この食材!からだにどう効く?(旧 食べ物は自然のクスリ)

食べ物は自然のクスリ、漢方の力も借りて調べた! 「一つの食材や食の主義」にこだわって健康というものではなく、「食生活の全体」を考えることが大事! 自然治癒力を高める食生活とは?

ひとつ一つの食べ物を大切に!

ナスの呪(のろ)い揚げ!?

ブログネタ
ブログが読んでもらえない・・・ に参加中!


 
 ある脚本家のはなしとして・・・この脚本家は自作のドラマが批評家から理不尽に酷評されたとき「ナスの呪い揚げ」を食べるのだそうだ。ナス串刺しにし、批評家の名を唱えながら油のたぎる鍋で揚げるのだそうだ。
 さて、このナス・・・。成分はほとんど水分で、ほかの野菜に比べると栄養素は少ないとのこと。ただ油をよく吸収するから揚げ物にしたり、「ナスの油味噌」のような料理のされかたがされる。ナスの効能としては、熱をさます、利尿作用がある、腫れをひかせる、など・・・。 
 なお、「秋茄子を嫁に食わすな」には「おいしいから」と「体を冷やすから」の両説がある。「おいしいから」は意地悪い意味ではなく、”おいしいから嫁が食べ過ぎて体を冷やすといけないから”という意味だと解したいですね。



年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

キクラゲはもうすぐダイエットの主役におどりでる!!

ブログネタ
健康と美容 に参加中!



 ダイエットの業界で勢力を拡大しているのはコンニャクと寒天とのことだが、キクラゲが見直されてダイエットの主役に抜擢されそうだ・・・。
 さて、そのキクラゲ・・・キクラゲは枯れ木(広葉樹)に生えるキノコだが、海藻と間違われることがある。クラゲに食感が似ていることからキクラゲと名付けられた。漢字では木に耳がついているようにみえるから、木耳と書く。
 キクラゲにはカリウム、鉄分、カルシウムなどのミネラルが豊富で貧血や高血圧を予防する。天日に干されてビタミンDが豊富(乾燥キクラゲ)になり、骨そしょう症の予防にも効果的だ。食物繊維の含有量も多く肥満や便秘を改善し整腸や大腸ガンなどの予防も期待できる。

 最後に!・・キクラゲはその「質量のほとんどが水」だから、この点が強調されてダイエットの主役に抜擢されそうなのだ!・・・。キクラゲは食感もよく、その資格がありそうだ・・・
※その他の効能・・・動脈硬化予防、疲労回復、老化防止、免疫力強化など。





年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

長ネギ・・肥満・糖尿病予防から肌の調子まで

ブログネタ
健康と美容 に参加中!



 食べ物は自然の薬<長ネギ>

 二月の長ネギは一年のなかでも栄養成分が最も豊富。長ネギは薬味にも使うが、煮ることによってさらに肝機能改善にはたらき、むくみにくくなって肌の調子もよくなる。
 長ネギの甘味成分フルタンは余分な脂肪の吸収を抑えるはたらきがある。このはたらきは焼くと最も効果的。長ネギの根に近い白い部分に、この甘味成分が最も多く含まれている。 
 また、長ネギの辛味成分アリシンは風邪の予防に効く。アリシンは長ネギを細かく切るほど多く、ラー油と合わせると効果的(食べる直前にみじん切りにする)。
 なお、長ネギを味噌漬けにすると、脳の活性化・疲労回復に効果的とのこと。

 
 ※ アリシン・・・体内で殺菌作用により、風邪の予防と改善にはたらく。また、疲労回復、さらに血栓を予防・改善する。血中脂肪を燃焼させ、コルステロール値を下げるなどの作用がある。




年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

キャベツ・・肥満予防にも!!

ブログネタ
健康と美容 に参加中!


