August 16, 2008

星野監督オランダ解消にも不満足。日本の4番新井初安打!金本怒り心頭!阪神中継ぎ陣崩壊!

bsr0808152337014-p2★星野監督、オランダに快勝も「甘くなかった」
★日本の4番・新井が期待に応える五輪初安打
★金本が敵の“危険球”に怒りあらわ
★阪神中継ぎ陣が崩壊 今季ワースト1回7失点
★岡田虎8月最下位…M35でも先行き不安
★やっぱり神様!桧山意地打
★金本、礼儀を欠いた行動にムカッ
★鳥谷、仁志の遊ゴロ弾く
★桜井、91日ぶりヒット
★赤星、痛恨のタイムリーエラー
★下柳、40歳の2ケタ勝利ならず
★林、顔面通過ヒヤリ
★野口、マルチ安打を記録
★藪が5敗目 1/3回1安打1失点


■今日のmode-id@管理者のつぶやき
星野ジャパンの昨日のオランダ戦について、格下相手に情けない勝利だったと判断する方も多いようですね。(^^;
確かにそうなのかもしれませんが、一昨日も書いたように、宮本キャプテンの言葉を借りればこれが国際大会という事ですよ。
安パイなんて無い。メダルを獲得する事がどれほど我々の想像を超えた次元に有るものなのか無知な我々は知らなさすぎる。
想像を超えているから知らないし分かり得ない、知る由もないし、知らないから無謀な事を実は言ってたりもします。(^^;
五輪はテレビの中で起こってるんじゃない。北京で起こっているんだって感じですね。(^^;
オランダに苦戦するようじゃ韓国に勝てるのか?これが殆どの方の見解だとは思います。私もそう。(^^;
しかーし!そんなのは現場を知らないから身勝手に言える事。当たり前に勝てると思うな!?安易過ぎ…ってスポーツの神様に言われそうだ。(^^;
韓国に勝てるよう、必死で応援しよう…勿論、昨日無様な負け方をして今日は必勝の阪神の試合と共に。(^^;
今日も韓国戦は日本時間の夜8時からです。ちなみに阪神もナイターで6時試合開始。また両方同時に見なきゃ。(^^;>ちなみに日曜は星野ジャパンは試合無し。阪神はナイターです。
頼むぞボギー!!!(≧_≦)

で、その阪神の金本。
昨日の最終打席で三振し、ベンチに帰り際に背中越しのバットを放り投げて怒りを露にした事件。
その瞬間、テレビ中継を見ていてもハッキリ分かるスタンドのどよめきが…。
私は、その金本の姿を見て、チャンスで打てなかった自分への怒りなんだと感じてしまいたが…
実際は、抜け球とはいえ大量点差でワンアウトランナ−無しという場面なのにブラッシュボールまがいの胸元への危険球と、それを詫びなかった横浜相川捕手の態度への怒りだったそうです。
金本怒らせちゃイカんよ。間違った事で怒るような人じゃない。(^^;
その金本があんなにバット放り投げるとは…少し前にヘルメットを叩き付けた時以上かも。(^^;
これを逆に阪神打線爆発への火種にしたいと思うのはファン心理でしょうか?(笑)
「アニキにあんな事しやがって!アニキを怒らせたらただじゃ済まさんぞ!」と打線が活気づいて欲しいですねぇ…。(^^)
コーチが何か指導するよりも、金本の口から「打線を繋ぐ意識がない!」と一言漏れれば翌日繋がる。>実際に金本が「今日は繋ぐ意識が出来ていた」って言ったもんねぇ。(笑)
金本がベンチ前であんな姿を見せれば、当然他の選手が燃えるでしょう。それに期待したい。
まぁそんな事に期待しなきゃ勝てない状態のがマズイんですけどね。(^^;
さて、ボギーに大和魂が理解出来るのかどうかが今日のキーポイントになるのかもねぇ?(笑)
阪神の星野ジャパンも男気と大和魂で勝利を呼び込め。どちらも今日は必勝。頑張れ。


