2007年05月10日

平成マンション物語【第八十六話】本人それとも無権代理人??? 5

 平成マンション物語(ブログ編)にお立ち寄り下さり
ありがとうございます。

☆今日の新棟ニュース☆

 なかなか更新できていません。ごめんなさい。


 新棟工事関連のニュースでは、既設倉庫の撤去が開始
されました。やっと始まったな!というのが実感です。
 
 まず、倉庫内に残った什器類の搬出です。棚とか消火器
とかエアコンとかまだまだ使えそうなものは、取り外して
おいてあります。

 もったいないですからね。

 照明灯ももったいないので、撤去せずに、新棟の機械室
などに転用する予定です。

 何事もリサイクルですね。
 
☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆
☆今日の物語☆

 今日は、無権代理人と相続という有名論点です。

Aさんは、その息子Bさん(成年者)に別荘として使って
いたマンションの一室に抵当権を設定して、お金を借り
てきて欲しいと頼みました。

ところが、Bは、自分の友人Cに売却してしまったのです。

その後、息子Bは、交通事故で亡くなってしまいました。
そして、Aさんは、息子Bの相続人となったわけです。
(アーメン)

悲しかったAさんですが、気を取り直し、Cさんに対して、
「Bはね無権代理人なんです。だから、BとCさんとの私の
マンション(一室)の売買契約は、取り消しますね。」
と言いました。

驚いたのは、Cさんです。

「あれは、あなたの息子に売ってもらったんですよ。
Aさんは、あなたの息子の相続人でしょ。
だったら、その無権代理人としての責任だって相続
しちゃうんじゃないですか!」と反論しました。

Aさんは、無権代理の「本人」として、取消権を行使
できると言っています。

Cさんは、「無権代理人そのもの」として、責任を追及
できると言っています。

さて、あなたはどちらの味方ですか?

応援よろしくお願いします。



────────────────────
最後までお読みくださりありがとうございました。
平成マンション物語管理人 OTTO(おっと)
────────────────────

 【区分所有者募集】⇒
平成マンション物語(メルマガ編)


ただいま、平成マンション物語(メルマガ編)では、
読者のためになるブログをご紹介しております。
ご希望の方は、コメント欄に「紹介希望」とご記入
ください。

ただし、公序良俗に反するコンテンツを含むブログの
ご紹介はできません。あしからず、ご了承ください。

以上


hmstory14 at 23:38コメント(0)トラックバック(0) 
民法 | 代理(99条〜118条)

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
アンケート
訪問者数

経営者の金言
フロークマガジンズ