食べ物は自然の薬<キャベツ>

 キャベツ
の収穫量はダイコンに次いで多いとのことだ。キャベツはもともとは球形ではなかった。球形になったのは千年前のこと。キャべジンが胃の粘膜を再生強化して胃炎や胃潰瘍予防に役立つことは知られている。
 その「キャベツのふりかけ」が体内の老廃物を排出して生活習慣病を予防するそうだ。


 「キャベツのふりかけのつくりかた→みじん切りしたキャベツをオリーブ油で炒め、しらす干しを加えて、カラ煎りし、カラカラになったらカレー粉と塩を加えてさらに炒って出来上がり・・・。出来た「ふりかけ」をマヨネーズと和えると、肥満予防効果が期待できるとのことだ!。




年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

カツオ節・・・肥満・脳梗塞防止・疲労回復・美肌まで!

ブログネタ
健康と美容 に参加中!


  
 食べ物は自然の薬<カツオ節>


 世界で一番硬い食べもの「カツオ節」。江戸時代の庶民にとってはカツオ節は高価な品で、薄く削った花カツオが一般的だったそうだ。また、武士はカツオ節をなめて疲労回復をはかったとか。


 ◆肥満・脳梗塞予防には・・・ご飯に削り節をかけて食べる(いわゆるネコマンマ)や、オカカ(カツオ節のおにぎり)が有効。さらに効果的には、削り節を入れてご飯を炊くとカツオ節の旨味成分がしみ込んで、おいしさも加わる。

 ◆疲労回復には・・・カツオ「ダシ」をとった、味噌汁、お吸い物がよい。正しいダシのとりかたは、水一リットルを沸騰させ火を止める。削り節を一掴み入れ火を止めたままにしておく。削り節が沈んだら取り出す。

 ◆美肌には・・・「削り節酒」を料理に使う。「削り節酒」のつくりかたは、日本酒三合を沸騰(アルコールをとばす)させたあと、削り節を入れ、五日保存。

 カツオ節には、イノシン酸(旨味成分、代謝機能促進)やカツオ節オリゴペプチド(血圧調整)などの成分が含まれており、旨味と栄養が凝縮されている。




年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

n>

柿(カキ)・・・認知症/動脈硬化/肥満・糖尿病/骨粗しょう症予防まで!

ブログネタ
食べものは自然のクスリ! に参加中!


   食べ物は自然の薬<柿>

  赤くなると医者が青くなるといわれるほど効能があるのは、リンゴ、トマト、など・・・。

 さて、そのうちのカキの効能

○脳を活性化させて認知症予防(カキを煮る)・・・カキを30〜1時間煮る(とり肉と一緒に摂るとさらに効果的)。

動脈効果予防(カキを凍結)・・・カキを丸ごと凍結する(カキのシャーベット)。

肥満・糖尿病予防(カキの皮を乾燥)・・・細かく刻んだカキの皮をラップをせずに電子レンジで加熱(500Wで5分)してから取り出し、5分経ったら、また加熱を2〜3回。乾燥するまで繰り返す。

骨粗しょう症予防(カキを熟す)・・・買ったカキを10日以上置く。牛乳と一緒に摂るとさらに効果的。





年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

シシトウガラシは肥満改善・美肌づくり!



 獅子唐(ししとう)という名前の由来は、先端部分がライオンの頭に似ていることから「獅子」となった。獅子唐の辛さ、あの辛味のもとは「カプサイシン」というもので、新陳代謝を促進し脂肪を燃焼させる働きがあるため、肥満改善に役立つ。
 そのほか、健胃、ガン抑制、動脈硬化、糖尿病、高血圧予防などが期待できる。また、シシトウにはコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCと肌の酸化を防いで老化を予防するβカロテン(緑が濃いほど多く含む)も豊富なので美肌づくりにも有効だ。




年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

こんな手法でダイエット?!

ブログネタ
健康と美容 に参加中!


食品に対する”偽りの記憶” で健康的な食生活を促す!

 ある研究によると、被験者に対し「小児期にストロベリーアイスクリームで具合が悪くなった」と思わせてアイスクリームを食べたくなくしたり、「かつては野菜が好きだった」と納得させたりして、アスパラガスに対してプラスの感情を持たせることに成功したそうだ。

 この手法が完成すれば、ダイエットなどは、あまり苦にならずにできてしまいそうだ・・・。

 しかし、他人からごまかされるくらいなら、自分で自分をごまかして健康になったほうが?!・・・。





年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

寒天は食物繊維豊富でダイエットに!




