2007年06月14日

平成マンション物語【第九十五話】趣旨を類推適用??? 4

 平成マンション物語(ブログ編)にお立ち寄り下さり
ありがとうございます。

☆今日の新棟ニュース☆
 久しぶりの更新です。

 新棟のほうは、もうすぐ建築確認申請を提出します。
 姉歯元一級建築士の事件など建築確認申請を巡る問題
点を解消するために、構造計算などの確認をダブルチェ
ックするという運用が今月から始まります。

 お陰で、審査期間が2倍になるとかならないとか・・・。

 また、途中に構造変更をした場合、原則として一からの
審査になるそうです。

 運用がまだはっきりと決まっておらず、パートナーで
あるゼネコンさんにさえ、詳しい情報が入っていないよう
です。

 すんなり、申請が通ることを祈らざるをえません。。。

☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆─☆

☆今日の物語☆

■ 今日は、「夫婦と言えば、761条」というお話の
 回答の続きです。
 
■ 回答編の更新が遅れると、読者の皆様の読まれる
 負担がかかってしまうので、とても心苦しいです。

  が、再度、問題を確認しますね。

■ 今回の物語は、B雄さんの奥様であるA子さんが、
 勝手にB雄さんのマンションをCさんに売り飛ばして
 しまったというお話でした。

■ このような場合、日常家事代理とは言えず、
 原則として、Cさんは、B雄さんに対して、マンション
 の引渡しを請求することはできません。

■ では、どんな場合でもこの結論は妥当するので
 しょうか?例外的に認められる場合はないの?


■ それが、今回のテーマです。



■ ここで使えそうな条文が、これまでもご紹介して
 きた表見代理の責任(110条)です。

 「代理人がその権限外の行為をした場合において、
 第三者が代理人に権限があると信ずべき正当な理由
 があるときは、本人は、代理人が第三者との間でし
 た行為について、その責任を負う」

■ ここでまず、問題になるのは、761条が日常家事
 に関して夫婦相互の代理権を認めたものであるのか
 が問題となります。

  これは、761条は、夫婦の連帯責任を定めたもので
 あり、代理権を認めたとは、条文では読みにくいこ
 とから問題となります。

■ 判例は、「肯定」しています。

  もし相互の代理権を認めなければ、買い物をするたび
 に委任状が必要なことになります。これは、不便ですよ
 ね。
  また、お店の人にしたら、本当に代理人であるかを
 一々調べなければなりません。

  安心して商売ができないですよね。


 そんな理由です。

■ 次に、問題となるのが、日常家事の代理権を基本代理権
 として、110条の表見代理を認めてよいのか?

  本来、110条は、任意代理のときに用いる条文だから問題
 となるのですね。

■ 判例は、「相手方において、その当該行為が当該夫婦の
 日常家事の範囲内であると信じるにつき正当な理由がある
 ときは、110条の趣旨を類推適用する」と言っています。



■ この110条の趣旨を類推適用するというのがミソです。

■ 110条適用となると、相手方は、行為者に当該法律行為を
 なす権限が付与されていると信じれば足ります。

  すなわち、A子さんにB雄さんのマンションを売るという
 代理権があると信じるにつき善意無過失であれば、表見代理
 が成立することになります。

  これでは、余りにもB雄さんがかわいそうです。

■ そこで、「趣旨を類推適用」すると、「相手方は、当該法律
 行為が当該夫婦の日常家事の範囲内と信じることにつき善意無
 過失である」ことが必要になります。

  どうちがうのか。「信頼の対象」が違うのですね。

■ 前者での第三者の信頼の対象は、「単に代理権があるという
 こと」でしたが、後者では、それに加え、「この行為が当該
 夫婦の日常家事の範囲内である」ということについても善意
 無過失を要求されるということです。

■ 事例で言うと、Cさんは、A子さんがB雄さんのマンション
 を売り飛ばす代理権を持っていると信じているだけでは足らず、
 マンションの売買がA子、B雄さん夫婦にとって日常家事の範囲内
 であるということについても善意無過失である必要があるのです。

■ ですから、この判例理論で言えば、A子さんがしょっちゅう
 B雄さんのマンションの売買を売り返しており、マンションの
 売買がその夫婦にとって日常家事であるといえる場合に限り、
 110条趣旨類推適用により、CさんのB雄さんに対するマンション
 の引渡しを認めるということになります。

■ かなり、専門的な内容になってしまいわかりにくかったかも
 しれません。
  質問は、ブログにコメントを残してくださいね。

■ 今後ともよろしくお願いします。

■ 今日は、このへんで。

 応援よろしくお願いします。


────────────────────
最後までお読みくださりありがとうございました。
平成マンション物語管理人 OTTO(おっと)
────────────────────

 【区分所有者募集】⇒
平成マンション物語(メルマガ編)


ただいま、平成マンション物語(メルマガ編)では、
読者のためになるブログをご紹介しております。
ご希望の方は、コメント欄に「紹介希望」とご記入
ください。

ただし、公序良俗に反するコンテンツを含むブログの
ご紹介はできません。あしからず、ご了承ください。




hmstory14 at 23:38コメント(0)トラックバック(0) 
民法 | 代理(99条〜118条)

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
アンケート
訪問者数

経営者の金言
フロークマガジンズ