bsr0808152320013-p1★星野監督、オランダに快勝も「甘くなかった」

 野球1次リーグ(15日、日本6−0オランダ、五ケ松球場)日本は一回に4得点。1次リーグ3試合目で初めて先制し、快勝した。一回には4番の新井に今大会初安打となる三塁打が飛び出し、自ら4点目のホームも踏んだ。星野監督は「いつかは出ると思っていたけど、4番だからホッとしている」と正直に打ち明けた。それでも、八回まで追加点が奪えないもどかしい展開に「いろんな選手を使いたかったから、もっと早く点がほしかった。甘くなかった」と満足はしていない様子。16日の韓国戦については「あしたが勝負。きょうの投球と打撃でいってほしい」と必勝を誓った。


bsr0808152337014-p1★日本の4番・新井が期待に応える五輪初安打

 野球1次リーグ(15日、日本6−0オランダ、五ケ松球場)日本の主砲の座は風前のともしびだった。
 4番・新井はキューバ戦の第1打席、絶好の先制機で見逃し三振に倒れた。それを引きずるように台湾戦でも精彩を欠き、星野監督は「打席で悩んでいるバカがいる」と独特のいい回しで、もどかしさを表現していた。さらに「短期決戦だから、それもひとつの考え」とアジア予選から任せてきた4番からの降格も視野に入れていた。

 連日のように試合は続く。悩んでいる暇はない。だから新井はシンプルに考えた。「しっかり切り替えてやるしかない」。それは多少、強引でもバットを出していく決意表明にも聞こえた。
 一回、1点を先制し、なお無死一、二塁。初球の外角球を素直に右方向へ。五輪初安打は走者一掃の2点三塁打となった。さらに五回には甘く入った変化球を左越え安打。「1、2戦は受け身になっていた。とにかく積極的に自分のスイングをしていこうと。自分から仕掛けていこうと思った」。この前向きな気持ちが五回の打席でも初球の空振りに続くフルスイングとなって表れた。
 星野監督はこうもいっていた。「でも1本打ったら変わるよ。きょう見ておけ」。不振でもなおギリギリまで信頼した指揮官と期待に応えた新井。1次リーグ突破への最大のヤマ場、韓国戦を控え、ひとつ不安要素が消えた。


★森野将彦
「いい形をつくってもらった。何とか先制点を取りたかったので、打ちたいという気持ちで打席に入った」

★稲葉篤紀
「(一回の犠飛は)打点を挙げられてよかった。でもその後、好機で凡退したので、あした(16日)はもっとしっかり打ちたい」


bsb0808152301009-p1★金本が敵の“危険球”に怒りあらわ

 (セ・リーグ、阪神4−11横浜、14回戦、阪神10勝4敗、15日、京セラD大阪)阪神・金本が珍しく怒りをあらわにした。4−11と大量リードを許して九回一死走者なし。
 横山の3球目が金本の胸元をかすめた。続く4球目で空振り三振に倒れ、ベンチに戻りながら高くバットを放り投げて、危険なボールに抗議した。金本は試合後に「あそこに来る必要があるのか? 一番いけないのはその後。『悪い』とかひと言あっていいんじゃないか」と捕手・相川の態度をとがめた。


★岡田監督(九回の金本への危険な球に)
「(金本は)相川に怒っとったな。ナメられたらいかん」

★下柳(6回3失点で4敗目)
「何もないです…」

★渡辺(七回に横浜の勢いを止められず)
「何とかしないといけない場面だったんですが…」

★久保チーフ投手コーチ(中継ぎ陣に)
「七回以降、クシャクシャの試合。あす(16日)がんばります」


bsb0808152250008-p1★阪神中継ぎ陣が崩壊 今季ワースト1回7失点

 (セ・リーグ、阪神4−11横浜、14回戦、阪神10勝4敗、15日、京セラD大阪)球場全体にしらけた空気が漂う。阪神は七回に中継ぎ陣が崩壊し、今季ワーストの1回7失点。あまりにも長い守りに、スタンドでは裏の攻撃に備えて膨らませた風船が、あちらこちらで飛び上がった。
 まずはリーソップ。1点を失い、なお一死一、二塁。そこから2連続四球でもう1点を献上し、降板した。後を受けた渡辺も安打に押し出し四球に、また安打。2/3回で3安打1四球と負の流れを断ち切れなかった。
 五輪で藤川が抜けた8月、岡田監督が期待を寄せていたのが、この2人だった。期待を裏切り、リーソップは「この1カ月で4試合(の登板)。フォームの修正もしているし、間隔が空いて難しい」と悩みは深い。
 質、量ともに豊富なはずの阪神救援陣。本調子に戻るには、もうしばらく時間がかかりそうだ。


