August 22, 2009

1イニング7失点の能見、まさかの背信。ブラゼル先ずは代打で戦列復帰!花巻東の菊池、緊急降板。

bsb0908212229015-p2★虎、ヒヤリ!!花巻東・菊池、緊急降板
★まさかの背信…能見、イッキ7失点
★悪いなりに、粘らないとね
★阪神に唯一の救い打!ブラゼル、戦列復帰
★虎総帥、寒すぎる完敗に「ガッカリです」
★阪神完封負け…能見まさかの1イニング7失点


■今日のmode-id@管理者のつぶやき
能見、まさかの1イニング7失点でしたね…能見にとっては悪夢のようだったかも…
まぁ昨日の試合の感想は、一瞬の『間』に尽きます>詳細は1つ前のブログ記事を参照下さい<個人的にはあの『間』が非情に嫌な感じだったので…。
そんな試合の中で、唯一の朗報はブラゼルが代打で出て来た事、ヒットにこそなりませんでしたが、外野にいい当りを飛ばした事。
そして赤星が打撃練習等に参加し始めたという事くらいでしょうか…
ブラゼルに関しては、守備はまだ出来ないそうで、打撃は何とか可能って事で代打に登場したらしいです。
当面は代打起用のみ。守備が出来るようになったらスタメン…そういう流れのようですね。
赤星に関しては無理はして欲しくないものの、早くスタメン復帰出来る状態になって欲しいですね…やはり昨日の能見の7失点の中にも赤星ならば確実にアウトに出来たであろうセンター前に落ちるヒットが有りましたからねぇ…
1番浅井の起用が成功したのはヤクルト一場の出来が悪かったからであって、早々上手くは行きませんから…
まぁそれでも嘆いていては何も始まりません…今の戦力で、精一杯の闘いをするのみです。
昨日の大敗はスッキリ負けたって事で、今日&明日をしっかり勝ちましょう。
一筋縄ではいかないしぶとい広島ですから、我が阪神も粘り強く積極的に行きたいですね。
…で、今日の先発は阿部???…大丈夫でしょうかね?ちと心配。(^^;


bsb0908220505006-p1★虎、ヒヤリ!!花巻東・菊池、緊急降板

 第91回全国高校野球選手権大会第12日(明豊6−7花巻東=延長十回、21日、甲子園)降板を告げるアナウンスに、2万7000人のどよめきが銀傘にこだました。猛虎の悲鳴も聞こえたのは気のせいではない。虎の恋人・菊池雄の顔がゆがむ。注目を集める男が、思わぬ形でグラウンドから姿を消した。
 「背中がつるような感じ」。異変が起きたのは五回二死。四回まで無安打投球も、連投で無理を強いてきた体が悲鳴をあげた。左翼に回ったが六回、代打を送られた。四回無死一、二塁では犠打を決めたが、一塁で野手と交錯して倒れるアクシデントもあった。
 肝を冷やしたのは、すでに1位指名の方針を固めている阪神だ。前日20日のヤクルト戦(神宮)を終え、昼過ぎに甲子園に帰還した沼沢球団本部長は、直後に“恋人”の緊急降板を知った。
 「大事に至らないことを祈っています」
 過去のドラフトでは競合する選手を外したリスクを考えて、次ランクの選手を指名したこともある。だが、今回は、坂井オーナーが「競合になっても、1番ほしい選手を獲ってほしい」と厳命。日本ハム、中日、広島、楽天などと競合も覚悟のうえで、早い段階で歴史的本命に指名した。
 「20年に1度の逸材」(球団関係者)と評価する黄金左腕に、猛虎再建の夢を託したい。若返りが課題のチームは、借金12の5位と低迷。獲得となれば、これ以上ない起爆剤となる。
 沼沢本部長は、菊池が選出されることが濃厚な日本高校選抜の親善試合(米ロサンゼルス、9月1−9日)について「担当スカウトは行かないが、別の人は検討しています」と改めて明言。密着マークを続ける方針だけに、気が気ではない。
 実は、菊池は2日に甲子園入り後、練習中に背中を痛めていた。9日に病院で検査。2回戦・横浜隼人戦翌日の19日には、痛み止めの注射を打つほど悪化。「無理したくない気持ちもあった」。試合後に尼崎市内の病院でエックス線検査を受け、背筋痛と診断された。
 大黒柱の無念の降板に、ナインが発奮。岩手県勢90年ぶりの4強入りを決めたが、背中には不安が残る。今後はアイシングなどの治療で回復に努めるが、都城商−中京大中京の勝者と当たる23日の準決勝に登板できるかは微妙な状況だ。
 「きょうは迷惑をかけた。準決勝は自分が投げるしかないです」
 周囲の心配をよそに菊池は言い切った。みちのくの剛腕は、悲壮な決意で戦い抜く。その姿を、猛虎が目に焼き付ける。


