January 06, 2010

藤川球児、高知観光特使に就任!城島、ヤジ歓迎。新井、超早初打ち。高橋光、気合い十分一番乗り!

bsb1001062042010-p1★藤川、高知観光特使に就任!竜馬でPR
★ヤジって!城島「何しとんねん」歓迎
★意見ぶつけ合え!南社長、メール禁止令
★新井、4番指名及び腰も…超早っ初打ち
★虎の顔になる!D4秋山、美顔器持参入寮や
★沼沢本部長「1に優勝、2に優勝…」
★坂井オーナー、阪神優勝の経済効果に納得顔
★復活へ!新井、進化のカギ掴んだ
★南社長、主力の本音聞き出す!
★高橋光、気合十分!練習場一番乗り


bsb1001062042010-p2★藤川、高知観光特使に就任!竜馬でPR

 高知県の尾崎正直知事は6日、阪急阪神ホールディングス(HD)と共同開催する「龍馬のふるさと高知キャンペーン」をPRするため、同県出身で阪神タイガースの藤川球児投手を観光特使に任命、大阪市内で委任式を行った。
 キャンペーンは、今月からNHK大河ドラマ「龍馬伝」の放映が始まったのを受け、12日から3月31日まで実施する。阪急阪神グループのホテルの一部で高知の郷土料理を楽しめる宿泊プランをそろえ、グループの旅行会社は高知県安芸市で行うタイガースのキャンプ見学ツアーを展開。百貨店でも物産展などを開催する。
 藤川投手は「自分の故郷である高知の特使に選ばれてうれしい。地元を大いに盛り上げたい」と笑顔であいさつ。尾崎知事も「竜馬をはぐくんだ高知の歴史や食文化を全国に発信したい」と話した。問い合わせは阪急阪神HDのPR担当、電話06(6373)5343。


bsb1001060505009-p1★ヤジって!阪神・城島「何しとんねん」歓迎

 ジョーをヤジれ!! 阪神・城島健司捕手(33)の恩師、佐世保軟式野球連盟の村川勇理事長(72)が5日、「阪神に行ってよかった。ヤジられた方がいい。強気な性格が阪神でプラスになる」と話した。負けん気が強い城島を幼少期から知る育ての親が、虎党の厳しい声がさらなる進化につながると太鼓判を押した。
 コラ、城島!! それでも大リーガーか!! 打てんのやったら、佐世保に帰れ!! 寅年の主役は、虎党の痛烈なヤジをガソリンにする。城島の恩師が新天地でのレベルアップに太鼓判を押した。小4から佐世保の相浦少年クラブで野球を始めたときから、大器の成長を間近で見てきた人物だからこそ、言えるセリフだった。
 村川理事長は「個人的には阪神にいって良かったと思っているんですよ」と前置きした後、その理由を明快に述べた。
 「阪神でうまくいかなかったり、ヤジられたりする方がいい。性格的に向いていると思う。私は活躍すると思いますよ」
 城島がプロ入り後、キャッチングや打撃を批判された新聞記事を、ロッカーに貼っていた話は有名だが、少年時代から、人一倍の負けん気の強さを持っていたという。打てなかったり、指導者に怒られると、涙を流し、人目に隠れて猛練習を積んだ。そして実戦で見返したこともたびたび。はねっかえりの強さが成長を支えてきた。
 城島はプロに入り、地元で自主トレを行ってきた。恩返しとして、故郷の子どもたちを対象に野球教室を開催。毎年1月に顔を合わす村川理事長によると、大人になってもその反骨心は変わっていないという。
 「性格的なものは同じですね。彼は子供のころから物の考え方が強気でした。だから怒られたりしたら、見返してやろうと必死でがんばるタイプだった。厳しい環境の阪神でプレーすれば、まだまだ成長すると思いますよ」。活躍すれば、どこまでも持ち上げられるが、結果を出せなければ、強烈な逆風が待っているのが阪神という人気球団。ソフトバンクやマリナーズ時代とは比べものにならないプレッシャーが待っているが、この厳しい環境がさらに進化させる。
 九州や地元佐世保には今でもマ軍退団後、古巣ソフトバンクに復帰しなかったことを残念がる声が多いという。だが、城島の父・昭司さんとひんぱんに食事をする仲という村川理事長は、タテジマを選んだ教え子の決断を尊重する。
 「確かにソフトバンクに戻って王監督と一緒に日本一を目指してほしいという声はあります。でも、それじゃあ、これまでと同じ。阪神で頑張ってほしい」
 脂が乗りきった33歳。現状が完成型ではない。36本塁打(2004年)、119打点(03年)、打率・338(04年)の打撃3部門での自己新更新、そして阪神、5年ぶりのリーグ優勝…。ヤジれば、ヤジるほど、とんでもない選手になる。


