August 13, 2008

阪神今季初5連敗。安藤1球に泣く。関本マルチ。金本繋ぎを。渡辺ピンチ作り降板。上園&金村明暗。新井場外弾!

bsb0808130433010-p1★ヤバッ!!阪神、今季初5連敗…Gワリ7差
★ああ1泣…安藤、連敗止めれず6敗目
★関本、復帰即マルチ安打も…笑顔なし
★金本、打線全体につなぐ意識訴える!
★「四球が…」渡辺、ピンチつくり降板
★ピンチで登板の江草、流れ断ち切れず
★「いい加減辞めろ」ラグビー・松尾氏がゲキ
★上園と金村暁、明暗くっきり分かれる
★二軍調整中の久保田、1回3人斬り!
★新井場外弾!腰痛なんの「やるしかない」
★ジャイアンツ・藪、3人ピシャリの好救援


■今日のmode-id@管理者のつぶやき
今季初の5連敗。まっ、これが死のロードの「いつもの光景」って事ですわ。(^^;
やっと関本、林君が復帰して来ても、あんな「左右」采配してちゃいつまでたっても勝てないですしねぇ。
今日も負けるんじゃないの?って感じですが、取り敢えず「いつもの光景」って事で受け流しておきましょうか…
でも勿論、諦めてる訳でも投げ出している訳でもなく、そうでも考えなきゃ昨日のような「采配で負ける」試合はやってらんねーって事ですわ。(^^;

そして五輪。皆さんは深夜まで盛り上がってますか?(^^)
私はどんどん盛り下がってます。(^^;
もう始まっているというのにルールが変わったり、事前に用意していた事が却下されたり、華やかな裏で人命に関わるような事件が起きていたり、開会式の一部映像がCGだったりと、「本来の戦い」以外の部分で起きる「五輪にそぐわない」事件ばかりで萎える一方です。(^^;
挙げ句の果てに、野球では試合開始5分前まで交換したメンバ−表から2名までは変更が認められるようになったんだとか…
前回の予選でそれをやられていたので星野監督も予期はしていたでしょうが、いきなりの変更に激怒だそうです。
阪神は酷い負け方だし、五輪は萎えるような事ばかりで盛り下がる一方だし、どうにもこうにもつまらないお盆になりそうな気配が…。(^^;


bsb0808130433010-p2★ヤバッ!!阪神、今季初5連敗…Gワリ7差

 (セ・リーグ、巨人7−0阪神、15回戦、巨人8勝7敗、12日、東京ドーム)ちょっと虎がおかしいゾ。今季8度目の完封負けで、今季初の5連敗。阪神・岡田彰布監督(50)は“基本に帰れ”と喝を入れた。2位とは最大13ゲーム差あったが、振り返れば7差。13日勝てば優勝マジック「36」が再点灯するが、怪しいムードが漂ってきた。

 光が見えない。北京五輪で盛り上がる中で、泥沼に入り込んだ。試合がない4日間もリフレッシュにならず、今季8度目の完封負け。岡田監督の余裕の笑みに、逆に悲壮感も漂う。ピリっとしないリリーフ陣に“喝”を入れた。
 「先頭打者に四球やん。そういうことよ。7番からの打順でな。四球も何も起きんと一塁にいけるわけやから」
 2点ビハインドの七回、2番手・渡辺が先頭打者の鶴岡に四球。最も嫌う形から勝負を決める5失点が生まれた。小差を守って、終盤の逆転につなげてきたのが本来の形。だが、球児を五輪で欠くリリーフ陣が、またも持ちこたえられない。
 「はっきりしてるからな。ずっと後ろの投手が打たれるときのパターンは、同じような先頭打者への四球。誰かがそういう失敗するの見てるのにな」。先頭の四球は命取り−。基本に立ち返れ、とゲキを飛ばした。
 打線もチグハグ。苦手グライシンガーに対して、左打者を1番から6番まで並べた。左ひざ故障明けの林が1安打、腰痛明けの関本も2安打を放った。宿敵から6安打を放ち、4四球を選んでも本塁が遠い。八回まで毎回走者を出したが、好機で一本でない。5連敗中の平均得点はわずか1.8点と深刻だ。「三振じゃ何も起こらんよ」と打線にもつなぐ意識の徹底を求めた。
 今季初の5連敗で、最大13ゲームあった2位・巨人との差が7ゲームまで接近。13日に勝てば、優勝マジック「36」が再び点灯するが、ムード的には正念場。虎は吠え方を忘れてしまったのか。がけっ縁のときこそ、チームの真価が問われる。


