やはりホームランバッターの一発は、何時何処で観ても奇麗なものですねぇ…。(^^)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