bsb1001060504006-p1★意見ぶつけ合え!南社長、メール禁止令

 阪神・南信男球団社長(55)は5日、西宮市内の球団事務所で行われた球団年賀会で“メール禁止令”を発した。近年、メールのやり取りが増加して球団内の議論の場で突っ込んだ話し合いが行われていないことを憂慮しての強権発動だ。意見をぶつけ合うことがV奪回への第一歩−。あなたの会社の活性化にも役立つのでは?

 あなたのそばにいませんか? メールではもっともらしい意見を並べてくるが、いざ顔と顔を合わせると、からっきし言葉を発しないタイプ。社会の悩みは阪神球団の悩みでもあった。
 「最近はどの組織でもすぐメールでやり取りする。でも、それだけ突っ込んだ議論ができない。顔を合わせて話し合わないと、コミュニケーションは取れない」
 年始の所信表明で南社長は最近感じた議論不足を“メール会話”の禁止によって、改善する意向を示した。
 「チームにも、営業にも、フロントにも同じことを言った。同じことをしていては、同じ成果しか生まれない」
 リーグ優勝には5年、日本一には25年遠ざかっている阪神。年頭から「優勝」を連呼して大号令を発している球団トップは、組織内の議論の停滞にも大なたを振るった。
 球団の1人1人が声高に主張し、議論を戦わすことも、優勝への大事な貢献となる、という発想だ。
 「選手も、チーム内も、私も含めて勝ちに飢えています。景気が低迷していますが、優勝して少しでも関西経済を盛り上げられれば…」
 思いは真っすぐだ。そのためのノルマも口にした。
 「地元甲子園で勝ってほしい。全勝するぐらいに。そして、3連覇しているチーム(巨人)を倒さなければ上は見えてこない。この2つが具体的なノルマかな」
 甲子園で勝て!! 巨人を倒せ!! 2大目標を支える球団内では自分の口で意見を言え!! 南イズムで2010年の猛虎がスタートを切る。


★新井、4番指名及び腰も…超早っ初打ち

 決意の“即日始動”だ!! 阪神・新井貴浩内野手(32)が5日、球団年賀式に合わせて開場された甲子園室内練習場を訪れ、自主トレを行った。真弓明信監督(56)から新4番候補に指名されている主砲は「金本さんがそのままいくのがいい」と及び腰ながら、昨季終盤好調だった打撃には手応え。この時期では異例の打撃練習を取り入れるなど、今季にかける意欲をのぞかせた。