bsb0908220502003-p1★まさかの背信…能見、イッキ7失点

 (セ・リーグ、阪神0−9広島、15回戦、広島8勝7敗、21日、京セラD大阪)時計の長針が1回転しないうちに試合が決していた。スコアボードに刻まれた「7」を背にトボトボとベンチに戻った。4連勝中だった能見がまさかの背信投球。試合をぶっ壊してしまった。
 「不運な当たりも多かった? いや、でも伏線はありましたから。(二回)先頭の四球とか…。自分でカウントを悪くしてしまうというのもあったし。しっかりと反省して、引きずらないようにしないといけないです」
 薄暗い駐車場。反省の弁ばかりが口をついた。
 二回。2四球と内野安打で一死満塁のピンチを招くと、石原にぶつけて、嶋に中犠飛。二失も絡んで再び満塁とすると赤松に左前適時打、フィリップスに走者一層の左中間二塁打を献上した。5回自責2も、自身2007年9月11日(対広島)以来、自己ワーストタイの7失点。今季のカープ戦連続無失点イニングは「21」でストップした。
 「こういうこともありますよ」。久保投手コーチは多くを語らず、タクシーの扉をバタン。山口投手コーチも「本人に聞いてください」。エース左腕の立て直しに期待するしかない。


★悪いなりに、粘らないとね

 (試合後、一塁側ベンチ裏のミラールームで)
 −−序盤の大量点で流れが決まった感じ
 真弓監督 「感じではなく、そうやね」
 −−能見はらしいピッチングではなかった
 「(二回は)四球から始まって、(相手の攻撃の)中にも四球があって、死球もあった」
 −−状態そのものはそう悪く見えなかった
 「序盤で(能見が感触を)つかめないところはあったけど、もう少し粘らないと。悪いなら悪いなりに、粘らないとね。あそこまで点を取られると(苦しい)ね」
 −−ブラゼルが代打で出場。しばらく体調を見ながらこういう起用が続くのか
 「そやね」
 −−打席では思いきりバットを振っていた
 「練習から振れていたからね」


bsb0908220502004-p1★阪神に唯一の救い打!ブラゼル、戦列復帰

 (セ・リーグ、阪神0−9広島、15回戦、広島8勝7敗、21日、京セラD大阪)沈黙ばかりだった京セラドームの虎党を、期待通りのフルスイングで喜ばせた。0−7で迎えた五回二死二塁。左肩故障が心配されたブラゼルが代打でコールされると、大歓声が沸き起こった。
 「スイングには問題ない。日に日によくなっているよ。調子を上げて、100%の状態に戻したいね」
 初球から、スタンドがどよめく空振り。3球ファウルし、カウント2−1から6球目。長谷川の外角低めフォークにうまくバットを合わせた。中前への飛球は、赤松の好守に阻まれたが、上々の“復帰打”だった。
 最悪の事態は免れた。19日のヤクルト戦(神宮)で二回に右前打を放った後、左肩の痛みを訴えて交代。前日20日に帰阪し、精密検査を受けていた。長期離脱も心配されたが、この日は元気に球場に現れ、練習前にブルペンで状態をチェック。真弓監督、和田打撃コーチらの前でティー打撃を行うと、グラウンドでフリー打撃も披露した。
 守備練習はしていないだけに、岡野手チーフコーチは「日増しによくなっているが、まだ(守備で)腕を伸ばしたりがね」と慎重。当面は代打となりそうだが、和田打撃コーチは「打つ方に問題ないことはわかったから、守備さえクリア出来れば…。出られる範囲の痛みなら出て欲しい」とコメント。22日の状態次第で、スタメン出場の可能性も残した。
 「守備も徐々に慣れていきたい。あした? あしたにならないとわからない。自分一人では決められないから」とB砲。土俵際の戦いが続く虎だけに、一発長打の大砲の完全復帰が待たれる。