bsb0808160544010-p2★岡田虎8月最下位…M35でも先行き不安

 (セ・リーグ、阪神4−11横浜、14回戦、阪神10勝4敗、15日、京セラD大阪)虎、8月急降下−。阪神は新外国人のリーソップ投手(25)ら救援陣が火だるまで、何と今季ワーストの1イニング7失点だ。最下位横浜にまで大敗を喫して、これで8月は2勝6敗の“月間最下位”のていたらく。巨人も敗れて優勝マジックは「35」に減ったものの、鉄壁を誇った救援陣の崩壊…。何とかしてくれ!

 フライングで飛んだジェット風船が、虎党のブーイングだった。2点のビハインド。逆転へ粘るべき七回に救援陣が大炎上した。8月戦線に慣れっこになったシーンだが、今回はひど過ぎた。
 まずはリーソップ。1点を失い、なお一死一、二塁。そこから2連続四球で押し出しの1点を許して降板してしまった。「言い訳になってしまうが、間隔が空いて難しいところがあった。フォーム調整もしているし、毎日投げられればしっくりくるんだろうけど」。1/3回を5失点。剛腕は巨体を申し訳なさげに丸めた。
 続く渡辺が火に油を注いだ。金城に中前適時打、大西に押し出しの四球、石井に右前適時打…。リーソップのためた走者を次々とかえした。「自分が、なんとか止めないといけない場面だったのですが…」。渡辺が言葉を飲み込んだ。結局、この回だけで今季1イニングチームワーストの7失点。試合の中盤以降を粘り切れない。虎の救援陣の崩壊で8月に8試合で早くも6敗目だ。
 北京五輪で藤川が抜けた8月、岡田監督が期待を寄せていたのが、リーソップと渡辺だった。その期待を裏切った。おまけに藤川に代わって柱となるべき久保田は、不調で二軍落ち。質、量ともに鉄壁を誇っていた虎の救援陣が崩れ出し、首位を走るチームの勢いがピタリと止まった。
 「リーソップは前回よりフォーム的な部分はよかった。ただ、クイックとかランナーを背負った場面とか、やらなければならないことは多い。それは、ゲームとかブルペンの積み重ねだから」
 リーソップは後半戦に2試合登板して、防御率は目をおおう23.1。渡辺も8.1と苦しんでいる。中西投手コーチは、我慢の時を強調したが…。
 最下位・横浜相手の大敗に「なめられたらアカン。こんなところにな」と岡田監督はゲキを飛ばした。しかし、その声に呼応する救世主は見あたらない。首位チームが情けない窮状に陥った。


bsb0808160543009-p3★やっぱり神様!桧山意地打

 (セ・リーグ、阪神4−11横浜、14回戦、阪神10勝4敗、15日、京セラD大阪)たまりにたまった3万4020人の虎党のフラストレーションを、ほんの少しだけ解消させた。桧山が首位の意地をバットで示した。
 「シモ(下柳)さんも粘って投げていたし、打線も最後までいい形でつないでいこうと思った」
 直前に中継ぎ陣が崩壊し、9点を追う七回だ。金本の押し出し四球で1点を返し、なお無死満塁。『代打・桧山』のコールに沸き立つスタンドの大声援に送り出された。カウント0−1からの2球目、外角直球をジャストミートし、中前にはじき返す適時打。7月19日の中日戦(ナゴヤD)以来、27日ぶりのタイムリーだ。ファンのため、なによりチームのために、最下位の横浜相手にやられっ放しでは終われなかった。
 もう一つ、ぶざまな姿をさらすわけにいかないワケがあった。バックネット裏の球団ブースに、昨年12月に亡くなった島野育夫前総合特命コーチの遺影が置かれた。「初盆ということもありますから」と球団関係者。若手のときには毎日グラウンドで指導を受けながら汗を流し、選手会長時代はチームをまとめるためのアドバイスをもらった。「今の自分があるのは島野さんのおかげ」と感謝の気持ちでいっぱいだ。おい、何をやっとるんや!! ドームのどこかで見守っている鬼軍曹の声が、聞こえた気がした。
 「自分が出たときには、どんな場面でもいい結果が出るように考えているよ」
 どんな劣勢に立たされても、あきらめずに最善を尽くす。タテジマ一筋の39歳が見せた猛虎魂。16日こそは、恩師に勝利をささげてみせる。