 謙遜しながら、強い期待は十二分に感じ取っていた。球団の元日ともいえる年賀式。合わせて開放されたクラブハウスの駐車場にさっそく姿を見せた新井は、年の初めとともに“発令”された指揮官の4番構想を伝え聞き、「そう言ってもらえるのは素直にうれしいですが」と照れくさそうに笑った。
 「まあまだ何も聞いていないんで。城島もいるじゃないですか。一番いいのは、そう(金本の代わりを務めないといけない状況に)ならないことです。金本さんがそのままいくのがいい。僕はそうなると思いますよ」
 発端は、サンケイスポーツ1日付の真弓監督のインタビューだった。サンスポ専属評論家・土井正博氏の打順への質問に対し、指揮官は「金本が1年を通して(4番)となると…」と現実的な問題に踏み込み、新井の4番の可能性を示唆していた。根拠は、昨年後半戦の姿。腰の骨折明けでトレーニング不足もあり、前半戦はまさかの打率・216。それでも後半に持ち直し、最終的に・260まで上げた。確かな兆し−。アニキを立て、4番については一歩引いて答えた新井も、今年へかける意気込みと手応えは、昨年とは比べものにならない。
 「去年の後半くらいは…。あれがいいんじゃなく、普通であれくらい打たないといけない。忘れないように(間隔を)空けたくない。例年は(この時期は)打ってないんですが。今日? 打てれば打とうと思います」
 今オフはほぼ無休でトレーニング。元日に広島のジム、アスリートで金本らと恒例の始動を行ったが、すぐさまバットも握る。
 「腰のせいで打てなかったというつもりはないですが、去年の今頃に比べたら全然いい。去年は全然出来なかったんで。このままでいけたら去年みたいなことはないと思います。1年間ずっと打ち続けることは無理ですが、去年みたいにとんでもない大きな波はダメ。どれだけ緩やかな波にできるかですね」。
 打順うんぬんは今は関係ない。大きな期待に、結果で応える準備をするだけ。雪辱の2010年へ−。新井が年始から、振り込んでいく。


bsb1001060504008-p2★虎の顔になる!D4秋山、美顔器持参入寮や

 虎の顔になる!! 2010年ドラフト4位で入団した秋山拓巳投手(18)=西条高=が5日、愛媛県西条市内の同校で自主トレを公開した。キャッチボールやダッシュなどで約2時間汗を流した後、1月上旬の入寮の際に持ち込むものとして、「活躍できたら顔がテレビに映る機会が多いんで」と美顔器を検討していることを明かした。
 1メートル86、92キロという大型新人。最速150キロの直球が武器の剛腕・秋山が自主トレ後、ニヤリと笑ってこういった。
 「入寮のときに何か特別なものを持っていった方がいいんですよね」
 それは頑丈な肉体をさらに鍛えるトレーニング器具か…。いや、違う。なんと、ルーキーの思い描くブツは想像とは正反対の美顔器だった。
 「ゲルマニウムローラーみたいなやつを持っていこうかと思っています。これから、活躍できたら顔がテレビに映る機会が多いんで」
 18歳らしい初々しさ満点のコメントで報道陣を爆笑の渦に巻き込んだ。というのも、「太ったら、(顔のむくみが)すぐ顔にでてしまう」のが難点。地元・愛媛でも阪神ファンは多く、注目度は高い。それだけに、マッサージ器具を使って、テレビ映えも意識した“小顔美男”を目指す!? というわけだ。
 ちなみに『顔』つながりでいえば、西条高OGにはニキビ用スキンケア『プロアクティブ』のイメージキャラクターとして有名な眞鍋かをり(28)=タレント=がいる。直接会ったことはないが「(3年)夏の甲子園のとき、宿舎に電報とポカリ(スポーツ飲料)を送ってもらいました」とほほえんだ。
 とはいえ、美顔を茶の間に届けるためにもまずは1軍入りが先決。昨夏の甲子園敗退(2回戦)後は、とっておきの“山登りトレ”に励んできた。「下半身の強化です」。学校近くの標高197メートルの八堂山が鍛錬の場。学校から山の中腹までの片道5キロを駆け上がるという。年末年始も体を動かし、13日から始まる新人合同自主トレに向け、準備に余念はない。
 「早く1軍に上がって、投げたいです!!」
 大きな体には無限大の可能性が詰まっている。期待の高卒右腕が名実とも、虎の『顔』になる。