bsb0908220502005-p1★虎総帥、寒すぎる完敗に「ガッカリです」

 (セ・リーグ、阪神0−9広島、15回戦、広島8勝7敗、21日、京セラD大阪)燕のシッポが遠のいていく…。阪神は、広島に0−9と惨敗。12安打10点の猛攻で3位ヤクルトの追撃態勢を整えた前日20日とは一変、散発4安打、今季7度目の完封負けで5位に逆戻りした。観戦した坂井信也オーナー(61)は「ガッカリや。痛い1敗やね」。ターニングポイントになりかねない敗戦に、表情は険しかった。
 六回以降、牙を抜かれたかのように三者凡退を繰り返す姿が、寂しかった。巨人、ヤクルトとAクラス相手に2カード連続勝ち越して、意気揚々と戻ってきた京セラドーム。しかし、突き放すべき広島に惨敗して5位転落。ふがいない内容に、坂井オーナーが口を開いた。
 「波に乗れない? おっしゃる通り。きのう(20日)勝って、きょう乗らないとアカンのに…。残り試合が(少)ないところでね。こういう試合をしていたら、ガッカリです。痛い1敗やね」
 総帥は、背中を丸めて家路を急いだ。険しい表情は、最後まで崩れることがなかった。
 4連勝中の能見が、二回に4安打3四死球、失策も絡んで大量7失点。1イニング7失点は、4月7日の甲子園、8月8日のマツダスタジアムといずれも広島が相手で、今季3度目。繰り返される“惨劇”に意気消沈した打線は、散発4安打で今季7度目の完封負け。東京遠征でつけた勢いを、地元でそがれてしまった。
 「序盤の大量点で決まった感じ? 感じではなく、そうやね」
 毎度のように勢いに乗れないチームに、真弓監督も口が重かった。
 鯉の先発は大竹という大方の予想を裏切り、左腕・青木高。しかし、二回に左手人さし指を負傷して、その裏から右腕・長谷川が登板。“奇襲”が即座に消滅したにもかかわらず、チグハグぶりにつけこめない。二回無死二塁、四回一死一、二塁、五回無死二塁と三度も好機を作りながら、得点できなかった。
 「攻撃は、展開にもよるが、こういう試合をしていたらイカンということです。クライマックスシリーズ進出が厳しい? ノーコメントです」
 チームを信じている。だからこそ厳しい言葉も口にする。坂井オーナーの苦しい胸の内が、ポロリとこぼれた。
 3位ヤクルトが勝ち、その差は9.5。勝っていれば広島を突き放し、夏のロードも8勝8敗と5分の星に戻していた。今季、1試合3発の次の試合は6戦6敗。波に乗れない象徴だ。下位に取りこぼしていては、希望の光は消えてしまう。