bsb0808160543008-p1★金本、礼儀を欠いた行動にムカッ

 (セ・リーグ、阪神4−11横浜、14回戦、阪神10勝4敗、15日、京セラD大阪)野球人として許せなかった。4−11と敗色濃厚な九回一死。カウント2−0からの3球目、横山の投じた球は金本の頭部付近にきた。身をよじって間一髪よけたが、命を脅かす1球だった。空振り三振に倒れると、バットをほうり投げた。背中に怒気を漂わせながらベンチに下がった。
 「あの点差で、(投球が)あそこにくる必要があるか? 一番アカンのはその後や。『わりぃ、わりぃ』とか(謝る)一言があってもいいんじゃないか」
 勝負をしている以上、厳しく内角を攻められることはわかっている。「中村武志さん(元中日)、古田さん(元ヤクルト)、村田さん(元巨人)はそういう一言があった」。捕手・相川の礼儀を欠いた行動。怒りの矛先はそこへ向けられた。
 5月7日の巨人戦(東京D)では木佐貫から頭部死球を受けた。「オレは大丈夫だから気にするな。今度対戦するときは思い切り投げてこい」。翌日、謝罪に訪れる右腕を、アニキは男気で気遣った。だからこそ、わだかまりはなかった。岡田監督は「怒っとったなあ。大変やなあ、あしたから」と、今回は遺恨になることを気にかけた。
 試合では2度の得点機で凡退した。4打数無安打1三振。敗戦の悔しさがあった。相手の態度へ、やるせなさもあった。金本はそれらの感情を抱え、球場を後にした。


bsb0808160541002-p1★鳥谷、仁志の遊ゴロ弾く

 (セ・リーグ、阪神4−11横浜、14回戦、阪神10勝4敗、15日、京セラD大阪)鳥谷は相手のビッグイニングにつながる失策を犯してしまった。1−4の七回一死二塁で仁志の放った痛烈な遊ゴロを弾いてしまった(記録は失策)。その後も、四球や適時打を重ねられ一挙7点で試合を決められた。「次にしないようにするしかないです」。敗戦後は、言葉少なに話し球場を後にした。


bsb0808160542007-p1★桜井、91日ぶりヒット

 (セ・リーグ、阪神4−11横浜、14回戦、阪神10勝4敗、15日、京セラD大阪)桜井は「7番・右翼」で今季4度目のスタメン。二回の第1打席で三塁強襲の内野安打。実に5月16日のヤクルト戦(甲子園)以来、91日ぶりに今季2本目のヒットを放った。「(打撃の)感じは悪くない。ボールの見極めもできている。まだチャンスはあると思うので、なんとか貢献したい」。右打ちの外野手が少ないだけに、これから存在感を示したい。


bsb0808160542005-p3★赤星、痛恨のタイムリーエラー

 (セ・リーグ、阪神4−11横浜、14回戦、阪神10勝4敗、15日、京セラD大阪)1点リードされた直後の六回一死一、二塁で金城の中前打を赤星がグラブに当てたが、後方にそらしてしまった。痛恨のタイムリーエラー。3点目を献上してしまった。「オレが焦ったのがすべて。守備位置も下がっていたし、投げることに意識がいってしまった」と反省した。しかし「打つ方で取り戻すしかないと思った」と左前打で出た七回には金本が選んだ押し出し四球で2点目のホームを踏んだ。


bsb0808160542006-p1★下柳、40歳の2ケタ勝利ならず

 (セ・リーグ、阪神4−11横浜、14回戦、阪神10勝4敗、15日、京セラD大阪)またしても40歳の2ケタ勝利はならなかった。先発・下柳が六回に崩れた。先頭の石川に中前打を許すと、内川の適時打と赤星の失策で2失点。6回を5安打3失点(自責2)でマウンドを降りた。「先発が悪いから負けた。それだけ」。短い言葉を残して、球場を去った。勝てば史上5人目(のべ7回目)、阪神では1949年の若林忠志氏以来、2人目の偉業達成だったのだが…。