bsb0808130433009-p1★ああ1泣…安藤、連敗止めれず6敗目

 (セ・リーグ、巨人7−0阪神、15回戦、巨人8勝7敗、12日、東京ドーム)敗戦&負傷のWショックが、足取りを重くさせる。魔の1球に泣いた安藤が、グライシンガーとのエース対決に投げ負けた。
 「あの球を本塁打にされるのは、完全な力負け。小笠原さんが上だった。切り替えていくしかない」
 まさかの一撃だった。一回一死一塁で小笠原への初球。外角低めの直球を左翼席に運ばれた。信じられない…。ぼう然と着弾点をみつめるしかなかった。「失投じゃない。コースはボール」と久保チーフ投手コーチ。相手のうまさが光る一発だったが、悔やんでも悔やみきれない先制2ランになってしまった。
 それでも、二回以降は立て直す。虎投の柱としての自覚があった。4日の横浜戦(横浜)以降、先発陣が総崩れで4連敗。ローテが一巡し、連敗ストップを託された。7月19日の中日戦(ナゴヤD)から3連勝中でチームトップの10勝。「(連敗中の)重圧はなかった」。オレが負の流れを止める−。その一心で腕を振り、体を張った。
 六回二死一塁では、二岡が放った足元を襲うゴロに反応。右ふくらはぎで打球の勢いを殺し、アウトに仕留めた(記録は三ゴロ)。駆け寄るトレーナーを制し、痛みで顔をゆがめながらも自力でベンチに戻った。打線の奮起を促す気迫あふれるプレー。だが、思いは届かず、1カ月ぶりの6敗目。連敗ストッパーの役目は果たせなかった。
 「5連敗したけど、まだ7ゲーム差ある。焦ることはない」
 痛む右足を引きずりながらも、最後にエースは前を向いた。やられた分は、やり返すだけだ。


bsb0808130433008-p2★関本、復帰即マルチ安打も…笑顔なし

 (セ・リーグ、巨人7−0阪神、15回戦、巨人8勝7敗、12日、東京ドーム)奮闘も、報われなかった。腰を痛めて戦線離脱していた関本が「7番・三塁」で先発復帰し、2安打1四球。万全の状態ではないが、全力を尽くした。
 「うーん…。特にない。チャンスで打てればよかったんだけど…」
 その足取りは重い。2点を追う六回一死二、三塁の好機で、空振り三振に倒れ、悔しさをにじませた。四回二死一塁で左前打。4日の横浜戦(横浜)で5号3ランを放って以来、13打席ぶりに快音を響かせた。しかし、勝たなければ笑顔には、なれなかった。
 疲労性の腰痛のため、7日の広島戦(京セラD)でベンチ入りを外れた。試合がなかったこの4日間は、患部を休めストレッチを入念に行った。ウオーミングアップ後は、トレーナーのマッサージを入念に受けて打撃練習に向かった。「腰を言い訳にするつもりはない。ベストを尽くすことを考えている」。5度の守備機会はキッチリこなした。
 「終わったことをいっても仕方がない。あした勝つために考えます」
 つなぎ役も、主軸も任せられるユーティリティー。帰ってきた絶好調男が、ここから意地をみせる。


bsb0808130433007-p2★金本、打線全体につなぐ意識訴える!

 (セ・リーグ、巨人7−0阪神、15回戦、巨人8勝7敗、12日、東京ドーム)後半戦好調の金本は六回にグライシンガーから右前打を放ち、チャンスメークしたが、七回二死一、二塁では2番手左腕・山口の前に遊ゴロ。打点を挙げることができなかった。「次の打者に回していくしかないよ」。打線全体につなぐ意識を訴えていた。


bsb0808130433006-p1★「四球が…」渡辺、ピンチつくり降板

 (セ・リーグ、巨人7−0阪神、15回戦、巨人8勝7敗、12日、東京ドーム)試合の流れを変えるために投入された2番手・渡辺が捕まった。七回から登板し、先頭の鶴岡に四球を与えるなど、一死二、三塁とピンチをつくったまま降板した。「四球がすべてです。2点差であの回を抑えればなんとかなったんですけど…」と肩を落とした。


bsb0808130432005-p1★ピンチで登板の江草、流れ断ち切れず

 (セ・リーグ、巨人7−0阪神、15回戦、巨人8勝7敗、12日、東京ドーム)ピンチで登板した江草は、流れを断ち切れなかった。七回一死二、三塁でマウンドへ。鈴木尚を空振り三振に斬ったが、続く木村拓に内角直球を左翼線へ運ばれ、試合を決める2点を失った。
 「正面きって勝負してしまった。直球を4球続けてもったいなかった。今いるヤツでがんばるしかない。ない袖は振れない」と久保チーフ投手コーチは反省を促した。


