本日開催された、第九回翻訳ミステリー大賞授賞式&コンベンションにて、第6回翻訳ミステリー読者賞の結果が発表されました。

第6回翻訳ミステリー読者賞の第1位に輝いたのは、こちらの作品です。



『13・67』(陳浩基著/天野健太郎訳 文藝春秋)

受賞作翻訳者の天野健太郎さんには、図書カード1万5千円分が贈られました。

なお、2位以下の結果はこのようになりました。

第2位約束』ロバート・クレイス/高橋恭美子訳 創元推理文庫
第3位コードネーム・ヴェリティ』エリザベス・ウェイン/吉澤康子訳 創元推理文庫
第4位東の果て、夜へ』ビル・ビバリー/熊谷千寿訳 ハヤカワ・ミステリ文庫
第5位嘘の木』フランシス・ハーディング/児玉敦子訳 東京創元社
第6位その犬の歩むところ』ボストン・テラン/田口俊樹訳 文春文庫
第7位フロスト始末』R・D・ウィングフィールド/芹澤恵訳 創元推理文庫
蝶のいた庭』ドット・ハチソン/辻早苗訳 創元推理文庫
第9位ハティの最後の舞台』ミンディ・メヒア/坂本あおい訳 ハヤカワ・ミステリ文庫
ワニの町へ来たスパイ』ジャナ・デリオン/島村浩子訳 創元推理文庫

全投票結果はPDFにて配布いたします。こちらからダウンロードしてください。各地の読書会で配布していただいたり、今後の読書計画に役立てたりと、ご活用いただければ幸いです。

投票していただいたみなさま、ご支援いただいたみなさまに心から御礼申し上げます。第7回も今まで以上に盛り上げて参りますので、今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。