bsb0808160541004-p1★林、顔面通過ヒヤリ

 (セ・リーグ、阪神4−11横浜、14回戦、阪神10勝4敗、15日、京セラD大阪)八回一死に代打で打席に立った林は、2球目の144キロ内角高めストレートが顔面スレスレに。「顔のところまで来ましたね。びっくりはしなかったよ。いやだなぁと思いましたが、切り替えました」と、オトナの対応。だが、続く3球目と4球目は空振り。結果は三振に終わってしまっては…。


bsb0808160541003-p3★野口、マルチ安打を記録

 (セ・リーグ、阪神4−11横浜、14回戦、阪神10勝4敗、15日、京セラD大阪)下柳と今季2度目のバッテリーを組んだ野口は、七回が終了するとベンチでとリードについて意見を交わした。「あの場面だけじゃない。(打者への)攻め方とかいろいろなこと」。普段は矢野と組む左腕だからこそ、多くの話し合いをして配球の意図を確認しあっていく。打撃では5月21日のオリックス戦(スカイM)以来のマルチ安打を記録した。


★藪が5敗目 1/3回1安打1失点

 アストロズ−ジャイアンツ(14日・ヒューストン)ジャイアンツの藪恵壹投手は七回途中、4−4とされた直後に3番手で投げ、1/3回1安打1失点で敗戦投手になった。今季3勝5敗0セーブ。チームは4−7で敗れた。
 腰の不調を訴えているアストロズの松井稼頭央内野手は欠場した。


hmnk_31 at 06:15│Comments(2)TrackBack(14)阪神タイガース 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 第101戦 ( YB 11??4 T )  [ 原始人の日記・ぼやき・独り言 ]   August 16, 2008 06:37
下柳が先発。初回、吉村に左中間適時二塁打で先制。 六回、リードもしてないのに守備にバルディリス。中安打・犠打・右適時打で1失点。 で、6回88球5安打3四球2失点3自責点。マズマズの投球でした。 YBはウィリアムスが先発。 二回、桜井と野口の連打で一死二三塁、下...
2. 「最強左腕」と「アーティスト」との競演  [ 某野球記者の日記 ]   August 16, 2008 08:15
粟生野記者が北京で取材活動をしている頃沖縄でバケーションを過ごしている京野秘書とウインキーさんはホテルのビーチで寝そべっていました。京野秘書は相変わらずのピンクのビキニ姿でウインキーさんも黒のワンピース姿でしたが京野秘書も北京にいる粟生野記者が心配で時々...
3. オランダに圧勝  [ パイプの部屋 ]   August 16, 2008 08:34
NHKの中継って、なんであんなに悲観的なんでしょうか。中盤以降、ランナーを出す度にピンチ、ピンチと。4点差もあるのにヒット1本打たれたぐらいで大袈裟すぎます。流石に杉内も目一杯のピッチングをしていて6回、7回になると疲れが出るでしょう。田中マー君は2四...
4. オランダに圧勝  [ 自由気ままに虎など ??ガンバレ!阪神タイガース ]   August 16, 2008 08:43
NHKの中継って、なんであんなに悲観的なんでしょうか。 中盤以降、ランナーを出す度にピンチ、ピンチと。 4点差もあるのにヒット1本打たれたぐらいで大袈裟すぎます。
5. ウチのスカウトの目は節穴か  [ パイプの部屋 ]   August 16, 2008 08:44
北京オリンピックの柔道の決勝を見ている間に、1−1で競ってた試合が10−1に変わっていました。(;_;)打線は相変わらず低調。目一杯チャンスがありながら決定打が出ません。ヒットが出ていない訳ではないので、やはり打線の組み方の問題だと思います。鳥谷は6番、関...
6. ウチのスカウトの目は節穴か  [ 自由気ままに虎など ??ガンバレ!阪神タイガース ]   August 16, 2008 08:47
北京オリンピックの柔道の決勝を見ている間に、1??1で競ってた試合が10??1に変わっていました。(;_;)
7. <北京五輪> 野球 ○日本6X−0オランダ  [ 仙丈亭日乘 ]   August 16, 2008 09:30
新井の初ヒットは2點タイムリー3壘打!
8. 阪神(>_  [ M’s CAFE ]   August 16, 2008 13:04
京セラドームで横浜戦。 下柳の10勝目を期待していたけど、悪夢の7回で残念ながら…。 巨人も負けたので、優勝マジックは35になりました。 星野ジャパンは、やっと新井が打ってくれました! 4打数2安打2打点で、私もホッとしました。 今夜の韓国戦での活躍も期待...
9. 星野ジャパン、オランダには勝ったけど?  [ いい加減社長の日記 ]   August 16, 2008 13:17
昨日は、初回に4点を取った段階で。 オランダにはかわいそうだけど、「あ、こりゃコールドかな?」と思って。 夜に備えて、少し寝てたんですが。 10時半ぐらいに起きて、テレビをつけたら、まだやってる。 しかも4??0のまま^^;
10. リリーフ陣ぐだぐた……  [ まっくのまっくりスポーツ日記 ]   August 16, 2008 14:23
なんだかなぁ…… 序盤は打線が拙攻、中盤から終盤にかけては投手陣が崩壊。 反撃は完全に勝負が決してからと、ストレスばかりが溜まる試合でしたね。 リーソップは、やっぱりかって感じですし、よく頑張っていた渡辺も最近はちょっと思ったように制球出来ていない。 ....
11. クリーンアップで速攻!星野JAPANオランダに完封勝ち!!  [ まっくのまっくりスポーツ日記 ]   August 16, 2008 14:47
やっと出ました! 初回、3番森野が先制タイムリー。そして、4番新井が2点タイムリー3ベース! この2人にヒット、しかもタイムリーが出たのは大きいですね。 その後、稲葉もきっちり犠飛で一挙4点先取。 今までの鬱憤を晴らすような速攻で、いよいよ星野JAPAN全開....
12. <五輪野球>2勝目 オランダに6―0  [ 地球の日記☆マーク♪のblog☆ ]   August 16, 2008 19:26
星野ジャパン、2勝目 オランダに6―0 2008年8月15日22時41分 1回裏日本無死一、二塁、新井は右中間に適時三塁打を放つ 力投する日本先発の杉内 オランダを下し、先発の杉内(中央)らがチームメートを出迎える  北京五輪第8日の15日、野球1次リーグ第3...
やっとこウチの新井が仕事して 初回から4点先制! こりゃ一方的な試合になるな〜 コールドゲームが早目に終わるぞ 22時からは女子サッカーに専念できる、 と油断していたら・・・ いつまで試合やっとんねん? てかオランダ相手に「ええ勝負」しとんがな! 杉内も結構打た...
14. 星野ジャパン、オランダに快勝!  [ TORACCHO'S ROOM E-Package ]   August 17, 2008 01:16
星野ジャパンの金メダルに向けた戦いの第3戦はオランダでした。勝って当然、勝たなきゃ大変な試合でした。 初回に1、2戦と不調だった森野選手のタイムリーと新井選手のタイムリー3ベースに稲葉選手の犠牲フライでいきなり4点を先制しましたが、2回以降は相手のピッチ....

