この食材!からだにどう効く?

食べ物は自然のクスリ、漢方の力も借りて調べた! 「一つの食材や食の主義」にこだわって健康というものではなく、「食生活の全体」を考えることが大事! 自然治癒力を高める食生活とは?

ひとつ一つの食べ物を大切に!

ほうれん草は健康野菜だが、食べ過ぎは結石の原因

ブログネタ
食べものは自然のクスリ! に参加中!

 

ほうれん草は、緑黄色野菜の最上級に入れられる。鉄分・ビタミンを豊富に含む「健康野菜」。しかし、食べ過ぎると結石の原因に・・。これは、腎結石の原因となるシュウ酸を多量に含んでいるため。毎日40〜50グラムのほうれん草を食べてもどうということもないが、多量に食べると結石ができるといわれている。

緑黄色野菜とは、β-カロテンを多く含む野菜を指す。ほうれん草は100グラムでほぼ1日量を満たすことになる。ビタミンBも、Cも非常に豊富である。ただし、ビタミンCは夏栽りと冬栽りで含有量が大きく違う。

『本草綱目』には、「長いあいだの病気で便秘したり、痔ろうを患っている人は、つねにほうれん草を食べるとよい。自然に便通がつく」とある。ただし、「微毒があり、多食すると脚が弱り腰痛になる」とある。また漢方医学では、「通腸・補血・活血・煩渇を止め、中気を調え、消化を助ける」としている。

以上からして、ほうれん草を常食すると、貧血・腎疾患・消化不良・便秘、さらに皮膚の過敏症・にきび・痛風・リウマチ・関節炎などによいとされる。

ほうれん草を料理する場合に工夫をこらす必要がある。ほうれん草は塩ゆでするとよいといわれるが、ゆで過ぎると、ビタミンが壊れ、ミネラルが溶け出してしまう。ほどほどにすること。また、なるべく”アク”は捨てないほうがいい。アクの中にこそよいものが含まれている(ごぼうも同じ)。ただし、最近の野菜は多くの農薬が使われているので、できれば無農薬野菜がよい。

 

 

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

続きを読む

赤みそと白みそ、どこがどうちがう?

ブログネタ
食べものは自然のクスリ! に参加中!

 

みそは産地や銘柄によって、さまざまな種類のみそが売られているし、赤みそ白みそでは、色も違えば風味も違う。しかし、赤みそも白みそも、主原料は大豆、こうじ、食塩だ。

では、同じ原料を使う赤みそと白みその色の違いはどこで生じるのだろう?。

まず、製法の違いがある。赤みそは大豆を蒸してつくるが白みそは大豆をゆでてつくる。大豆は蒸したときにはアミノ酸が残るが、ゆでたときはアミノ酸はゆで汁に流出する。このアミノ酸は、熱を加えると、糖分と結びついて褐色に変わる性質をもっているから、蒸した大豆でつくるみそは赤くなり、ゆでたほうは白くなる

また、みその色は、大豆の量やこうじの量にも左右される。大豆の量が多ければ色が濃くなり、こうじの量が多ければ反対に白くなる。

味の面では、赤みそは辛口みそ、白みそは甘口みそともいわれるが、これは塩分濃度の違いによるもの。赤みそは塩分が10〜13%と濃く、熟成には半年〜3年ほどかかるが、保存性は高い。一方、白みその塩分濃度は5〜6%ほどで、熟成期間は短く、保存性が低いという違いがある。

 

おいしい味噌汁!のつくりかた

おいしいみそ汁をつくるには、みそは鍋を火からおろす直前に溶きいれ、グラっときたらすぐ火を止める。これで風味豊かなみそ汁ができる。くれぐれもグラグラ煮立たせないこと。

みその分量は、汁椀1杯に対し、「大さじ1」。ただし、火が通りにくい根菜類を使うときは、煮ている間にとんしまう水分を見越して、水の量をちょっと多めに。

 

 

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

咳止めの妙薬、生姜(ショウガ)

ブログネタ
食べものは自然のクスリ! に参加中!

 

ショウガは、みょうがとともに ショウガ科ショウガ属の植物で、熱帯アジアが原産地(インド・マレーシア方面)。日本へは2600年前に渡来し、栽培されている多年草である。

ショウガにはショウガオールやジンゲロンという辛味成分のほか、多種の芳香成分が含まれている。大脳皮質を興奮させ、食欲を高め消化液の分泌をよくする。ジアスターゼ(でんぷん分解酵素)の活性も促進させる。

嘔吐を止める作用もあるので、昔、漢方医は健胃鎮吐剤として、ショウガを主とする薬を処方した。ショウガは噛んでいるだけでも吐き気が止まる。ショウガは胃下垂・胃拡張にも特効性を表わす場合がある。ショウガは”咳止めの妙薬”ともいわれる。ショウガを噛んでいるだけでも咳が止まる。つぶしショウガと、だいこんを煎じて飲むとさらに効く。風邪の初期には、焼きショウガを口に含んでいるだけで治まる場合がある。また、はちみつ入りの温めたショウガ汁は、しゃっくりに効くようだ。のどの腫れにもよい。

ショウガのしぼり汁に熱湯を加えて飲むと、熱射病や日射病など熱中症によく効く。また、めまいにも奇効があるという。そのほか、喘息や肋膜炎の場合に、痛む胸部にショウガのしぼり汁を含ませた布を貼ったり、打ち身の部位につけたりすると効く。

ショウガには殺菌作用もある。チフス菌やコレラ菌・トリコモナス(膣内に多い)を殺す力もある。また、ショウガやしそには、アニサキスの幼虫を死滅させる力がある。胃ガンの原因になっているのではないかといわれているピロリ菌(日本人の75パーセントに常在する)も殺すと考えられている。また、ショウガは低血圧によい。

さらに、ショウガには臭みをとる作用がある。これは、ショウガの香辛性物質(ショウガオール・トリメチルアミン・ピペリジンという)が魚のタンパク質と結合して魚の臭いを消すのである。魚をさっと煮たときにこのにおい消しを加えると、効果が大きい。ショウガにもフェノールやテンペルという物質があり、ガン予防が期待されている。

なお、ショウガにはカリウムや亜鉛・銅といったミネラルがかなり含まれているが、その栄養価値はほとんどない。多食すると、薬効が高じて悪影響がでると考えられる。たとえば、大脳の興奮が高じて精神的にイライラする、不眠におちいる、胃の粘膜の損害をきたすなど。

 

 

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

しなちく(メンマ)は、マイナス・カロリー!

ブログネタ
食べものは自然のクスリ! に参加中!

 

食べ物は自然の薬<メンマ>

ラーメンの具として食べられているメンマ(麺痲)・・・。この麺痲は、痲竹(マチク)のタケノコを蒸して塩漬け発酵させたもの。ほとんどは、中国や台湾から輸入されている。支那竹(しなちく)と呼ばれていたが、メンマと名付けたのは日本人。

メンマは酒のつまみなどでも食べられるようになっが、栄養面では食物繊維が豊富なヘルシー食材だ。食物繊維は便秘の症状を改善し、大腸ガン予防や、コルステロールの防いで動脈硬化を予防する。カリウムも含むので、高血圧予防にも有効だ。

メンマは、カロリーゼロと言われるが、消化作業に費やすエネルギーを考えれば、実はマイナスカロリーになっている。

 

 

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

ブログ内記事検索
食材/健康効果
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