January 07, 2010

藤川球児、ヨネックスとウェア契約。D5藤川体重増やす。江草150km出す!福原裏切らん。桟原復活誓う。

bsb1001070507010-p1★球児“遼ウエア”で自己最多更新や!
★自分もいい“役”もらった
★1日6食!D5位・藤川俊、体重増やす
★球児、契約更改は「そのうちできる」
★ダルが手本!江草、150キロ出す
★期待裏切らん!福原、開幕ローテ守る
★回復へ手応え!桟原、完全復活誓う
★本部長、未更改5選手の代理人と交渉
★桜井、今年は「守備の人」や!
★筒井、能見と自主トレ「見て学びたい」


bsb1001070507010-p2★球児“遼ウエア”で自己最多更新や!

 “遼クンウエア”で自己最多登板するぜよ!! 阪神・藤川球児投手(29)がヨネックス社(本社・東京)とアンダーウエアの契約をすることが6日、明らかになった。同社は男子ゴルフで昨年賞金王の石川遼(18)=パナソニック=との契約で有名。高知県の尾崎正直知事(42)から観光特使にも任命され、5年ぶりのV奪回へ自己最多の80試合登板の更新に意欲をみせた。

 ポテンシャルを、究極に高めるギアを手に入れた。タテジマの下にまとう“秘密兵器”に、「いっぱい投げるぜよ!!」。土佐弁で決意を示した藤川が5年ぶりの歓喜の瞬間へ、自己最多登板の更新を視野に入れた。
 「80試合でしょ? そうなれば勝てるチャンスは増えるし、優勝には近づく。(80試合登板に)対応するぐらいの気力や体力は年とともに充実してきている。投げられる試合が増えるように、みんなに引っ張り出してもらいたい」
 尾崎高知県知事から「観光特使」の委嘱状を受け取り、満面の笑みを浮かべたが、意欲を燃やすには理由があった。実はこのイベント前、昨年18歳で最年少賞金王に輝いた石川遼がウエアなどの契約を結んでいるヨネックス側と会談。正式契約となればプロ野球選手として初となる。期間は1年で、近日中に発表される。
 最強の戦闘服となるのが同社から提供されるアンダーシャツ。体に強く密着するタイプで、「体の筋肉を正しい姿勢に戻せる。肩甲骨の可動域が広がったり、パフォーマンスは上がる」とメーカー関係者も太鼓判。高性能ウエアの存在が、2010年シーズンを力強く後押しする。
 年末年始は久しぶりに故郷で過ごし、英気を養った。リーグ優勝した2005年、セットアッパーとして当時の日本記録の80試合登板を樹立(久保田が07年に90試合登板で更新)し、何度も勝利に導き、虎党を熱狂の渦に巻き込んだ。その再現をしたい−。地元・高知県の『顔』になって、思いは一層強まった。
 「本当に感動しています。やっぱり特使にもなって今まで以上に頑張ろうと思いました」
 提示すれば、県内の観光名所10カ所以上が無料になる名刺を300枚を手渡され、「美術館とか植物園とかで“藤川割引”ができます。いっぱい配るぜよ」と目を輝かせる。本業でも近日中にも自主トレのため、沖縄入り。開幕に照準を合わせ、自身のペースで仕上げていく。
 「寅年の(平成)22年は僕しかいない。一生に1回だけですから。今年にかける意気込みは強い。選手も入れ替わるし、いまのベテランがいる間にどうしても勝ちたい。みんなでやるぜよ!!」
 背番号『22』をつける選ばれし、トラの守護神。賞金王の力をも宿し、坂本“遼”馬と化した球児が、球界に維新を起こす。


★自分もいい“役”もらった

 (委嘱式の後)
 −−委嘱状委任式を受け取った感想
 藤川 「これだけ(故郷に)縁のある話は不思議で仕方がない。(NHK大河ドラマ『龍馬伝』には)中学の同級生の広末さん(タレント)も出ている。自分もこういう“役”をもらってありがたい。(高知県のよさをたとえて)カツオの一本釣りとはいえません。100本以上あります。来てもらえればわかります」
 −−昨年末からプロ入り初の母校・高知商での自主トレを終えて
 「何年か帰ってなかったですし。昔の友達にも会えると思って楽しみにしていたんですが、実際帰ると、自分が練習してきた道(鏡川沿いのランニングロード)やグラウンドなど、高知探索をしているうちに終わってしまいましたね」
 −−最近は米国で正月を迎えていたが今年は違う
 「やっぱり、ハンバーガーより、魚料理が好きだと思いました。心が落ち着きます」
 −−今季に対する意気込み
 「やっぱり、勝ちに執着していきたいと思う。1回でも多く登板したいですし、1回でも多く勝利に貢献したい」


bsb1001070506009-p1★1日6食!D5位・藤川俊、体重増やす

 “ノハラ流”で増量や! 阪神のドラフト5位・藤川俊介外野手(22)=近大=が6日、生駒市内の近大グラウンドで自主トレを公開。昨年末に対面した野原祐也外野手(24)から“メシのススメ”を受けていたことを明かした。ベスト体重まで1日6食を課し、1軍キャンプ&開幕1軍の切符をゲットする!!