bsb0908212229015-p1★阪神完封負け…能見まさかの1イニング7失点

 (セ・リーグ、阪神0−9広島、15回戦、広島8勝7敗、21日、京セラD大阪)阪神は先発の能見が序盤の二回、自己ワーストタイの1イニング7失点で8敗目。打線も沈黙し、今季7度目の完封負けを喫した。
 早々に試合は決した。
 「一戦一戦、頑張るだけです。勝てるように頑張ります」
 一回を3者凡退に抑えた能見だったが、次の回に悪夢が待っていた。
 先頭の栗原に四球を与え、一死後に天谷には内野安打。小窪を歩かせて石原は何と押し出しの死球。代打の嶋には犠飛を許し、フィリップスには走者一掃の適時二塁打…。
 いつ果てるとも知れない攻撃がようやく終わると、スコアボードには「7」が刻まれていた。
 そこには4連勝してきた能見の姿はない。5回93球でKOされ、2007年9月11日の広島戦以来となる7失点。チームも1イニングで7点とられたのは今季3度目(4月7日、8月8日)という無残な試合となった。
 前夜は1イニング3本塁打で、再び奇跡のクライマックスシリーズ進出に向け怪気炎をあげたはず。しかし、たった1日でその勢いもしぼんでしまった。


★久保投手コーチ(能見に)
「不運なところもあったし、こんな時もあるでしょう」

★和田打撃コーチ(打線に)
「展開は関係なく、目の色を変えてやらないと」

hmnk_31 at 05:45│Comments(4)TrackBack(4) 阪神タイガース 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 能見まさかの炎上  [ 自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース ]   August 22, 2009 10:59
昨日は客先の納涼祭に参加したので試合を見れず。 ふん、試合を見てないのでダメージなんかないわ。
2. 阪神0??9広島 ぁれっ、ノーミンどした?  [ 地球の日記☆マーク♪のblog☆ ]   August 22, 2009 12:57
阪神完封負け…能見まさかの1イニング7失点 8月21日22時27分配信 サンケイスポーツ  (セ・リーグ、阪神0??9広島、15回戦、広島8勝7敗、21日、京セラD大阪)阪神は先発の能見が序盤の二回、自己ワーストタイの1イニング7失点で8敗目。打線も沈黙し...
3. 広島9−0阪神 ノーミンに夏の夜の悪夢  [ もぅ新聞紙ゎ要らない ]   August 22, 2009 12:58
阪神・能見“魔の2回”7失点…相性良かった相手に  <広島9−0阪神> マウンドには過去4戦とは別人の左腕がいた。スコアボードに「7」が刻まれた2回。能見の端正なマスクは徐々に苦もんの表情へと変わていった。三者凡退で切り抜けた初回から一転。音を立.....
4. 大量得点と大量失点  [ ディープインパクト@まこっさん ]   August 22, 2009 23:06
8/20 対東京ヤクルト15回戦 神宮 5勝10敗 【シーズン 103戦 44勝55敗4分】 久保(7勝5敗)??金村曉 【本】鳥谷12号、金本16号、浅井1号 浅井くん祭りでした。 暁さんはリハビリ登板かな。 リリーフより先発で勝たしてあげたいな。 8/21 対広島カープ15回戦 ...

この記事へのコメント

1. Posted by 神奈川の虎一   August 22, 2009 07:12
5 おはようございます。

昨日の試合は観れなかったのですが、これだけの大差の方が切り替えがしやすいと思います!最近調子の良い能見選手で負けるのはキツイですが…(^_^;)
今日、明日しっかり勝ってほしいです(^^)
2. Posted by mode-id@管理者   August 22, 2009 07:24
■ 神奈川の虎一さん

能見は調子が良かっただけに、逆にこういう場面で耐えられ無かったのかもしれませんね。>解説の岡田元監督が言ってました。
こういう敗戦はスッキリ切り換えて今日を勝たねばなりませんね。(^^;
3. Posted by Mr.カロリー   August 22, 2009 11:25
野球は何かの拍子で一気に大量点が入ってしまうんで怖い生き物だということでしょうね。ブラゼルが頭から出られないのは痛いけど連敗はダメですよね、先発予想は阿部。うーん、自分も今から不安なような。
4. Posted by mode-id@管理者   August 22, 2009 17:02
■ Mr.カロリーさん

そうですね。たった一瞬の出来事で状況が一変してしまう…。
今日の先発は今の時点ではまだ発表されていませんが、もし阿部だとしたら連敗をしないよう不安感の無いマウンドを頼みたいですね。(^^)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