ペナントレース中に目についた野手をピックアップしました。
覚醒レベルSでないものに限りレベルを記載しています。

成長中でアップしていない選手は以下の通りです。
これらは三が日までにはアップされます。

・天羽
・中浦
・鳳凰
・石川
・九鬼
・浜島
・古田
・箱田

あまり需要なさそうなところでは
春田、稲尾、江口、下石、餅田あたりもS覚醒に向けて育成中です。

その他20年目までに気になる選手がいれば随時アップします。
(現在15年目)
捕手
権俵太郎(A)
権俵太郎(A)
肩とリードは普通だが捕手の中では打点力がずば抜けており、下位打線のクリーンアップ形成に役立つ。

天羽
天羽宏
権俵よりもちょっとリードが良いが肩と打撃スキルは劣る。
打撃成績もやはり権俵には少し及ばないことが多いが架空選手の中でも全捕手中でもトップクラス。


内野手
飯山悟
飯山悟。
攻守ともファーストでは最強ではなかろうか。
.280 25本程度で安定。良い年は3割30本も。

角原信一郎
角原信一郎。
飯山の守備を悪くした感じ。
打撃の方は.270 30本程度で安定した。

轟鉄平
轟鉄平。
走攻守3拍子揃って、しかも内野全て守れるユーティリティプレーヤー。
いい年は3割30本20盗塁もするが、ダメな年は.250にも届かないスランプ持ちの選手。

浅見勇太
浅見勇太。
毎年打率、本塁打、打点の打撃タイトル争いに絡んでいく最強の架空野手。
しかも外野も守れるなど使い勝手が良すぎる選手。

大山学
大山学。
.260〜.300 10本程度の成績。
派手さはないが守備と打撃のバランスが良いので使われるタイプ。

_石川隆
石川隆
ドラフト直後から強い中距離打者。
コンスタントに.280程度は打つ。


浜崎直次
浜崎直次。
何度か3割をクリアしたリードオフマン。
ショートは浅見、中浦、浜島、轟など有望選手目白押しだが、彼もまたその中の一人だろう。

浜島
浜島寛
.260 25本程度で安定。
敵チームに取られると、しばしば本塁打ランキング上位に現れる強打者。
走塁、三遊間の守備も及第点と使い勝手が良い。

_箱田昌弘
箱田昌弘(A)
.270程度で安定。良い時は3割。
走攻守すべてにおいて浜崎には及ばないが、そこそこは打つ。

_中浦光彦
中浦光彦(A+)
.310 20本程度で安定。
内川タイプのアベレージヒッター。
Aまで上げればコンスタントに3割20本打ってくれるが守備走塁は微妙。

矢吹裕太郎
矢吹裕太郎。
.280 30本程度で安定した。いい年は3割40本もあり得る。
サードとして攻守とも最強ではなかろうか。

武富修三郎
武富修三郎。
.250〜.300 20〜30本打つ。
矢吹に比べるとムラはあり打率も落ちるが十分クリーンアップで使えるレベル。

ジョニー
ジョニー。
26歳で来日する珍しい外国人選手。
サードとしては矢吹>武富=ジョニー>>稲尾といったところか。

豆山次男
豆山次男。
完全に守備固め。
S覚醒しても全く打てない。
ただし2塁の守備は築井と並んで最強クラス。



外野手
上島光
上島光。
.280 20本 15盗塁程度で安定。いい年はトリプル3。
走攻守とも最強クラスの外野手。

風見俊平
風見俊平。
走ることにかけては圧倒的。
ちょっと良い程度のバッテリーでは二盗を刺すことは不可能に近い。
打つ方はグラウンダーと俊足警戒の相性が最悪なのか.190〜.260程度とあまりよろしくはない。

間宮英二
間宮英二。
.250 20本程度で安定。
調子のいい年は.280 25本くらい。

不動建(A+)
不動建(A+)
外野の守備はトップクラス。
他にも灰田、御手島など英智クラスの外野手はいるが、彼はレフトを捨てた代わりに打撃が少し良くなっている。
盗塁要因としても使え、結果的にスーパーサブとして一番活躍することになった。

宝生一太
宝生一太。
他のアベレージヒッターには見劣りするが、なぜかS覚醒後は.320 10本程度で安定した。
しかし2週目では.290 10本程度に。
悪くはない外野手です。

早田
早田賢
良い年は3割20本。
ドラフト直後から.280 20本程度は打つため使い勝手が良い。
守備も十分良いレベル。

実況パワフルプロ野球2011決定版
コナミデジタルエンタテインメント (2011-12-22)
売り上げランキング: 257