 寒天の原料は、海藻のテングサやオリゴ海苔・・・。テングサなどを煮出した汁でトコロテンがつくられる。テングサのことをトコロテン草とも呼ぶ。

 このトコロテンを寒いところで天日乾燥などして乾物にしたものが寒天。寒天の名の由来は、寒晒心太(カンザラシトコロテン)からきたとか・・・。

 寒天の80%は水溶性の食物繊維。寒天10gでキャベツ1個分の食物繊維・・。糖尿病・肥満の防止・コルステロール減少にはたらく・・。カロリーはほとんどなく、満腹間が続きやすいからダイエットに適している・・・。粉茶2gに粉寒天1gを混ぜ、お湯100CCを注いで、一日2杯飲むとよいそうだ・・・。
 なお、余計な話しだが、寒天は細菌培養の培地にも使われる。



年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

唐辛子は肥満予防・免疫力増進!!

ブログネタ
健康と美容 に参加中!


 トウガラシは小さいほど辛いといわれる。タバスコもトウガラシを材料にしている。昔、栽培の難しかったコショウにはコショウ戦争があったが、栽培が容易なトウガラシにはトウガラシ戦争なるものがあったとは聞かない!。
 さて、そのトウガラシ・・・。トウガラシで発汗するのはトウガラシの辛味成分カプサイシンによる。このカプサイシンは体内に入ってエネルギー代謝にはたらき、体内の貯蔵脂肪の分解をすすめる。運動したときと同じように熱エネルギーになって体外に放出する。
 また、カプサイシンは毛細血管を収縮して心臓の動きを活発にするが、血圧の上昇作用はあまりないとのこと。さらに、トウガラシからは強精・老化防止も期待できる。料理の味を、塩味の代わりに辛味で補えば、高血圧予防になるし、食欲増進にもなる。カプサイシンによって食がすすんでも、必ずしも肥満に結びつかないという嬉しい報告がある。
 そのほかのカプサイシンの効能は、免疫力増進、かぜ予防など。





年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

カニは、脂質や糖分が少なくダイエット食品

ブログネタ
食べものは自然のクスリ! に参加中!


日本には海水産・淡水産あわせて約1000種のカニがいるが、食用にする第一は、ズワイガニ(マツバガニ・エチゼンガニ)である。このカニは雄が雌の二倍もある。大きいのはタカアシガニ。甲長40センチもあり世界一である。淡水産のものとしてはサワガニがおいしい。また、タラバガニ(北海道産)も美味の定評がある。大部分のカニには大きなハサミがあり、これを門戸にかかげて邪鬼をはらう風習がある。

さて、カニにはエビと同様、良質のタンパク質が含まれ、脂質や糖分が少なく、ダイエット食品である。味のよいアルギニンも多い。アルギニンは発育期に、精子形成に必要なアミノ酸である。ミネラル、特に亜鉛・銅・カリウムが多い。ズワイガニにはナイアシンが多い。エビと同様、タウリンも多い。

また、カニの殻にはキチン質が大量に含まれている。キチンとキトサンは、カニやエビの甲殻類のほか、カブトムシなどの昆虫、イカ・貝・オキアミの殻や表皮にあるほか、キノコ類にも多い物質である。

なお、エビには体を温める作用はあるが、カニ類は冷やす。カニと柿・荊芥(けいがい=漢薬、アリタソウ)の同食は、食べ合わせが悪く、下痢・腹痛をおこすことがある。

ちなみに、ズワイガニは、料理をしてから(殺してから)1時間以内でないとおいしくない。1時間以上経つと中毒をおこすことがあるので要注意とのことだ・・。





年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「この食材!からだにどう効く?」の頁のトップへ

 

QRコード
QRコード
記事検索
食材の健康効果
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ツイッター