この記事へのコメント

1. Posted by 公園の虎鳩   August 16, 2008 09:56
(;^◇^)mode-idさんて、いつ寝てるんですか?あんな時間にコメントしたのに…wなんだかスミマセン。おっしゃる通り戦う試合現場は大変だと思います。私的にはオランダを見下すような事ばっかり言っていた実況が大変不愉快な日本人でした。
(゚◇゚)相川くんイッパイイッパイだったのでしょうか…
どんな偉大な選手でも野球の道具を粗末に扱う事は感心しませんが…▼
2. Posted by mode-id@管理者   August 16, 2008 12:24
■ 鳩さん

毎日の仕事の時間がまちまちなのと午後からの仕事の時が多いので、普通の会社員の方の生活サイクルとは全く違う生き方をしております。(笑)
だいたい深夜に寝て、午前中に起きて直ぐにこのブログ記事をアップするか、早朝に記事をアップしてからお昼まで寝る事が多いですね。(^^;
基本、6時間程度以下の睡眠が多いですね。(^^;
ちなみにこの記事をアップしてから眠って、先ほど12時ジャストに起きました。(笑)>って事は、今日は5時間睡眠です。(^^;

国際試合とは何が起こるか分からないですから、どのチームも余裕なんて無いと思いますし、野球が予定(予想)通り試合が進めば誰も観ませんしね。(笑)

金本は相当怒ってましたよ…岡田監督のコメントが不気味です…「大変やな明日から…」って、どうなるんでしょうか。打線爆発?(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