 パクパク…ムシャムシャ…。ハシがいつまでたっても、止まらない。しかも、何て速さなんだ…。「食べるスピードも違う。量も違う」。野原祐を前にして、藤川俊は言葉を失った。自らは入団に至るまでの心労で5キロ減った体重を戻しているところだが、意外と時間がかかっている。たまらず、ノウハウを聞いた。
 「『とにかく食べること』だそうです。これだけ食べないと(プロで)ついていけないのかな、と思った。今は間食を多くしている。1日5、6食? そうですね。練習を終えたら、食べたり」
 ドラフトで4位指名以下なら社会人と決まっていたため、難航の末の入団会見となった12月14日から増量作戦を実行中。「急には増えない」と悩む中、母校・広陵高(広島)に帰ったときに光が差した。何と広島市内のジムで汗を流す野原祐と食事をする機会を得たのだ。1メートル77、83キロの“虎のおかわり君”の金言は、メシを食え!! 育成枠から1軍登録された男の言葉は説得力抜群だった。
 「夜食におにぎりとか、パンとか。近くで買えるものばかりですけど」
 中でもお気に入りは「福岡(出身)なんで明太子のおにぎり」とか。現在69キロ。「あと2キロは増やしたいです」。単に太るのではなく、動ける体に鍛えながらは容易ではないが、ベスト体重の期限を『2・1』に設定。春季キャンプスタートの日だ。
 「体力を戻していかないと。開幕1軍は目標だけど、まずはキャンプを1軍で過ごさないと何も始まりませんからね」
 真弓監督の「福本(豊)さんを思いだすような選手になって」という期待に応えられるか。そのためにはゴタゴタ続きで、やせてしまった体を戻すことが先決。生駒おろしが吹くグラウンドで汗を流した後、50メートル5秒台の足でコンビニへとダッシュする日が続く。


★球児、契約更改は「そのうちできる」

 阪神・藤川球児投手(29)は6日、難航している契約交渉について言及。大量5人が越年となった事態に南球団社長(55)が“直接出馬”する考えを示したが「話を聞いてみたい」と前向き。更改時期については「そのうちできるでしょう」と話すに留まった。

 球団トップの考えを知りたい。納得してハンコを押したい。藤川は南球団社長の発言を歓迎した。
 「マスコミを通じてしか、聞いてないですからね。ただ、直接お話を聞いてみたいという気持ちはあります。自分も意見を聞いてみたいです」。
 現在、代理人を通して、球団と折衝を重ねている。昨季25セーブながら、年俸4億円から現状維持どころか、ダウン提示も予想される。だが、球児には評価額以外にも聞きたいことは山ほどある。城島が新加入し、赤星が引退、今岡は退団…。血の入れかえを加速させる球団の方針を確認し、現場とフロントと意見交換したい算段だ。
 沼沢球団本部長の「1に優勝、2に優勝−」という年賀状での声は、「僕の心に響いている」とコメント。「契約更改? そのうちできるでしょう。今のところ予定はない。気にしていない」と話すが、南社長との直談判が実現すれば率直に意見をぶつけるつもりだ。


bsb1001070505001-p1★ダルが手本!江草、150キロ出す

 エグビッシュになる!? 阪神・江草仁貴投手(29)が6日、津市内の「みどりクリニック」で自主トレを公開。日本ハム・ダルビッシュ有投手(23)の連続写真を分析し、自己最速150キロ&最優秀中継ぎ投手へ意欲をみせた。

 イメージは出来上がっている。しなやかな腕から放たれるキレのある速球で、狙うは150キロ&最優秀中継ぎ投手の栄冠。江草が“エグビッシュ”へと化す。
 「ダルビッシュのフォームを(院長に)見せられて。ひじの使い方なんか参考にしようかなと。自分はひじのほどきが早い。球持ちをよくリリースポイントを前に」
 前日4日に自主トレを開始した左腕が、秘策を明かす。昨年のワールド・ベースボール・クラシックでの日本代表エースのフォームを、パソコンで約100枚の連続写真にして解析。自らと比較すると、球持ちの違いに気付いた。ひじで“タメ”をつくり、より前で一気にリリース−。球界屈指の右腕は絶好の手本で、左腕が目指す4年連続50試合以上登板、最速148キロの速球を大台に乗せるプランにも直結していた。
 「全部まねできないけど、(試しつつ)あった投げ方を作りたい。それが球速アップにつながると思う」
 ノースロー中で初投げ予定は9日だが、シャドウピッチングなどで試行錯誤。「難しいですね」。たやすくは習得できないが、その目はしっかりと前を見る。ウエートトレで汗を流し、球速を生み出す体作りに専念。そしてリリーフの勲章、「最優秀中継ぎ投手賞」の獲得も視野に入れた。
 「考えたこともなかったです。でもやっている以上は形や記録に残るものも欲しい。目標にするのもいいかなと思う」
 2005年に同賞が設けられて以来、05、06年は藤川。07、08年は久保田が受賞。それが昨季、巨人・山口に奪われた。“虎投の代名詞”を取り返すつもりだ。
 「目標はやっぱり優勝です。50試合以上は投げて、その(優勝)の輪の中にいたいですね」。進化を遂げた左腕が、真の柱になる。