bsb0808130432002-p1★「いい加減辞めろ」ラグビー・松尾氏がゲキ

 試合前の三塁ベンチに、かつて新日本製鉄釜石ラグビー部(現釜石シーウェイブス)で活躍した松尾雄治氏(54)=現成城大監督=が訪問。親交のある金本、下柳を激励した。「彼らにはもう40歳になるんだから、いい加減に辞めろといっているんだ。何歳までやるつもりなんだろうね。後輩に譲ることを知らないんじゃないかなぁ。でも、ベテランが頑張るから、今の阪神には相乗効果があるね」と、笑顔で話した。


bsb0808130432003-p1★上園と金村暁、明暗くっきり分かれる

 阪神・金村暁が12日、ウエスタン・中日戦で先発し、3回を5安打3失点。上園も3回を投げ、1安打無失点。明暗が分かれた2人だが、星野コーチは「上園は随分良くなっている。金村は上から受けた修正点を直している最中」。高評価を受けた上園は「前回の登板では打者に向かっていく気持ちが足りなかった。早く一軍に上がりたい」と手応えを口にしていた。


bsb0808130432004-p1★二軍調整中の久保田、1回3人斬り!

 不振で二軍調整中の阪神・久保田智之投手(27)が12日、ウエスタン・中日戦(鳴尾浜)で、5日の広島戦(京セラD)以来となる7日ぶりに実戦登板。七回から登板し、1回を無安打無失点。17球で三者凡退に仕留め、復調をアピールした。
 「今の調子? よくはないと思いますよ」。MAX155キロを計測したが、星野二軍投手コーチは「直球には勢いを感じたが、意外に当てられて、ファウルにされたなという印象」と指摘した。
 最短となる16日の横浜戦(京セラD)での一軍復帰には、「気持ちとしてはそうしたい。でも、上が判断することですから。ぼくはとにかくがんばるだけ」。自らを戒めるように、キッパリと言い放った。


★新井場外弾!腰痛なんの「やるしかない」

 新井が12日、場外弾で復調をアピールした。この日夜に行われた練習グラウンド(両翼98メートル、中堅122メートル)でのフリー打撃で12スイング中、サク越え3本。左翼フェンス向こうにあるブルペンを越えて、道路に着弾する推定140メートル弾もあった。「(腰は)大丈夫も何も、やるしかないですから。4番? シーズンと同じ。やることは変わらないです」。腰は万全ではないが、初戦に向けて復調の手応えアリ。「自分としては最後までグラウンドに立つつもりです」と話す4番は、熱いハートでジャパンの中心に座る。

★ジャイアンツ・藪、3人ピシャリの好救援

 ジャイアンツの藪恵壹投手(39)が10日(日本時間11日)、ドジャース戦で好救援し、チームの2試合連続の逆転サヨナラ勝ちに貢献した。3−4の八回、低めを突いて下位打線を3人でピシャリ。逆転への流れをつくった。「あきらめちゃいけない。無駄な点をやらなければこういう展開になる」。右手中指の故障から復帰後、調子は上向き。「あしたでも、あさってでもいける」と力強かった。