★沼沢本部長「1に優勝、2に優勝…」

 5日、年賀式で乾杯の音頭をとった阪神・沼沢球団本部長は「1に優勝、2に優勝。3、4も優勝。5に優勝」と力強いメッセージで、今年の“合言葉”を発した。金本ら主力ら5人が未更改の現状について「自費キャンプは避けたいが、譲れないところは譲れない」とキッパリ。今後の予定はたっていないが「週明け(12日)から、1人でも始めたい」と話した。

★坂井オーナー、阪神優勝の経済効果に納得顔

 阪神・南球団社長が5日、西宮市内の球団事務所で行われた球団年賀会で、優勝し関西経済への貢献する意気込みを口にしたことに関して阪神・坂井信也オーナー(61)=阪神電鉄社長=は納得顔。大阪・野田の電鉄本社で「経済効果はいろいろな指標がありますが、実は先日、関西のビールの売り上げが全国平均の90%程度と低いという話になりました。タイガースが優勝したら(全国平均を)超えるんでしょうな」と一例を挙げた。優勝してビールの消費量が上がるだけでも相当な経済効果。猛虎Vで勝利の美酒が増えれば、この貢献は間違いない。

★復活へ!新井、進化のカギ掴んだ

 阪神・新井貴浩内野手(32)が5日、球団年賀式に合わせて開場された甲子園室内練習場を訪れ、自主トレを行った。真弓明信監督(56)から新4番候補に指名されている主砲は「金本さんがそのままいくのがいい」と及び腰ながら、昨季終盤好調だった打撃には手応え。この時期では異例の打撃練習を取り入れるなど、今季にかける意欲をのぞかせた。
 復活へ、新井は「僕は確実性と長打力が反比例すると思っていたんで。でも金本さんは比例すると。金本さんがおっしゃっていることが、ちょっとわかってきたかな、と思います」と話した。昨年12月4日、真弓監督が新井へ「ベストスイングをすればいい」とアドバイス。安打狙い、一発狙いという言葉はナンセンスだと指摘し、新井も「金本さんにも同じことを言われました」と答えていた。確実性と長打の完全比例。それが、進化のカギとなる。

★南社長、主力の本音聞き出す!

 阪神・南信男球団社長(55)は5日、西宮市内の球団事務所で行われた球団年賀会で“メール禁止令”を発した。近年、メールのやり取りが増加して球団内の議論の場で突っ込んだ話し合いが行われていないことを憂慮しての強権発動だ。意見をぶつけ合うことがV奪回への第一歩−。
 メールではない、自分の言葉で−。号令を発した南社長は、自身が率先して選手に対しても接していくつもりだ。昨年末に契約を保留している金本知憲外野手(41)、下柳剛投手(41)、藤川球児投手(29)、鳥谷敬内野手(28)、久保康友投手(29)の5選手との契約更改の席に乗り出すことを明言したが、これも実はその第一歩。
 「(金額の話よりも)選手たちがチーム内でどう思っているのか、聞きたいと思っています。2月のキャンプ中でも構わない」
 保留している選手は、いずれも攻守のキーマンばかり。そんな主力の本音を聞くのが目的だ。契約の席で、代理人の話を聞くつもりはさらさらない。顔と顔を突き合わせ、本心を聞き、そこにV奪回のヒントが潜んでいるのなら生かしたい。
 沖縄の夜、金本や球児との話の中で、社長の頭に意外な妙案が浮かぶかもしれない。

★高橋光、気合十分!練習場一番乗り

 5日が初日となった甲子園クラブハウス&室内練習場だが、午前中に一番乗りしたのは、ベテランの高橋光。正午過ぎに、復活を期す鉄腕・久保田も現れて、新井は午後2時過ぎに姿を見せた。
 年末から前日4日まで閉められていたが、いよいよ新年のスタート。充実した甲子園の施設が、これから再び、選手でにぎわっていく。

hmnk_31 at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) 阪神タイガース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