★期待裏切らん!福原、開幕ローテ守る

 阪神・福原は6日、桜井とともに大阪・北区で行われた新春トークイベントに出演し、「とにかく開幕からローテーションを守って投げられるようにしたい」と新年の誓い。実績十分の右腕にすれば、守れて当然の目標だが、最近3年間の成績は2勝、3勝、3勝。特に昨年は10敗を喫して、期待を大きく裏切った。「初詣では神社2カ所に行きました」と神頼みは済ませ、後は自力で頑張るだけ。「2月1日に投げられるようにしたい」と言う33歳。崖っぷちからの復活を待ちたい。

★回復へ手応え!桟原、完全復活誓う

 阪神・桟原が6日、津市内の「みどりクリニック」で痛めていた左ひざのケア中心のメニューをこなし、回復の手応えを口にした。「ダッシュも鳴尾浜に帰ったら(20日頃の予定)できそうです。打たれても打たれなくても、1年間通して投げられるように」。昨季終了と同時にリハビリに専念。「常時150キロを出せるようにしたい。僕の持ち味で勝負します」と、シーズンでの完全復活を誓った。

★本部長、未更改5選手の代理人と交渉

 阪神・沼沢正二球団本部長(51)は6日、西宮市内の球団事務所で契約未更改5選手サイドと、早期決着に向けて交渉作業に追われた。
 「代理人との話し合いをしました。少しでも早く契約できれば、と思っています」。昨年末の予定では、南球団社長らとともにマスコミ各社の挨拶回りに参加することになっていたが、越年組が多く、この日も交渉に充てることになったという。

★桜井、今年は「守備の人」や!

 阪神・桜井広大外野手(26)は6日、大阪・北区で行われた新春トークイベントに出席。12日からの沖縄自主トレでは今まで以上の数のノックを受ける計画を明かした。
 「センター、ライトのどちらも、しっかり守れるようにしたい。1球でも多く、気持ちを入れて(ノックを)捕りたい」
 世間の印象は「打つ人」。守りは不安を抱いている。そんな先入観を一掃するのが目標だ。もちろん、偉大なる先輩・赤星が抜けた外野の扇の要も守るつもりでいるからだ。
 目指すはまだ経験していない開幕スタメン。そしてフルシーズンの活躍。そのためにも、守備の充実は最低条件。「ベースランニングもやります。野球の動きはすべてできるようにして2月1日を迎えたい」とキッパリ。開幕ダッシュのために、最善の準備はするつもりだ。

★筒井、能見と自主トレ「見て学びたい」

 阪神・筒井和也投手(28)は12日から沖縄での能見篤史投手(30)らとの合同自主トレプランを明かした。
 江草と自主トレを行う筒井は、12日から沖縄で能見と志願の合同自主トレを行う。「(キャンプインまで)暖かいところでやりたい。能見さんに『お邪魔でなければ…』とお願いしました」。同じ左腕でともに昨季初めて1軍に定着。能見は13勝。筒井も45試合登板と中継ぎでフル回転。「(能見は)力のある先輩。吸収できるものもあると思います。聞くより、見て学びたいですね」。年末年始もキャッチボールを継続。心身の準備はオッケーだ。

hmnk_31 at 23:59│Comments(1)TrackBack(0) 阪神タイガース 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by テレコムサービス 宮崎   November 01, 2010 11:01
突然のメール失礼致します。

テレコムサービスの
宮崎と申します。

弊社はソフトバンクモバイル1次代理店にての携帯電話の販売を行っております。
現在、私共が全国に抱える1400店舗に向けて様々な施策を打たせて頂く中で、
この度阪神タイガース 金本知憲選手の特別許可を頂きまして、
金本選手オリジナルiPhoneケースプレゼント企画をスタートさせて頂きました。

1492試合全イニング連続出場を記念した
鉄人金本選手の素晴らしい記録を記念して作成致しましたこのケースを、
是非とも皆様のお力をお借りしたく、
この度ご連絡をさせて頂きました次第でございます。

つきましては、もし宜しければ皆様のブログやHP上で、
応援を込めまして告知して頂けませんか??
ご興味がおありでしたら是非ともご連絡下さい!
より詳しい添付画像をお送り致します!!




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