hmnk_31 at 06:52│Comments(6)TrackBack(6) 阪神タイガース 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ええ加減に勝ってくれ!  [ パイプの部屋 ]   August 13, 2008 08:47
前半戦の好調さはどこへ行ってしまったんでしょうか。ちょっと前なら3点差ぐらいは簡単に跳ね返していたものが、最近は1点を取るのに苦労しています。新井がいなくなり鳥谷を3番に抜擢した事により、下位打線の繋がりがなくなってしまったこと。矢野不在のため、打率1...
2. ええ加減に勝ってくれ  [ 自由気ままに虎など ??ガンバレ!阪神タイガース ]   August 13, 2008 08:50
前半戦の好調さはどこへ行ってしまったんでしょうか。 ちょっと前なら3点差ぐらいは簡単に跳ね返していたものが、最近は1点を取るのに苦労しています。
3. オリンピック期間はシーズン休止にせよ 巨7-0阪  [ 北海道から阪神タイガースを斬る!! ]   August 13, 2008 09:00
■今日もつまらん試合でしたね ■あっさり先制を許し、チャンスにことごとく凡退 ■はっきりいってこの弱さキャッチャーに原因あり ■琮..
4. 8月13日 ポイント  [ 阪神タイガース日記 ]   August 13, 2008 12:40
優勝するためには、1年のうちに何試合かポイントになる試合がありますが、今日の讀賣戦は、タイガースにとってそういう試合になるでしょう。 今日勝ってマジックを再点灯させ8ゲーム差に開くか、負けて6ゲーム差になってしまうか。 岡田が独りで焦って妙な采配をし...
5. ズルズル五連敗、今のタイガースに何が足らないの?!  [ しっとう?岩田亜矢那 ]   August 13, 2008 13:33
4日間の休みを挟んでの再開である。 なんだったら北京五輪期間中、 ずーーーーーーーっと 休んでいて頂いてて良かったんだけど。 だいたい今夜も巨人vs阪神戦 しかも首位争いしているにも関わらず、地上波放送無しだっせ! 世間はすっかり五輪モード、 きっどさんも柔道と...
6. 止まらない負の連鎖……  [ まっくのまっくりスポーツ日記 ]   August 13, 2008 18:24
どうにも止まらないですね…… 巨人相手に為す術なき大敗。5連敗になってしまいました。 どうしても先制点がほしいところでしたが、先発の安藤が四球の後、小笠原にこれぞ東京ドームホームランというラッキーパンチを浴び2失点。 確かにもったいないが、その後のピッ...

この記事へのコメント

1. Posted by 公園の虎鳩   August 13, 2008 10:24
こんにちは◎(>_<)ここに来てデカイ連敗に なりましたね…CS一位通過が望ましいですが我らがKYタイガース、いっそのこと首位陥落してCSを勝ち抜くドラマを…っても岡田の左右病ぢゃ難しいですかね▼岡田は正座させたくらいぢゃアカンみたいやし…(怒)
(`◇´)どうしましょう…
2. Posted by 神奈川の虎一   August 13, 2008 14:40
5 こんにちは。

テレビ観戦できないので詳しくわからないですが、負の連鎖でしょうか?新しい戦力が出てこないとキツイかもしれませんね…^^;

オリンピックのメンバー交代のルールもふざけてますよね!世界のルール=勝てば何でもありが露骨ですね!グローバルスタンダードと同じ理屈で吐き気がします!
NHKは観れますので今日はオリンピック観戦する予定です(^^)
3. Posted by mode-id@管理者   August 13, 2008 16:13
■ 鳩さん

いやぁ今季は頂点穫ってもわなきゃ誰も許さないでしょー。(笑)
阪神は決してメイクドラマなんかじゃないんですよ…疾風怒濤。これぞ阪神。(^^)
だから駆け抜ける。
その為にも昨日のような左右采配は無用なんですよねぇ…一度も首位を明け渡す事なく駆け抜ける為に今日を勝つ。それしかないんですよねぇ…
その為にも、そろそろ岡田さんには木戸っさんに変わってもらいましょうか…。(^^;
4. Posted by mode-id@管理者   August 13, 2008 16:18
■ 神奈川の虎一さん

広澤コーチが言ってましたが、今阪神はどん底で虚人が最高の状態にある、そういう事でしょう。
流れが悪い。その為にも起爆剤が欲しいのは確かですね。林君がそうなってくれるはず…。

星野監督が言っていましたが、ルールや状態が何がどうあれ、ガキの頃に学んだ野球をやるだけ=基本に戻れ、基本が一番大事って事です…。
島野さんがずっと言ってた事です…

くしくも今日は阪神100試合目。
今日は阪神も星野ジャパンも島野さんの心と一緒に戦う…それしかないでしょう。(^^)
5. Posted by 公園の虎鳩   August 13, 2008 17:16
(^◇^)なるほど。
でも、一度も首位を明け渡す事もなく ぶっちぎりもドラマな感じですよね◎
来期このまま岡田続投じゃ左右病は続くだろうし…私も木戸さんがイイです!
今日は お休みを頂きましたがドームのチケットは厳しいと思うし千葉マリンは遠いので鳩小屋で星野JAPANを応援します◎
6. Posted by mode-id@管理者   August 13, 2008 18:53
■ 鳩さん

ぶっちぎりの好調の中にも去年の連敗や最近のようにダメ虎があるのが阪神です。(笑)
それを楽しまなきゃ…(笑)
まぁ岡田監督が辞任すれば、いずれ次期監督は木戸さんに決まりでしょう…それがいつになるのやら。(^^;

私は阪神と星尾ジャパンの二本立てで応援します!(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